【口コミ・ネタバレ】映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

アニメ

【口コミ・ネタバレ】映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」』の感想・評価評判

投稿日:


映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」』口コミ感想ネタバレ 映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「大帝様の愛トークが熱い!」「発進や波動砲だけでも、ワクワクする!」「銃は使っても殺人はしないルパンみたい!」


上映中【2017年10月14日(土)公開】

 

不朽の名作「宇宙戦艦ヤマト」をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編を全7章の劇場映画として上映するその第3章。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、謎の敵ガトランティスの脅威にさらされ、再びヤマトで戦う事になる乗組員たちの姿が描かれる。『機動戦士ガンダムUC』の福井晴敏がシリーズ構成・脚本を手がける。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

第十一番惑星の岩塊に埋もれたヤマトの頭上に、夥しい数のガトランティス増援艦隊が到着。しかし、波動砲を封印した今のヤマトには為す術がなく、苦難の連続で追い詰められていく古代進(声:小野大輔)。そんななか、ヤマトに密航していた森雪(声:桑島法子)が姿を現すが、事態が好転することはなかった。必要に駆られ、惑星シュトラバーゼへと立ち寄ったヤマトを、二つの巨大な罠が襲う。ガミラスに革命を促さんとする反乱軍は、なぜヤマトを待ち構えていたかのようにシュトラバーゼを襲撃したのか……。その混乱の中、古代はアケーリアス文明の遺跡の中でガトランティスの意思を体現する男と対面を果たしていた。宇宙の真理として絶対的な“愛”を説く男は、「おまえの愛を示せ」と古代に恐るべき選択を迫る……。

●キャスト●

古代進 小野大輔
森雪 桑島法子
島大介 鈴村健一
真田志郎 大塚芳忠
南部康雄 赤羽根健治
相原義一 國分和人
太田健二郎 千葉優輝
徳川彦左衛門 麦人
西条未来 森谷里美
アナライザー チョー
佐渡酒造 千葉繁
桂木透子 甲斐田裕子
加藤三郎 細谷佳正
山本玲 田中理恵
篠原弘樹 平川大輔
斉藤始 東地宏樹
永倉志織 雨谷和砂
沖田十三 菅生隆之
土方竜 石塚運昇
バレル てらそままさき
キーマン 神谷浩史
ズォーダー 手塚秀彰

●スタッフ●

監督 羽原信義
副監督 小林誠
製作総指揮 西﨑彰司
原作 西﨑義展

映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」』を観た人の感想、評価、口コミ

愛だよ、愛。大帝様の愛トークが熱いですwそして今回も西条さんの髪かきあげカットが3パターンもあり大満足です♪

 

中だるみ?!?!

何だか全然興味そそられないまま、
続きを観たいとも思わせてもらえないままに
エンドロールに突入。

ゴロツキの半分ヤクザみたいな人に原作権を奪われたまま、松本零士不在の本作は、福井晴敏の名前だけが希望の光だったが、もはやそれも限界か?!?!

 

良かった!
さらヤマ、ヤマト2の
オマージュもふんだんに使っていて、
懐かしさと新鮮さを感じた。
キーマン、桂木 一体何者?
第四章が楽しみです。デスラー戦法…

 

良かったです。
隣に座ってた女性が終始鼻をすすってました。

波動砲撃たない縛りをどうやっつけるかが、今回のテーマ。
なかなか上手く処理できてると思いました。銃は使っても殺人はしないルパンみたいですね。

次回以降もこのままいけるのか?
いよいよ宿敵も登場しての盛り上がりに期待です!

 

もう第三弾。ガンダムと同じで、このリメイクは、愛が溢れている。好きな方が愛をもって創ってる。発進や波動砲だけでも、ワクワクするのは歳のせいかも。しかし、劇場のお客さん、いいおやじとおばはんばかりでした(苦笑)。次回はいよいよ真打ち登場みたいです。

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-アニメ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.