【口コミ・感想】映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

SFアクション

【口コミ・感想】映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の評価評判

投稿日:


「めちゃくちゃカッコイイ映画」「マニアから万人向けの映画」「"自分"を探そうとする少佐の姿と愛が胸に迫る」


上映中【2017年4月7日(金)公開】

 

押井守監督などによってアニメ化されてきた士郎正宗の人気コミックを、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドで実写映画化したSFアクション。近未来を舞台に、脳以外は全身義体化された最強の戦士、少佐がサイバーテロ組織との戦いを通して、自分が何者なのかを探ろうとする姿を描く。少佐の上司、荒巻をビートたけしが演じる。-Movie Walker-

 

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を観た人の感想、評価、口コミ

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』鑑賞。 士郎政宗、押井守、神山健治などとこれまで様々な人の手によって作り上げられた攻殻機動隊の世界が遂にハリウッドの手によって実写映画化。 私はS.A.Cと2ndGIG数話と押井守版は予告編だけ見た状態で観に行きましたが、所々「あっ!この構図あのシーンの!」とか過去作へのリスペクトを感じられる演出があり、テンションが上がって思わず声が出そうになってしまいましたw

 

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』🎥 ビートたけしの日本語が違和感しかなくてセリフが全然頭に入ってこなかった。滑舌悪すぎて何言ってるかわからない(笑) 最初の方の椅子に座ってる時のセリフ棒読み過ぎません?カンペかなぁ…。 アニメちょっとしか見たこと無いけどストーリーは初心者にもわかり易かった。 桃井かおりとスカヨハはよかった。

 

荒巻役の北野武はちょっと滑舌が怪しく英語の字幕を読んじゃうときも。しかし、北野武独特の人を人と思わない格好つけない戦闘シーンはアウトレイジで見られたヤクザの立ち振る舞いで誠によかった。 吹き替え版はアニメ版と声優さんが同じとのこと…これは絶対見たい!

 

ゴーストインザシェル、見てきたー(*´ー`*) 映像の迫力がすごい

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』吹替版試写。アニメ版のオリジナルキャスト、田中敦子(草薙素子)、大塚明夫(バトー)、山寺宏一(トグサ)、仲野裕(イシカワ)の4人が揃い、より楽しめる作品になっている。スカーレット・ヨハンソンと声優・田中敦子が見事にリンクしていて素晴らしい!

 

この前だけどゴーストインザシェル観れて最高だった。原作ほとんど知らずに行ったけどそれでも面白かった。スカヨハ相変わらず淡白な演技素敵でした

 

「ゴーストインザシェル」世界最速試写。アニメ版が好きなのでどうなることかと思いきや、世界観をきっちり守って、うまくハリウッドリメイク。物悲しさも感じられて、案外楽しめた。そしてビートたけしは最強。

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』字幕版を鑑賞しました。 私自身は原作コミック・劇場版・TVアニメシリーズ等全て見ています。個人的にかなり思い入れが強く大好きな作品ということもあって、本作の各キャラクターの設定やストーリー展開が「うーん…😞」となってしまうところが多々ありました。

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』吹替版を見に行ってきました。スカヨハをハックして、映画館のスピーカーから聴こえてくる“彼女”の声にゴーストが震えました。今作は是非、吹替版でご鑑賞下さい!間違いない。

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』鑑賞。この映画めっちゃカッコいいです。アニメ版と違い、ヘッドショットされるのはクゼ(人形使い)のみで少佐は無事でした。個人的にはバトーのモトコ愛がもっと見たかったのですが、映画自体はうまくまとまってて楽しめました。DVD出たら欲しいです。 9課メンバーはイシカワが髪型一緒だけど別人種になっててワロタ、ボーマは完全に空気でした。

 

まさしく攻殻機動隊でした。攻殻機動隊好きの評価です。 見終わってからずっと感じている想いです。 攻殻機動隊好きなら、絶対吹き替え版を観るべきです映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』最高

 

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」見ました。 コミック未読。SFアニメ版も観ていない… “攻殻”初心者の私でも、楽しめる映画だった。 映像美とキャラに魅了された107分。 初心者にも分かりやすい理由は… 欲張っていないからかもしれない。 原作を意識するあまり、あれもこれもと取り入れて なんだかよく分からない映画を昨年もたくさん観た。

 

 

ハリウッドの攻殼機動隊が見ることができ、しっかりと日本へのリスペクトを感じる出来で満足かつ幸せでした。 マニアにしか受けない攻殼機動隊を万人向けに作り直し、ファンにもしっかりとしたサービスを用意してくれたキャスト、スタッフにありがとうと言いたいです。

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』鑑賞しました。 「人間」であるとは何なのか、その問いを突き付ける。人間と機械、その境界を霍乱してしまうのだ。この映画は、アイデンティティというテーマに取り組んだ映画

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』良くもわるくもない、アクション映画。けどエンディングは味気なかった。

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』 もし、君が「攻殻機動隊」シリーズの大ファンで、そのキャラクターや設定とか、もう大好き!って感じならこの映画には不満を覚えると思う。でも、独立した一本の映画としてみると、この映画は凄い面白い!

 

アクションシーンはゴージャスだし!ひとつだけ、批判的になるとしたら結末かな。一見、オリジナル版と同じように見えるんだけど、少し違っていて、その少しの差が決定的になっている。伝えたいメッセージも違ってきている。で、オリジナル版のメッセージの方が全然良かった。でも予想していた以上に面白かった!

 

視覚的には楽しめるけど、やっぱりオリジナル版には及ばない。

 

映画は適当に面白いがよく分かるようにするためにかなりの設定の変更があったと思われる。自分もアニメシリーズを見たのはもう5〜6年前であまり覚えていなかったから助かった。

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』 スカヨハがすごく綺麗でございます。以上。

 

攻殻機動隊。 アニメ好きな子なら1度は見たことある。 私が見たのは多分スタンドアローンコンプレックス。 実写にするとどうなるの? っていう世界観と映像美を楽しんでほしい。 割と初心者でも理解できたから、もう少し難しくてもいいかな。 ハリウッドからみたオリエンタル感がある意味渋い。

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』鑑賞。 押井守版のゴーストインザシェルとイノセンスが大部分で神山監督アニメが少し入ってる実写ハリウッド版て感じ 忠実に再現しててビックリした。攻殻ファンとしは100点満点 彼女メインのストーリーでアクション少なめ、最後ド派手にしても良かったのにとは思った 近未来SFストーリーとして見ると、80年代に考えた未来を今、実写化しても違和感ありすぎ

 

>映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』吹替にて鑑賞。 少佐役の田中敦子さん、素敵な声でした。 今作の吹替版はアニメ版の声優さん達がそのまま吹替しています。これはアニメ史上初めての試みだそうです。 アニメに思い入れのある方は吹替版で見た方が良いです。本当にそのままです。 まず、私の本作を見るにあたるスタンスですがアニメはちゃんと見てなかったので知識を入れて臨み、見終わった後にすぐ1995年の作品が見たいと思い鑑賞しました。

 

飽きずには観れますが良くも悪くもハリウッドらしい作品になっています。 95年度版の難解な感じは薄れて万人受けはしやすくなっています。 観やすいですが、カタルシスを感じさせる作品にはなっていないようにも思います。 それは、ゴーストという考え方。人間とロボットの違いにおける映画の物語上での終着点が、95年度版のものに比べるとわかりやすすぎるからでは無いかと私は思うのです。95年度版を観ていない状態でも、物足りなさを感じてしまったのはここが原因なのかなと感じています。 ただ、20年以上も前の作品ですが基本設定は古さを感じさせず、改めてすごい作品だと思いました。個人的にはこの映画を見て改めて攻殻機動隊の他の作品に触れてみたいなと思ったので、導入の作品としてはとっかかりやすいのではないかと思います。

 

 


 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を観た人の感想、評価、口コミ続き

観ました。 原作の攻殻機動隊シリーズの『イノセンス』は観たことあるんだけど、『ゴーストインザシェル』の方は観てなかったので内容はほぼ知らない状態で。 正直「映像の目新しさ」みたいなものには最近のCG真っ盛り時代で慣れてしまったのか新鮮というほどにも感じず… アニメ原作の実写版としては成功している方だとは思うけど、大ヒット!て感じにはならなそうな作品だなと。

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』観ました。 映像きれいだったところがすごく良かった〜〜原作も見てみようかな 桃井かおりとビートたけしww

 

原作未視聴、予備知識ほぼなしで鑑賞。 日本ではまず絶対にたどり着けないであろう実写のクオリティだと思った。 キャスティングに賛否あるが、私は全身造り物じみた美貌のスカーレット・ヨハンソンが主役を演じたことは良い効果があったと感じた。自分のアイデンティティについて答えを得ることになる母親との会話にも説得力を与えている。映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』見るべき映画です。

 

原作はまだ知らないけど主人公のスカーレットヨハンソンの抑えた感じがよかった。何気ない立ち方も完璧に機械的でおお、となる。3Dで観たのでアクションシーンも迫力抜群。北野武はかっこいいと思う派だった。 これを機にアニメ版すごく見たくなった。やっぱりこういう話好きなんかなぁ。 日本版のポスターはもう少し暗くてかっこいい感じにした方がいいと思う。

 

直前にアニメ版('95)を観てから鑑賞。ロケーションもシークエンスもアニメに忠実で盛り上がります。ただ脚本はちゃんと考えてあるので、話を知ってても楽しめました。未来都市の描写がブレードランナー('82)の頃から大して進化しておらず、もはや伝統芸能の域です。それもまた、いいんですけどね。最新のSF映画だと思って観ると、ちょっと薄味かもしれませんね。

 

実写版押井守の甲殻機動隊 あの世界感を良くもまー実写化したなーととにかく感心、監督の絵作りのセンスは凄い、ちょっとでも手抜くとやっすいコスプレ感がただよって興ざめさせてしまうのに凄いと思う。監督の犬のチョイス、ロケ地からして、押井守のファンなんだなーとなっとく。 とても良くできたゴーストインザシェルだったけれども、さいごにやはり、なんで実写に無理やり、アニメで良くない?とも、おもってしまった。

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』鑑賞。 スカーレットが美しい。原作無知勢にはストーリー展開が予想外でおもしろかった。だが何か足りない感とそれでいいのか感が収まらず、北野武がなんとも残念。設定はいいからもうちょっと頑張れたのでは?

 

原作のオマージュで何回もあぁん..!!ってなったから全体的にハートがあんまなかったの許す+ビートたけしが激かっこいい

 

ファン的には最高ですた。BATOU最高、ありですアリですからカコイイ。 しかし原作の攻殻機動隊かアニメ映画しらないと、かなりつらいのでは.... たけしさんが日本語なのが良かったなん。もっといろんな言葉が入り混じってたりしたらすてきだったのに未来感。

 

世界観は良かった。 ただせっかくスカヨハ主演で、設定も設定なのに、アクションが全然生えなかったのが残念だった。 お話もなんだか盛り上がりどころがわからず、台詞や展開も良くも悪くも日本のアニメ、漫画感……ベタというか… あとどうでもいいんですけどスカヨハが英語喋ってビートたけしが日本語で応えてビートたけしに話しかけられた日本人俳優は英語で応えてって感じなのですごく脳みそが混乱した笑

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』観ました。 ビートたけしの日本語が違和感しかなくてセリフが全然頭に入ってこなかった。滑舌悪すぎて何言ってるかわからない(笑) 最初の方の椅子に座ってる時のセリフ棒読み過ぎません?カンペかなぁ…。 アニメちょっとしか見たこと無いけどストーリーは初心者にもわかり易かった。 桃井かおりとスカヨハはよかった

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』鑑賞。 原作は全く知らないのだけど良かった。映像美。 ただごちゃごちゃしすぎに感じる。 わかりやすい伏線も華麗に回収してくれる 評価が別れる所だと思うが 日本人キャストも見どころの1つだと感じる。もう1回みにいくかなあ

 

原作は読んだことないですが楽しめました!

 

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』見ましたー。 日本をモチーフにした近代的な世界観がキレイでした! スカヨハもキレイでスタイルよくて最高♬ でも、元のアニメを全然知らなくて途中睡魔でウトウトと… 多分アニメを好きな人なら好きなんだと思います(o^^o) 桃井かおり、雰囲気とかいい感じだったけど、わざとなのか英語がなかなか何言ってるかわからないレベルで…北野武みたいに日本語のセリフにしてもらえればよかったのに(^_^;)

 

サイバーパンクなのに景色が綺麗過ぎる、そして話が分かり易すぎる。良かった。 映像はスゴいです。けど、あらゆる物に重みを感じられない。 原作や関連作品を見ていなくても感想は変わらないと思う。絶対に吹き替えで見るべきだろう

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』 内容は難しかったけど、世界観がなかなか好き。 ビートたけしが思ってた以上に出演してた。 芸者ロボット怖すぎ

 

全体的に最強にかっこよかった!!笑 ハリウッドありがとう!!笑 マンガを読んでる感覚で見ました。 スカヨハの美しさはもちろんのこといい配役だったと思う。 特に桃井かおりの演技には脱帽。拍手したくなった。さすが。 ビートたけしが暴れるところは笑いが止まらなくなったwww 絶対本人超楽しんでるやろwwwwww

 

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』 原作はアニメSAC、2nd GIG、SSS、ARISEなどを鑑賞済み。 単純に「ハリウッドでどんな姿の攻殻機動隊になるんだろう???」とパラレルは承知の上の興味本位だったのでいい意味で期待もせず観て良かったなあ。 CG技術、アクションシーン本当にかっこいい。映像は非常に美しいのでスクリーンで観る価値は充分にあったなあと。

 

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」鑑賞。 アウトレイジ×君の名は×トランスフォーマーみたいな感じ 自分の今ある幸せは、必ず誰かの犠牲の上に成り立ってるってことを極力忘れないで居たいとおもった

 

個人的には沢山のお金がかけられて、また大好きな作品が盛り上がっているので大変嬉しいこと!これを機に原作に触れる人が増えてくれれば本当に嬉しいなあと!

 

最初の説明不足感を後半怒涛の展開で一気に回収していく 人としての存在意義は過去の記憶のよる自らの行動が示してくれるのか、未来への貢献による犠牲によって証明されるのか また記憶というものは曖昧なもので改変によって様々なトリガーになってしまう それがテロであったり、使命感であったり都合のいい道具になる可能性は拭えない 原作は攻殻機動隊だがオリジナル作品として映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」見る方をオススメしたい

 

ドキドキワクワクやったけど、その期待を裏切らない映像効果!世界観の実現具合!近未来の街並みを引きで撮るシーンになると否応がなしに心が踊ってしまいました。すごいな。あの街並みを再現するのやばいな。電子看板や3D広告がいちいち気になっちゃって端から端まで読みたくなっちゃって、目疲れたけどめっちゃ楽しかったな。

 

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」鑑賞。 アクションシーンもストーリーも見栄えを気にしているんだな、っていうのがとても伝わってくるので、全体的に華があります。水場のアクションシーンはゾクゾクしました。綺麗かよ、と思って。銃も乱射しまくりだし、肉弾戦もスカヨハは強い。見応え抜群です。

 

北野武のセリフがイマイチ聞き取れなかったけど、それでも溢れ出る貫禄。バトーかっこいい。 「モトゥコォ」って呼ぶ時、ちょっと笑いそうになってしまってほんとごめん。 スカヨハの美麗さは相変わらず最強でした。

 

監督頑張ったなぁ〜と思った。攻殻機動隊は原作未読、押井守版x3、新劇場版、TVアニメSACしか観ていないのであまり偉そうなことは言えないが、原作への愛と敬意が感じられると同時にわかりやすい実写版映画だった。

 

★皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
少佐	スカーレット・ヨハンソン
バトー	ピルー・アスベック
クゼ(笑い男)	マイケル・ピット
荒巻	北野武
        桃井かおり
オウレイ博士	ジュリエット・ビノシュ
                マイケル・ウィンコット
Togusa	チン・ハン
        福島リラ
少佐(日本語吹替え)	        田中敦子
バトー(日本語吹替え)	大塚明夫
トグサ(日本語吹替え)	山寺宏一

●スタッフ●
監督	ルパート・サンダース
脚本	ウィリアム・ウィーラー
原作	士郎正宗

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-SFアクション
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.