【口コミ・ネタバレ】映画『クリーピー 偽りの隣人』 の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

サスペンススリラー 小説

【口コミ・ネタバレ】映画『クリーピー 偽りの隣人』 の感想・評価評判

投稿日:


「香川照之の演技が気味の悪さを際立たせていてスゴかった!」「竹内結子の隣人に翻弄されていく姿、最後の西島秀俊のシーンも印象的でした!」「風や建物など細部にもこだわっている素晴らしい作品!」

creepy
上映中【2016年6月18日(土)公開】

 

第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説を、黒沢清監督が映画化したサスペンス・スリラー。ある夫婦が怪しい隣人への疑惑と不安から、深い闇へと引きずり込まれていくさまが描かれる。犯罪心理学者の主人公を西島秀俊、一見人のよさそうな怪しい隣人を香川照之が演じるなど、実力派たちが気味の悪い物語を盛り立てる。-Movie Walker-

 

 

映画『クリーピー 偽りの隣人』を観た人の感想、評価、口コミ

クリーピー 偽りの隣人、いやーな感じがジリジリと。この具合が本当にキツい。最高。

 

香川照之さん出るから「クリーピー 偽りの隣人」観たけど、凄いインパクトで、さすがの演技力やったな〜。 香川照之ファンは絶対観るべき。

 

クリーピー 偽りの隣人 ミステリースリラーということで 香川さんの圧倒的な演技が世界観を作ってました さすがです サイコパスの怖さがジワジワと伝わってくるかんじ 軋みと叫びと静寂と 滲み出す狂気 なかなかおもしろかった

 

「クリーピー偽りの隣人」を見ました(映画館) 香川照之さんの演技が真に迫っていました。映像や音から怖さが伝わってきて、最後まで目を離せませんでした。北九州監禁殺人事件の様な怖さがあり、とてもサイコパスの怖さが伝わってきました。個人的にはとても楽しめましたが、友人はダメでした。

 

クリーピー偽りの隣人観たけど、精神的にくる😦香川照之の演技力に惹きつけられる!

 

『クリーピー 偽りの隣人』鑑賞。『贖罪』の監督だけあって全編ダークだ… ダメだよ香川照之にこーいう役やらせちゃ。

 

映画『クリーピー 偽りの隣人』 ★★★3.5点。 ほぼ期待通りの作品でした。 気持ち悪さは予想以上だったので納得。。。 どんどん引き込まれてしまった。

 

「クリーピー 偽りの隣人」鑑賞。 役者陣と明暗やカメラワークの工夫から、全体的にほどよい不気味さが漂う。 物語は、前半こそ何かを予感させるミステリーチックな面白さがあったものの、後半にかけて何の捻りもなく気持ちよさに欠ける印象。良くも悪くも黒沢清作品といったところか。

 

映画「クリーピー 偽りの隣人」 未整理な部分はある。例えば前事件で娘一人が見逃された理由だとか。しかし、目が離せない。 ファニーゲームのような気持ち悪い映画にすることもできたはずで、そういうのも観たいかも。 それにしてもツンデレってのは人の心を操る立派な(?)手法だったんだ(笑)

 

「クリーピー 偽りの隣人」観てきた。香川照之の不気味な隣人役がハマりすぎててよかった!真相も最後までわからんとドキドキやったし。でも最後はちょっと消化不良感が…後日譚ほしかったなー原作読も!

 

『クリーピー 偽りの隣人』鑑賞。 無音がこころをざわつかせた映画でした。 冒頭から救いのない緊張感、粛々と進む物語が小気味よい恐ろしさを与え続けていました。西島さんのいきすぎた趣味、 竹内さんの変貌とラストシーン、香川さんの飄々としたキャラ、こころのオンオフに鳥肌。

 

映画「クリーピー偽りの隣人」を観た。 不気味なストーリーだが、ぐんぐん引き込まれて目が離せない。 それぞれの俳優陣の演技が楽しめて素晴らしい。

 

クリーピー 偽りの隣人見てきました!いい意味で、気味悪さ、後味の悪さ、日本映画特有のジメッと感かつ粘着感のある映画でしたね🐱しかも、西島さん竹内さん初め役者陣も良かったです。香川さんは怪演スゴすぎ!不信感、嫌悪感半端ないです。この映画は好き嫌い分かれますね!

 

 

クリーピー 偽りの隣人 サイコパスな隣人がきっかけで主人公が奇妙な事件に巻き込まれていく、っていう完全に私の好みドンピシャなストーリーだったんだけど、思ってたより全然怖くて震えたww/(^O^)\ ネタバレになるから詳細には触れないけど、個人的には黒い家とカブる部分があったなぁ

 

『クリーピー 偽りの隣人』鑑賞。まず、キャスティングがズルい。あと、モブがリアルなようで逆に不自然。ザンネンなのはクライマックスに挟まるチャチな1シーン。全編通して、気分の悪いイヤな話。本当にイヤな映画。褒めたくないけど、悔しいけど、引き込まれたなー。 ★★★★☆

 

クリーピー 偽りの隣人 見てきた◎予想とはちょこちょこ 違って面白かったけど 終盤はなんとも、、( ˙-˙ ) ソロモンの偽証の女の子の 淡々とした感じは好き! 本を読んでみたくなりました!

 

クリーピー偽りの隣人。恐すぎた。隣人でなくても近くにいてもおかしくない。何度もビクッとし最後は鳥肌…。でも、結子さんの“昨日のシチューが余ったので”という台詞に心の中で“余り物をお裾分け”はダメでしょと呟いてみた。あぁ、夜が恐い…。

 

『クリーピー 偽りの隣人』鑑賞。全編これ黒沢清のベスト盤と呼びたくなる演出の大盤振る舞いで、観客の感情を翻弄しておきながら、最後はポンッ!と手を叩いて「はい、目を覚ましてね」と起こされた後の様な、この何とも言えない余韻。とりあえず『悪魔のいけにえ』を死ぬほど観てきて良かった。

 

『クリーピー 偽りの隣人』ソロモンの偽証に主演してた藤野涼子も相変わらず素晴らしい演技力。微妙な役柄を見事に演じきっていた

 

『クリーピー 偽りの隣人』、はっきり言って原作とは別物で原案と言ってしまった方が良いかもしれないがこれはこれで面白い。 監禁部屋とあの部屋で繰り広げられる行為が娯楽要素を高めている。 紛れもない黒沢映画。よくG指定に抑えたな。

 

『クリーピー/偽りの隣人』鑑賞終了~。黒沢演出炸裂!で変則的ホラーになると思っていたけど、言ってしまえば隣人云々なんてリアル・ホラーなわけで。つまり結局は真っ当なホラーだったって印象w そして、やはり、本作も発想元はアレ。

 

『クリーピー 偽りの隣人』これ見た人はぜひ北九州一家監禁殺人事件についても調べてみてほしい。最近これの関連書を読んだばかりだから、恐怖倍増ですよ。当たり前ですけど、現実の方が怖いです。

 

『クリーピー 偽りの隣人』やたらと喚き散らす邦画が多い中、あの竹内結子の叫びは本物の「叫び」だった。張り詰めた空気を一掃するかのような叫び。しかし救いは全くないというのがまた最高

 

『クリーピー 偽りの隣人』観了。『CURE』『カリスマ』を撮っていた頃の黒沢清が還ってきた感がある。「黒沢清入門」として間口を広げられる可能性があるだろう。何より香川照之を愛でる映画でそれ以上でもそれ以下でもないが、ソロモン後、この強烈な役を獲得した藤野涼子をこそ注目したい。

 

『クリーピー 偽りの隣人』香川照之の胡散臭MAXな演技が最高でしたわー。今年の日本映画はこの手の映画がすごい。

 

黒沢清監督の『クリーピー 偽りの隣人』を見た。 劇中、監督らしいポイントがいっぱいあって、見ていて楽しかったし、香川さんの怪演は面白かった。 ロケセットとセットが絶妙で、警察署と大学の研究室と地下室が印象的。

 

『クリーピー 偽りの隣人』鑑賞。黒沢清でこの題材、噛み合わせは間違いなくピッタリのはずだし、ビジュアル的には存分に黒沢清の世界が展開されているのだけれど、何だかとっても物足りない。

 

「クリーピー 偽りの隣人」誰かが映画にしなきゃいけなかった極めて日本的な日本犯罪史上に残る残虐事件のエッセンスを落とし込んだものを真性黒沢清映画であり、かつ怖気立つサスペンス映画として見られるこの喜びよ!

 

『クリーピー 偽りの隣人』むっちゃくちゃおもしろい…今年1位っぽいなこれは…

 

クリーピー 偽りの隣人を観てきた。作品としては凄い見応えがあった。役者の上手さって大事だなって思った。個人的に結末の後エンドロールだったので後日談くらいは文字表示でも良いので欲しかった。ちょっと、最後は、そのせいかリアリティが薄くなった印象。

 

クリーピー 偽りの隣人っていう映画みてきたー! めっちゃ考えさせられたー ちょい怖かった 隣人と仲良くしすぎずしなさ過ぎず、程よい感じて過ごそうと思った

 

 

 


映画『クリーピー 偽りの隣人』感想 映画『クリーピー 偽りの隣人』口コミ 映画『クリーピー 偽りの隣人』評価 映画『クリーピー 偽りの隣人』評判 映画『クリーピー 偽りの隣人』あらすじ 映画『クリーピー 偽りの隣人』試写会 映画『クリーピー 偽りの隣人』レビュー 映画『クリーピー 偽りの隣人』興行収入 映画『クリーピー 偽りの隣人』動員数 映画ランキング

映画『クリーピー 偽りの隣人』を観た人の感想、評価、口コミ続き

『クリーピー 偽りの隣人』。もうしのごの言わずに「面白さ」を観せてくれる映画って最高だな。

 

クリーピー 偽りの隣人・・よかったです!『あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です!』と言っている少女が傍目には親子のように暮らしている怖さがなんとなくあり得ると思えるほどよくできてました。サイコパス・・怖いですね!

 

『クリーピー 偽りの隣人』大傑作!余裕の今年暫定No.1ですわ。途中に襲いかかったとてつもない尿意と相まって、終盤は心臓バックバク。竹内結子の叫びと一緒に膀胱が破裂しそうでしたがなんとか耐えました。

 

クリーピー 偽りの隣人。ドキドキしたー怖かったーでも笑ったー。久しぶりにビックリしてイスから浮き上がった!

 

『クリーピー 偽りの隣人』。西野演じる香川照之。あまりのソレっぷりがもう観ていてむしろコントってかギャグにも見えてしまう。ほんとに危ない人物ってアレなのかもしれん。表裏一体。って言うのか、これオモテもウラも関係ない。

 

「クリーピー 偽りの隣人」を観てきた(>_<)「画面が」というか「視点が」というか、とにかく超怖かったよ~(>。<) それにしても、何故誰も彼も「怪しい」とわかっていながら「1人で」乗り込むのか(>_<) 

 

クリーピー 偽りの隣人を見た。 残酷で、寂しくて、どうにもならない感情になる映画だった。

 

『クリーピー 偽りの隣人』。機械が怖さを煽る。扇風機とか換気扇のファン。風も絶妙。怖い。風を感じる映画。

 

「クリーピー~偽りの隣人」観てきました! 香川さん演じる西野は表情や歩き方一つ一つ細かい演技が気味の悪さを際立たせていてスゴかったです。 竹内さんの隣人に翻弄されていく姿も、最後の西島さんとのシーンも印象的でした。 風や建物など細部にもこだわっている素晴らしい作品だと思いました☆

 

『クリーピー 偽りの隣人』観賞しました。 隣に住む不思議な家族、それとなんの関係も無いと思われた過去に起きた一家行方不明事件とが混ざりあって行った時・・・。 隣人役の香川照之さんの上手い演技力が怪しい雰囲気を倍増させ映画の中に見事に引き込まれました。 中々面白い邦画でした。

 

『クリーピー 偽りの隣人』。あまりの面白さに観終わった興奮からなのか下に降りたいエレベーターに乗ったつもりだったのが上に昇っていった。

 

「クリーピー 偽りの隣人」。「リアル」と同じだなあ、なんか。悪くないんだけどアクが強すぎる上に「そっちいくのかよ」感が。劇中で盛り上げてくれた期待値の斜め下くらいが劇中で展開されていく。うーーん??

 

『貞子vs伽椰子』も『クリーピー 偽りの隣人』も個人的には相当面白かったんだけど、とりあえず今の心境としては『エンド・オブ・キングダム』が観たい。

 

 

「クリーピー 偽りの隣人」 見てきたけどさ、うん、香川照之がすごすぎるな 演技がやばいわ

 

「クリーピー 偽りの隣人」。単純にジャンルと監督との相性問題だな、これ...。ほんっと正直に言うと、期待はずれの部類。途中までグングン引き込まれてたから、余計に。

 

「クリーピー 偽りの隣人」。「物語る」事を放棄された時点で自分としては首を傾げざるを得ない。そういうのを求めるジャンルじゃないと言われればそうかもしれないが、どこまでいってもこれは消化不良だ。背景群衆やライティングを巧みに操作した絵作りは興味深かったが、やはりストーリーが...。

 

『クリーピー 偽りの隣人』。ほんと面白かった。もうむしろ笑ってしまうくらい。傑作でしたよ。

 

『クリーピー 偽りの隣人』を観る。抜群の明暗。風。蠢めく機械音。見事な演出、俳優陣。絶妙な駆け引き。不穏さの中に表れる「痛快」。自分はそれを感じた。叫びが怖い。極上のエンターテイメント。映画だ。娯楽の上を行っている。ああ痛快。実に面白い作品。監督黒沢清。

 

「クリーピー 偽りの隣人」。正直「やっぱ自分は黒沢清監督作品は合わないな」ってのが率直な感想。それでも途中まではマジでワクワクしながら観ていたんだが...。終盤に悪い意味で予想通りな展開に突入し、そこからは「物語を物語る」事より「観客を違和感で驚かせる」が優先されてしまっている。

 

クリーピー偽りの隣人観終わったー。とにかく香川照之が気持ち悪い。ところどころ何故そうするとツッコミたくなる場面もあれど、概ね良かったのではないでしょうか。

 

「クリーピー 偽りの隣人」鑑賞。全てのアングルと空気感に生理的な違和感を混ぜ込んでくる濃厚な黒沢清映画。隣人トラブルと失踪事件が次第に交差していくのは面白かったが、そもそもの偶然頼りすぎな設定と便利アイテムの活躍がどうにも飲み込み辛い。悪い意味で「単なるサイコパス映画」に思える。

 

『クリーピー 偽りの隣人』高倉たちの"取り調べ"が行われている最中、その後ろ、ガラス窓の向こうの外に、学生たちがたむろっているんだけど、それがどんどん増えていく、その増え方の明らかな不自然さ(テラス席は埋まってて、来る学生はみななぜかその窓の前に次々立ち止まる)が恐ろしい

 

川口春奈の証言を聞くための大学の研究室での劇的空間の作り方には心底!!ホントにもう超感動した!!空間と照明と役者の配置・動線がこれ以上無い!!というぐらいカッチしとハマってるの!

 

研究室内で証言をしながら動き回る川口春奈とそれを追う西島秀俊!そして部屋の隅の暗がりにボーッと立つ東出昌大!!東出昌大!お前は幽霊かw!!>『クリーピー偽りの隣人』

 

黒沢清『クリーピー 偽りの隣人』を観た。画面から突如消えたり現れたりする人物のイメージ、風、陰影のいずれも不気味。竹内結子は絶叫女優の最先端に来た。

 

●キャスト●
高倉	西島秀俊
康子	竹内結子
早紀	川口春奈
野上	東出昌大
西野	香川照之
澪	藤野涼子
戸田昌宏
馬場徹
最所美咲
笹野高史

●スタッフ●
監督	黒沢清
脚本	黒沢清 、 池田千尋
原作	前川裕

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-サスペンススリラー, 小説
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.