【みんなの口コミ】君が生きた証を観た人の感想、評価 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

人間ドラマ 音楽

【みんなの口コミ】君が生きた証を観た人の感想、評価

投稿日:02/21/2015 更新日:



makugaagaru
上映中【2015年2月21日(土)から公開】

銃乱射事件で亡くなった息子が遺した楽曲を歌い継ごうとする父親と、その歌に魅了されたミュージシャン志望の青年との出会いを描く人間ドラマ。『ビッグ・フィッシュ』のビリー・クラダップが父親役を演じ、青年役のアントン・イェルチンとともに吹替えなしで歌とギターの腕前を披露する。ウィリアム・H・メイシーの初監督作。-Movie Walker -

君が生きた証 を観た人の感想、評価、口コミ

ウィリアムHメイシー、ファーゴの気の弱いおっさんだと思ってたら、こんな味わい深い映画撮れるなんで驚いた。グンバツに音楽やライブシーンも素晴らしいので、インディロック好きな人もぜひ。>>君が生きた証



君が生きた証。終盤のドンデン返しが、作品のテーマを180度変えちゃう割りには、それまで伏線がある訳でなく(見逃しただけかもしれないけど)、フルスイング過ぎたので少しエッと思ったけど、最後の主人公のライブシーンが素晴らし過ぎたので帳消しで。



「ファーゴ」のW・H・メイシーの初監督作品。突然の銃乱射事件で息子を失い、失意の船上生活を送る父親が、息子の作った曲を歌い、周囲の若者たちを巻き込んでいく。原題の「ラダーレス」はバンドの名前であると共に息子を失った父親の心境を表している。



「あーこういう話ね」からの、その予見や慣れをひっくり返す怒涛の展開。ここ最近を代表する傑作『ゴーンガール』も『セッション』も、そうだった。『君が生きた証』にもそれがちょっとある。映画で語られる物語が進化したというか、螺旋階段をぐうっと上へカーブをしたような気がしてて、楽しい。



ウィリアム・H・メイシーの初監督作。邦題カタいけど、気持ちのいい青春番外編っす。主人公と交流する気弱なミュージシャン志望男子、アントン・イェンチンがチャーミング。「あーなるほどそういう話ね」と思わせてからの展開に、おっ、と身を乗り出した。



「君が生きた証」鑑賞。亡くなった息子が残した歌を歌うっていう設定。ビリー・クラダップとアントン・イェルチンの生演奏もいいし、2人が心を通わせていく過程も。でもネタバレ出来ないけど、ある事実を知った後では、全然歌詞の意味が全然違ってくる。最後に歌うシーンでは涙が出た。。



「君が生きた証」は観た方がいいと思うし、観るなら何の予備知識もなく観た方がいいよ。少なくとも予告編で受ける親子のヌルい感動モノじゃないよ。そしてやっぱり音楽が素晴らしいので!今回は監督のウィリアムHメイシーもいい感じの役で出て来るよ。



君が生きた証という映画を観ました。目が腫れそうです。



君が生きた証、すごく良かったのでビリー・クラダップみたいなオヤジになりたいなあと思ったけどあの人ウォッチメンでは肌青い上に全裸ですからね。



PR





脚本がよく練られていて、本当に素晴らしい出来映えです。父の生きていく上での葛藤が痛切に心に響きます。文句無く、今年一番の映画です。(まだ2月ですけどね…笑)



君が生きた証、中盤でガラッと視点が変わってしまうの本当にすごいなと思った。心を揺さぶられる。あとセレーナ・ゴメスとローレンスフィッシュバーンがいきなり出てきたのは噴きそうになった



最後のライブで完全に涙腺崩壊した



こんなにも重く、こんなにも優しい映画があって良いのかと思うぐらいの傑作でした。(まだ涙腺決壊中)



登場人物が体感する「何でこんな事に…!感」を、観客側にも全く同じ様に追体験させる見事なストーリー展開。文句なく100億点。必見です。



展開は予想の範囲内だったかなぁ。でも音楽良かったし、観終わった後にちゃんと残る映画だたーなんとなく映画好きより音楽好きの方がより良いかも!個人的には観に行って良かった♬



まあまあ面白かったんですが …これさあ悲しすぎじゃないですか? 最後もまあハッピーではないんでは? なんていうか悲しいよ これは きっかけや結末がああでなければ 音楽好きにはいい映画になっていたかもしれません ぴあの出口調査につかまって60点と言っときました



映画『君が生きた証』を観たよ。息子の死に隠された秘密とは?まったく想定していなくて、衝撃的でした。



『君が生きた証』はソリッドステートの2人が書いた(一曲除く)劇中歌が記憶に残ると思うけれど、クレム・スナイドのイーフ・バーズレイによるスコアも素晴らしいです。主人公が辛いとき、嫌なできごとが起きるときにも曲のタッチが優しくて、音楽が包み込んで守ってくれているような感覚が味わえる。



『君が生きた証』<視点を変える>ことの大切さか。人はとかく自分の都合で見てしまいがち。そこに気がつくと作者の真意がわかる気がした。船上生活は原題が示すように<どこにも行けず、漂う>ことの象徴として描かれる。音楽が主役級。心に染み入る。



俳優ウィリアム・H・メイシーの初監督作。銃乱射事件で息子を失った父親とミュージシャン志望の青年がバンドを組んで再生へ向かう。所々「?」と思われる箇所は、真実を小出しにする演出。終盤に向けてちょっと寂しい展開に。青年役のアントン・イェルチン、歌が上手い!




上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA


-人間ドラマ, 音楽
-

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.