【みんなの口コミ】グローリー 明日への行進 を観た人の感想、評価 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

人間ドラマ

【みんなの口コミ】グローリー 明日への行進 を観た人の感想、評価

投稿日:


「久々に劇場で鳥肌が立つほど感動した。まさに“今”観るべき作品だと思う。主題歌はアカデミー賞を受賞、納得!是非!」「凄かった。言葉が、言葉の重みがすごい。それに比べて国会論争など綿のように軽い。」

guro-ri-
上映中【2015年6月19日(金)から公開】

アメリカ公民権運動の最中、アラバマ州セルマで起こった血の日曜日事件を題材に描いた歴史ドラマ。1965年3月7日、前年にノーベル平和賞を受賞したマーティン・ルーサー・キング・Jr.牧師の指導の下、アラバマ州セルマで黒人の有権者登録の妨害に抗議する600人が立ち上がる。白人知事率いる警官隊は力によってデモを鎮圧するが、その映像が全米に流れると大きな声を生み出し、2週間後に再び行われたデモ行進の参加者は2万5000人にまで膨れ上がる。事態はやがて大統領をも巻き込み、世論を動かしていく。主人公となるキング牧師を演じたデビッド・オイェロウォほか、トム・ウィルキンソン、ティム・ロス、キューバ・グッディング・Jr.、プロデューサーも兼ねたオプラ・ウィンフリーらが共演。主題歌「Glory」が第87回アカデミー賞で主題歌賞を受賞。-eiga.com-

グローリー 明日への行進 を観た人の感想、評価、口コミ

「グローリー 明日への行進」。1965年にアラバマ州セルマからモンゴメリーまで、前年にノーベル平和賞を受賞したキング牧師と同志たちが黒人の選挙権を求めてデモ行進した実話を基にしたドラマ。FBIによる盗聴など当局との緊迫のドラマが展開される。

「グローリー/明日への行進」ヘイトクライムのニュースを見ながら、キング牧師が歩き始めた道のりは遠くそれでも1歩ずつ進むしかないと思う。完全無欠ではなく、迷いや疲れもみせる人間として描かれていてよかった。暴力に対抗する、人々の哀しみや怒りをすくいあげ勇気や希望に変える言葉の力。

『グローリー/明日への行進』観てきた。ファーガソンからチャールストンに至る暴力と報復の連鎖が止まらないこの世の中、キング牧師の理念は現在アメリカにおいてどの程度浸透しているのか、改めて考える必要があるのかもしれない。オバマ大統領はあまり動こうとする印象はないのだが...。

『グローリー 明日への行進』
白人達の非道な襲撃にも非暴力無抵抗でデモを続けた革命家マーティン・ルーサー・キング・Jr。多くを悩み考え、すべき事を言葉に伝え、決して諦めない姿に心打たれる。荒ぶる大統領相手にも屈しない力強さはお見事。ただ演じたデヴィッド・オイェロウォ…読み難い…

映画「グローリー 明日への行進」観了。キング牧師の伝記ではなく、血の日曜日事件の実録モノ。解説を聴いてなかったら、いくつかのシーンの意味は読み取れなかったナ…。先達たちが民主主義の中でどう社会正義を達成したか、そのドラマは良く描かれていたし、それを今観ることに深い意義を感じた。

【グローリー 明日への行進】原題selma。キング牧師の半生を描く。偉大なキング牧師も悩み苦しむ一人の人間だった。もっと重苦しい話かと思ったらそんなことなくて、静かだけど、人々の怒り、悲しみ、苦しみが詰まったすごく力強い作品でした。

「グローリー〜明日への行進〜」
いまの私に必要な映画でした…。
キング牧師見習います‼︎

『グローリー 明日への行進』を観て。映画評論で我が国のヘイトスピーチのことを関連付けるものがいくつか垣間見られたが、それを言うなら沖縄あたりで品のないデモをやってる連中も同じ穴のムジナではと思う。お前らキング牧師の爪の垢を煎じて飲め!とセルマ行進のシーンを観て強く感じた。

「グローリー/明日への行進 (Selma)」観た。泣いた。痛かったり辛かったりで。キング牧師の伝記映画だけど観てる時ふと、どこまで事実かなんて重要じゃないと思った。同じことが起きたら自分ならどうするかとか考えた。ラストは演説からのGloryで、久しぶりにエンドロール中動けなかった

映画「グローリー -明日への行進-」
観てきました。凄かった。言葉が、言葉の重みがすごい。それに比べて国会論争など綿のように軽い。

「グローリー/明日への行進」、キング牧師の人間らしい部分、弱さなんかもしっかり描いていて良作。ラストの演説から、コモンとジョン・レジェンドによる「Glory」が流れるエンドロールでぐぐっとくる。

映画の原題をどうするかってのは難しい問題だけどこの映画に関しては「セルマ」のままではダメだったのかなあ。

映画『グローリー/明日への行進』は1965年のアラバマ州セルマが舞台。同年5月録音のJ.B.ルノアー「アラバマ・ブルース」は同地での出来事を歌ったと思われます。ぜひ聴いてほしい一曲です。

「グローリー 明日への行進」良い映画だった。一応アカデミー賞ノミネート作品なので昨日のハイネケンを観たあとだけにある程度の期待感のもと安心して観られたのだけど期待以上だった。この作品がアメリカという国でオスカーが取れるようになった時が行進のゴールではないかと思う。

『グローリー 明日への行進』作中でのキング牧師の発言、演説に関してあれは本当に一字一句違えずそう言ったわけじゃないってのは広く認識しておく必要があると思う。みんな絶妙にアレンジしている。山に登る云々ってのは暗殺の前日の演説内容だよね。ああここでその発言を使うのかと思った。

『グローリー/明日への行進』まず画面が暗いのと話の重さも相まってか、数多くの黒人の区別をつけるのが難しかった。(笑)州知事が極度の差別主義者なんだからもやは終わってる。(笑)それでも当たり前の自由を求めて死と隣り合わせの生き方を選んだキング牧師と仲間たちの生き様に感動致しました。

映画「グローリー 明日への行進」観た。
重い、長い、深刻で、暴力容赦ないな。無抵抗な市民を警官達がボコボコに。殺しても問われないのは予告編で観た「パージ」のパージ法施行の勢い、とまではいかなかったけど。
初っぱなのドカン!は心臓止まるからやめてくれ。

『グローリー/明日への行進』アメリカは問題も多いが、それを解決しようする市民のパワーが凄いといつも思う。デヴィッド・オイェロウォ演じるキング牧師の演説のシーンには引き込まれる。この問題は未だに道なかばなのかも知れない。エンドロールで流れる「Glory」には泣ける。

『グローリー 明日への行進』はプランBかと納得。『それでも夜は明ける』に続きブラピは人種差別を扱うのが得意とみた。前回の女優ルはピタ・ニョンゴ、今回はカルメン・イジョゴ。ニョンゴ、イジョゴ、韻を踏んでみただけ。

「グローリー -明日への行進-」最後には思わず手を握りしめてた。差別が公権力によって或いは人目を避けて夜に行われるのは、現代も変わらない現実。

キング牧師のアラバマ州セルマから州都までの行進を描いた『グローリー 明日への行進』原題Selma。力のある映画。州知事が極度の差別主義者で非暴力運動を武力で弾圧する。大統領はなぜこんなことを見逃しておくのかというキング牧師の演説が、ヘイトスピーチを規制できない今日の日本に重なった

「グローリー 明日への行進」★★★★
粛然たる緊張を持った物語。勝利の見えない闘いに不安や迷いも見せる人間キング牧師。けれど根底にある折れぬ信念と自分たちの尊厳の為に犠牲を伴いながらも仲間たちと歩み続ける日々、そして人々に大いなる結果をもたらしたその姿勢に感動を覚えた。

サウスカロライナ州では未だにアメリカ連合国の旗が掲げられ、連合国専用道路もあったりする。『グローリー/明日への行進』は50年も前のアラバマ州での話だけど、南部では差別がまだ根深い地域もある。

『グローリー 明日への行進』ジョンソン大統領とジョージ・ウォレスはトム・ウィルキンソンとティム・ロスだったけど、いやふたりともイギリス人…アメリカ人はあの役やりたくないかやっぱりとか穿ったこと考えちゃった。特にティム・ロスは最近ブラッター役とか汚れ仕事一手に引き受けてないか?

『グローリー 明日への行進』ところでマーティン・シーンはなんかいつもあの席に座ってないか? あとジェレミー・ストロングの出てきた途端に立つ死亡フラグすごい。



『グローリー 明日への行進』この映画でキング牧師の生涯がわかるわけではない。だけど少しでも気になったところは自分で確認するべきだと思う。で、選挙権ってのはいかにでかいかってわかると思うし、この映画で描写されたことが決して過去ではないってのも重要。

『グローリー 明日への行進』観た。これは大河ドラマ・キング牧師のセルマの回なんだけど、権利関係が複雑なキング牧師を描く方法としてはもうきっとこれしかないって感じだったんだろうし、伝記として冗長になるよりは効果的だったかと思う。そりゃクリス・パインもあの歌聴いたら感極まるわ。

セルマもとい『グローリー/明日への行進』見たよ。いい映画でした。理不尽なことへどう反応していくか、それぞれやり方はあるけれど、その闘い方について自分なら…と考えずにはいられない。昨日もチャールストン銃撃事件があったし…まだ終わってないな…。劇中の音楽もよかったです。

グローリー 明日への行進
キング牧師を知らない人はいないと思うが、あまり詳しいことまでは知らなかったので勉強になった。最近でも丸腰の黒人が白人警官に射殺される事件が起こるなど、いまだに根が深い問題。

『 グローリー 明日への行進 』 ★★★☆☆ 3.0 - 本作品は「I have a dream」演説はなく、その後の公民権法が制定された後、キング牧師がノーベル平和賞を得た後のお話です

グローリー(明日への行進)を観てきた。頭の中でバラバラだったことがつながってくる。ベトナム戦争にばかり目が行っていたけれど…。PP&M、ベラフォンテ、サミーの名も…。そこへ銃乱射事件のニュースが!

『グローリー〜明日への行進〜』を観た。民衆を自由と平等のために立ち上がらせたキング牧師と彼と共に闘った人々の物語。久々に劇場で鳥肌が立つほど感動した。まさに“今”観るべき作品だと思う。主題歌はアカデミー賞を受賞、納得!是非!

グローリー明日への行進観た。なかなか見応えあったがJB同様キング牧師の予備知識ほぼナシだったので勿体なかった。予習しとけばもっと良かったかも。生い立ちや活動家になった経緯とか全然知らないもんなぁ(苦笑)
エンディングで役者の画像に名前が出たのは良かった。もっとやって欲しいなぁ。

『グローリー/明日への行進』字幕は忠実で無駄がなく素晴らしい出来。差別用語もきちんと訳出してるし、表記も「黒人」に「ニグロ」とルビを振ることでクレバーに問題を解決している。

『グローリー/明日への行進』デイヴィッド・オイェロゥの演技は素晴らしく、演説シーンは何度も立って拍手しそうになった。オプラ・ウィンフリーの有無を言わさぬ存在感、トム・ウィルキンソンらも好演。

『グローリー/明日への行進』話を進めるのはFBIの調査記録や新聞テレビの報道。これは公ひいては人々から見たキング牧師。しかし私たちが見るのは裏の、人間くささを露わにするキング牧師。どちらも真であり偽かもしれない。私達が目にするのはまずドラマ、映画なのだ

『グローリー/明日への行進』撮影はとにかく見事だが、描かれている現実はとにかく残酷で、その撮影の美しさが一層残酷さを際立たせる。白人の場所は硬質で明るく、黒人が集まる場は暖かみのある色味で映された対比も見事。

『グローリー/明日への行進』人として当然の権利を求めるのにこんなに長く苦しい闘いを経なければならなかったのか。「ドラマ」を作る過程を映画で観せる構成もにくい。

PR
PR
●キャスト●

デビッド・オイェロウォ マーティン・ルーサー・キング・Jr.
トム・ウィルキンソン リンドン・B・ジョンソン大統領
キューバ・グッディング・Jr. フレッド・グレイ
アレッサンドロ・ニボラ
カルメン・イジョゴ コレッタ・スコット・キング

●スタッフ●

監督 エバ・デュバーネイ
脚本 ポール・ウェッブ

●その他●

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA


-人間ドラマ
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.