【口コミ・感想】映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

SFアクション

【口コミ・感想】映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の評価評判

投稿日:


映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』口コミ感想ネタバレ 映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「激アツシーンが多すぎてたまんない!」「女の子がすごいかわいいし強い!」「戦闘シーンが超ド派手!」


上映中【2017年8月4日(金)公開】

 

マイケル・ベイ監督&マーク・ウォールバーグ主演による人気アクションシリーズの第5弾。地球の危機を救うため、金属生命体“トランスフォーマー”にまつわる謎を解こうとする人々の姿を描く。前作に登場した恐竜型トランスフォーマーや3作目に登場したセンチネルプライム、さらに金属生命体の創造主などが登場する。-Movie Walker-

 

 

あらすじ<STORY>

美しい海沿いの町・杜王町。平和に見えるこの町で、変死事件など次々と奇妙な事件が続発する。見た目は不良だが、心根の優しい高校生・東方仗助(山崎賢人)は、“スタンド”と呼ばれる特殊能力の持ち主。彼のスタンドは、触れるだけで他人のケガや壊れたものを直すことができる“クレイジー・ダイヤモンド”だった。そんな優しい力を持つ仗助はある日、一連の事件に関わるスタンド使い、凶悪犯アンジェロ(山田孝之)の犯行を邪魔したことから、次の標的にされてしまう。水を操る能力“アクア・ネックレス”を駆使して、執拗に仗助を狙うアンジェロ。その狡猾な手口によって、ついに大切な祖父の命が奪われてしまう。家族と町を守るため、戦いを決意した仗助は、危険を知らせに来た空条承太郎(伊勢谷友介)と共に、アンジェロに立ち向かう。しかし、アンジェロの背後では、謎の兄弟がすべての糸を引いていた。果たして、仗助と町の運命は……?

●キャスト●

Cade Yeager マーク・ウォールバーグ
Vivian Wembley ローラ・ハドック
Lt. Colonel William Lennox ジョシュ・デュアメル
タイリース・ギブソン
Agent Simmons ジョン・タトゥーロ
Joshua Joyce スタンリー・トゥッチ
Sir Edmund Burton アンソニー・ホプキンス

●スタッフ●

監督 マイケル・ベイ
原案 アキヴァ・ゴールズマン 、 アート・マーカム 、 マット・ハロウェイ 、 ケン・ノーラン
脚本 マット・ハロウェイ 、 アート・マーカム 、 ケン・ノーラン

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』を観た人の感想、評価、口コミ

トランスフォーマー/最後の騎士王
ストーリーは完全に捨てて映像目的で鑑賞。
その映像は流石IMAX3Dカメラで撮られてるだけあって今年見たIMAX上映の映画の中では恐らく1,2を争うレベルで素晴らしかった。
特に海の水面表現や毎度お馴染み爆発の細かい粒まで映像に抜かりなしだった。

 

「最後の騎士王」を鑑賞
尺は良い意味で長く 見応えがありました( -`ω-)b
メインであろうオプティマスの問題が あっさり解消されて笑ってしまいましたが
過去作のネタも 所々で出てきて
トランスフォーマーの実写版が好きな人には御褒美になる映画だと思いました( -`ω-)b

 

『トランスフォーマー 最後の騎士王』鑑賞。陸海空から圧倒的物量で攻めるマイケル・ベイ監督の映像世界に痺れた。米軍のプロパガンダ映画とも見れる活躍ぶりに大興奮。市街戦メインの『ロストエイジ』よりスッキリした印象。マイケル・ベイ監督のシリーズ続投を希望。

 

『トランスフォーマー 最後の騎士王』を勢いで鑑賞。前作から三年空いた続篇は初見にとって厳しいが、その分前作迄を予習していれば十二分に愉しめる。テンポの良さやアクション、何より映像の凄さを堪能出来る作品に仕上がっていた。IMAXで鑑賞予定故に、今から再び愉しみである

 

『トランスフォーマー 最後の騎士王』鑑賞完了です
あれぇ~?おかしいね何だか微妙だね
アクションはいつも通りだけどダルい、ダルすぎる
俺が見たいのは糞どうでもいい歴史謎解きじゃなくてガチャガチャしたアクションなんだよっ!

 

「トランスフォーマー最後の騎士王」鑑賞
マイケル・ベイらしい映画を久しぶりに見れて感激したよ笑笑
イザベラが可愛すぎる今後の活躍に期待!
前作を超えるスケールで描かれていて、幻想的な描き方が多かった!プライム様の口癖は悪いままでした。
ということで皆さん見てね!笑笑

 

観る直前になって、前作の内容を全く覚えてないことに気づいたが、実際どうでもよかったw
さすがに毎回同じことやってても、興味が続かないと思ったのか、今度は予告で見せてる様にアーサー王伝説を引っ張り出して来た。
うーん、まあ一応新機軸?
アキヴァ・ゴールズマンを入れてラングトン教授ばりの謎解きを加えても、基本やっぱマイケル・ベイ。
単純なアウトラインに無駄に複雑なディテール、結果良くも悪くも雑な仕上がり。
主人公と少女の擬似親子なんて、もっと活かせるのに、興味なさそう。
例によって、派手な画をボーッと眺めてるだけで、間は持つのだけど、いい加減このノリは飽きた。
今回も次作への布石はあるのだけど、そろそろ監督交代した方が良いと思う。
ガラッと作風が変わらないと、賞味期限切れになるだろう。

 

この映画に中身なんて無い!
ロボット!爆発!破壊!!
それがええんや!!
…ってノリで見れば最高の映画だと思う。
というのも点数は3.8でまあまあな点をつけたけどストーリーとビジュアルを分けると
ストーリー 2.6
ビジュアル 4.4
という内訳。
間をとって3.8なんです。

 

ストーリーつまらなかったけど映像素晴らしい
女の子の吹替が桜井日向子だったから長くても我慢できた

 

うーむ…なんかね
派手なだけなロボット映画になっちゃいましたね
もっとカッコ良いスーパーカーチェイスも見たかった
バンブルビーもアイアンマンスーツみたいだったし
ホントに長く感じる映画でした
その反面…ハリウッドで珍しくエンディングスタッフロール…驚くほど短いです(^_^;)

 

ここまで人気があるのは圧倒的な映像表現あってのことだと思う。
特に今回は過去最大のレベル。
CG、爆発、スケール、3D表現、全てにおいてシリーズ最高。
IMAXカメラを多用した映像は迫力どころの話じゃないし、デカい戦闘がデカい画面で繰り広げられるから観てるだけで楽しい。
(なので絶対IMAX3D版がオススメ。)

 

相変わらず映像は本当に凄いが今までどのシリーズも貯める所は貯めて一気に盛り上げるから気持ちよくなれる映画だったのにこの映画はそこら辺が散漫になり過ぎて終盤まで虚無が続く感じだった…。
リベンジの合体、ダークサイドムーンのジェットパック、ロストエイジのダイノボットのような新しい見どころがないのも辛い。でもラスト30分オプティマスプライム無双となんか深い締めの言葉聞いたら満足しちゃったから司令官ってすごいです。

 

いや〜映画もここまで来たかというような特撮!壮大も壮大!だけど惜しいのが少しトランスフォーマーを見せるという面でアクションが少ないのと、何がとは言いませんがえ?これだけ?はやくね?みたいなことがおおい脚本でしたね笑

 

すごい迫力!前作では冴えない発明家お父さんだったケイドが今作では選ばれし勇者になっていて、全体の雰囲気がだいぶ違いました!
しかし、私の絶望的な記憶力と前作までの復習不足で登場人物がよくわからず、さらに新しいなんとかプライムとかユニクロンの話でかなり脳内が錯乱…(笑)(笑)
ちゃんと勉強して出直します(笑)
あとちょっと長いかな、、、
ランボルギーニ最高にクールでした!
あとC3POとBB-8的キャラがいい感じでした( ˃̵ᴗ˂̵)♡

 

創造主の存在を知って宇宙に飛び立ったオプティマスがどうなったんだか気になってずーっと待ち遠しかったシリーズ5作目。
創造主の謎には触れないし、突然アーサー王伝説絡んでくるし、あっさり洗脳されたオプティマスはあっさり覚醒するし、貴族役がどはまりなサー・アントニー・ホプキンスは大切な役な割に簡単にやられちゃうし、TRFは突然物分かりよくなるしetc.ストーリーと脚本は突っ込みたいことてんこ盛り。
でも映像はとにかく美しいし、CGも素晴らしい。
大好きなビーは壊れたふりして再生したり、潜水艦につかまって海に潜ったり、でっかいオプティマスに果敢に挑んだり、しゃべれるようになったのに声が気に入らなくてすねたりで相変わらずかわいいぞ~
トランスフォーマーシリーズとワイスピシリーズはこの先も劇場で見続けるんだろうなwだって楽しいんだもん♪

 

キャラクターも前作よりも魅力的な気がする。
やっぱりアンソニーホプキンスと執事ロボのコンビは良かった。
それと旧三部作で登場した面々がまた出てくるのも胸アツ
ほんの1.5秒くらいだけど「あの人」も映ってて個人的には嬉しかった。
ガチャガチャしたロボット大好きって人は観て損はしないと思う。

 

公開初日に観に行き、しっかり満足して帰るんだから完全にベイに洗脳されている
あってないようなストーリー、ロボットたちと疑似家族を形成しているマーク・ウォールバーグ、更にスタイリッシュさを増したロボットたち、なんの役に立ったか不明な愉快な黒人、相変わらず小物感満載な破壊大帝メガトロン、いつも以上に連呼される「私はオプティマス・プライム!!!」観たいものをこれでもかとぶつけられた
しかし、ディセプティコンの登場シーンが完全にスーサイド・スクワッドのオマージュでテンションが上がったぶん、その雑魚さにがっかり。もっと彼らの悪漢ぶりが観たかった。モヒカンでヨダレ垂らしながら「ヒャッハー!」と叫んでるロボットて、、最高
アニメから好きだったホットロッドの登場は嬉しかった!
映像の綺麗さも期待以上だった!終盤は空中戦が多く、3D映えする
ベイが監督するのはこれで本当に最後なのかな、、いざとなると寂しいものです

 

激アツシーンが多すぎてたまんなかった。前回から登場するオートボットたちも勿論、数々のオートボットが活躍します。ランボルギーニのオートボットが可愛い、強くてカッコイイ!オートボットの主人公、バンブルビーも目が離せない!
ぶっちゃけストーリーは全然頭に入ってこないし所々意味不明だけど、映像は凄い。して、痺れるシーンはごまんとある。アクションでお腹いっぱいです。

 

2時間29分中、2時間ほどはアクションシーン。
オープニングシークエンスと序盤と終盤を見ればストーリーは大体わかる。
2時間半の予告編を見ているよう。映画に緩急が無さすぎる。
この映画の世界観やストーリーを伝えるという場面でも、カット割りが多く、スピーディに会話が織り成されていくので、どこを重要視して見れば良いのかよく分からないし、字幕が追いつかない。細かい展開は会話が早すぎて軽く受け流してしまう(まあ、細かい展開など無意味だが)。

 

中盤までナショナルトレジャー、終盤はおきまりののワンパターン(もともとストーリーには期待していない)
アクションの迫力はさすがだが、トランスフォーマー同士の戦いがもう少し見たかった。しかもクロスヘアーズが序盤少し活躍してなぜか終盤フェードアウトしてて残念。
ただやはりかっこいい。痺れるシーンが今回もたくさんあって厨二心がくすぐられる。アンソニーホプキンスもよかた。

 

公開日に鑑賞。
ひたすら逃げる。戦う。また逃げる。
TCXの映像はやっぱ最高。
マークウォールバーグの出る作品って
何か観たくなっちゃう。
筋肉凄かったな〜。。

 

ロボットのドンパチを観に来ているのに、人間パートが多すぎて眠くなってしまった。このような映画のストーリーに難癖つけるのは野暮だとは思うが、取って付けたような後付け設定も無理ありすぎる。
とはいってもやはりバトルシーンは最高。テンション上がりっぱなし。もう少しオプティマスの出番が欲しかったところだが。
劇場の設備のせいかな、3Dのせいかな、画面が小さくてちょっと残念だったな。

 

過去一番面白くなかったかな...。
不満は色々あるのですがトランスフォーマーの映画には複雑なトランスフォームなどのCGを期待したりしてます。
今回はそもそも人間パートが多くて子供必要?とか思っちゃいました。
レノックス大佐再登場は公開前の情報知った時はかなりテンション上がりましたが実際観てみると全くオートボット達と絡みなし。
オプティマスも最初少し登場して終盤まで出てこないですし、そもそもオートボットの出番も超少ない。
グリムロックなんて強すぎるからか序盤でディセプティコン蹂躙してから登場しなくなりました。
終盤はいよいよトランスフォーマー同士の戦闘があると思ったら人間のしょぼい攻撃を映されて色々な爆破と崩壊シーンが流れ続け期待はずれでした。

 

ストーリーとか「何それ?」ってかんじだけど安定の楽しさ。
オプティマスの出番が少なかったなぁ、、
その割りに謎解きパートが長くてトムハンクスでも出てくるんじゃないかと思ったわww
とにかく映像が美しいし、CGも自然だった。

 

マイケル・ベイ監督らしいド派手な爆破と映像は凄かった。「トランスフォーマー」というよりはアベンジャーズみたいなヒーローものになってる感。でもオプティマスやバンブルビーは相変わらず格好良かった。

 

映像は今出てる映画で1番豪華で迫力あるのでは?ってレベル。
戦闘シーン自体は多い、しかしながらトランスフォーマー同士のぶつかり合いがとても少ない。
そしてなによりオプが少ない!
彼がいないとこんなにも締まらないとは…主人公だものね。
でもその少ない登場シーンで圧倒的格好良さを見せつけてくれる。そこは良かった。
とりあえず序章って感じの映画だったかな。総評すると。
なんにせよ好きなシリーズなんで愚痴も喜びも多弁になります。今後も観続けるでしょう。

 

トランスフォーマー5作目。
体感ではかなり長げぇ・・・。とにかく疲れた。
うむ。期待してはいけないよ。
世間では確実に「駄作」と呼ばれるレベル。
前作が個人的にシリーズワーストだったのですが、
本作はそれよりどいひーな脚本だった。

 

ベイ監督も解ってやってる。
開始数秒で火球ドーンと飛ばしてくれるし
シリーズのいろんな要素、自分の監督作含むセルフパロディまでどんどんネタをぶっこんでくれる。『ペイン&ゲイン』ネタまでくるとはね(笑)。
やりすぎてシリーズをぶち壊してもいるんだけどね。
でもやっぱりいつもの通り楽しい。
アガる画はやっぱりベイさん。上記のシリーズ見てきた人むけネタでいちいちおおおっ!とさせられる。
面白さは期待せず、画面楽しめればよいかと。

 

ビーが大活躍!!!
女の子がすごいかわいいし強い!

 

また作ったのか〜と思いながらも見てしまう。それがTF。
前作がストーリーの部分で物足りないな〜と思ってたけども、今回はさらにストーリーが…
盛るのはいいんですがすごく盛り過ぎてて溢れちゃった感じ。もっと単純でよかったし登場人物も減らしてよかったかな〜すごくごちゃ混ぜ感あった。前作からのオートボットたちの活躍も目立たなかったし…
あと各シーンが細切れで集中できない。辛かった。
とまあここまでうだうだ言ってますが次回も観ます…
だってオートボットたちがかっこいいんだ

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-SFアクション
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.