【口コミ・ネタバレ】『砂上の法廷』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

ミステリー

【口コミ・ネタバレ】『砂上の法廷』の感想・評価評判

投稿日:


「法廷モノとしてもすごく良いし、ミステリーとしてもちゃんと機能してて。久しぶりにキアヌがハマってると思った!」「レニー・ゼルヴィガーが誰だか全く分からない顔になっている!」

 

sajyounohoutei
上映中【2016年3月25日

 

キアヌ・リーブスが真実を追い求める弁護士を熱演した法廷ミステリードラマ。莫大な資産を持つ大物弁護士が自宅で殺害され、17歳の息子が容疑者として逮捕された。少年は完全黙秘を続け、敏腕弁護士ラムゼイが少年の弁護を引き受けることに。法廷でも何も語らない少年をよそに、多くの証人たちが少年の有罪を裏付ける証言を重ねていく。やがてラムゼイが、証言のわずかなほころびから証人たちの嘘を見破ると、裁判の流れが変わりはじめる。そんな矢先、少年がついに沈黙を破り、驚くべき告白をする。リーブスが正義感あふれる弁護士ラムゼイに扮し、少年の母親役をレニー・ゼルウィガーがミステリアスに演じた。監督は、前作「フローズン・リバー」がアカデミー賞のオリジナル脚本賞ほか2部門にノミネートされた実績を持つコートニー・ハント。脚本は「悪魔を憐れむ歌」のニコラス・カザン。-eiga.com-

 

 

『砂上の法廷』を観た人の感想、評価、口コミ

「砂上の法廷」鑑賞。 法廷が舞台のサスペンスもの。実に濃密で程良い尺に納められていた。証言により状況がどんどん変わっていく中、最後にたった一つ些細な情報で全てがらりと変わった、この脚本は本当に秀逸。

 

砂上の法廷 3.5 父親殺しの容疑を着せられた少年の裁判の顛末を描く法廷サスペンス。冒頭から裁判に入って回想を挟み、93分で終わる手際の良さとタイトな作りは良し。よくある最後のオチであっと驚かせるタイプ。そうきたかーと感心。起立の度に上着のボタンを閉めるキアヌ・リーブスがお洒落

 

砂上の法廷。登場人物全員が真実を語らず、 陪審員も法と真実を無視して良心に 従い判断を下す、というゾッとする話。 証言の訂正によって回想シーンが 塗り替えられたりして、常に観る者を 不安にさせる展開は中々見応えがありました。 あとレネー・ゼルウィガー、老けたね。

 

映画『砂上の法廷』 ★★★★★5.0点。 もちろん騙し合いの法廷劇なので、かなり構えて見てるわけですが、最後「あっ!!!」ってなります。あっ!て。マジか!って。

 

『砂上の法廷』じりじり迫る感じが渋いながらも緊迫感ありますな。回想シーンも本当なのか嘘なのか(?_?)キアヌのスーツ姿は素敵ね♪レニー.Zは痩せたせいか老けたなぁ…最初誰かわかんなかった

 

覚醒に想いを馳せつつも全く払拭しなかった砂上の法廷も、私の中では面白かったんだなってw 内容全然違うけど、Xミッションハマった人なら楽しめると思うからオススメしたいけど、公開館少なそうだからなあ。。。

 

『砂上の法廷』観賞。地味ながら良質な法廷ドラマでそこそこ満足。最低限これくらいあればお金払った価値を感じる。ラストのマトリックス意識カットはマトリックスファンの僕的にはあがった

 

キアヌ主演の砂上の法廷観てきた♪鑑賞P使ってタダ(笑)キアヌのスーツ姿はたまらんvv始まって30分で3パターンぐらい考えてたうちの1つの結末で当たったんだけど、ニヤニヤする展開。始めのほうのうがいしてるキアヌ好き(笑)

 

「砂上の法廷」法廷モノだから仕方ないとは言えかなり地味。少しずつ匂わせたりはするもののもっと上手く展開すれば「クリミナルミッション」みたいに驚けるのに何だか残念。申し訳ないけれど被告の未成年の子の顔つきに同情心もわかず…顔って大事w

 

キアヌ・リーヴスの『砂上の法廷』を鑑賞。「94分、あなたはずっと騙され続ける」と言うコピー、うまいなー。その通りだったわ。舞台向きのシナリオだと思う。久しぶりにストーリーが面白いと感じた。キアヌは格好良すぎるしね。

 

キアヌ・リーブス主演『砂上の法廷』を観た!特筆すべきは脚本の良さと監督の手腕。法廷ドラマの王道を行く作品に、謎解きが加わる。それぞれの思惑に、それぞれの嘘が重なり、後半はゾクゾクした。アメリカの司法制度ならではの展開に注目

 

砂上の法廷は戦ってないキアヌは珍しいっていうのと裁判の事が詳しくなった!!! 最後のところであーーなるほどねーとは思ったなー。分かりやすいっちゃー分かりやすいけど。 あとレビューにもあった、バイクに乗ってくる弁護士さんはいなさそうーwってところでした!

 

「砂上の法廷」 近年稀に見る地味な映画。でもそれなりに凝縮されてる感じはある。 ネタバレはダメ絶対。 キアヌの顎とウエストのラインに時の流れと哀愁を覚える……。もう少し摂生しろよ。いい年でしょ。 全盛期のハル・ベリーみたいな感じの女優さんは可愛かった。

 

 

映画『砂上の法廷』観てきた。キアヌの新作。アクション無しの法廷劇。父殺しの容疑者は、友人の息子。無罪を勝ち取れるのか!?容疑者である未成年の息子が何も語らず…少しずつ証言者の情報で紐解かれていく事件の真相…と、面白く進んでいったのに…結局それかっ の真実にあんぐり。

 

砂上の法廷を鑑賞。 法廷モノが好きなうえにキアヌ主演で観ないわけがない! 原題のTHE WHOLE TRUTHでなるほどと納得。嘘を真実として闘う法廷はまさに砂上。真実は当事者のみぞ知る。 スマートな役のキアヌはやっぱり素敵!

 

『砂上の法廷』鑑賞。闘わないキアヌはかなり物足りない。海ドラファン的には父親を殺して裁判にかけられる青年は「The Big C」のお馬鹿な息子アダム(ガブリエル・バッソ)だし、殺された父は「ディフェンダース」のニック・モレリ(ジェームズ・べルーシ)だしで嬉しかったけど…でした。

 

『砂上の法廷』観た。髭もなく小ざっぱりした格好してていつもの靴じゃないキアヌさんに「お前が嘘をついているな」と思ってしまいました、すみません。でもいちばんの嘘はあれがレニー・ゼルヴィガーだってことのような気がします…。だって別人じゃんよ。

 

『砂上の法廷』私の中のイメージではレネー・ゼルヴィガーは『東京のカサノバ』の乙姫のような顔だったのですが(伝わりにくいイメージかも)、なんつーか脂が抜けきった感じでしたよ。いや声は同じだし伏し目がちにするとそうだってわかるんだけども。

 

もうね、法廷物の鉄板ネタを良い意味で小馬鹿にした展開を、真面目にやってるのがいちいち楽しくて!! 役者の演技も絶妙だったね!!

 

「砂上の法廷」 キャッチフレーズの「94分、あなたは騙され続ける」の通り騙されましたw てかあんなラスト5分ぐらいの出来事になると90分ぐらいの話が全くもって関係なくなっちゃってるし! ただそれも意図してるし話のつじつまとしても一応あってる 楽しめました!

 

【砂上の法廷】 法廷ミステリーは大好きなので観てきました♪ 証人みんなが嘘をつく法廷、キレ者の女性弁護士、頭脳明晰な容疑者、確かに二転三転して面白い。しかし何かが足りない💦 キアヌのスーツ姿が格好いい映画でした。

 

「砂上の法廷」70点。

 

字幕版を鑑賞。父親殺しの少年を裁く法廷劇だけれど、弁護士があちらへ誘導しようとすると、終盤それまで黙秘を続けていた少年が全てをひっくり返すような証言をし、更にまだ衝撃の事実が隠されていた、という忙しい95分でした(^_^;

 

キアヌの「砂上の法廷」見た。面白かった。全てを疑ってかかれ、ってくらい2転3転するストーリー。もうちょっとヒントを解りにくく見せてもいいんじゃないかなと思った。

 

 

 


『砂上の法廷』感想 『砂上の法廷』口コミ 『砂上の法廷』評価 『砂上の法廷』評判 『砂上の法廷』あらすじ 『砂上の法廷』試写会 『砂上の法廷』レビュー 『砂上の法廷』興行収入 『砂上の法廷』動員数 映画ランキング

『砂上の法廷』を観た人の感想、評価、口コミ続き

あれ。これ。思わぬ傑作じゃね。 素晴らしかったし、法廷モノとしてもすごく良いし、ミステリーとしてもちゃんと機能してて。久しぶりにキアヌがハマってると思ったし。あれ。傑作じゃね。 『砂上の法廷』

 

砂上の法廷を観てきた。平凡なミステリーで、大オチも意外性がない。この手の作品は、成る程そう来たかって思わす事が出来なけりゃダメだな。あと殆どの登場人物がメリハリ無くて地味過ぎ。

 

『砂上の法廷』面白かった!真実に向かって少しずつ剥がれていく薄皮の如く進む脚本に釘付け。男性、女性視点と言った気付きも興味深い。男女で観てどうだったか語っても良い作品だと思う。裁判にもこういった事が必要なのだという驚きもあり。

 

「砂上の法廷」 笑いのない「リーガル・ハイ」 オチもまあ予想の範疇だし語るのに困る映画 役者陣も特別光った人もいなかったし特に酷評する事もないかな… 被告人役の彼だけは良かったと思うけど

 

砂上の法廷って、監督こそ「フローズンリバー」だけど、脚本がデンゼルワシントンの「悪魔を憐れむ歌」だからなぁ。悪魔を憐れむ歌は、テレビで観て「テレビで見る分にはべらぼうに良い!ただ、金は出したくない!」ってレベルだったからなー。ラストは「なんつーオチだ」ってなった😅

 

「砂上の法廷」レニー・ゼルヴィガーが誰だか全く分からない顔になっており、まあ声とちょっとした動きで彼女と分かるんだけど、考えたら女優って、大抵は若い時から世に出てるものだけど、この年の「新人」というのがいても面白いじゃないかと考えた(笑・とにかくそのくらい「別人」だった)

 

「砂上の法廷」では確かに「誰もが嘘をついて」おり、幾人もの証言の後に、その人の記憶であろう、多くは証言の内容と異なる回想シーンが挿入されるんだけど、そこに弁護士であるキアヌが登場する時、関係者の「昔からの知人」なんだから別におかしなことじゃないのに、ねじれたような面白さを感じた。

 

「砂上の法廷」はクラシカルな法廷もので、「アメリカの弁護士」ならではの面白い部分も活かされているし、「きちんとした身なり」のキアヌも目に楽しいけど、なんていうか、ルメットの映画の中で全然口の端に上らないやつみたいな感じ、と言ったら誉めすぎかな、という印象。

 

映画『砂上の法廷』鑑賞。序盤でなんとなく展開が読めてしまった。 驚いたのはレネー・ゼルウィガーの変貌ぶり。ブリジット・ジョーンズの面影は全くなく、本当に別人かと思った。

 

「砂上の法廷」父親を殺したという18歳の少年を、彼ら一家と仲良くしていたキアヌ様演じる弁護士が弁護する。合間に回想シーンはちょいちょい挟むものの、基本的に法廷シーンなので少し地味め。重厚感があっていいんだけど、ラストにもってくまでもう少し緩急があって盛り上げてもよかったかも。

 

「砂上の法廷」期待した法廷のせめぎ合いではなかったがコートニー・ハントが創り出すじめっとした世界は悪くない。ネタバレ禁止のどんでん返しでキアヌがA級に返り咲くのかと思ったがキアヌはキアヌだった。すっかり熟女となったレニー・ゼルウィガーはマドンナの専属とか如何でしょうか?

 

※随時更新中!!

 

●こちらもチェックしています!!

●キャスト●
キアヌ・リーブス
レニー・ゼルウィガー
ググ・バサ=ロー
ガブリエル・バッソ

●スタッフ●
監督 コートニー・ハント 
製作 リチャード・サックル
脚本 リチャード・サックル

●その他●

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-ミステリー
-, , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.