【口コミ・ネタバレ】映画『あゝ、荒野 前篇』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

青春ドラマ

【口コミ・ネタバレ】映画『あゝ、荒野 前篇』の感想・評価評判

投稿日:


映画『あゝ、荒野 前篇』口コミ感想ネタバレ 映画『あゝ、荒野 前篇』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「主演2人の演技も良くて引き込まれる!」「菅田将暉の狂気に圧倒!」「菅田将暉のファン、大丈夫かな...と思うほど濡れ場が多い!」


上映中【2017年10月7日(土)公開】

 

寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの前編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。主演は菅田将暉と、映画監督としても活躍するヤン・イクチュン。監督は長編デビュー作『二重生活』で第14回ウラジオストク国際映画祭最優秀監督賞に輝いた岸善幸。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

かつて母に捨てられた新次(菅田将暉)は、兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなある日、彼らは仲間の裕二(山田裕貴)らの襲撃を受ける。そして、2021年の新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は、劉輝を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。一方、“バリカン”こと健二(ヤン・イクチュン)は、吃音と赤面対人恐怖症に悩む男。新宿でいつも通り床屋のティッシュ配りをしていた健二は、ひょんなことから新次と共に“片目”こと堀口(ユースケ・サンタマリア)によってボクシングジムに誘われる。言われるままにジムを訪れた2人は、それぞれの想いを胸にトレーニングを開始する……。

●キャスト●

新次 菅田将暉
バリカン ヤン・イクチュン
芳子 木下あかり
モロ師岡
高橋和也
恵子 今野杏南
裕二 山田裕貴
河井青葉
前原滉
萩原利久
小林且弥
川口覚
山本浩司
鈴木卓爾
山中崇
でんでん
京子 木村多江
片目 ユースケ・サンタマリア

●スタッフ●

監督 岸善幸
原作 寺山修司
脚本 港岳彦 、 岸善幸

映画『あゝ、荒野 前篇』を観た人の感想、評価、口コミ

キャラクターが良く(キャスティングも)
ダレなかったので長さも良さそうでした
画も見やすく良い明度
映画としての構成などは園子温の影響を感じた
時代設定が2020年で、スマホやドローンなどが結構登場していたので、原作とどう違うのか気になった。
クレジットの歌でなんかありがちな結末を予期してしまい正直萎えたが、後編も気になります。

 

深い話だけど笑えるシーンもありおもしろかったです。
主演2人の演技も良くて引き込まれました。続編に期待です。

 

R-15なので、少し怖いです。。。
ボクシングが苦手なので、少し怖かったです。
でも話にはひきこまれ、あっという間でした。
後編に期待します。

 

ユースケさんの表面的には軽い感じが良い味出していました。
でんでんさんの存在感は凄いです。
それから木下あかりさんの頑張りが印象的でした。
後篇が楽しみです。

 

難しい暗い話だったが、クスッと笑えるところがあったりして、理解できたし、面白かった。俳優陣の演技も素晴らしくて、2時間半という長い時間でも飽きなかった。R15とは知っていたが、性描写が過激でおお…っとなった。菅田将暉目当てで来る女子高生とかは、見るのに覚悟が必要だと思う。

 

菅田将暉のファン、大丈夫かな...。と思うほど濡れ場が多かった。
カットしても良いんじゃないかな?というシーンも多々あり、一本の映画としてまとめてほしかった気持ちはあります。
後編でのバリカンの成長が気になります。

 

本当に、惹き込まれる作品でした。こんなにも映画を見ていることを忘れて、自分も一緒に映画を体験していた、ということは初めてでした。今まででまだ見たことのない、ジャンル分けをする事が出来ない、全てを魅了している作品だと思います。早く後篇もみたいです。この作品を見る事で、何か変われる気がしました。

 

ぶっ倒れるくらい良かった!後編は初日に行く!前編のみだが、今年№1映画です。

 

寺山修司らしさが爆発していました。主演二人の演技もさることながら、脇を固める俳優人にも注目です。後編への期待が高まりましたが、何となく結末が予測できるような予告編。よい意味で期待を裏切ってくれることを楽しみに待ちたいと思います。子供たちと見るのには、少し過激なシーンがあるのが、気になりました。

 

端的に言って面白い!!
青春物の泥臭い作品てあまり好きでなかったんですが、こんなに面白いとは!!
あしたのジョーとか知らない世代ですが、原作者に興味が湧きました!

新宿という街で繰り広げられる人間模様!!
しかもそれぞれに何かしらの繋がりが…
後編に期待大\(^o^)/

 

役者陣がみんな好演で、主演2人は勿論のこと、脇をかためる方々もよかったです。
ボクシングシーンは迫力があり、本物感があります。バイオレンス・セクシー描写の容赦のなさも好き。

一つ一つのシーンはとても面白いのですが、流れがあまりよくないように感じ、さすがに長いな…という思いが拭いきれず。
時代設定を近未来に変えており、近未来SFのような部分もあるのに、やたら昭和感のある内装のお店を使っていたりするので、少しチグハグな気もしました。
個人的に快作とまではいきませんが、観る価値はある映画だと思います。

後篇に期待!

 

157分っていう長さだったけど、あっという間に感じた。
見応えありで、後編にも期待です。

 

菅田将暉の狂気に圧倒。ヤンイクチュンとの性格の対比がすごくいい。
2人の間にいるユースケサンタマリアが中和剤になってる。

 

この世界観、見入ってしまいました。
少し暗い雰囲気の中、主人公やそれを取り巻く人たちが徐々に登場してきて、その歩いている道が交錯していく様を色々な角度から切り取っています。
ボクシングを主軸として話が進んでいき、楽しかったり嬉しかったり辛かったり苦しかったり、様々な気持ちを感じながらあっという間の二時間半でした。
後編も必ず見に行きます!

一点、さすがにR15指定だけあり、
かなりの性描写があり、おお。。。と思いました。

 

主役の二人の迫力がスゴく闘う姿が清々しく素晴らしかったです(*^^*)
長かったのにあっという間でした!

 

ずっと楽しみだった#あゝ、荒野
あんなに破壊的で暴力的で闇深くて痛くて苦しい映画なのに、どこか優しくて愛のある映画。濡れ場も多いし身体張ったシーンばっかりで目を背けたくなるけど、ひとつひとつのシーンに夢中になった。現実の世界にしばらく戻ってこれない不思議な感情になった。
後編が早く見たいーー‼︎
見るのは恐怖すらあるけど。
とにかく、良い映画。

 

菅田将暉さんの演技の迫力がすごかった。
157分あったはずなのに、世界に惹きこまれた。
出来栄え、すばらしい。

 

『あゝ荒野 前編』R-15試写。

2020年東京五輪後に寺山修司ボクシング話を、逆境にある者達を揃え上手く再現した。
役者として菅田将暉のヤル気が分かる映画である。
前編だけで157分だが魅せてくれる。
この大作、今の日本でよく製作した。

原発避難民、2020五輪後に事実上の徴兵制が始まる話など、政治社会背景を滲ませる。
あ、舞台は2021年、新宿。

あ、決してデート向けではありません。

 

すごくよかった。
菅田将暉の演技の迫力さ、狂気さ、素直さが存分にでてました。ヤンイクチュンも自然で演技のうまさを感じました。
ユースケ・サンタマリアのおちゃめな役がはまっててすごく好き。

途中のフェス、後編にどう絡んでくるのかが楽しみです。
さすがはR15といったすごさは覚悟した方がいいけど、多くの人に見てほしいなと思います

 

後編を未鑑であるため、スコアはまだ抑えめで。
ただ、本年度ベストになる予感。

長さはまったく気にならない程、主人公たちの過去や行方が気になる。素晴らしい演技の賜物。

後編予告で見せられる展開に驚きと切なさがこみ上げ既に泣きそう
後編が待ちきれぬ

 

後篇でそれぞれの過去と親子がどうつながっていくのか気になります。

 

寺山修司リスペクト作品。157分と長丁場。でも最後まで時間を忘れて見れる作品。

時代設定が東京オリンピック後で、原作を読んでいないため、それが、どのくらい原作にマッチしているのか判断はできないが、寺山修二の好きなボクシングとそれに打ち込む青年、そして、青年をボクシングへと駆り立てる怒りがうまく表現されている作品になっている。

本作、R15 指定だけあって、確かにいくつかの激しい性的描写があるのだが、主人公・新次のシーンでの菅田将暉の肉体美の表現が美しい。
また、同様に R15 指定の要因の一つである自殺シーン、本編途中からサイドストーリーのようにストーリーが進むのだが、本作・前編では、まだどう絡むのか見えてこない。

後半を見たくなる伏線が張り巡らされていて、本編上映後の後編予告をみたら、ますます鑑賞意欲をもたらされた。
後編に期待。

 

ドラマ版の試写も見ていたのですが・・やはり映画の迫力は、違いました!スゴイ、菅田将暉!が暴れていました。ボクシング物は、苦手なんだけれども・・・見入っちゃいました。人とのつながりが人生プラスにもマイナスにもする・・後編が待ち遠しい。ユースケ・サンタマリアの落ち着いた演技も最高です。

 

寺山修司の原作を映像化するのは難しそうだなというのが第一印象でしたが、実際見事に映像化されていて、キャラクター一人一人が丁寧に描かれていた。2時間30分あっという間にすぎ、後編が気になる。後半を見ていないので、とりあえず4.0にしておくけど、もっと上がる可能性大。

 

原作未読。
最近あまり長い映画を観ていなかったから157分という時間が少し心配だったが、そんなのは無駄な心配だった。
菅田将暉のギラギラとした目、ヤンイクチュンの繊細、それでいて強い意思を持った演技に圧倒された。
色彩が冷たく、硬さを持ったように感じられ、新宿という街、ライバルとの関係、各々の感情を表現しているようで私は好きだ。
音楽を極力使わないようにしていて、キメのシーンだけにかかるのも良い。

 

俳優陣の演技が例外なくよかったからかな。飽きない。
菅田将暉のギラギラした目がすごかった。別にキレてる時に限らず。本当に獣のようというか、野生的な目で。
本当に彼は、役のそれまでの人生・生い立ちを感じさせることができる、全身で体現できる人だなぁ〜。素晴らしい。
ヤン・イクチュンさん、知らなかったんだけど、いい。あの苦しさを奥に抑え込んだ物悲しい瞳が痛々しい。前編では健二は、まだボクシングの面でも吃音克服の面でもくすぶっている段階だから、後編で報われることを期待〜!

 

二重生活の岸監督、娘の好きな菅田将暉、寺山修司原作ということで試写会に。
まさに、怒涛の157分、登場人物とともに2020年の新宿にいました。
菅田くんが凄いのはもうよくわかっていたのですが、ヤン・イクチュン最高でした。また、ユースケ・サンタマリアっていい歳の重ね方してるなって思いました。
20代の娘、息子と妹と観に行きましたが、終わった後、4人とも大満足の映画でした。

 

前編だけでも2時間半という長さでしたが、スピード感とテンポが良くあっという間の時間でした。菅田君とイクチュンさんの目や顔のシワからも伝わる、とても狂気的で勢いがある演技にいつの間にか引き込まれていました。たくさん人はいるのに、寂しさを感じさせる新宿を舞台に、様々な人が絡み合うストーリーが、後編でどう繋がっていくのか早く見たいです。

 

157分と聞いていたので、長く感じたり中だるみするかと思っていましたが、全くそんな事は無く、むしろあっという間に感じました。 菅田将暉さんはじめ、出演者の方全員の演技が素晴らしかったです。 ユースケサンタマリアさんも良い感じで好きでした。 後半がとても気になります。

 

凄まじい熱を持った映画でした。157分がまったく長く感じなかったのは素晴らしい。やっぱり、菅田将暉さんはいい俳優さんですね。本当に、観てよかったです。わたしはお子ちゃまなので、激しいベッドシーンがあり多くてちょっとオロオロしました。あと、高橋和也さん、まさか元ジャニーズがあの役柄を演じるとは、驚きです。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-青春ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.