【口コミ・ネタバレ】映画『ダンケルク』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

ノンフィクション 戦争映画

【口コミ・ネタバレ】映画『ダンケルク』の感想・評価評判

投稿日:


映画『ダンケルク』口コミ感想ネタバレ 映画『ダンケルク』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「臨場感、音響効果は凄かった!」「とてもリアリティーの追求された映画!」「ずっと肩に力が入って、観終わった後の疲労感!」


上映中【2017年9月9日(土)公開】

 

第二次世界大戦中の1940年、フランス・ダンケルクの海岸でドイツ軍に包囲されたイギリス、フランス軍の兵士約40万人を860隻の船舶で救出した、史上最大の救出作戦を映画化したサスペンス。トム・ハーディやマーク・ライランスら名優を迎え、クリストファー・ノーラン監督が初めて実話の映画化に挑んだ意欲作。-Movie Walker-

 

 

あらすじ<STORY>

第二次世界大戦が本格化する1940年、フランス北端の海の町ダンケルク。フランス軍はイギリス軍とともにドイツ軍に圧倒され、英仏連合軍40万の兵士は、ドーバー海峡を望むこの地に追い詰められる。背後は海。陸海空からの敵襲。そんな逃げ場のない状況下でも、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)やアレックス(ハリー・スタイルズ)ら若き兵士たちは生き抜くことを諦めなかった。一方、母国イギリスでは、海を隔てた対岸の仲間たちを助けようと軍艦だけでなく民間船までもが動員され“史上最大の救出作戦”が動き出そうとしていた。ドーバー海峡にいる全船舶が一斉にダンケルクへと向かう。民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)も、息子らとともに危険を顧みずダンケルクを目指していた。英空軍パイロット・ファリア(トム・ハーディ)も、数において形勢不利ながらも出撃。タイムリミットが迫るなか、若者たちは生きて帰ることができるのか……。

●キャスト●

Tommy フィオン・ホワイトヘッド
Peter トム・グリン=カーニー
Collins ジャック・ロウデン
Alex ハリー・スタイルズ
Gibson アナイリン・バーナード
Colonel Winnant ジェームズ・ダーシー
George バリー・コーガン
Commander Bolton ケネス・ブラナー
Shivering Soldier キリアン・マーフィ
Mr. Dawson マーク・ライランス
Farrier トム・ハーディ

●スタッフ●

監督 クリストファー・ノーラン
製作 クリストファー・ノーラン 、 エマ・トーマス
製作総指揮 ジェイク・マイヤーズ
脚本 クリストファー・ノーラン

映画『ダンケルク』を観た人の感想、評価、口コミ

とりあえず一言この映画が終わったあと大分疲れました…
とりあえず本編は3つの視点から描かれてる物語
ダンケルク側のストーリーは姿が見えないドイツ兵にずっと攻撃されてます
これが中々怖い、イギリス兵とフランス兵はとりあえず撤退を海岸で待つけとドイツ軍の空爆はいつ来るのかわからない恐怖感
この映画の終盤で3つの物語がシンクロする辺りからは凄いの一言
ちょっとうーんと思ったのは登場人物が誰が誰かわからなかったことかな
本編でもあまり会話がないので…
それがいいのかも知れないが自分はちょっと微妙だった
そして何より臨場感、音響効果は凄かった!特にIMAXでの迫力は凄かった!!

 

爆音恐怖症にはつらすぎる。

 

過去に観てきたどの戦争映画ともベクトルが違う。
広告通り絶体絶命の状況からの脱出と救出劇を描いた作品。
脱出側も救出側も本当に最後の最後まで生きることや助けることを諦めない。戦争映画での死に抗うシーンで泣きそうになったのは初めてかもしれん
史実を元にしたということだけどどこまでが実話でフィクションなのかが気になる。

 

スピットファイアがかっこいい。

 

名作しか生み出せないクリストファーノーランのノンフィクション。
セリフも少なく、抑揚も少ない。ドキュメンタリーに近いような感覚。
下手に演出せず、戦場の音で臨場感、緊張感を創り出していた。
本物の戦場を見せられた、そういう感覚でした。あと、航空戦はとにかくすごかった。
IMAXで観ればたぶん臨場感すごいんだろうなぁ、、、IMAXで観ることをおすすめします笑
時間軸とか、クリストファーノーランらしさと言われるところが随所に見られた。
素晴らしい作品でしたが、個人的にはこの人は好きなように設定を作り上げて作るある種難解なSF系の作品(インセプションとかインターステラーみたいな)がお似合いなのではないかな、と思った次第です。

 

クリストファーノーランは裏切らないというか、大変良かったのだけど良かったという言葉ではなくて今思いつかないけどもっと違う何かだった(?) どの俳優も本当にダンケルクのための俳優だと思ったし若手俳優の選び方に拍手したい。トムハーディをパイロットにしたことに大喝采。

 

クリストファーノーラン監督!
監督がジャパンプレミアで言っていた通り
主人公は関係なく、視聴者自身がまるで戦場に居るかの様に感じる作品でした。
その言葉を聞いたからには
TOHOシネマズのMX4Dで観てきました。
臨場感は半端じゃなくよかった。
ただ、MX4Dが初めてだったもんで、噴射される水の演出に慣れなかった笑
本物の戦艦と戦闘機で撮影されていてとてもリアリティーの追求された映画でした。

 

トムハーディかっこいい。
というか空撃部隊はかっこいいですね。

 

鑑賞後、日常に戻るのにいくらかの時間が必要だった。
WWⅡの最中、枢軸国に包囲された人々の様子を淡々と描かれていた。

 

こうゆうの得意じゃなかったけど見入ってしまった。精神的にしんどかったけど勉強になった。

 

基本戦争映画は得意ではないのだけれど、今回はノーラン監督とだけあって、とても楽しみにしていた作品。冒頭からホントに怖くて戦場に放り込まれたかのような、銃声だったり戦闘機の音に思わず顔をしかめる場面が多々あった。戦争物なので「楽しさ」みたいなものはあまりなかったけれど、所々で他作品で見てきたようなノーラン監督っぽさを感じることが出来たし、あの締めの流れなんかまさにそうで、「うわー、っぽいなぁ」なんて思いながらダークナイトをまた見たくなった次第だけど、とにかく満足。あとトムハと上官みたいな人がイケメン過ぎて、あんな男になりたいしあんな男についていきたい等とも思った。次は一体どんな作品を撮ってくれるのだろうかと観終わった今からもう楽しみ!ありがとう

 

私的には微妙でした…
IMAXで観てないくせに言うのも何ですが、映像は綺麗ですし、銃弾の音の大きさなんかから味わえる臨場感みたいなのは確かに凄いと思ったんですけど…。
肯定派否定派いるようですが、私は、例の不協和音BGMはちょっと厭でした。心情描写を廃してドキュメンタリータッチにするのであれば、極力、BGMは少なめにした方が良かったんでは?

 

兵士達が直面したリアルな恐怖を間近で感じたようだった。
観ている側はザックリとした登場人物の肩書きしか分からない。
でもだからこそ、名前も知らない、さらには国籍の違う同盟国の人間ですら、戦争となれば言葉を発さずともお互い助け合っていたのかなと考えさせられた。
最初の2人は特に印象的。

 

悪くはないし、良い映画だと思うけど、「面白いから見た方がいいよ」とは勧められないかな。
ヨーロッパ人が見るのと、日本人が見るのとでは、感じ方や評価も全然違うんじゃないかと。日本で評価されすぎな気がする。
まあ史実を元にしてるし撤退戦だから、しょうがないところだけども。
パイロット目線の映像と戦闘機の音はわくわくさせてくれる。
あれが燃えてるシーンは美しかった。

 

迫力や緊張感だけではなく、登場人物一人一人の心情が、台詞は少なくとも伝わってきた。
だからこそ上手くいかないことがよりもどかしい。
ノーラン監督の中では、インセプションやインターステラーの方が私は好きだけど、それは多分、緊張感が続く映画が私があまり得意ではないからかも。
それを差し引いても面白かった。
一度見た上で理解したところで、また見返したくなる。
絶対いろいろ見落としてるー!

 

全編通してものすごい臨場感。
何度ビクゥ!となったことか。
内臓に響いてくる爆音も、実際はこんなもんじゃないんだろうな。
こんな現実があったということを考えさせられる。
会話も心理描写も少なくて、ただただ見せられるという感じ。
それがすごい。その場にいる感覚。
ジャムパンの味までわかるような。
気づいたらずっと肩に力が入ってた。

 

臨場感と緊張感がリアルで自分まで戦場にいる感じ。
空と海と防波堤からの視点で忙がしかった。
キャラひとりひとりが好きに
なってHarryの演技もすごく
良かったしJackもかっこ良かった✨

 

ノーラン作品が大好きなので鑑賞。
音楽と映像にハラハラドキドキの2時間でした。
ノーラン監督の作品だったので鑑賞しながら『きっとどこかにどえらい伏線が…!』『最後にどえらいどんでん返しでもあるのか…!?』と何かが起こるのかとずっと勘ぐっていましたが今回はそういう作品では無かったのですね…というのが正直な感想。でも最後に三つの視点が繋がるのはさすがといった感じでした。

 

航空戦はとにかくすごい。本当にこれまで観てきたものとは次元が違うぐらいリアル。地上戦でもキメ画が多くて渋い構図もたくさん。でも、クロスカッティングの編集がへたくそ。好き嫌いとかじゃなく構造的に変になっているところが多くて驚いた。ノーランってこんなだったけか。

 

臨場感がすごい。
映像がすごい。
音がすごい。
初めから終わりまでずっと苦しかったけど観てよかった。
残酷で直視できないシーンはなかったし、敵であるドイツ軍は出てこなかった。

 

ストーリーとかドラマはほぼなく、セリフも少なめになってて、世界観がよかった。時間軸とシーンの切り替え、人々の心理と行動、緊張感、音響、迫力どれもが素晴らしかった。重低音体感上映だったから、ちょっと疲れたけど笑 そういえば、ドイツ兵は出てこなかったな。あえてなんだろうけど。

 

トム・ハーディーがベインばりにマスクつけてしかなくて草。
IMAX4Dで鑑賞したので水が終始ウザかったが圧倒的な臨場感と没入感があったのは事実。ノーランごいすーー
ストーリーはほぼ無く、余白的な要素は無いので好みでは無いかもしれない。。

 

素晴らしかった、、、
陸と海と空、時間軸も違って
場面が変わるので
ずっと緊張しっぱなしで
死ぬひとは死ぬし
生きるひとは生きるし
個人的にケネスブラナーが苦手なので
なんでドヤ顔してんの、って思ってしまった
帰る分の燃料は残しておけとか
温かい紅茶にジャムパンとか
本当に日本は戦争すべきじゃないよね、マインドから違う

 

撮影技術と音響技術の凄さ!監督はじめ関わった人達のアップグレード感が迫ってくる。史実だけれど、当時はこんな凄い映像を観られなかったわけで、タイムワープした感覚になる。こっちもあっちも危機だらけでハラハラが止まらない。非常時にあってもやたら紅茶を飲む英国らしいシーンがあったり、手の傷のつき方などディーテイルがリアルで映画的。
トム・ハーディ!またまた顔が見えない役!でもいい役でした。良かったです。

 

クリストファーノーランとハンスジマー相性最高よ…
インセプションほどややこしくはないけど、やっぱり時間に一工夫いれてきた笑
ノーラン監督は物語にいろんな軸を用意して、それを綺麗に帰結させるのが上手いなと思います いつも「おお〜なるほど!!」となって、観ていて気持ちが良い
ハンスジマーも時間を意識した音楽が得意そう 観ている人の感情を揺さぶるのがうまい
戦場の緊張感、臨場感が凄まじいくらいに伝わってきた
テレビで観たらきっと面白さ半減
映画館で観てこその作品って感じでした

 

耳をつんざく戦闘機の音。
降り注ぐ銃撃音。
緊迫感を煽り続ける音楽。
それらの音と素晴らしい映像で魅せる、
クリストファー・ノーランが挑む実話。
戦地にいる実感は120%。
生きた心地がしないとは正にこの事。
敵兵(ドイツ兵)が登場しない。
血が流れない。
台詞が少ない。

 

それぞれの視点をIMAXフィルムカメラで撮影する最上級のリアリティ映像作品。
シンプルな画面構成、恐怖を感じるほどの音は
常に緊張感を与えてくれて、目に映っているのはダンケルクのみだった。

 

自分も戦場にいるかのようで、終始緊張する。
臨場感を出すために、細部までこだわりぬいた作品。

 

不思議だけれど
空から俯瞰する海岸線
スピットファイアから見える空、海
戦争を描きながら、自然の美しさをCG抜きで見せてくれる事にまた違った感動を覚える。
逃げ帰る事を恥だと思っている兵士達。
しかし、そんな彼等を英雄の如く迎えてくれる祖国。
そう、生きて帰る事が勝利。
生きている事が素晴らしい。
ダンケルクの史実をざっとだけ予習して観ました。
これから観る人は少しでも予備知識があった方が良さそうです。

 

久々の没入体験。
死と向き合わされる映画は自分の心をコントロールできずどうしても苦手意識があるが、この映画体験(音/映像/構成)はそれを凌駕する完璧さがあった。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-ノンフィクション, 戦争映画
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.