【口コミ・ネタバレ】映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

ミステリー

【口コミ・ネタバレ】映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の感想・評価評判

投稿日:


映画『彼女がその名を知らない鳥たち』口コミ感想ネタバレ 映画『彼女がその名を知らない鳥たち』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「鳥かごの中のような閉塞感!」「蒼井優と松坂桃李の濡れ場がスゴイ!」「阿部サダヲさんの、細やかな機微を現す演技!」


上映中【2017年10月28日(土)公開】

 

沼田まほかるのベストセラー小説を『凶悪』の白石和彌監督が映画化したミステリー。夫に嫌悪感を抱きつつもその稼ぎで働きもせずにだらだらと本能のままに生きるヒロインの十和子を蒼井優が演じ、新境地を発揮する。また、その同居人を阿部サダヲ、元恋人の黒崎を竹野内豊、新しい彼氏を松坂桃李が演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

十和子は15歳上の陣治と暮らしているものの、8年前に別れた黒崎のことが忘れられずにいた。下劣で地位も金もない陣治を毛嫌いする一方で、自分は働かず彼の稼ぎをあてにし堕落した日々を送っている。ある日、どこか黒崎の面影がある水島と関係を持った十和子。水島には妻子がいたが、彼との情事に溺れていった。そんな中、家に突如やってきた警察から、黒崎が行方不明になったことを知らされる。黒崎の失踪にどんなに足蹴にされても執拗に十和子に執着する陣治の関与を疑った十和子は、水島にまで危険が及ぶのではと危惧する。

●キャスト●

北原十和子 蒼井優
佐野陣治 阿部サダヲ
水島真 松坂桃李
國枝カヨ 村川絵梨
酒田 赤堀雅秋
野々山美鈴 赤澤ムック
國枝 中嶋しゅう
黒崎俊一 竹野内豊

●スタッフ●

監督 白石和彌
プロデューサー 深瀬和美 、 山本晃久 、 西口典子
原作 沼田まほかる
脚本 浅野妙子

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』を観た人の感想、評価、口コミ

狂えるほど人を愛すことが怖くなってしまった

最初は全員がどうしようもないクズだが、自分がそんな部分がないかと言われると少しは当てはまっている気がして嫌いにはなれない

共感ができたらどれほど楽なのか、共感ができないからこそ苦しく儚い愛の形
人を愛することって難しい

 

登場人物が全員、普通じゃない。
蒼井優も、阿部サダヲも、松坂桃李も、竹野内豊も今までに見たことないほどの演技で、役者冥利につきるような映画だった。

全編を通しての阿部サダヲ演じる陣治の行動が重すぎて途中中だるみをしてきたところで最後30分での伏線回収の見事さ。あの行動の意味。
全部持って行かれた。見事だった。

 

最高の愛のお話。泣けた泣けた。久しぶりに嗚咽が出るくらい泣けた。

 

登場人物がクズで狂気に満ちていた。
蒼井優さんの刺々しい空気管と阿部サダヲさんの不潔で不快な感じが凄かった。映画に引き込まれました。
主人公の二人の愛と共依存の物語で人間関係や人間性が楽しめました。

 

内容はとっても重たいのに、最後なんとなくスカッとあったかい気持ちになるのなんでだろう。
途中展開が少しグダってしまい飽きそうになったけど、、

​結局誰が一番クズなんだろう。作品紹介では陣治もクズの仲間入りになっていたけど、少なくとも私の中では最高に純粋で、一番人間だった。​「俺は自分でするから」の破壊力。このセリフに全ての愛が詰まっていると思った。

 

途中まで恋愛不信になりそうだったけど最後の方は悲しい気持ちになった。
そこのみにて光り輝く思い出すなあ

 

自分の精神年齢が14歳くらいで止まってるのであまり良いと思えませんでしたしそんなに記憶に残りそうな感じもないです、、
正直濡れ場がすごかったくらいの浅い印象しか残っていかないかも、、スイマセン

"共感度0%"ほんとに全く誰にも、どの行動にも共感は出来ないし理解できない、でも結構こんな人実際にもいるんじゃないかな、って感じでした

 

共感度、0ではなかったです。ぐっときました。

 

不器用でバカでどうしようもない。個々に自己中心的に自分の快楽しか考えてない。だけど、陣治だけは真っ直ぐすぎて、ストーカー的な部分もある。悲しい話。ラストがまたよい。

 

物語の舞台が地元すぎて、自分が十和子なんじゃないかと錯覚する。明るく賑やかなイメージが強い大阪だけど、それは人のパワーであって、大阪の景色はどこまでもグレー。東京なんかよりもよっぽど寂しいコンクリートジャングル。これからは自分の生まれ故郷を紹介するなら、この映画を見せたいと思う。

 

役者さんはほんとに凄かったです、蒼井優と松坂桃李は体張ってるなあって感心しましたし、阿部サダヲはここまで汚さをだせるの凄いなと思いました、近寄りたくないって本気で思えたので

すごいけどそこまでの濡れ場を作る意味が分からない、、、そこで凄い映画と思わせたいのかな?って思ってしまいました、もっとストーリーの方で勝負してほしい
(原作未読なので原作に寄せたのかもしれませんが)

現時点ですごく評価が良いので私がガキすぎるだけなんですかね、何回か笑いそうになってしまった自分が悲しい(全く泣けなかった)

竹野内豊黒っ!!!!!(物理的に)

 

蒼井優さんはどの作品でもセンター分け黒髪ロング、薄化粧でどうみても"蒼井優"なのに、毎度全く別人に見えます。
十和子は、幸の薄い美人、目はぱっちり、髪は金髪に近くプリン状態…に見えてきたのです。映画を観ているのに小説を読むかのように想像を掻き立てられました。蒼井優に装飾品は一切必要ありません。稀有な存在です。

 

こんな人いないだろってくらいみんな最低な人たちだけど、あまり違和感なく見えるのは役者さんたちの演技が自然で上手いんなろうなと思いました。

阿部サダヲの汚さは覚悟していた所為か思ったより不快感なく見れました。
それよりも松坂桃李の濡れ場が生々しくてしんどかった。

 

陣治役の阿部サダヲがなぜあんなに真っ黒に日焼けして職場で邪険に扱われていたのか…胸が張り裂けそうになります。

鑑賞後は「全員クズ」よりも、もう一つのキャッチフレーズ「恋愛観が変わる、大人のラブストーリー」の方がしっくり来るのではないでしょうか。
愛する意味を考えさせられる作品です。

 

阿部サダヲの目がとても印象的で、透き通った目が危険なギラギラした目にも純粋なキラキラ目にも見えて、どっちなんだ!?となりました。
電車の中で陣治の目に光が当たって目の色が変わっていくシーンが素晴らしかったです。

 

赤澤ムックさん(十和子の姉役)は、三浦大輔監督「愛の渦」の"常連役"だったと鑑賞後に知りました。見た目はもちろんのこと、オーラ、演技、声、まるで別人で衝撃を超えて戦慄が走りました。

 

鳥かごの中のような閉塞感。
観終わって、いま自分にある幸せを再認識できそうな作品でした。
阿部サダヲさんの、細やかな機微を現す演技が特に心に残ります。

 

ホントに共感度0%でしたが、殺したいほど…、死んでもいいほど…そんなに人を愛せるのか?と少し羨ましいような気もしました。
ただ、それが噛み合わないとひたすら哀しいけど…。

 

俳優陣の演技は軒並み素晴らしかったと思うし、蒼井優さんはやはりどこか独特の空気を持っているなぁと再認識。大胆かつ濃厚なベッドシーンもいやらしさを感じず美しかった。阿部サダヲさん、竹野内豊さんはもはやベテラン芸。また、特にインパクトを感じたのは松坂桃李さん。ちょっと見方が変わったというか、実に器用にいわゆる「クズ男」を演じきっていた。

全編を通して重い空気感のまま描かれ、希望みたいなものは本当に少ないけれど面白かった。

 

今更言うことでもないし、言い尽くされた言葉だけど、恋愛に正解はなく、人間の数だけ形があるんだなーと。

結局好きになった方が負けだし、他人に何を言われようが本人たちが良ければ曲がり通ってしまうのが恋愛。
分かってても抜け出せないのが恋愛の怖さ。

この映画に出てる人、誰かにならないといけないとしたら誰を選ぶ?と言われても、全員嫌だけど、どうしても選ばなきゃならないとしたら誰を選ぶかなあ…とぼんやり考える余韻のある作品でした

 

陣治ー!!!o(;△;)o 阿部サダヲと蒼井優の演技が圧巻!(*゜Q゜*) 阿部さんが登場シーンからかつてない男の匂いを発散させていて、役者としての振り幅の広さに舌を巻きました。単純思考に見せて何重もの含みのある演技をする阿部さんも、凄く嫌な顔、隙だらけの不安定な顔、ラストで見せる泣き笑いみたいな顔と、幾つもを一人の女性として難なく演じ切る蒼井優も、凄過ぎます。日本を代表する二人の役者バトルに大満足です(*^¬^*)

 

傍若無人メンヘラ女を演じる蒼井優と一見すると小汚いストーカーじじいを演じる阿部サダヲ。2人ともうますぎる。松坂桃李はイケメンで色気ダダ漏れなのに死んだ瞳をしててクズが似合う。
イケメンほど中身が汚くて、醜男は献身的で純粋な愛があって。イケメンの甘い言葉に引っかからないように気をつけなきゃ…

他人をここまで好きになれるって凄い

 

「誰が犯人かと思ったら自分でした」パターンは正直もうやり尽くされているし、ストーリーだけ追うと陳腐な作品になりかねないところだけど、終始ぐんぐんに惹きつける白石監督の手腕に圧倒された〜

クズでもいいから水島さんに抱かれたいわぁ…

 

ラブストーリーも邦画もほぼ自ら観るものではないが、良かった。
阿部サダヲ出るってなるとやはり笑いもあり。
サスペンス的要素も入ってておもしろかった。

 

阿部さん面白かった
でもめっちゃ汚かった
お姉ちゃん決めつけ系でニガテだった
トーリさん階段降りるの痛々しかった
最後ジンジがなんであぁいう決断に至ったかわからない。
あとCGやっぱり台無しになる気が。

 

不細工で汚くて歪なものの方が実は透明で無垢。
綺麗すぎるものって怖くて嘘っぽいもんね。
あなたのため、は、私のためでしかない。
陣治よ、私はこれを世界一の無償の愛のカタチと呼びたい。
松坂桃李の、時計出す時に蒼井優を見る目がすごく良かった。あの一瞬でこいつがクズだってことがすぐわかる目の演技。
蒼井優、これでなんか賞取りそう。
私はとても好きでしたこの映画。

 

恋愛映画と見せかけたミステリー映画
後味も見心地もすごい悪いが、こんな映画を見たい日もあるという感じ。
強いていえば今日ではなかった笑笑

 

とにかく蒼井優がヤリまくってなまらメンヘラでリアリティに溢れてて生々しさぶん殴りたさは超高評価。
桃李や阿部サダヲの演技も勿論素晴らしく、話の展開の仕方なども飽きずにみれた。

 

こんな考えさせられてるのは実際そーゆー意味では共感度とゆーか共有度がめちゃ高いってことで現実のお話って感じで不快度100%に笑っていられないな。愛と呼べるが呼ぶ止まり。恋愛観に変化無し。ただ映画としては凄い面白い!!

 

蒼井優×阿部サダヲ主演!登場するのは嫌な女、下劣な男、ゲスな男、クズすぎる男と最低なキャラクターばかり。共感度ゼロの最低な女と男が辿りつく“究極の愛”、このラストは、あなたの恋愛観を変える!

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-ミステリー
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.