【口コミ・ネタバレ】『マネーショート 華麗なる大逆転』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

人間ドラマ

【口コミ・ネタバレ】『マネーショート 華麗なる大逆転』の感想・評価評判

投稿日:03/05/2016 更新日:


「銀行というものが、いかに一般庶民を食い物にしているかがよくわかる。」「お金についての勉強が必要だと感じたね。」「株に対しての知識が皆無だと少し難しい!」

TheBigShortCSHeader
上映中【2016年3月4日(金)公開】

 

08年9月、アメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズの破たんによって起きた世界的金融危機。それらをいち早く予見し、ウォール街を出し抜いた4人の型破りな金融マンたちを描く、実話をベースにした人間ドラマ。ブラッド・ピットが『マネーボール』に続いてプロデューサーを務め、マイケル・ルイスのベストセラー小説を映画化。-Movie Walker-

 

 

 

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を観た人の感想、評価、口コミ

マネーショート観た!コメディかと思ったら、社会派映画だった。ブラピがプロデューサーだからそりゃそうか。エンタメ要素は少ないけど、お勉強になりました。

 

『マネーショート』観た。間違いなくきみたちが想像してるような娯楽作品じゃないから基本、観ないほうがいいよ。スペシャリストたちが集まって、裏をついて大儲けするような、痛快な話"ではない"。オススメしない。『オデッセイ』とか『キャロル』観たほうがいいよ。

 

『マネー・ショート』撮影ではクローズアップの多用や手持ち撮影?による多少のブレが印象的だった。ただ傍観するように淡々とではなく、登場人物それぞれの心情や一挙手一投足を食い気味に前のめりに寄り添って撮っているかのような。情報量はもちろん、この手の映画には斬新なほどの熱量も感じた。

 

「マネー・ショート」配役豪華でアカデミー賞ノミネート作品なのにパッとしないのは題材が万人向けじゃないからか見てて置いてけぼり感、でも専門的な部分で所々入る解説シーンがあるのでその演出は色々良かった、あと日本版サブタイトルに難ありかと

 

マネーショート面白かった。大学3.4年あたりでさんざん授業でCDSだの聞かされたな。構成も良かったよ、かなり良作。

 

やばい、、「マネーショート」は馬鹿には難しい映画だった! 字幕を読むのに必死で、演技をじっくり見られない(´∀`;) これ基本を少しでも理解していれば、絶対面白いのになー。

 

マネーショートめっちゃおもしろかったけど日本だとターゲット層少なすぎて流行らんな

 

マネーショート、感動した。特にラストシーンでCDOをブン投げさせられたトレーダーが次々中指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』この邦題は違和感。この映画は華麗なる大逆転を語りたいのではない。金融機関の悪事を訴えたものであり、経済破綻を描いたものであるため、『大逆転』から連想する痛快さはない。私もリーマンショックの影響を受けたので、米国で起きたことを改めて知れて良かった

 

『マネー・ショート』すっごく面白かった!しかし経済オンチなため、分からないところが多々あった。とりあえず原作読もうと思う。

 

「マネーショート」という映画。 あのリーマンショックで、儲けた人達の事を描いているのだか、少し知識が必要な作品だと思う。 印象的なシーン、作品のBGMで徳永英明「最後の言い訳」がかかっていた事、作品中に村上春樹氏の引用がある事。また書きます。

 

マネーショート鑑賞、音楽が良かった

 

『マネー・ショート』コミカルから徐々にシリアスへの転化が社会情勢の深刻さを身につまされる。ごく一部の人々の挙動で社会や大勢の暮らしをあっという間に変えてしまうジェットコースター感は、観てて楽しくもどこか儚さを感じる。メインキャスト4人の存在感はさすが。

 

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』2008年…私はまだ中学生で、何も分からなかった。ほんの少し勉強ができるようになった今でも、あのとき何があって、あれがいかに衝撃的だったか想像できなかったけど…強烈な編集と脚色で垣間見た気がする。

 

マネーショートは本編の合間合間に銀行と債権に関する解説を例えを交えていれてくれるんだけど覚えて理解し始めたら別のワードが振ってくるので覚える前に詰め込まれて脳内交通事故物件なので黄色いチラシにワード解説ついてるからそれ読んでから見ような!

 

マネーショート 華麗なる大逆転、観ました。 うん、専門用語だらけ。 説明してくれたんだけどわかんない。(´・ω・`) チャンベールは、危ない?感じww でも、例の如く、実在の人物になりきってたみたい!!

 

『マネー・ショート』観賞。業界用語が飛び交う金融経済界の悲喜こもごもを、ポップにコミカルに描いた秀作!仕組みを詳しく知らずとも、普通にエンタメとして十分に楽しめる演出や脚色はアカデミー賞授賞も超納得の出来。まさかの人物が経済用語の解説役でカットインするのが斬新で笑えた。オススメ!

 

【マネー・ショート】をみた。これってどういうことなんだろう。よくわからない。一つだけ、‘’スティーブ・ジョブズ‘’もおんなじなんだけど、信念っていうかそんな感じのことの大切さってあるな・。

 

マネーショートは、真ん中より前方寄りで観たんですけど、字幕を読み取るのも、映像のテンポからしても目で追うのに忙しく、もうちょっと後ろのほうがちょうどよかったと少し後悔したんでした。

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転(字幕)を観てきた。最後、ホラーだった。この作品の原題はThe Big Shortなんだけど、全然、華麗なる大逆転ではない…。客寄せのために付けたのかな?この手の作品は好きだが、闇が深過ぎて、どう感じるか千差万別。だが勉強になったし、観て良かった。

 

「マネーショート」観て来ました。 エンディングで逆境からのドテン勝利を演じた主人公は今も1つの株を取り引きしている「それは◯だ❗️」と言うことで◯を知りたいならあとは劇場で、、、

 

マネーショートみてきたけどすんっっっっごい面白かった!! もっとシリアスかと思ってたけど(もちろん起こってることは深刻なんだけど)想像してた以上にブラックユーモアのきいたエンタメだった。金融のことも面白く分かりやすく教えてくれるから大丈夫だよ。

 

『マネー・ショート』ラストでマイケルが予見する世界の末路が知りたいなら、バチガルピ『神の水』を手に取ることをオススメ。 確かに莫大な利権だけど…

 

マネーショート感想。 株しかやってない自分には難しくて理解できなかったよ(特に前半の15分くらいはちんぷんかんぷん)。ただ、やってる事は分かったから全く意味不明というわけでもない。

 

マネーショート 華麗なる大逆転が公開中です!ごずりんは怪しい銀行マン・ジャレド役。俺たちシリーズのアダムマッケイ監督らしく笑える!し金融用語も劇中で把握できますので劇場で是非!鑑賞後はあのシュールな髪型も愛しい…

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』序盤は専門用語が飛び交う展開がとっつきにくいが、解説パートが入る事で事の重大さ、経済の恐ろしさが判明していくシナリオに背筋が凍る。登場人物も第4の壁を越え、観客に目を覚ませと往復ビンタをかます。これはフィクションではない。現実の延長線上の話だ。

 

マネーショートみた。ビッグショートのままのほうがよかったんでないと思いつつ、よくわかるリーマンショック的な作りで楽しめた( ˘ ᗨ ˘ )

 

何気なくマネーショートを観たら、学生時代の勉強からやり直さないと全然覚えてなくてショックで。もっと頭使おう。。

 

マネー・ショートの原作ことマイケル・ルイスの『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』も読むと面白い。でもリーマンショック時はほんと素人でも売りに建って荒稼ぎしてたもんなー、あれほどわかりやすい相場は無かった。

 

『マネー・ショート』観賞した。けどね、当日朝のニュースの徳永英明のモヤモヤ病再発の報道が引っかかる。映画の中で徳永英明の「最後の言い訳」が劇中流れるのだが、モヤモヤ病の手術は2月に行い現在入院中、わざわざこのタイミングで報道するのが呆れる。要は「退院しますよ」ってことだけ。

 

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』観てきた。リーマンショックを゛何がどうなっていたのか?゛を…難しくて途中から遠目で見てしまった…(泣)大逆転の勝者目線にいつなるのかと゛先見の目の゛仲間になって(?)観たが…疲れたね~。

 

マネーショートは最高だぜ!こっちが正しいwのに相場が逆行くときの胃にかかるストレス描写がほんとに素晴らしいwww相場してない一般人のポカーンは仕方なしw特にCDSというウンコにウンコを乗せたものの適正な値立て

 

マネーショート鑑賞。要所要所で説明入れてくれるけど、金融系のお話は難しいなあ。クリスチャンベールは毎回体型が激変しててホンマスゴイな

 

映画《マネーショート》は、金融わかる人でないとねぇー。ブラピは、ちょい役なんだね。

 

マネーショート終了。初手、LTVとか言い出して笑ったwもちろん説明なんかない。CDOとか最低限知らないと全くついていけないとこは解説がそれなりにあるが、あれじゃ無理だろwwwトランシェ?何それ美味しいの?状態w前の一人で来てたねーちゃんは早々に立ち去る。可能性としてたわしの

 

マネーショート観てきたけど、住宅ローンの貸付してる人らがウォーレン・バフェットの事を誰?って言ってる所は笑うところなんだろうけど、日本じゃ同じく観てる人達も「誰?」ってなって笑いが機能しなさそう(日本人を馬鹿にしすぎです)

 

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』。マイケル・ムーア『キャピタリズム』からはや6年。それの劇映画版っぽさがある。未来を予見した人が偉いのか、足下を見ようとしなかった人が愚かなのか。果たして金融崩壊は訪れたが勝ったのは誰だ。正解を知る少数より大勢こそジャスティスになる虚しさ。

 

 

 


『マネー・ショート 華麗なる大逆転』感想 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』口コミ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』評価 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』評判 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』あらすじ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』試写会 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』レビュー 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』興行収入 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』動員数 映画ランキング

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を観た人の感想、評価、口コミ続き

マネー・ショートの最後ではアメリカ国民の莫大な年金が失われたと、出てきたな。次は、日本の年金も、同じようになるのか。

 

マネーショート見た!面白いしリーマンショックって結局どんなことだったのって言うのを映画見て分かる映画ではあるよ!しかし専門用語が飛び交うから見終わったあと少し疲れた感はあるwしかし私は嫌いじゃない!もう一回くらい見たら内容がしっかり頭に入るかなぁー

 

映画マネー・ショート 華麗なる大逆転。原題ザ・ビッグ・ショート。全く華麗でもなく、全く大逆転でない。調べて、気づいて、空売りして、暴落を待つ映画。楽しくはない

 

マネーショートおもしろかったと職場でいうのは危険ということに今気がついた。優待しかもらわない馬鹿おじさんがこの映画の意味がよくわかったらまずいだろうよ。キャラ設定から飛び出さないようにしないと

 

マネー・ショートみた💵 私が金融について無知すぎて難しかった それでも退屈はしなかったむしろ惹かれた 大事なのは今のソレ自体よりもその次のこと 株とか賭けってすげぇっていう、馬鹿っぽい感想しか言えないけど、こんどまたみたい

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』は「俺たちニュースキャスター」で爆笑を生み出す新星のスティーブ・カレルが、同監督の今作では人を感動させる深みのあるキャラを演じてるのは、コメディ好きとしては嬉しい里帰り。良い映画。

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の監督は、超コメディ畑出身で、俺たちシリーズの生みの親。そのトーンは今作の絶妙なトーンと専門用語にまみれた世界は、咀嚼した不思議な作風に。アカデミー賞関連にも愛されてコメディ好きとしては嬉しい。

 

「マネーショート」を観た。 作り自体がストーリーが展開するというより登場人物が経過を説明するドキュメンタリーみたいな上に専門的な知識が全くないと解りづらいため、観る人を凄く選びます(^^;; 個人的には徳永さんが印象に残りました(笑)

 

『マネー・ショート』、スティーブ・カレルがスタンダード&プアーズに押しかける場面でのオバハンの台詞に笑った。いくらなんでもそれだけは言わんだろ。 日本の曲が流れる場面も意表を突かれた。なぜあの曲?謎。

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を観た。脳天気コメディっぽい副題とは裏腹に苦いラスト。チャカチャカした編集はあまり好みではないが真面目な映画だった。浮かれる若者2人組をたしなめるブラピの言葉が重い。専門的な金融用語を上手く説明していた。

 

マネー・ショート観た面白かった。難しかった! 面白いんだけど、観る人はサブプライムローンとリーマンショックの基礎知識とCDO、CDS、モーゲージ債あたりの知識を入れてった方がいいと思いました。 あと、メイン俳優の名前調べて顔を覚えて「この人重要」と気づけるようにしとこう。

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』はメインキャスト4人以外誰が出ているか知らないという人はそのまま何も調べないで観に行って欲しい。

 

『マネー・ショート〜』全編ドキュメンタリーのような不安定なカメラワークでいつものA.マッケイ作品とは明らかに雰囲気が違う。撮影がP.グリーングラス作品で腕をふるうB.アクロイドだったので納得。

 

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』メインキャスト4人の中でも特にスティーブ・カレルが素晴らしかった。『フォックス・キャッチャー』の演技より好きかもしれない。怒れるトレーダーが静かに感情をむき出しにした瞬間、どのシーンより心を震わされた。

 

マネー・ショートはめっちゃ雑な映画だったなぁ。わざとなのかもしれないけど、途中で劇場を出て行く人もいた。

 

「マネー・ショート」で欺瞞に満ち溢れたシステムの崩壊を見て恐ろしくなったよ。息をつかせぬ演出で最後まで持ってかれた。スティーヴ・カレルは良い役者だなあ。

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』序盤から遠慮なく繰り出される耳慣れない専門用語に「難しい」「面白くない」と作品自体の理解を早々に諦めてしまう人もいると思う。ただ、少しでも理解しようとすると気付くんだ。知らずにいた者の末路を。物語の終わり、自分がどの立場にいられるかを。

 

マネーショートという作品が作られる米国と比べて、自分もそうだけど、日本人って金融に無頓着、無関心で金融リテラシーは低いよね。お金のことは汚いとか遠ざけてるもんね。しかし、お金の流れは世界の事実だから、お金についての勉強が必要だと感じたね。

 

映画「マネーショート」を観る。サブプライムローンでの世界経済破綻。それをいち早く予見し、CDSの空売りを仕掛ける名うてトレーダーたち。投資銀行は、どこも一笑にふしたが、徐々に国債の値段は下がり始め、株も急落し始める。銀行というものが、いかに一般庶民を食い物にしているかがよくわかる

 

マネーショートを観て感じたのだが、金融はメーカーのように物を作って売る商売と違って、ヒト、物、カネの信用、情報収集、分析、判断を絶え間なく駆使する、人間の能力を最大限駆使する商売だなあと感じる。

 

『マネーショート』鑑賞 ある程度の株知識がないと話しを追うのが大変でしたね 株について無知な僕にあの女優やあの人らが分かりやすく説明してくれたり社会問題やサブカルチャーの写真を挿入今が何時なのかを示してくれるとこがユニークな作品

 

マネーショート、テンポがかなり早くてお金とか投資とかの事とかさっぱり分からないからついていくのに必死だった。それにしてもクリスチャンベールがすごいわ。何でも屋だな。

 

マネーショートを鑑賞。劇中に用語について解説があるのですが、鑑賞前に用語について調べてから鑑賞したほうがより楽しめます。突然カメラ目線で話す場面にはびっくりするけど、テンポ良く楽しかったです。

 

マネーショート 観たんですが、難し過ぎて3%くらいしかわかんなかったw なんつーか、全っ然幸せそうじゃない人たちのお話だった。予想は結果当たったかもだけど、当たるまで数年苦しんで、当たって巨万の富を得てからも苦しんで(笑) まぁその中から1-2個教訓得れたので良し。

 

『マネー・ショート』に小言を言うと、予告で楽しみにしてた某シーンが無かった…のはどの映画でも毎度の事だけど、ブラッド・ピットは製作だけで出演しない方が良かったのでは。何故かロバート・レッドフォードみたいに見えたブラピだけど、あのベン役はもっとおっさん然とした人の方が…

 

「『マネー・ショート』より『ウォール街』や『WoWS』のが良い!」みたいな意見があったけど、描いてる話(実話)が『マネー・ショート』は段違いで複雑な上に悲惨スレスレだし、無頓着な監督なら平気で2時間半でも3時間でも越してたと思うので、比べる物ではないし、やっぱり優れた脚本でした。

 

マネーショートを見てきた。 株に対しての知識が皆無だと、少し難しいんじゃないかな。 同じシネマに四組くらいいたけど、前のグループと隣のグループは、「あー、難しかったね」「ねぇ、意味わかった?」って言ってたし。 でも、時々入る解説は凄く分かりやすかったよ。

 

『マネー・ショート』鑑賞。難しきことを面白く。第四の壁を破りまくり、笑いを入れて客に理解させようとする監督。4人が主演だけど、主役は確実にカレル。私憤義憤まみれの男が諦めから心の平穏を取り戻すまで。ただ、その間に国と人々は溺れてく。大惨事になる前に気づけたら。やがて哀しき痛快さ。

 

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を鑑賞。単に大儲けのチャンスに気がついた男たちの話というだけでなく、崩壊に賭けることや自分の考えに対する確信と揺らぎ、システムの歪みなど、登場人物によって示されることが違っていて、CDSやCDOは理解できないけど、とても面白かった。

 

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 サブタイトルはちょっと違う。 「詐欺的なシステム」がいかにして存在しているか。金融の世界に限らないのじゃないか。その中にいて、知らず加担し、そして恩恵も受けている。 だが、気がついてしまえば、立場もわすれてこの世の終わりを望む。その怒り。

 

映画「マネーショート」を観る 予想以上にリーマンショックは、アメリカに深い影を落としていて、映画で小気味よさとかカタルシスを求めてはいけない作新だった、そういう意味で日本での宣伝は的を外している。ウオール街には良心が1辺も存在してない事を謳う映画だったのだ 良作である

 

『マネー・ショート』 予備知識入れずに観ても それほど難しくなかった気がするのは、作品としてクオリティが高い証でしょうか。まあ色々と身につまされる世代ということで…w みんな偽善者ぶってる感じが良かったです。 脇も含めた俳優陣の演技を堪能しました。

 

映画「マネーショート」を見てまいりました。邦題が気に食わないのは私だけでしょうか(原題は The Big Short)。倒産しそうな会社の話に聞こえます。内容はアレですね。MBS,CDS,CDOの意味が分からないと難しいです。実際、難しかったです。 出来は、5点中3.5点です。

 

マネー・ショートは、いくつかの場面で象徴的な楽曲がBGMとして流れて興味深かった。全く関係ないことでNOBUの記事を読んだ後にNOBUが出たり、楽曲で言えば先ごろとある疾病の再発手術が話題になった人の曲が使われていたり、こういうシンクロニシティ面白い。

 

知人も褒めていた『マネー・ショート』は、思っていた展開と違う脚本と焦点の当て方であったが、現にある作品の方が俺の想像よりも秀でていたので、良し。 自分には映画作りの才はないな、と思った。

 

 

 

●キャスト●

マイケル・バーリ クリスチャン・ベイル
マーク・バウム スティーヴ・カレル
ジャレド・ベネット ライアン・ゴズリング
ベン・リカート ブラッド・ピット
ジョージア・ヘイル メリッサ・レオ
ポーター・コリンズ ハミッシュ・リンクレイター
チャーリー・ゲラー ジョン・マガロ
ダニー・モーゼス レイフ・スポール
ヴィニー・ダニエル ジェレミー・ストロング
ジェイミー・シプリー フィン・ウィットロック
シンシア・バウム マリサ・トメイ

●スタッフ●

監督 アダム・マッケイ
脚本 チャールズ・ランドルフ 、 アダム・マッケイ
原作 マイケル・ルイス

●その他●



上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-人間ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.