【口コミ・ネタバレ】映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

人間ドラマ

【口コミ・ネタバレ】映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』の感想・評価評判

投稿日:


映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』口コミ感想ネタバレ 映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「綾野剛の作るチャーハン食べたい!」「二宮君が、主役というより、西島さんが、主役!?」「彼とレシピを繋ぐ最大の謎が解き放たれるクライマックス!」


上映中【2017年11月3日(金)公開】

 

かつて人気テレビ番組「料理の鉄人」の演出を務めた田中経一の作家デビュー作を、二宮和也主演で映画化した人間ドラマ。現代の日本と1930年代の満州国という2つの時代を舞台に、すべての味を記憶し再現することができる絶対味覚(=麒麟の舌)の持ち主である2人の料理人が辿る運命と、不思議な縁が描かれる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

2000年代初頭。一度食べた味を完全再現できる絶対味覚=“麒麟の舌”の持ち主である佐々木充(二宮和也)は、依頼人が人生最後に食べたい料理を再現して高額の報酬を得る通称・最期の料理人。幼少時に両親を亡くして以来、施設で育ち、自らの才能だけを頼りに生きてきた。ある日、世界各国のVIPが彼の料理を食べに来るという中国料理界の重鎮・楊晴明(笈田ヨシ)から、充は幻のフルコース『大日本帝国食菜全席』の復元を依頼される。楊は1930年代、満州で山形直太朗(西島秀俊)の調理助手としてメニュー作成に協力したが、消息を絶った直太朗とともにレシピ集も散逸されたという。そしてその直太朗もまた“麒麟の舌”を持つ料理人であった。元・天皇の料理番として宮内省に勤めていたが、『大日本帝国食菜全席』作成のため、満州に渡る。やがて、メニュー開発をすすめるうちに、日本と他国の料理を融合して新たなレシピを生み出すことが、民族間の相互理解の助けとなり「料理をもって和を成せる」という考えに至る。その理想に人生すべてを捧げることとなるが、太平洋戦争開戦直前にレシピ集とともに消息を絶ったのであった……。充は、関係者たちの証言を集めながら、消えたレシピの解明に挑むが、やがて70年の時をつなぐ壮大な愛の物語を知る……。

●キャスト●

佐々木充 二宮和也
山形直太朗 西島秀俊
柳沢健 綾野剛
山形千鶴 宮﨑あおい
鎌田正太郎 西畑大吾
兼松若人
竹嶋康成
広澤草
グレッグ・デール
ボブ・ワーリー
大地康雄
三宅太蔵 竹野内豊
伊川東吾
楊晴明 笈田ヨシ

●スタッフ●

監督 滝田洋二郎
製作 亀山慶二 、 藤島ジュリーK. 、 吉崎圭一 、 市川南 、 見城徹 、 秋元伸介 、 木下直哉 、 沖中進 、 浅井賢二 、 二木清彦 、 樋泉実 、 荒波修
製作総指揮 早河洋
チーフプロデューサー 林雄一郎
プロデューサー 八木征志 、 高野渉 、 若林雄介
原作 田中経一
脚本 林民夫

映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』を観た人の感想、評価、口コミ

主演のニノ、主演…??あおいちゃん、かわいい

 

料理と言うニッチな世界にも関わらず壮大なロマンを感じさせ、後半全てが繋がった時の腑に落ちる感じも良かった。

ただこの映画、二宮和也主演で押すには無理があり過ぎる。彼はあくまでストーリーテラーであり、出番、役柄共にニノでなくとも十分成立してしまう。彼のファンは肩透かしを食らうはず。
興行的な大人の事情が透けて見え、そこがとても残念だった。

 

料理が本当に綺麗に撮れてる!
お腹空きました。

 

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 鑑賞。
満州で日本人料理人たちが、後世に残すために国境を越えたレシピを作成。
そのレシピを巡る陰謀と受け継がれていく想い。とても、感動的でした。

感動のラストシーンの後、エンドロールを見ていたら、企画に秋元康さんがいろんな仕事してるなぁ。

 

ニノさんが好きな皆さま、ごめんなさい。この映画の大活躍は西島さんでござったぞ。アタシの好きなGO様は何故に髪型や被り物で別人なのだ?ニノ&GO様の車でのツーショットと、あおいさんの笑顔にニタニタしたのはアタシだけ?(。-艸-。)

 

人気料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一の小説を映像化した作品で、あくまでもフィクションではあるのだが、こんな料理があったら食べてみたいと思わせるくらい、料理のシーンにはことのほか力を注いでいるようにも思える。終盤にはお約束のサプライズも用意されており、「おくりびと」の滝田洋二郎監督、ひさびさの大ヒット作品になるような予感も。

 

徐々に明かされるそのレシピに込められた思い、過去から現代に料理を通して繋がる絆、大切なものを得るために他の大切なものを犠牲にしなくてはいけないという事実。美しい数々の料理と、まるで目の前で調理されているかのような繊細な音。そして衝撃の結末。一見する価値のある映画だったと思う。

 

彼とレシピを繋ぐ最大の謎が解き放たれるクライマックス。
その驚きと感動は、なかなかのもの。それを是非、皆様に劇場で確かめてもらいたいと思う。

 

ロケ地がよくて料理もキレイでおいしそう、お金かかってるな〜なんて。
現代と戦後をいったりきたりして、結構引きこまれる。けど複雑だからか矛盾点もちらほら。
思ってた以上にしっかり作られた映画!だけど映画館で見なくても良いかな!

 

綾野剛の肉体美〜〜!

作品自体すばらしかったので
全く関係ないとこ推しとく。←

麒麟の舌自体には
そこまで触れてなくて
料理とは何か。
料理に思いを込めるとは。
ということを一辺倒して
ふかーく掘り下げたように感じました。

 

若い楊さんと綾野剛がダントツで好き
楊さんは笑顔がキューーーーート!
綾野剛はカッコイイの代名詞。笑

 

悔しくなったり悲しくなったり泣きそうになった。
素敵なお話というか良いお話というかアツイお話というか、言葉が分からないけど、ワハハな意味ではなくて、面白かったです。

もう一度見るかと言われると、平和主義すぎる私には少ししんどいかなぁ。

 

大切なレシピを守るお話、
だけど作る工程、がとても素敵でした。

何故大切なのか、
山形さんが命がけで守った意味は。

2時間超えの作品でしたが最後の
点と点が繋がるとき、真相は
あっという間でした。

お料理には作った人の気持ちが
乗っかってる、
作った人の思いも食べているんだという
奥深いお料理のお話でした。

綾野剛の作るチャーハン食べたい。

 

お腹空いてるときは辛い(笑)ますますお腹が空いてくる。

 

泣かせにくる演出のある映画だったけど
売るっと泣けました。
ニノの演技どうこうとか
ニノが料理するとこみたいなら
ちょっと的外れかなぁ、、。
ストーリー重視で
ぜひ料理に携わってる人も
料理を全くしない人も観てほしいです。

 

たんたんと進んでいきますが、最後には「こう繋がるのか」と感動しました。
あふれる愛の物語です。
俳優さんたちも豪華なのですが、出てくるお料理がどれも美味しそうで、全部食べたくなりました。
麒麟の舌の持ち主ってすごいな~

 

二宮君が、主役というより、西島さんが、主役といった感じでした。
中盤ちょっと中だるみしましたが、後半に向けて、ストーリーにどんどん引き込まれました。人に歴史あり。壮大な歴史と愛を感じました。

 

音が…。音フェチの人には嬉しそう(笑)

 

映画の冒頭から張り巡らされた伏線が終盤で回収され、点でしかなかったものが線となり、やがて面となって心に押し寄せてくる。
美味しい料理、特に三ツ星レストランで出てくるのは確かな技量で裏打ちされたセンスの良いものばかりだが、本作を鑑賞して、そのようなレストランでなくても、高い食材を用いてなくても、作り手の愛や思いが込められたものは心に残るということを改めて感じた。

 

良い話だった!
感動だね。素直な気持ちで受け止めるにはそうだよね!
美味しそうな映像もたくさん。

 

本作の主演は二宮くんなのだが、出演者一人ひとりが味のある演技をしていて、見応えがある。また、料理物だがヒューマンドラマ的な要素も強く、重厚感がある。“おくりびと”でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田監督ならではの演出が光る秀作。

 

伏線が最後に一気に回収され、会場全体からすすり泣く声が聞こえてきました。
西島秀俊さんの一つ一つの演技が繊細でとてもよかった。出てくる料理も美味しそうでお腹が減りました。

 

ラストに辿り着くまでの間に散りばめられたヒント。時空を超えた絆に感動した。

 

今にも良いにおいがしてきそうな湯気や
お料理が出来上がるまでの音
真剣に作る料理人の眼差し
とても丁寧であったかい映画だと思いました。

個人的には若かりし頃の張さん役の人が
すごくよかったです。
ナチュラルで感じが良かった。

最初にあらすじをみて
最後の結末が大体想像できてしまったので
そこまで感動しませんでした。

とりあえず、み終わったら
美味しいご飯が食べたくなります。

 

お料理の演出が素晴らしい
二宮さんが泣きそうになるとなぜこちらまで泣きそうになるのでしょうか。
誰かのために信念のために自分を犠牲にできるのは悲しいけど素敵ですよね

 

心があたたまる映画!
とてもお腹がすくので、上映前にお腹いっぱいにしておくことをお勧めします。

 

とても温かみのある優しい映画。
そして、おなかがすく!

丁寧に描かれていて、
最後の方にちゃんと伏線が回収されてて、
とても関心した!
うるうるきちゃったー。

役者さんたちもとても役にハマっていて、
すばらしかった。
西島さんの方が主役かな?って思うくらいの存在感だった。

 

自分なりに思うこの映画のキーワードは「孤独」「記憶」「愛」。どれだけ育ってきた環境や価値観が違っても、温かさを感じる温度は皆同じであると感じさせてくれる作品でした。いつも伏線を張られたところで先読みしてしまう方だけど、今回は気がつかなくてラストの展開に涙が止まりませんでした。粗筋など一切見ずに劇場で観るのをオススメします。

 

伏線回収されたときの感動がすごかった!あとすごいご飯食べたくなる

 

すごい飯テロ
人の温かみを感じれて泣ける
想像とストーリーが違った
キャスト豪華すぎ

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-人間ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.