【口コミ・ネタバレ】クリムゾン・ピーク の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

ミステリー

【口コミ・ネタバレ】クリムゾン・ピーク の感想・評価評判

投稿日:


「圧倒的な映像美。目を閉じて鑑賞したとしても、音楽と役者の声に酔い痴れる事の出来る作品。愛って絶望で、自己犠牲だなぁって。でも、だから美しい。」

kurimuzonpiku
上映中【2016年1月8日(金)】

 

『パンズ・ラビリンス』など恐ろしくも幻想的な世界観の作品を得意とするギレルモ・デル・トロ監督・脚本によるダークなミステリー。結婚し、山頂にそびえる広大で謎多き屋敷にやってきたヒロインが体験する恐怖を描く。ミア・ワシコウスカが幽霊を見る事ができるヒロインのイーディスを、その相手役をトム・ヒドルストンが演じる。-Movie Walker-

 

 

クリムゾン・ピークを観た人の感想、評価、口コミ

「クリムゾン・ピーク」終了
典型的なゴシックホラーだけど、来るな来るなと思っていると、間違いなく来るので怖くはない。
ワシ子とチャス子の本気の方が怖いわw

 

グーグルトップのオオカバマダラの生息地がメキシコ…昨日の『クリムゾン・ピーク』がじわじわ甦る。美しい恐怖の象徴である館や繊細な衣装の色使いを堪能。雪に滲み出る赤粘土、デル・トロといえば深い青緑や長い廊下もドキドキさせられた〜♡

 

『クリムゾン・ピーク』鑑賞。ゴシックホラーでも描写は最大限で激しい。警告しに現れる亡霊たちの(危害を加えはしないのに)歪んだ造形のおぞましさ。トムヒやチャスティンも霞んでしまいそう。ホラーはホラーでも、最近ではほとんど無いようなタイプ。美しくても目を背けたくなる。心臓に悪いです。

 

『クリムゾン・ピーク』とは言え、一時期のギリアムやバートンを蝕んだ平坦さをそこはかとなく感じてしまうのも事実で、それについてはキャリアにおいてスピンオフ的なパシリムを除けばヘルボーイ2以来となるクリエイティブのウォーミングアップなのだろうと思いたい。

 

「クリムゾン・ピーク」を観て一言:
雨風もしのげないような家に住んでたらそりゃ病むわ…。

 

『クリムゾン・ピーク』のような映画こそ、シネコンじゃなくて単館上映でロングランすべきじゃないのか

 

【クリムゾン・ピーク/ギレルモ・デル・トロ】衣装と美術と映像が素敵。とくに窓や天井から光が差し込むシーンがよかった。光のなかでひらひら舞ってるのはたぶん蛾なんだけど、それがうつくしくて幻想的でうっとり...

 

お前んちっおっばけやーしきっ!怖いけど♪怖くなかった♪って感じより、もうちょっとだけ怖い感じです(笑)いや、怖い所は怖いケド、目を閉じたくなる所は数回なので怖ガリーなトムヒスキーも楽しめますよ。是非。クリムゾン・ピーク

 

『クリムゾン・ピーク』@ tohoシネマズ新宿♪もっとファンタジーとかホラー色強いのかと思ってたら美術めっちゃ凝った昼ドラみたいだった…w キャストはキャラにどはまりしてたのにあっさりめなストーリーがちょっと物足りなかった。。

 

TOHOシネマズ新宿「クリムゾン・ピーク」。「パシフィック・リム」で特撮映画への偏愛を披露したギレルモ・デル・トロ監督が「バンズ・ラビリンス」以来のホラー路線に回帰したダークファンタジー。ミラ・ワシコウシカの嫁とジェシカ・チャスティンの小姑の対立に「レベッカ」を想起。

 

クリムゾン・ピークは今でいうクライムサスペンスにホラーが混ざったお伽話って感じで、海外ドラマ慣れてたら余裕と思うけど、虫が嫌いな人は要注意なんだ…私大嫌いだから映った時はOMGなったんだがガチでどアップくるからほんと・・(ただしそんなの上回るトムヒがいるのでプラマイプラス)

 

「クリムゾン・ピーク」空間の光が綺麗で、色が際立つ映像がよかったな。
ゴシックな衣装も色が綺麗でうっとり。
トムハ版「嵐が丘」でキャシーのいけ好かないお兄さん役の人出ていたわ。くせのある俳優さんだわ。
「Lawless」のジェシカたんやミアちゃんが美しくて眼福。

 

「クリムゾン・ピーク」のパンフ読んでたらあの屋敷のセット、全部本当に建てたらしい。やっぱり役者とてブルースクリーンより世界観が匂い立つリアルな環境で演技できる方が力入るよねえ。時代ものやファンタジーな世界観ならなおさら。

『クリムゾン・ピーク』鑑賞2。 脳内妄想の激しい人なら、あんな事やこんな事を考えられずにいられない(?)、そんな刺激ある作品。 チャーリー・ハナムがもったいなかったよー。トム・ヒドルストンらと交えて、もっと友情を芽生えさせて欲しかったな。

 

『クリムゾン・ピーク』鑑賞。 ゴシック・ホラー!ストーリーに深みはそれほど感じられなかったんだけど…お屋敷、彩り、各キャストの瞳を大きなスクリーンに映し出してくれるし、全然飽きずに食い入るように没入してた! ギレルモ・デル・トロ!トム・ヒドルストン!ミアちゃん!ダグ・ジョーンズ!

 

『クリムゾン・ピーク』遊園地のアトラクションに思えて…。悪くないけど新鮮味ないかな。またこの手の美しさであの手の怪物のおとぎ話かと。イットフォローズ観て大人になりすぎたか…。役者も本当に好きな人達だが、安定感が顕著すぎて。大河ドラマ観てる気分。新人でも入れてワクワクさせてほしい。

 

公開日にクリムゾン・ピーク見れたよー。
ジェシカ・チャステインの演技力ってすごいなーって思った。
イット・フォローズも見たくてホラー2本立てしたかったんだけど、時間が本命のクリムゾン〜に10分被っちゃってて断念。
来週忙しいから再来週あたり見に行きたい。

 

『クリムゾン・ピーク』は、怪獣VSロボット超大作から一転、豪華絢爛なセットで展開する、ハマー・ホラーに通ずるゴシック・ロマン。ホラーというより“恐怖映画”かな。ムルナウの『ノスフェラトゥ』や『シャイニング』の影響もさることながら、初期のデル・トロ作品に通じる演出が嬉しかった。

 

『クリムゾン・ピーク』、共同脚本としてマシュー・ロビンスが入ってて驚いた。日本ではDVDすら出ないゴー・モーション映画こと『ドラゴンスレイヤー』の監督にして、『続・激突!カージャック』や『未知との遭遇』(クレジットなし)の脚本家。まさかデル・トロ先生と組むとは。

 

クリムゾン・ピーク ギレルモ・デル・トロ監督のゴシック・ホラーだけどそんなに怖くないからホラーが苦手な人でも大丈夫。作りもキャストも豪華さを楽しめてとても満足でした。トム・ヒドルストン、ミワ・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステインは役にぴったりで3人それぞれに萌えちゃいました!

 

ギレルモ・デル・トロ 監督「クリムゾン・ピーク」いや、おいらみたいなホラー慣れして偏ってたりしてない方々やと、良いんやと思います。はい。そりゃあ、チャーリー・ハナムよりトム・ヒドルストンを選びます。はい。笑
ミア・ワシコウスカ、チャーミングやし、ジェシカ・チャスティンは綺麗で怖い

 

ギレルモ・デル・トロ 監督「クリムゾン・ピーク」全く、おいらの想定内の話に終始するのなら、おいら好みのゴシック倒錯猟奇でもあるんやし、ゴーストの表現も怪物的過ぎずに、大変魅力的なキャスティングやから、もっと古典的に撮って頂きたかったなあと残念さ半端ない(´・ω・`)

 

クリムゾン・ピークってちょいちょい中田秀夫監督の『リング』意識したような場面あったよね? 幽霊のアレとかソレとか、音とかセットとか。

 

ギレルモ・デル・トロ 監督「クリムゾン・ピーク」おいら個人的にクロノス/ミミック/デビルズ・バックボーン/パンズ・ラビリンス辺りのゴシック調なほの暗い光や映像を期待してたんやけど、映像がどこまでもクリア過ぎたのは残念。確かに時代や屋敷はゴシックやし、クリムゾンピークは魅力的やけど

 

クリムゾン・ピークのトムヒ尻は、シンデレラが舞踏会に登場したくらいの辺りを払う気品と美しさであった。

 

『クリムゾン・ピーク』からのラーメン。映画がコテコテだったので、ラーメンあっさり味が合う。誰か「映画×ラーメン 監督別相性リスト」を作って下さい。

 

屋敷のセットから衣装等の美しさに圧巻されました。ゴシックホラーの中に物悲しくも美しいラブロマンスがあり、また役者様方の演技もあって大変素晴らしい作品でした!

 

クリムゾン・ピーク、ひとこと言うのであればこのトレーラーでかかってるボーカル曲が本編で一切かからない。サントラを買う気満々だったのに。これは誰の曲なのよ…私はこの歌声が誰なのか知りたいお。お願いギレルモ。

 

クリムゾン・ピーク面白かった♪
怖いだけかと思ったらどんどんストーリーに引き込まれていった。映像もすっごい綺麗。ほんで何よりトムヒが美しい(*^^*)

 

映画『クリムゾン・ピーク』 ★★★3.5点。 今年初映画館映画。 既存のホラー映画、あとデルトロ関連の作品のいろんな要素詰め込んだ映画だった。

 

人生初の封切に観てきた「クリムゾン・ピーク」。クシーキッチンに萌える人は主役ヴィジュアルが最高にくると思う。髪伸ばそうと思ったもん。衣装も家具も寝具も素晴らしい。ゴシックロマンスと言うよりミステリーだったけどね。

 

「クリムゾン・ピーク」いただきました。ううむ…期待しすぎか?ちょっと微妙。

 

「クリムゾン・ピーク アート・オブ・ダークネス」日本語版。ソフトカバー仕様は読みやすいし、剥がれ落ちるのが怖い貼り付け資料を新たに事本のページとして綴じ込んでくれるのはいいけど、手紙とかはちゃんと付けてほしい…『パシフィック・リム』アート本は貼付け付録豊富だったし

 

「クリムゾン・ピーク」ったー‼️
古式ゆかしい物語。何せ御三方のコスチュームプレイっぷりが溜息ですわー。特にジェシカ姐さんの絵から飛び出てきたよな美しさたるや!ハナム君やバーン・ゴーマン氏などのお馴染みさんも居てニヤニヤできます。あとトムヒの生○○も拝めるのでお楽しみにね。

 

クリムゾン・ピークは映画館で観たホラー映画で1番怖かったなぁ…
1番怖く無かったのはあれだクロユリ団地内容もイマイチだった

 

「ぼろすぎて天然の吹き抜けになってる」屋敷が超よかったよね…吹き抜けから落ち葉入ってきたり雪降ってきたり…屋根裏部屋にいるおびただしい量のアレとか鳥肌、不気味とかじゃなくてもうこの屋敷マジで嫌、っていうのがねたまらない! クリムゾン・ピーク

 

デル・トロ監督はクリムゾン・ピークの幽霊役やパンズラビリンス、ヘルボーイで異形の役を任せるダグ・ジョーンズを愛しすぎね。特にジョーンズに特殊メイクさせた時の手が好きだろ笑 さりげなく手をアピールする構図が多くて見え見えよ!

 


クリムゾン・ピーク感想 クリムゾン・ピーク口コミ クリムゾン・ピーク評価 クリムゾン・ピーク評判 クリムゾン・ピークあらすじ クリムゾン・ピーク試写会 クリムゾン・ピークレビュー クリムゾン・ピーク興行収入 クリムゾン・ピーク動員数 映画ランキング

クリムゾン・ピークを観た人の感想、評価、口コミ続き

【クリムゾン・ピーク】怖かったっス…正直、ジャパニーズホラーに通じるホラーだったんじゃないかな…ラストはアメリカン展開でしたが(笑)
トムヒの美しさとハナムの愛らしさで乗り切りました…

 

おー、『クリムゾン・ピーク』行っちゃいましたか。ははは『八墓村』。最後私一人で笑ってたわ(笑)ネタバレしたくなる映画よねw

 

『クリムゾン・ピーク』、クリーチャーが「シーン…からのドーン!!」って出てくるから超怖いんだけどデザインはさすがデルトロかっっこいい…!!そして流血の原因がいちいち痛い。「そんなケガ絶対したくない」のオンパレード!耽美系かと思いきや超絶生々しい映画だよ。想像と違って新鮮すぎた!!

 

クリムゾン・ピーク鑑賞。
衣装、映像が美しい。
トムヒが美しくて素敵だった!そしてお尻←
多少怖かったけど、トムヒのお陰で終始ニヤけっぱなしでした😏💓💓

 

『クリムゾン・ピーク』見終わりました。確かにホラーだったんですが、私はあまり怖さなんかは感じませんでした。それよりもミアちゃんの滲む知性と凛々しさが綺麗だった!とか、トムヒ完璧過ぎ!どの場面、どの角度、どの姿勢、とんな仕草所作も素晴らしく華麗で美しさに目を奪われた感じです^^

 

『クリムゾン・ピーク』まずはね本当にトムヒがねきーーれい!!本作のトムヒは言うなれば究極の「愛されキャラ」なんだけどわっかる、愛さずにはいられないんだわもうきーーれい!!ワシ子のお家芸しかめっ面も、ジェシカ様のあれな感じも楽しかったんだよ何この素敵なお三方…!!

 

「クリムゾン・ピーク」トムヒ、ソーの時に「これ以上ロキやったらハゲるから」って言ってたのにまたこんな役やっちゃって!ハゲの危機を侵してもトロ映画に出たかったのか。確かに、彼以上にこの役が合う人はいないけど。

 

「クリムゾン・ピーク」乙女ゴシックミステリー?完璧なキャスト、完璧な美術、完璧な衣装で描かれる正調少女漫画の世界。妖しくはあっても全然怖くはない。デル・トロ、こんなに乙女世界がイケる人だったとは。

 

『クリムゾン・ピーク』、特に屋敷の持つ雰囲気が良かった。アールヌーボー調のゴシック様式で、主人公イーディスに這いまとわり付くような悪意が具現化したようなデザインが秀逸。蔓を模した内装や窓に伝う蔦がイーディスの自由を奪っていく暗示。

 

『クリムゾン・ピーク』
これは良いゴシックホラー。幽霊の造形も無駄に気持ち悪いし、案外ゴア描写もしっかりあってツボでした。
我らがロキ様は相変わらずのダメっぷりを発揮。だから嫌いになれないのよ。
ギレルモ監督好きなら間違いないです。大満足。

 

『クリムゾン・ピーク』観てきた。
荘厳な屋敷に美しい衣装、色彩も綺麗、流石にギレルモ・デル・トロ監督の世界観は幻想的で素敵だった。
でも、痛いよ…。
話も映像も痛いって…。

 

クリムゾン・ピークめっちゃよかった😭🙏😭🙏✨
あの幻想的な映像と芸術的な衣装な???控えめに言って最高です😭✨😭😭✨
しかし最近のデル・トロクリーチャーよりグロが好みなの???あと最近(昔からだけど)蛾愛情注ぎすぎじゃないですかね???((((((

 

【クリムゾン・ピーク感想】
※前提:ホラー映画苦手・割と初期のトレーラー1回観ただけの前情報ほぼなし・監督の作品はパシリムしか観たことがない・役者さん全く詳しくない。
覚えてる限りの曖昧感想という名の殴り書きたち。

 

『クリムゾン・ピーク』鑑賞!なんかもうね、色んな意味で面白い。デル・トロ作品随一と言っていい映像美、メロドラマからのオカルト、怖さ少なめ痛さちょい出し、なぜか押される笑いのツボ、RPGのような武器レベルアップなど、ゴージャスでダークなゴシックホラーでありながらそれだけじゃないの。

 

「クリムゾン・ピーク」。一貫したギレルモ・デル・トロの美意識は本作にもしっかりと表れている。ミア・ワシコウスカとジェシカ・チャステインの肌の色、雪を染める真紅の土...。美しい二人の女の闘いの画を描くまでの幽霊譚...かな。少々期待外れではあった。

 

クリムゾン・ピーク①幻想的なグロさとホラー混じりの悲恋モノで、怖いというよりビビりましたw日常から離れたシチュエーションがすんなりハマるのに浮足立たない、いつものミアの魅力はバッチリ生きてました〜。トムヒが、古典的な乙女の憧れをキッチキチに詰め込まれた激甘トムヒと化してて、

 

クリムゾン・ピーク②その甘さをうっとり頬張ってたら、急にオス化してきて脇腹にパンチ喰らった気分でした…。なぜデル・トロ先生は、我々が求めているトムヒ配合を知り得てるのか不思議でなりません。1番目を見張ったのはジェシカ・チャステインね…。激甘の弟に対してお姉様はスパイス効きすぎ…。

 

雪が舞い足元には赤が広がる屋敷が魅力的で、幽霊を単なる恐怖の対象しない解釈がとても好きでした
最後の幽霊のトーマスの血に触れる場面が1番切なく感じました

 

「クリムゾン・ピーク」は、ちょっとウーマン・イン・ブラック思い出してブルっとしたけれど、全体的にはそこまで怖くも痛くもなく。
チャステインのドーン!が思いのほかビクッてなる。かな。

 

「クリムゾン・ピーク」、クラシカルなホラー・サスペンスでした。銃もライトサーベルもない、ファンタジーとガチ物理が両立する美しい舞台。怖がりな自分は、途中2カ所ほどガッと心拍数上がりました…(-_-;)。蝶や蛾や虫が苦手な方はご注意。キーワードは「メタファーとしてのゴースト」かな?

 

圧倒的な映像美。目を閉じて鑑賞したとしても、音楽と役者の声に酔い痴れる事の出来る作品。愛って絶望で、自己犠牲だなぁって。でも、だから美しい。

 

クリムゾン・ピーク 観了。リアルなホラーテイストなんだけど、後半は八つ墓村みたいな怖さの中にも笑いありみたいな展開で楽しかったわ。見た目的にもミア、トムヒ、ジェシカが綺麗なので最後まで見飽きない。ハナムンは見た目綺麗だけど喋り方がSoAのジャックスだったw

 

傷物語からのほぼ休み無しでクリムゾン・ピーク観た!
デルトロ監督作品だからパシフィック・リム的なものん期待するとゴシックホラーで狂気系なんで引くかと
私はこれ系が大好物なんで大満足
容赦無く救いが無い(笑)

 

デルトロ監督が描き出す荘厳な屋敷の様式美と凍える様な雪の白さと血(粘土)の赤のコントラストに息を呑む・・・不気味でどこか儚げなゴーストの演出も素敵。

 

舞台と俳優は豪華だけど物語が陳腐。恐怖演出にしても初っ端から致命的なネタバレをしちゃってるから全く機能していない。故に全然怖くない。結局トムヒの半ケツがいちばんの見せ場なのかな。

 

《クリムゾン・ピーク》観た。いやーホラーを観ると、労働で荒んだ心が癒されるなあ! 温泉的滋養。

 

クリムゾン・ピーク③ホラー通り越して根性論みたいな方向性に振り切れてて、終盤堪えきれず笑ってしまった…。あと、今さらながらチャーリーハナムってチャニング・テイタムと似てるな〜、と思いました。

 

『クリムゾン・ピーク』は細部に至るまで美に彩られているけど、美術にしろ小道具にしろそれぞれがそこにあって然るべき自然さと同時に物語の一部に同化するほどの存在価値を発揮するのだから、デル・トロ監督のビジョンが凄い。

 

クリムゾン・ピーク。 こってり濃厚デロデロドロドロを想像してたけど思ったより中身はシンプル。その分美術的な部分をものすごく楽しめる映画かなあと思いました。特に出てくる人たちの衣装がみんな美意識に溢れてる。

 

『クリムゾン・ピーク』、物語はまあいいんだ。美術/衣装/特殊効果など美しかったー。特に多くのシーンで強調される緋と碧の二色のコントラストがよかったよねん。スクリーン一杯に「綺麗なもの」が拡がるからそれだけで画面がもつ。でも、チャステインぢからのおかげで大分後半救われたとは思うけど

 

『クリムゾン・ピーク』は細かいネタを知らずに観た方が楽しいと思うよ。話の流れとあまり関係ないところで「そうくるか!」「それ見せるか!」ってのが色々あってね、もうね、面白い。ニヤニヤしちゃう。

 

クリムゾン・ピーク観に行ってきた!
トムヒのクリアファイルも👍🏻
「パンズラビリンス」も好きだから楽しめた

 

『クリムゾン・ピーク』のハナムはギャングが更生しようとして就活してるときに無理して横分けにしてる感があって微笑ましかったです。トムヒは誰よりも脱いでケツも丸出しにしてたの偉いなって思いましたまる

 

「クリムゾン・ピーク」2015年 アメリカ 119分
デル・トロの新作。期待しない方がおかしい。運命に導かれるように彼の地へ。ゴシックホラーの格調は別格。アイリス・アウトが章区分、ジェシカは監督に恵まれている。

 

『クリムゾン・ピーク』観了。デル・トロ謹製の極上の"ゴシック怪奇譚" 正直"恐怖のベクトル"は思いの外低調だが、それを補い有り余る程の様式美に裏打ちされた世界に酔い痴れる快感。正月明けだが"怪奇三段重"を堪能。

 

『クリムゾン・ピーク』ミア・ワシコウスカの色んな成長とか、ジェシカ・チャステインの闇の迫力とか、トム・ヒドルストンの弱ロキな感じとか、チャーリー・ハナムの醸し出すおかしさとか、世界観にハマってる以上に意外な魅力を見せる役者陣が最高すぎる。『パシリム』のあの人には笑った。

 

己に歪な愛情を抱く姉を、弟は愛せなかった訳じゃなく。彼なりに姉を護っていたのでは。傷つけようとする言葉を吐きながら、涙を零せる人。本当は優しい人だから。

 

●キャスト●
イーディス ミア・ワシコウスカ
トーマス トム・ヒドルストン
ルシール ジェシカ・チャステイン
Dr. Alan McMichael チャーリー・ハナム
Carter Cushing ジム・ビーヴァー
Burn Gorman バーン・ゴーマン
Mrs. McMichael バーン・ゴーマン

●スタッフ●
監督 ギレルモ・デル・トロ
脚本 ギレルモ・デル・トロ 、 マシュー・ロビンス

●その他●

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-ミステリー
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.