【口コミ・ネタバレ】映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

SF

【口コミ・ネタバレ】映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の感想・評価評判

投稿日:


映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』口コミ感想ネタバレ 映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「シーザーの内面が綿密に描いているのが印象的!」「もう多くを語れないレベルの良作!」「終盤でのど迫力の映像と壮大な音楽は素晴らしい!」


上映中【2017年10月13日(金)公開】

 

高度な知能を得て反乱を起こした猿たちと人類の戦いを描く、人気SFシリーズの第3弾。猿のリーダーであるシーザーがその使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤する物語が描かれる。前2作に引き続き、アンディ・サーキスがシーザーを演じる。監督は『猿の惑星 新世紀(ライジング)』のマット・リーヴス。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

高度な知能を得た猿と人類の全面戦争が勃発してから2年後。シーザー(アンディ・サーキス)率いる猿の群れは森の奥深くに身を潜めていたが、ある夜奇襲を受け、シーザーの妻と年長の息子が落命。敵の軍隊を統率する大佐(ウディ・ハレルソン)への憎しみから、シーザーは仲間たちを新たな隠れ場所に向かわせ、穏やかなオランウータンのモーリス(カリン・コノヴァル)やシーザーの片腕的な存在のロケット(テリー・ノタリー)らを伴い復讐の旅に出る。道中、口のきけない人間の少女ノバ(アミア・ミラー)や動物園出身の奇妙なチンパンジー、バッド・エイプ(スティーヴ・ザーン)を加え、大佐のアジトである巨大な要塞にたどり着いた一行。しかし復讐心に燃えいつもの冷静な判断力を失ったシーザーは、執拗に彼を狙う大佐に捕獲されてしまう。

●キャスト●

シーザー アンディ・サーキス
大佐 ウディ・ハレルソン
バッド・エイプ スティーヴ・ザーン
モーリス カリン・コノヴァル
ノバ アミア・ミラー
ロケット テリー・ノタリー
レッド・ドンキー タイ・オルソン
ルカ マイケル・アダムズウェイト
コバ トビー・ケベル
プリチャー ガブリエル・チャバリア
コーネリア ジュディ・グリア

●スタッフ●

監督 マット・リーヴス
製作 ピーター・チャーニン 、 ディラン・クラーク 、 リック・ジャッファ 、 アマンダ・シルヴァー
製作総指揮 メアリー・マクラグレン 、 ジェンノ・トッピング 、 マーク・ボンバック
原案 ピエール・ブウル
脚本 マーク・ボンバック 、 マット・リーヴス

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』を観た人の感想、評価、口コミ

シーザーに降りかかる苦悩や葛藤が
表情から凄く伝わってくる。

“ WAR for ” … 家族の為、仲間の為、平和に暮らす為…
シーザーの決断や行動は決して間違いではないし、
皆が尊敬する立派なリーダーだよ。

このシリーズはホントに邦題が酷い。
「大戦記」と一旦は決定後、
より制作側の意図を汲み取るという理由で
「聖戦記」へ変更になったが、無駄な変更。
どちらも酷い邦題には変わりない。
原題のままが一番制作側の意図に沿うに決まってる。

 

シリーズ最高傑作にして
素晴らしい最終章でした。

人間以上に人間らしいエイプが、
観ていて心揺さぶられました。

とてもCGとは思えない映像美で、
リーブス監督のバットマンが
今から楽しみです!

 

自然の摂理を歪めた人類は、自然により罰せられる
決してガバ警備や、クッソ感染の早い疫病のせいで滅ぶのではないのだ

 

オリジナル版に繋がるリブート完結編…グレートウォーというタイトルから最後の人類と猿との全面戦争みたいなのを予想してたらなるほど人類はこうして絶滅に向かったのですね
とにかくVFXが異次元…CGと現実の境目はとうとう無くなりました…ここまで来たか…すげーぞまじで…
シーザーが男前で泣けます。こんなかっこいい表情人間にもできん

 

収容所の警備がサル......じゃない、ザル。
不完全ながら1作めに繋がる伏線が次々貼られていく展開は「オオッ」となりましたねえ。

まあ聖戦も自然の猛威には勝てんよなあ〜
あっさりしすぎて拍子抜けしたけど。

 

感動したわ
もう終わっちゃうのか〜
シーザーありがとう!!!

久々に映画館でうるうるきたぜ。
ラストは想像以上にきた、、、
うぅー シーザー!!!

人間がいかに醜いかようわかる映画だった。大佐は案外いい人だったけど、あの兵隊はどクズだったわ。恩を仇で返すっていうね。まぁ文字通り木っ端微塵になってせいせいしたけどさ笑

 

シーザーの父親感とリーダーシップに感動☆私もJr.が愛しくてたまらない・・・

そして、戦争はやっぱり嫌なもんだと実感。
戦争肯定している政治家いるけどその政治家と投票した人たちだけで勝手にやってもらえるようにお願いしたい。
政治家とその裏で糸引いてる連中どもはもちろん前線でお願いします。

 

エイプは賢いから復讐しないと誓ったはずも、今までの葛藤むなしく復讐心に駆られるシーザー、
攻撃本能を理性で司る事は進化なのか退化なのな…
ただやはり最後までリーダーだった(´・ω・)

 

シーザーの部下達の知恵を活かして、脱獄するシーンは興奮した。でも、大佐をもうちょっと痛めつけてほしかったけど、ウィルスに侵されたから仕方ないか。(^^;

総じて、面白かったです!\(^^)/
話の内容が前作より暗いですが、良かったです!

 

創世記に次ぐ猿プロイテーションムービー。猿の友情、忠誠心、絆に泣かされ猿の表情変化一つ一つに重みを見いだせる、正に猿好きには堪らない映画だ!
ユルさ、ご都合主義、スローモーションもかなりあるし猿の惑星的な重みはないけど、ジャンル映画として最高です。

 

不必要で冗長な説明的描写を排している印象。快い。
前回までのあらすじもサクッとしてて良かった。
そうしないと長すぎたんだろうな。
リブートの過去2作は観ずに単発で観てしまったからかもしれないけど、そんな長くなる話かねって率直に思ってしまう。

 

面白かったです、面白かったんですけどジェネシス・ライジングと比べて明らかにトーンダウンというか渋い感じになっていて、正直あまり満足できませんでした。

 

序盤から山の斜面でド迫力の戦闘シーンに始まり、シーザーの妻子殺害、そして多くの猿が収監されている人間たちのベースに攻め込んで復讐を行う…という流れではあるものの、シーザーの内面の心の動きを非常に綿密に描いているのが印象的でした。

 

猿の惑星シリーズとしては、かなりレベルが高いと思います。リブート版のラストに相応しい作品です。社会派ヒューマン?ドラマなので色々と考えさせられました。第1作のヒロインのノバと同じ名前になる少女が恐ろしい程綺麗でした。オラウータンが一番いい味を出していました。

 

単純に見て面白かったです。とてもいい作品でした。

 

シーザーが全くカリスマ性が無くて何処を観て良いのかわからなくなった。
女の子の設定も最後に何かきっとあると信じて観てたけども、結局大した役目も果たさず終わり、なんだったのの消化不良。

人間の生き残りももう少しマシな頭脳のやつ居ても良いだろ...小物同士闘っても、シンドイよ。ふんだんな超リアルでリッチなVFXが全く生きない脚本で作ってる途中で脚本に問題が有ると何故気付けなかったのか。悔やまれる。

 

最後に、猿のドアップで見せる涙。
人ならホロリとさせる演出。

…すいません、猿に感情移入ができない、、
人と猿の立場が逆転したらものすごく猿を憎んでしまいそうなくらい人間が憎いやつらの演出されてるけど、
猿視点で描かれるとこんなに感情移入できないのか。

 

この三部作で、人間側に連続で出演した人物はいない。そういう点から、時代の変遷や忠実に猿側を描いているということを考えてしまうが、シリーズものとしての一貫性はない。少しそこが欲しかったのが個人的な要求。そして、中だるみも否めない。とは言え、終盤でのど迫力の映像と壮大な音楽は素晴らしい。

「猿の惑星」は、人間の蛮行を描いた人類への警鐘的作品として、これからも語り継いでいきたい。

 

やはりハリウッドの作品でした。
ラストのシーンにぜひ注目してください。

私の最も好きなシーンは最初のシーンでの入りがとても気に入りました。
(正直この入りがなかったら、イマイチだったのではと思いますねー。)

もし私が作るとしたら最後はもうちょい工夫してオリジナルの猿の惑星に繋げやすいものにします。

 

CG技術はやはり素晴らしい。タブーである毛糸の編み物などが本物のように出来ていて驚きを隠せなかった。
監督は違えど全作品ともブレることなくシーザーの仲間意識が強く描かれていてとても好きでした

 

華やかなアクションを考えると失望するかも知らない。ドラマだと考える結構よい映画。

 

すこし失速気味か…
全体的に旧約聖書の出エジプト記を下敷きにしている。

つまり登場人物が囚われの身から脱出するというストーリーのため陰鬱な雰囲気。

シーザーは単独行動をして
仲間を死なせてしまう。
しかも二度。

妻子の死やコバの亡霊などにとらわれているのが陰鬱さに拍車をかける。
負の感情にとらわれがちで、前二作で見せたカリスマ性はどこへやら。
三國志終盤の蜀を見ているような悲しさだった…

 

仲間と一緒にただ平和に暮らしたいシーザー達をしつこく追い詰める人間がなんとも憎たらしい…
人間がいなくなってようやく望んだ通りの暮らしができると思ったらシーザーが力尽きたシーンはせつなかった。最後シーザーは長年目指してた夢を見届ける形で死んだけど、やっぱりシーザーには新天地で幸せに生きていて欲しかった。

 

2年の歳月を経て、シーザーの会話力が格段に上がってた!もう字幕なしではついてけないよー!涙
猿の惑星って、シーザーの成長や、ただ猿と人間の関係性を描くだけじゃなくて、現代人が抱える複雑な問題を絡み合わせてるんだよなぁ。そして、猿と人間それぞれの問題は、視点が違えど同じで似ている。鳥瞰的に物事を判断できるようになれば、少しは平和に近づいたりするんだろうか。なんかもう多くを語れないレベルの良作だった。
CG言うことなし。このレベルのものが日本でも作られるようになりたい。切実。
ムードメーカー的な新キャラもいるし、シリーズ中いちばんコメディ要素の多い作品。女の子かわいかったー!

 

お猿さん最高やで!!
感動や。人間はダメや。お前らに地球は任せた、、、、。
俺より英語喋れてる、、。猿。尊敬や。

 

これはもはや、人間が忘れかけた
愛情と葛藤、そして自己犠牲の精神を
我々に訴えかける究極の“人間ドラマ”だ。

 

シーザーを演じる俳優のコンタクトがひたすら気になってそれどころじゃなかった。

 

長かったけど苦にならないくらい面白かった。前作があまり面白くなかったので期待していなかったというのもあるのかもしれない。
シリーズ第3弾にして完結(らしい)。今度は戦争だ!って感じかと思ったら肩透かしはくらうかも。
もう完全に猿目線で話は進みます。完全に猿が主役の猿映画。バカにしてるわけではないですよ。

 

タモリさんが「愛があるから戦争があるんだよ」って仰ってたのを思い出した。
雪降る映画を夏にやるとは、どういう狙いなの!?南半球狙いなのか。

 

ここ最近のリメイクにピリオドが打たれた。人と猿。もともとのモデルは西洋人と日本人。それぞれの生き方に考えさせられるものがあった。ものすごい良い訳ではないか、いい映画だった。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-SF
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.