【口コミ・感想】『10 クローバーフィールド・レーン』の評判、評価 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

ミステリー

【口コミ・感想】『10 クローバーフィールド・レーン』の評判、評価

投稿日:


「いい意味で予想を裏切ってくれて面白かった!」「衝撃!」「ジョン・グッドマンのサイコ演技を楽しむ映画です!」「脚本と演出が貧しい」賛否分かれる!

 

original
上映中【2016年6月17日(金)公開】

 

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ.J.エイブラムスが製作を手がけたミステリアスな物語。見知らぬ男に連れられ、シェルターでの共同生活を余儀なくされる女性が体験する出来事がつづられる。『ダイ・ハード4.0』などで主人公の娘を演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッドが主人公ミシェルを、謎の男ハワードをジョン・グッドマンが演じる。-Movie Walker-

 

 

『10 クローバーフィールド・レーン』を観た人の感想、評価、口コミ

10クローバーフィールド・レーン観てきた 内容的には正直言うとそんなに濃くはなかったけど閉ざされた狭い空間の中の難しい人間関係はよくわかったまあよかったです

 

10クローバーフィールドレーン、見に行かない方がいいよとは言わない。むしろ映画館で見ないと面白さが半減しちゃう映画。あの、密室空間の緊迫感と終盤のあのシーンとかは映画館じゃないと凄さが100%伝わらないと思うの。

 

10クローバーフィールドレーン観てきた よく分からなかったってばよ

 

10クローバーフィールドレーン少なくとも私はめっっっっぅっっぅぅっっうちゃ好き

 

『10 クローバーフィールド・レーン』をIMAXで観ました。ジョン・グッドマンの怒り、にらみ、腰フリが楽しめる作品。正直、あんまりでした。

 

「10 クローバーフィールド・レーン」。「HAKAISYA」の直接の続編ではないがJ・J・エイブラムスの製作でモンスターが登場する等の共通点はある。避難のためにシェルターに逃れた男と彼に監禁された男女のシチュエーションスリラーがメインとなっている

 

「10クローバーフィールド・レーン」は3人のキャスト以外に結構メジャー俳優が声だけの出演をしているのでそこも注目w(ほんとに少しだけだけど)

 

『10クローバーフィールドレーン』は面白さだけで言うと、【ズートピアのちょい上】【デッドプールの7倍】だったので、全国のJKやJD達には夏も始まると言うことで、【怖いものを観に行く日】枠に『10クローバーフィールドレーン』をぶち込んでほしい(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)。

 

「10 クローバーフィールド レーン」鑑賞。 CUBE2的な閉所空間におけるサイコサスペンス。事の真相は割とシンプルだけど、投げっぱなし要素もあり。ちょっと既存の焼き直し感が強い。

 

「10クローバーフィールドレーン」へ。 ジョン・グッドマンがもう最高。 (「モンスターズ・インク」サリーの声あてた人!) 海外のシェルター事情は全く知らなかったので観てて新鮮。 シャマラン的に話がツイストしてからの着地も綺麗。 劇場用ポスターは残念。ネタバレ避けてたら劇場に罠。

 

「10 クローバーフィールド・レーン」の海外でのビジュアルコンセプト素晴らしいなあ、日本版はなんであんなアホなポスターにしてしまったんだろ、、、映画自体は面白いのに、、、

 

『10 クローバーフィールド・レーン』は低めにしていたハードルを軽々超えた感じ。なんか一応JJのスタンスとしては、『クローバーフィールド』の続編ではないが血縁関係にはある、という事みたい。関連する小ネタがちょっと入れてある。

 

「10クローバーフィールド・レーン」観て来ました。もっとエイリアンものかと思っていたのですが正体はハッキリ語られなかったような。自宅にを持つハワードの異常なまでの行動と主人公ミシェルの関係性、どちらかと言うと監禁モノっぽいです。

 

 

10クローバーフィールドレーン まさにB級映画笑 低予算やなぁって思いながらずっと観てたな

 

「10 クローバーフィールド・レーン」前作はほとんど関係ないとは。調べておけばよかった。ジョン・グッドマンが出ていなかったらどうなんだろ。女優がキレイだったのが救い。

 

『10 クローバーフィールド・レーン』スリルがあって結構面白かった。

 

『10クローバーフィールド・レーン』は、言わば“クローバーフィールド大喜利”の第2弾。クローバーフィールドという踏襲された世界観の中、どう見せるかのアプローチを変えることで意外性をもたらす。単発オリジナルは少なく、連ドラ化した近年のシリーズ映画に最適化された、興味深い取り組み。

 

「10 クローバーフィールド・レーン」設定が奇想天外だけど段々と真実味を帯びてくる。だけどおかしい事もあり最後まで気が抜けず。終盤の「ソレ、弱すぎっ⁉︎」なシーンに拍子抜けしたけどラストは力強く感じた。

 

『10 クローバーフィールド・レーン』 覚悟せよ!前作の続きだと思って観ると度肝を抜かれる! 密室世界から起こる予想外の展開。考えぬかれたストーリー。そしてジョン・グッドマンの怪演。必見!

 

10クローバーフィールドレーン︰目が覚めると主人公は地下シェルターに監禁されていた。謎の男ハワードは「外は攻撃され汚染されている」というが…なにが真実なのか疑心暗鬼で面白かった。これから見る人は予告も見ず何の情報も無しで見るべき!

 

『10 クローバーフィールド・レーン』このタイトル、JJエイブラムスという記号があれば期待するじゃないですか、が、コレ低予算映画でラスト10分までが室内会話劇ミステリーで後は予告のあの地球外生命体襲撃CGがちょろっと足されるだけなんです。『ミザリー』ぽいジワ怖さが見所。7.1点

 

10クローバーフィールド レーンは正直な所、誇大広告って感じだ、前作の偽ニュースとかが良かっただけに残念。内容も地球外生命体捕獲みたいなので見る映画を間違えてしまった感

 

『10 クローバーフィールド・レーン』を観た。時間の都合でIMAX鑑賞。ジョン・グッドマンの巨大な尻や弛んだ頬が鮮明かつデカイスクリーンで迫ってくる!以外はう~んな感じ。後半がアレなら前半でミステリアスに引っ張る必要はないよなあ。役者の芸で水準が高まった。

 

10クローバーフィールドレーン長いタイトルの甲斐あって超おもしろいぞ!ジョングッドマンが!マイケルベイ的大作イズムに暑苦しい密室劇でNOを突きつける!爆発の代わりにグッドマンがバァーンとテーブルを叩く!存外この方がビックリするから映画は面白いのだ。知恵と頓知のクールな続編。好き!

 

『10 クローバーフィールド・レーン』観た。俺的大傑作爆誕! 少ない登場人物で、七割がメアリー・エリザベス・ウィンステッドさんなのだから! ほどよいメイク、ほどよい髪型、ほどよいボイン。ノイズにならないボインはいいんだよ。大きな目で様々な表情をするのよね。これだけでいいんです。

 

10クローバーフィールドレーンは、クローバーフィールド/HAKAISHAと話の大まかな筋は全く同じなので、双子的作品と言って差し支えないと思うです。 タイトルがミスリードと言うなら、むしろ前作のタイトルがクローバーフィールドだったてのが妙なんじゃないのか。

 

「10クローバーフィールド・レーン」 日本の宣伝は見せすぎ。あんなに見せたらもう後、見るところない。せっかくの「なんだあれ?」感がだいなし。東宝東和がこんな宣伝するなんてものすごく残念。客を呼ぶには難しい映画だろうが、もう少しなんとか出来なかったのだろうか。

 

脚本も勿論酷いけど、演出が何よりも貧しいよね、『10 クローバーフィールド・レーン』は。しかし劇場で見るアメリカ映画が悉く退屈で、溜息しか出ない。

 

『10クローバーフィールドレーン』鑑賞。かなり気合の入ったサスペンス。フィリップkディックが、宇宙人が侵略してくることよりも家庭の危機の方が問題かもしれないが、最悪なのはその二つが重なることだ――みたいなことを言っていたのを思い出した。

 

『10クローバーフィールドレーン』しかしこの映画、クローバーフィールドの続編にしない方が終盤の"Come on!"な展開が活きたんじゃないかね。でも、続編にしなかったら観に行かない人の方が多かっただろうわけで、難しいところ。

 

『10 クローバーフィールド・レーン』さっき観てきたよ。 めちゃくちゃ楽しみにしてて情報シャットアウトして公開初日に突撃よ。 冒頭数分で「コレ…」と思ってたんだけど、前振りと考えて集中したんだけど、衝撃でいったら今年一番かもしれない。 マジで最後「えっ…」て声出た。

 

10クローバーフィールドレーン最高です。気力が残っているうちにネットで色々調べましょう。 見てない人はみましょう。

 

「10 クローバーフィールドレーン」もう一度見たい。「バートンフィンク」や「ビッグリボウスキ」を彷彿させるジョングッドマンの凄み。ハリウッド映画の定石を無視したような脚本。続編が正編を超えるとか「ゴッドファーザー」かっつーの。

 

10クローバーフィールド・レーン 割りと良かった。前の怪獣出てこないって聴いてたけど、冒頭の海が映ってるシーンでほんの一瞬だけ映ってないか? 前情報は怪獣出ないよ、話は殆どシェルターの中だよ位しか聴いてなかったので、本編のスリリングさを純粋に楽しめたと思う

 

『10クローバーフィールド・レーン』は密室スリラーとしてはホント完成度高くてクソ面白いんだけど、モンスター・パニックモノとして観ると割と凡作なんだよな。とくにクライマックスの展開はスリリングで面白かったけど、めっちゃテンションあがったとまではいかなかったという。

 

10クローバーフィールドレーンは、エイリアンとすごく似てる。見えない敵、人間同士の不信感、外界から隔絶されて助けを求められない状況。女性主人公が障害を乗り越えて生き延びようとする。

 

「10クローバーフィールド・レーン」あれは続くのかい?観て損はないと思うが欠点が多すぎる。あと、どーしても物体Xを思い出して困った(笑)

 

 

 


『10 クローバーフィールド・レーン』感想 『10 クローバーフィールド・レーン』口コミ 『10 クローバーフィールド・レーン』評価 『10 クローバーフィールド・レーン』評判 『10 クローバーフィールド・レーン』あらすじ 『10 クローバーフィールド・レーン』試写会 『10 クローバーフィールド・レーン』レビュー 『10 クローバーフィールド・レーン』興行収入 『10 クローバーフィールド・レーン』動員数 映画ランキング

『10 クローバーフィールド・レーン』を観た人の感想、評価、口コミ続き

『10クローバーフィールド・レーン』の『クローバーフィールド』要素って結局「ただの密室スリラーだとヒットしねーから『クローバーフィールド』要素加えちゃおーぜ!あ、ならついでにタイトルにも『クローバーフィールド』って文字入れちゃおーぜ!」ってノリでぶちこんだとしか思えねーんだよな。

 

『10 クローバーフィールド・レーン』鑑賞。JJ輩製作とはいえ、前評判の良さから、一抹の期待を抱いて映画館に足を運んだけにあまりのつまらなさに驚く。見る者を欺く事にかまけるあまりか、サスペンスの醸成を怠り、その上、その欺く為の餌がただ餌として捨て置かれるというお粗末さ。酷過ぎる。

 

『10 クローバーフィールド・レーン』 ジョン・グッドマンのサイコ演技を楽しむ映画です(断定) アカデミー助演男優賞有力候補の噂を聞いてそんな映画じゃないだろって思ったけど実際観て納得したのでした。でもこの映画のタイトルにクローバーフィールドをつけるのは詐欺だよなぁ…

 

『10 クローバーフィールド・レーン』Mウィンステッドは『スコット・ピルグリム〜』の赤髪、『デスプルーフ』の黄色の子か。おしゃれ女子な雰囲気だね。別の恋愛映画からJグッドマンの所へ迷い込んできた感じ。例えば、Zデシャネルが俺の家キタ!とかそんな水と油な状況なのかな。男って哀しい…

 

「10クローバーフィールド・レーン」を観た。あまり調べないで行ったけどクローバーフィールドの続編とかではなさそうでいわゆる人類終末密室ミステリーものだったけど伏線の貼り方がうまく観ていて飽きがなかったうえラストの展開もきっちりすっきりしていてなかなか面白かった。

 

あなたがジョン・グッドマンのファンで、中でも『ビッグ・リボウスキ』のブチ切れベトナム帰還兵ウォルターがお気に入りだったら『10クローバーフィールド・レーン』は見てる最中楽しくてたまらなくなるはず。この映画でジョン・グッドマンの起用を思いついた人は天才だと思う。

 

『10クローバーフィールド・レーン』は楽しんだんだけど、「これ『クローバーフィールド』って言葉によるミスリード効果狙いまくってるんじゃないの…」って疑念が沸々沸々とわいてきちゃうのがなぁ。

 

10 クローバーフィールド・レーンを観た。心の中は「ぎゃはーまじか!」と大盛り上がりでメチャ面白かったです。 カップルで観るとおっちゃん役の人がおぞましくて女子の方が引くみたいよ!

 

『10クローバーフィールド・レーン』は①舞台がシェルターで息苦しいのに管理人が大巨漢のジョン・グッドマン②この男が正体不明でいつブチ切れるか不安でならない③監禁モノかと思いきや途中からテラハ?でも…④髭なしグッドマンが死ぬ程怖い⑤後半ますます予測不可能⑥げっ!?⑦よし!⑧傑作です

 

10クローバーフィールドレーン 先ほどまで散々言いましたが、考察動画でだいぶ感想が変わりました。 全然無関係じゃなかった。気づいていないだけだ。前作のラストから繋がっている。

 

『10 クローバーフィールド・レーン』観た。う〜ん…面白いっちゃ面白かったんだけど、期待していたのと違ったなぁ。結局、何をどう見せたかったのか良くわからんし。何だか煙に巻かれた感ある。個人的には前のHAKAISYAの方が好き。

 

『10クローバーフィールド・レーン』 前作のクローバーフィールドとは切り口が若干異なっていて、SFスリラーというより、サイコサスペンス要素が強めな印象。結末の部分に関しては、正直まぁ…という内容なので、ラストの展開までの長い伏線を楽しむのが正しい見方かもしれない。

 

映画「10 クローバーフィールド・レーン」を見てきた。SFなのか、サスペンスなのか、ホラーなのか、何とも言えない後味の残る作品。シャマラン監督の作風にちょっと似てる感じがしましたね。J.J.エイブラムス監督の振り幅の広さには改めて感服ですな。

 

 

それにしても『10クローバーフィールド・レーン』のジョン・グッドマンはあのデブのオッサン特有の息づかいにどこかヤバさの漂う感じ、そしてダンシング・ジョン・グッドマンと『アルゴ』以来のクソ最高なジョン・グッドマンを堪能できた!

 

10クローバーフィールドレーン、ファイナル・デッドコースターの頃からメアリー・エリザベス・ウィンステッドが好きだった俺にとっては、なんか感慨深いものがあるですよ

 

10クローバーフィールド・レーン 続きがあるんだろうけど あんな展開なら省略して次の話の途中までを盛り込めなかったんだろうか… 序章だけで終わった感じで

 

10クローバーフィールド・レーンは前作は考えなくていいと思います。別物です(^_^;) いろいろ語りたいけど、ネタバレになるので…(笑) この映画を一言で言わせてもらえばあらゆる意味で「謎」です(笑)

 

「10 クローバーフィールド・レーン」を観る。いい意味で予想を裏切ってくれて面白かった。メアリー・エリザベス・ウィンステッドがほぼ全編出ずっぱりってのがいいね。しかもタンクトップ姿だし。個人的にはスコピル以来のヒットだ。

 

映画「10クローバーフィールドレーン」この週末に本当おすすめです‼️前 試写会に見てすごい興奮でした,たくさんのこと秘密にしたいので上手のコメントできませんでしたが 好きです🎥👍🏻

 

『10 クローバーフィールド・レーン』ところでこのタイトルの意味って、アメリカ人ならすぐにピンと来るのだろうか。日本人の私は、それが分かった瞬間「あ〜〜〜、何だそうか。向こうは○○が××だもんな」と思ったのだが。

 

『10クローバーフィールド・レーン』俺が気になるのは前作同様、何か「現代のアメリカ」が背景に隠されてるが故の「密室劇」だったのかということだなぁ。単純にスリラー/サスペンスとしてはイマイチですた。

 

10 クローバーフィールド・レーン見てきました。いろいろ疑問が残ってモヤモヤしたまま終わった俺的には微妙な映画だった。実はクローバーフィールドは見てないんだけど。あと酒が便利だったね

 

「10クローバーフィールドレーン」観てきた。クローバーフィールドのスピンオフ的な映画として公開されたけど、全く別の映画やった。でもタイトルでまず「cloverfield」が出てそのあとに「10」と「lane」が出たところは良かった。

 

10 クローバーフィールド・レーン、「そういう話運びをするならクローバーフィールドの続編だとわからない方が絶対ハラハラするだろ!」という点と、あとはもうちょいバイオレンス方向にスキルツリーを振ってくれれば、という以外は不満は無かった。いいよね、シェルターでキチガイといっしょ☆って

 

10 クローバーフィールド・レーン、いろいろ語りたいことはありますが、現時点ではこの感想につきます。 8年間待った甲斐があった。

 

●キャスト●
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ジョン・グッドマン
ジョン・ギャラガー・ジュニア

●スタッフ●
監督	ダン・トラクテンバーグ
脚本	ジョシュ・キャンベル 、 マット・ストゥーケン 、 デイミアン・チャゼル
原案	ジョシュ・キャンベル 、 マット・ストゥーケン

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-ミステリー
-, , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.