【みんなの口コミ】起終点駅 ターミナル を観た人の感想、評価 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

人間ドラマ 小説

【みんなの口コミ】起終点駅 ターミナル を観た人の感想、評価

投稿日:11/07/2015 更新日:


「映像は綺麗やしバッサーの良いところが上手く引き立てられてた!けど、空腹時に観ちゃダメな映画。」「佐藤浩市と本田翼というベテランと若手のコラボがすごく良く生きてる」

kisyuuteneki
上映中【2015年11月7日(土)公開】

 

直木賞作家・桜木紫乃の同名小説を、篠原哲雄監督が主演に佐藤浩市を迎えて映画化したヒューマンドラマ。北海道・釧路で国選弁護人をしている心に傷を抱えた男が依頼人の女性とのふれあいを通して、生きる道を見出していく姿を描く。主人公の元に現れる女性を本田翼、彼の人生に大きな影を落とす女性を尾野真千子が演じる。-Movie Walker-

 

 

起終点駅 ターミナル を観た人の感想、評価、口コミ


『起終点駅ターミナル』・・を観ました。いや~佐藤浩市さん・・すてき過ぎーーっ!生きていればいい・・。生きてさえすれば・・。
本田翼さんも、とっても雰囲気があって・・良かったです~!もう一度観たいとなぁ~感激~

 
[起終点駅 ターミナル]見てきた
最初は本田翼見たいから見に行ったけど
見たら映画そのものがすごい良くて感動した!
学生俺だけであとみんな4、50代だった😂
出てきたときめっちゃ女子に笑われたけど
一人で映画見ても罪じゃないよね?😂

 
『起終点駅 ターミナル』観賞。
観終わってから、原作が桜木紫乃さんだと初めて知る。

 
「起終点駅 ターミナル」を鑑賞(舞台挨拶付)。久しぶりにずっしりした感動に浸った。静かに物語が流れて行くけど、後からの余韻が凄い。ちなみに帰りに唐揚げを食べました(笑)

 
東宝シネマズの鑑賞券をいただいたから、早速映画見てきた( ´ ▽ ` )ノ
迷ってたけど起終点駅 ターミナル見てきた!
佐藤浩市様が本当かっこよかった…!!
黒髪も白髪も最高ですわ。笑

 
起終点駅ターミナル 観て来ました。本田翼の寝込んだ姿にドキドキしてしまった。佐藤浩市は安定した渋さです。

 
本日より公開の映画『起終点駅ターミナル』の監督。篠原哲雄監督はGLAYのホワイトロードのPVの監督でもあられます。
GLAYとは今でも親交のある篠原哲雄監督。GLAYファンで興味のある方は是非映画館へ!

 
起終点駅ターミナル
やばい!
いい話すぎる!!
後半のばっさーの可愛さが異常すぎ!!
最高だ〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 
「起終点駅 ターミナル」観た
ひと昔の日本映画って感じの面白さ。でも、佐藤浩市と本田翼というベテランと若手のコラボがすごく良く生きてる映画だと思う。
あと、音楽がめっちゃ良い

 
起終点駅ターミナル見たけど、原作桜木紫乃って言われてあーわかるってなった。ホテルローヤル悪くなかったし、こっちも原作気になるかも。尾野真千子が飛び込んだ駅が近文駅っぽい?って思ったんだけどどうだろ。違うかな。

 
音尾くんは舞台で拝見して以来、映像だけどちゃんと拝見するのはお久し振りだった 浩市さんとのシーン見れて良かった 余韻に浸りたくなる映画でした、起終点駅ターミナル

 
起終点駅 ターミナルみたいに最後に微かな希望が見える、少し前向きな気持ちになって終わる映画が好きなのも

スポンサーリンク



映画「起終点駅 ターミナル」を観ました。オノマチの舞台挨拶が目当てでしたが、映画も良かった。

 
静かな映画でしたが、心の中に深い罪を背負って生きている男と生きることに希望が持てない女が関わり合う中で、希望を見出していく姿にじんわり感動しました。

 
本日は起終点駅 ターミナルの初日舞台挨拶に行ってきました。佐藤浩市さん、本田翼さん、尾野真千子さんが舞台挨拶されました。内容はさすが東京国際映画祭のクロージングに選ばれるだけあって
良い作品でした。

 
起終点駅ターミナル、舞台挨拶観てきましたー。これ見たあとは、ザンギ食べたくなる映画ね。出演時間長くはないけど、琢ちゃんのナチュラルな北海道弁も聴けました♪

 
1起終点駅 ターミナル
面白かったわー
内容が少し難しめやけ何回か見ても面白いなー笑笑笑

 
人には誰だって、多かれ少なかれ他人には言えない罪を抱えているものだけど、その罪はどれだけ量刑に服したって消える訳じゃない。その罪を抱えながら、それでも前を向いて生きていくことが必要なんだと感じました。

 
『起終点駅 ターミナル』観てきました。結構重くて、朝一じゃなくて、夕方向けかな…と。

 
『ターミナル 起終点駅』
映像は綺麗やしバッサーの良いところが上手く引き立てられてた。惚れ直した。
けど、空腹時に観ちゃダメな映画。
ちゃんとゴハン食べてから観るべき。
そして、自分も料理の腕を磨こうと決意!

 
映画「起終点駅 ターミナル」観終わった。
個々の話はよく出来ているのですが全体としてどうなのかは観る人に委ねられるフランス映画風です(^_^;)
観客も年配の方々だらけでした。

 
本質に目を逸らして逃げてばかりいちゃだめだなと感じました。

 
起終点駅 ターミナル観てきたー。
最後のシーンが感動したな。

 
「起終点駅ターミナル」素晴らしい。役者の演技とにかくいい。佐藤浩市、尾野真千子、中村獅童、泉谷しげる。中でも、本田翼がとても良かった。溌剌としていない本田翼には魅力がある。哀しみ。女優として陰ある役をもっと。冒頭の衝撃からラストの旅立ちまで。「罪と罰」「処し方」の映画だな。

 
おひとり映画、起終点駅 ターミナル見てきた。(´-`)佐藤浩市の、少し影のある演技がかっこすぎた…そして料理シーン最高。ザンギ食べたい。(´-`)これから原作買って帰ります 

次のページへ続く→

スポンサーリンク

「原作が短編なだけあって、話はシンプルだし登場人物も少なくて、鷲田先生にしか感情移入できなかったけど、佐藤浩市の一挙手一投足が「鷲田先生」というキャラクターを物語っていて見応えがあった。」


『起終点駅 ターミナル』( ´∀`)
これは、大人の映画だね。うん。浩市さんって、ああいう役合うよね。
でも、ドロドロしてない、会話劇。
ってか、観てたらスゴいお腹すく。ザンギもイクラも!!(´Д`)

 
『起終点駅 ターミナル』。原作未読前情報ゼロの状態で見て、色んな意味で予想外な展開。ツッコミ所はあれど親子問題の下りにはウルッとなった。和田くんの位置付けがね…すごくイイ!あと想定外に飯テロ映画だった。空腹で見ると苦しいからキヲツケテ

 
『起終点駅 ターミナル』へ。孤独を貫く55歳の弁護士の男と、彼が担当した事件で出会った25歳の女性の間に芽生える感情を描く。原作知らないから展開が面白かった。ちなみに原作と映画はラストが違うらしい。そして佐藤浩市氏の映画は裏切らない気がする。

 
起終点駅ターミナルいってきたけど佐藤浩市が渋すぎた〜たまにはこういう大人の映画もいいかなって😟

 
佐藤浩市さんと本田翼ちゃんの映画『起終点駅ターミナル』行ってきた〜。ほっこり(*´ω`*)今めっちゃザンギ食べたいッ!!

 
友達と映画の『起終点駅ターミナル』に行ってきました。泣けました。生きてるだけでそれでいいっていうセリフが心に響きました(^O^)あと、家族の大切さを感じられました!

 
「俺物語」と「起終点駅 ターミナル」の二つを観てきました~。
俺~は出演者の若々しい演技と表情がとても眩しく楽しかったです!

 
食べ物が美味しそうな映画で、見ててすごーくザンギとイクラが食べたくなった。
試写会見てすぐにローソンで鳥から醤油を買って立ち食いしてしまった。

 
隣人の息子さんが音尾さんっぽいなと思ったら本当にそうだった。

 
鷲田先生から見ると、女は潔くて羨ましい、て言うけど、女の側から見たらだいぶ違う話なんじゃないかなー。

 
途中で刑務所の話が出てきて、刑務所の中って、三度のきちんとした食事で健康的に規則正しく生活しているものなんだよなーと思い当たった。

スポンサーリンク



この本は短編集で、どの作品も終焉を描いていて静かで優しいものばかりです
描写が綺麗。背景がさっと頭に浮かんで自分の今いる場所を忘れさせてくれます。

 
そして「起終点駅 ターミナル」も終了!思った以上にしみじみとした味わい、そして思いのほかお腹が空く映画(笑)。まずは釧路在住の友人に感想メール送らねば……佐藤浩市さんは相変わらず格好よかったです。

 
「起終点駅 ターミナル」は結構前に試写で観たけど、クソつまんなかった。なんでこれがクロージング作品なのかよう分からん。

 
佐藤浩市演じる弁護士先生がすごくいい人なので、若い女につけ込まれて大変な目に合うんじゃないかと心配してたけど、そうでもなくて良かった。

 
負担になるくらいならって言ってトラウマものの別れ方をするのは、手放したんじゃなくて刻みつけたんじゃないのって思ってしまった。
あと、どっちもなんで行く前に電話しないのか。びっくりするじゃないか。

 
起終点駅 ターミナル、尾野真千子と佐藤浩市すごい、二人の間の空気が一瞬でいろんな色に変わるのが分かるの、言葉無いのに!すごい。あと熱出して汗かく本田翼ペロペローッてしたい。

 
『起終点駅 ターミナル』佐藤浩市さんの初老を感じさせる(m(_ _)m)演技が素晴らしい。抑揚がなく進む展開は日常を映像化したような感じ。ザンギ(唐揚げ)が食べたくなる!

 
原作が短編なだけあって、話はシンプルだし登場人物も少なくて、鷲田先生にしか感情移入できなかったけど、佐藤浩市の一挙手一投足が「鷲田先生」というキャラクターを物語っていて見応えがあった。

 
『起終点駅 ターミナル』試写。直木賞作家・桜木紫乃の短編の映画化。主人公の過去が色々ありすぎなのに、あくまで過去なのでメインの話にならず、返って物足りなさを感じてしまった。でも、自分に刑を課するかのように生きてきた男の雪解けを佐藤浩市が円熟の演技で見せる。北海道料理が美味しそう!

 
もはや趣味と言っても良さそうなほど、きちんと料理をして日々のご飯を食べている様子に、しっかり生きていく意思を感じて、最初はそれなりに日々を楽しんでいるのかなと思った。

 
『起終点駅 ターミナル』。劇中で例えるなら、39度を越える熱が一晩寝ただけでさがってしまう…全編、そんな適当さ。演技以前の本田翼は箸の持ち方!それが彼女演じる敦子の生い立ちの不憫さを表現してたのならいいけど…そうは見えないんだよな。

 
『起終点駅 ターミナル』北海道を絵にしたらそれだけでしみじみ感じさせられるが、ダンディさを封印し、少し落ちぶれた感の佐藤浩市といつもの雰囲気消した本田翼。でもまだまだ高倉健ばりの孤独感には及ばないなあ。

スポンサーリンク

●キャスト●

鷲田完治 佐藤浩市
椎名敦子 本田翼
大下一龍 中村獅童
森山卓士 和田正人
大村真一 音尾琢真
南達三 泉谷しげる
結城冴子 尾野真千子

●スタッフ●

監督 篠原哲雄
脚本 長谷川康夫
原作 桜木紫乃

●その他●

主題歌 マイリトルラバー

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA


-人間ドラマ, 小説
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.