【口コミ・ネタバレ】映画『恋と嘘』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

マンガ、コミック ラブストーリー

【口コミ・ネタバレ】映画『恋と嘘』の感想・評価評判

投稿日:


映画『恋と嘘』口コミ感想ネタバレ 映画『恋と嘘』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「またまた北村匠海くんに泣かされました!」「主題歌や挿入歌も雰囲気にぴったり!」「The王道恋愛映画!」


上映中【2017年10月14日(土)公開】

 

自由恋愛が禁止された近未来を舞台に、政府が選んだ結婚相手と、幼なじみとの間で揺れるヒロインの姿を描くラブストーリー。マンガアプリに連載され、アニメ化もされた人気コミックの設定を生かした原作とつながりをもつアナザーストーリーとなっている。ヒロインを森川葵、幼なじみを北村匠海、その恋のライバルを佐藤寛太が演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

超・少子化対策法が制定され、DNAをはじめ各種データに基づき政府が各個人に最良の結婚相手を通知していた。通知が来た者は自由恋愛を禁止されるものの、多くの人がそのマッチングを受け入れ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。優柔不断な面のある女子高生・仁坂葵(森川葵)もまた通知が教える相手を心待ちにする一人だった。誕生日前日、葵は幼い頃からいつもそばにいてくれている司馬優翔(北村匠海)から告白される。心優しい幼馴染の気持ちを知り戸惑う葵。そんな彼女の前に、政府通知の相手として無口でミステリアスな高千穂蒼佑(佐藤寛太)がやってくる。葵は蒼佑に惹かれていくが……。

●キャスト●

仁坂葵 森川葵
司馬優翔 北村匠海
高千穂蒼佑 佐藤寛太
小夏 浅川梨奈
秋帆 田辺桃子
温水洋一
遠藤章造
中島ひろ子
三浦理恵子
木下ほうか
四谷大輔 徳井義実

●スタッフ●

監督 古澤健
原作 ムサヲ
脚本 吉田恵里香

映画『恋と嘘』を観た人の感想、評価、口コミ

森川葵は可愛かったけど、こういう感じの役はあまり合ってないかなと思った。
内容は、お花畑。

 

北村匠海くんの素材が光る、青春物語。
中盤に大きなギミックがあるものの、全体的に設定を上手く消化しきれてないなぁ、という印象でした。

予告だと「自由恋愛禁止!」みたいな感じだったのに、
実際は「自由恋愛はしてもいいけど結ばれないよ!だから政府通知に従おうね!」みたいな感じだったのもビックリ。

 

原作を知らずた、観ました。だからか、先入観なく、恋愛映画として楽しめました。

 

北村匠海くんは本当に演技が細やか。声がすごくいいです。好きです。

 

佐藤寛太さん、どっかで見た顔だなぁと思ったら、「イタズラなKiss」入江くん役、「HiGH&LOW」にも出演してました。

北村匠海くんのファンなら見て損はない内容だと思います。
Cパートもあるので、エンドロール後まで、どうぞ。

 

全てが予定調和。演技も凡庸。エンドロール後に現れる、真のラストシーンには呆然とするしかありませんでした。期待していただけに残念。

 

ストーリーはいたって普通のファンタジーラブストーリーだが、なんか最後の最後で期待を裏切られた感じ。北村匠海くん演じる司馬くんの葵を見る視点が本当に心の底から優しさで溢れていてそこに涙しました。

 

超少子化対策法という特殊な政策が施行されて普通の恋愛が禁止されている近未来の話だが話の流れはいたって普通。優柔不断な性格の主人公に振り回される男子2人が不憫でならない。エンドロールが流れても席は立たない方がいい。

 

森川葵がクソほど可愛いわ、北村くんは相変わらずの安定感だわでキャストは良いけど、役の頭がお花畑すぎてヤバイ。
コメディ映画。キュンキュンなんてしない。

 

古澤さん漫画原作ばっかやってんな……
というか立花慎之介出てんのかこれ

 

登場人物も、女の子が主人公で、イケメン2人に愛されて、少女漫画的な展開になっています!
これは完全に恋愛映画ですよ!

そして、君膵を観てからというもの、
北村匠海くんの演技にやられ、声にやられている私は、トキメキが止まらず…
本当に本当に格好良かった。
もちろん劇団EXILEの佐藤寛太くんも負けじと格好良くて、主人公の森川葵ちゃんも可愛くて。

 

「やる(これあげるよ)」を流行らせたい。

追伸
俺も政府通知欲しいです。

 

思ってたより面白かったし、普通に観れた!
言い方とか行動とか真面目にやってるんだろうけどそれが面白くなっちゃったとこが多々あった(笑)
男の子2人ともかっこよくみえてしまった

 

夢見がちな恋愛映画なので!いいのです。
ハッピーエンド大好物です。
最後まで見逃さずにお願いします。

はあ、またまた北村匠海くんに
泣かされました。。

 

the王道恋愛映画
少女漫画の王道詰め込みましたという感じ。

物語の先が予想出来てしまうほど、よくあるシーンが多々な恋愛作品でした。
幼馴染みと仲良し、イケメン君との恋愛、幼馴染み病気発覚、幼馴染みへの想いに気づく、結婚式キャンセル、空港へダッシュ、幼馴染みと結ばれる…
とりあえず詰め込まれてる…プラスなかなか展開が早い(笑)

 

ティーン女子ウケに寄せすぎだなぁ。
少し薄っぺらくなってしまっている気がします。

原作とは男女の設定が逆転していて、アナザーストーリーといってはいるけども…
圧倒的に原作の方が良い!!!

 

イケメン幼馴染と政府による許婚御曹司との、三角関係に悩む平凡女子高生の夢見る夢子なストーリー。設定自体がありえないからこそ、その他の部分をしっかりして欲しかったが、人がまばらな京都とか、丘にポツンとある墓とか、現実離れしていて違和感がありました。期待していた芸人2人のスパイスも全く効いてなくて残念。森川葵の演技が本当にイタいが、男子2人は自然で良し。木下ほうかは相変わらず独特で好き。

 

まぁ、こんなにも自分を理解してくれる幼馴染みって最高ですね!!素敵!
この北村匠海さんみたいな人と付き合いたい!!!

 

原作読んでます。森川葵好きです。世界観だけ同じの原作のアナザーストーリーなので、原作関係ないです。仁坂くんの姪が主人公なのかな?昨今、晩婚化と婚活で疲弊している若者たちや、葵みたいに優柔不断で“白馬の王子様を待ってる系”女子には、「政府通知」がある世界は、諸手を挙げて万歳なのかもと、実写にすると妙にリアルな近未来に感じてしまいました(^_^;) 逆に、自分で恋愛も結婚も仕事もきちんと出来る人たちにとっては、地獄のような世界(爆)ただ、本作は原作の政府通知の縛りルールがないので、地獄でもなく、ただのティーンズ三角関係映画になってしまっていて、薄ペラペラでした(>_<)

 

ムサオ原作の同名人気マンガを実写映画化。近未来の日本では「超・少子化対策法案」通称「ゆかり法」が施行され、国民の遺伝子情報をもとに、国が最良の結婚相手を決める政策がとられていた…。
設定が原作やアニメと逆の“ドリカム状態”。その思われ人、葵役に森川葵。幼なじみの司馬優翔役に「君膵」の北村匠海、政府通知の相手、高千穂蒼佑役に「劇団EXILE」の佐藤寛太。
個人的には原作やアニメの世界観が好きで、実写版にも期待していたのだが、やはり設定が逆なのが災いして入り込めず。また、ヒロインの森川葵も、ドラマ“監獄学園”の花役とダブってしまい、その言動がすべて滑稽に見えてしまう。
唯一の救いは、ラストが原作の世界観を壊さずにいてくれたことか…。

 

登場人物も魅力的じゃなかったし、ストーリーもいまいちだし、安っぽい映画でした。

 

一周まわって面白いとはまさにこの事!!!!!

観てる側が予想する少女漫画あるあるを120%で展開してくれて
(クールなイケメンと突然結婚する事になる、最初は尖ってたけどだんだん優しい彼氏なりデート中に欲しそうにしてたプレゼントもサプライズで買ってくれて見直す、そんな最中に幼なじみへの恋心に気づく事件、結婚式を途中でやめる、空港まで走る)

ある意味コメディだなと気を抜いてたら、オチで元の男子とくっつくというアンハッピーエンドwwwホラーすぎwww

 

一番私には合わない作品なのに、エキストラ友人の晴れ姿を確認しに鑑賞。あまっちょろいどころではない、ラブストーリーには耐えられませんでした。今の若い方にはこれが受けているのかもしれませんが、悲しくなるくらいの酷い作品としか言い様がありません。関係者の方には申し訳ありませんが私には駄目でした。友人の晴れ姿どころかエキストラの仲間、誰もわかりませんでした。

 

原作が好きで観に行ったら、全く違う映画になっててびっくりした!登場人物の名前すら違った。でも、これはこれでありかなという感じだった。
幼馴染が病気だったり、死んでしまったりする展開には驚いた!

演技がわざとらしいという意見もあるけどそれもそれでいいかなと思った。ただ、私的にはもう少し原作の要素が欲しかった!
主題歌や挿入歌も、映画の雰囲気にぴったりでよかった。

 

森川葵は相変わらず演技笑っちゃうけど顔が鬼可愛いからOKで、
君の膵臓をたべたいの北村匠海も引き続き付き合いたくなったからOKで、
劇団EXILEの子はスタイル良すぎて衣装さん絶対楽しいだろうなこの仕事と思いました

 

うーん主人公の演技が…所々稚拙に感じたし、セリフの一個一個がなんかクサい。辛すぎて途中寝ました^^

 

原作は読んだことありません。
普段もこのジャンルは観ません(笑)
こういうのに免疫がないせいかすごくくすぐったいというか正直笑いを堪えるのが必死でした(笑)
でも普通に楽しめた。意外と面白い。
設定には色々突っ込みどころがあるけどもそんなこと求めちゃだめなんですよね?

 

主人公のおじさんがモデルなんだけど、演者が芸人(徳井義実)なのが面白すぎてシリアスなシーンでもなんか笑えてしまって内容に集中出来なかった。なんでこの配役なんだろう笑
この映画を見て、原作やアニメもこうなのか~と思われたら嫌だな~と思いました。
政府通知云々の設定だけ使いたかったのかなぁ。

でも司馬くんはよかった。いい子すぎた…北村さんの演技も合っていてよかった!
そこだけは好き。

 

※エンドロール後も話あります。

試写会にて
原作未読

森川葵の演技がクサイ!森川葵ってこんな感じだったけ!?
クサイ演出は大歓迎ですよ。少女漫画原作なら覚悟もできてるし。おおいに胸キュンさせていただきたい。でもそれ以上に森川葵の演技がクサイんじゃ!
少女漫画原作のゴリゴリ恋愛映画はあまり観ないけれど、そういうものなの?これは色々と観て確かめるしかない。

クサイといえばココリコの遠藤もでてました笑

 

男の子2人の演技が上手でもう少し点数あげても良かったけどそれ以上に主人公の女の子の演技が酷すぎてイライラしました。
女優さんの演技にもイライラ、主人公の性格にもイライラ…
エンドロールは最後まで観ましょう。
最後のシーン必要ですかね…?

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-マンガ、コミック, ラブストーリー
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.