【口コミ・ネタバレ】映画『ドント・ブリーズ』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

サスペンススリラー

【口コミ・ネタバレ】映画『ドント・ブリーズ』の感想・評価評判

投稿日:


「古典的かつ斬新。本当に息が止まる!極上の密室スリラー!」「二転三転してなかなか終わってくれないストーリーと臨場感あるカメラワークが良かった!」「B級の枠を飛び越えた上質な映画話法!」

 

dont_breathe-stephen_lang-daniel_zovatto-007
上映中【2016年12月16日(金)公開】

 

盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが体験する恐怖と脱出劇を描くサスペンス・スリラー。伝説的ホラー『死霊のはらわた』のリメイク版で監督を務めたフェデ・アルバレスが監督を、サム・ライミがプロデューサーを担当。『死霊のはらわた』で主演を務めたジェーン・レヴィが主人公の青年ロッキーを演じる。-Movie Walker-

 

 

映画『ドント・ブリーズ』を観た人の感想、評価、口コミ

ドント・ブリーズ」を鑑賞。音と匂いに反応する盲目の爺さんが獣のようなゾンビのような。防犯のための戸締りで侵入者が閉じ込められるとか地味に怖い。お話もこれで終わりかと思ったら続きが…というのが何度もあってハラハラ。ただ、最後が理解しきれてないのでモヤモヤしてる。

 

もっと座頭市なみの盲目ジジイ無双なのかと思いきやそうでもなかった…デアデビルなみの聴力も発揮されなかったので「息をするな」というのは大袈裟なタイトルに感じた。ホラー映画に出てくる女は物凄く鬱陶しいというお約束は外さないところは流石のサム・ライミだった

 

<ドント・ブリーズ>盲目のおじいさんと若者3人の死闘。周りが見えないおじいさんの方が大変なはずなのに、はずなのに! なんなのよ、もう! 若者もそこで諦めればよいのに、欲深いから、ほらほら! 息を詰めて動向を見守る、永くて短い88分!

 

『ドント・ブリーズ』...これは怖い。眠気が吹っ飛びました。怪奇現象無縁のこの手の作品でここまで息を潜めながら手に汗握ったのは『サイレント・ハウス』以来かな。

 

「ドント・ブリーズ」。サム・ライミ製作、フェデ・アルバレス監督によるスリラー。自動車産業が廃れ貧困化が進むデトロイトを舞台に盲目の元軍人の家に金目当てで忍び込んだ窃盗団の男女が目が見えない代わりに聴覚が鋭い老人の反撃に遭い主客逆転するところがミソ。

 

予告がめちゃくちゃ面白かったんだけど、期待を全く裏切らない面白さ、常に心臓バクバクで最高だった。 シチュエーションのアイディアがそもそも面白いんだけど、それを100%生かすための工夫や見せ方が満載でマンネリせず、ずっと面白い。 予告で見せなかった部分の面白さもちゃんとあったし、このジャンルとしては完璧に近い出来だったと思う。

 

「ドント・ブリーズ」 主人公は生存と金の為に動くけど、老人はその両者に興味が実は余り無かったりする。彼もクリーピーの西野と同じく疑似家族が作りたいだけなんだよなぁ。 やはり家族は良くも悪くも人生を変える。

 

高校生とか若い人が多くてビックリ。そして満席。興行、マーケティング的には、これはなかなか面白い。

 

ドント・ブリーズ まさしく息をするのも憚られる、盲目の退役軍人VS強盗トリオのワンシチュエーションサスペンス。ゴールは脱出だが、そこに至るまで多種多彩な恐怖が仕掛けられている。あの状況でお金に執着し続けるお姉ちゃんのガッツは買うが、そうはライミがおろさないよね。

 

『ドント・ブリーズ』、観ているこっちまで息を殺してしまうほどの緊迫感ある描写の連続にも唸ったが、脚本もかなり巧妙で、シンプルな大筋の中にありとあらゆる伏線を散りばめてそれを見事に回収していくという。舞台をデトロイトにして社会派要素を隠し味程度に盛り込んだのも◎。

 

ドント・ブリーズまとめ ・定番の初っ端からいろいろとフラグを積んでいくスタイル ・舞台となる家の立地が最高過ぎる(フラグ) ・じじいやばそう ・じじいやばい ・じじいちょうやばい

 

映画『ドント・ブリーズ』観てきました。盲目の老人宅に強盗に入ったが、聴覚で追い詰められて逆に脱出できないっていう発想が凄い。自分ならば?って考えながら鑑賞。

 

1ドント・ブリーズ見に行ったんだけど、反射神経良すぎるからいちいち無駄に身を守ろうする自分に疲れた。 私はビビリではない。反射神経が良すぎるのだ。それだけだ。3

 

 

「ドント・ブリーズ」鑑賞 たまに無性に見たくなる洋画ホラーの要素満載の映画で、演出と音でひたすらビクッとしてた。楽しかった。

 

息をするだけで殺られる!…という事はなく案外物音立てても大丈夫! 超人じいちゃんvs頭悪い子達って感じでした 誰にも感情入らないような登場人物ばかりだけれどじいちゃんの圧力はハンパないっすね! ローグ・ワンの人より戦闘力高そうでした

 

『ドント・ブリーズ』を観る。確認大事、トドメを刺すのも大事

 

「ドント・ブリーズ」も観てきました!いやー!こ・れ・は!マジやばい!物凄い緊張感!なんだか観てるこっちも口塞ぎっぱなしでした(笑)。まさに金字塔!マスターピースな逸品でした!

 

「ドント・ブリーズ」終わり。期待値があがりきった状態で観たにも関わらずしっかり予想を超える満足度を叩き出してきて、まさしくホラー当たり年の2016年を締めくくるにふさわしい出来栄え。この笑いと紙一重の恐怖こそ至高。しっかり怖いし、ばっちり楽しめる。ありがとう、盲目じいさん。

 

『ドント・ブリーズ』。アイディア一発に終始せず、観客をとことん厭な気分へと追いやる作り手たちの姿勢に感心した。ホラー映画が苦手な人でも楽しめる映画なので、今年の締めに是非観てみてはどうでしょうか。

 

超面白かった。監督の前作リメイク板『死霊のはらわた』が過剰なまでのスプラッターで攻めていく足し算的な映画だったのに対して、本作は“バレるかバレないか”というシチュエーションと間接的描写という最小限の要素を効果的に活かしていた。

 

ずっと気になってた「ドント・ブリーズ」みてきました!盲目の老人の宅に忍び込んだ若者が老人に返り討ちどころじゃないことをされる映画…… 老人役のスティーブン・ラングかっこ良すぎで無敵過ぎ……怖くなればなるほど無音になるのが緊張感を高まらせました……手汗やばい!

 

ドント・ブリーズというホラー とても面白そうだと思うのは、やはり明確で強烈な『枷』があるからなんだと思う。 キラーとして登場するドンブリおじさんは盲目という枷がある。 盲目という「枷」にアクションを制限されているのだ。 でも、それが興味深い状態、現象、展開に繋がる。

 

『ドント・ブリーズ』鑑賞。登場人物は僅か4人と犬1匹、舞台は寂れた一軒家。この限られた設定を最大限に活かし、観客の誰もが物音1つたてることを封じられるほどの緊迫感を構築してみせた。シンプルな設定故に斬新かつ大胆な恐怖がとにかく目立つ、極上の密室スリラー。めっちゃ面白かった!!

 

「ドント・ブリーズ」ぐええ〜視覚&聴覚サスペンスに加えて距離サスペンスの連べ打ちで怖ぇやら面白ぇやら。挙句にはとにかく後半、先の展開の読めなさ過ぎに驚く。その背景にはかたや正当防衛、かたや止むに止まれぬ事情の犯罪と両者の間に目に見えない綱引きがなされてて善悪一筋縄ではいかない

 

ドント・ブリーズ、これはベスト3圏内だな。今年だとロスト・バケーションも楽しめたけど、ドント・ブリーズは限定空間でのサスペンス映画として次元が違う。ただ展開が速いのではなく、数秒前に映ったモノを直ぐに忘れさせられるほどの緊張感。だからそのモノが活かされた瞬間の気持ちよさが格別。

 

 


 

映画『ドント・ブリーズ』を観た人の感想、評価、口コミ続き

『ドント・ブリーズ』実にイヤ~な映画だった(※褒めてます)。見てるこっちも息止まる。空腹ぎみだったのもあってか、見終わったら内臓がぐったりしてた。女性としておえええええぇぇぇぇってなる所もあって、付き合いたてのカップルのデートにオススメです!

 

ドント・ブリーズ 見てきた。 ネタバレできないが、エロゲでもなかなかお目にかかれない筋金入りの鬼畜変態っぷりに惚れ惚れした。スゲえよアンタ。

 

「ドント・ブリーズ」には普通に暮らしてても、感じる緊張を最大に増幅させらて味わせられた感覚だな。プラス、展開もかなり練られてるので最高すぎる。「イット・フォローズ」観た人には馴染みのあるデトロイトの景色も良い感じ。今年ベスト10には入れないと。

 

『ドント・ブリーズ』はイラク退役軍人の盲目イカれ親父が、自分のリボルバー(モデル何だろう?詳しい方教えて)を出して以降、そのリボルバーが暗闇で火を噴きまくる展開にはアガりましたよ、

 

『ドント・ブリーズ』も観てきた。こっちも盲目のおじさんつよい。しかも怖い。怖さの元が目の前にあっても怖い。バレないよう家から脱出を図ろうとするんだけど突如目の前に現れたりしてドキッとする。怖くて半目で観たシーンが何度かw ホラー系の映画は苦手だけどこの作品は結構好きだ。

 

ドント・ブリーズ、スゲー以外にネタバレにならないで言える事あった。低予算で作れそうな話を、お金かけて全力で徹底して作られていてエンタメとしてとんでもない出来の映画だった。

 

「変態だ」と「ドント・ブリーズ」を観てきた。どちらも他にないインパクトを放っていた。前者はビジュアルはボケてるけど、非常に切実な映画。後者にいたっては評判云々をぶっ飛ばす面白さ。サスペンス映画も緊張が過ぎるとホラーになるのは分かってたけど、ここまでキリキリしたのは初めてかも(汗)

 

【ドント・ブリーズ】 おもしろかった! 退役軍人て目が見えなくてもあんなに強いのか(笑) 音の映画だと思うから映画館で観れてよかったよ! だいぶビビらされて、心すり減らしたもんだから帰りの夜道が 心細くて意味もなく店入っちまったー!

 

ドント・ブリーズはホラー版マッドマックスであると言えましょう!! 90分の尺とは思えない密度の高さ。アイデアを出し惜しみせず、とことん詰め込む姿勢に感服。息もつかせぬ展開とはまさにこの映画。しかもそれをショッカー演出に頼らず紡いでいく。B級の枠を飛び越えた上質な映画話法!!

 

盲目殺人サイコーホラー爺映画の「ドント・ブリーズ」も観てきました。カメラワークがとにかく上手いなって印象。前評判に違わず面白かったです。やはり幽霊より人間のほうが怖いよ。

 

ドント・ブリーズ、もう最高としか言いようがないし、フェデ・アルバレスの前作死霊のはらわたの、序盤に凶器となるものは全て見せるというのを、今回は浮遊感のあるカメラワークでシームレスな長回しで一気に見せて、しかも家の間取りも一発で分からせるというウルトラCを決めてきて、そこでまず満点

 

映画観に行くのが、ここのとこ久々だった。映画は「ドント・ブリーズ」観てきました。面白かった!ホラー感は薄めで、結構現実的な感じを出してるのが、逆に怖かったです。そして、死霊のはらわた感あるあるでした。

 

『ドント・ブリーズ』 あれをズブっといかれたらたまったものじゃない。ズブリとやり返してやるあたり、今は無きシアターN系のグルーヴ。ブラインド・マンのずしりと重い独特な歩き方や彼の顔は、つまりこれがゾンビ映画の発展系とみなしてよい。こっちのほうが圧倒的に有利なはずなのに、怖い。

 

 

勢いで『ドント・ブリーズ』も観てきたんですが女優さんがすごく良くて、今度はラブコメかなんかできれいなおべべ着せてあげてほしいなぁと思いました。あとPG12じゃなくてR15のほうがいいんじゃないかとも思いました。

 

『ドント・ブリーズ』。盲目の親父よりもリアル街ごと廃墟なデトロイトが怖い。近年観た何かに街並みが似ていると思ったら山崎まどかさんのFBにて『イット・フォローズ』だと判明。ちなみに役者もだぶり。かなり楽しめたが音響はもうちょっとブラインド感あっても良かったのでは。

 

映画『ドント・ブリーズ』鑑賞。息をすることさえも恐怖につながる、まさにそんな緊張感あるシーンの連続にドキドキしっぱなしで、久しぶりにホラー映画ならではの魅力をたくさん味わうことができた作品でした。

 

ドント・ブリーズ。 デトロイトの荒廃ぶりがまず怖いからw 強盗若者たちの、やっと逃げられ…ない!ピンチ!の連続で、まあ単純な進行なんだけど、返り討ち爺の偏執狂ぶりは想像の4割増だったぞ。 屋根裏も地下室も滅多にない日本のウサギ小屋でよかった!クールジャパン!って思ったよね…

 

映画「ドント・ブリーズ」見てきました。普通に怖かった。ホラー映画としては満点でした。それにしてもおじいさん怖すぎる。

 

「ドント・ブリーズ」、観てきた。 これは前評判に違わぬ傑作シチュエーションスリラー!! 無駄のないテンポの良い構成と観てるこちらまで息苦しくなるような延々と続く緊張感で、最後の方はホントに胸が苦しくなっちゃうようなレベルだった。 気になるなら早めに観ておく事をオススメ。

 

「ドント・ブリーズ」、満席完売の回だったんですけどね。あんなに大勢が見ているのに全員が息止めてるみたいな感覚がすごかったです。無音が聞こえる感じ。精神集中マジ手に汗でした。スリラーほとんど見ない人間ですがおもしろかったです。

 

『ドント・ブリーズ』 古典的かつ斬新。本当に息が止まる。これだけシンプルな題材をこれだけ上手く怖く楽しく作れるなんて。素晴らしい。あの盲目のオヤジはホラー史に残る屈指のキャラクターだと思う。めちゃめちゃ怖いんだけど、めちゃめちゃカッコ良い。逆にこのオヤジを応援したくなってくる。

 

「ドント・ブリーズ」観てきました。 これは…すごいわ。見事に映画に飲まれた。 緊迫のシーンでは観客全員が物音1つ立てない。タイトルのごとく、息すらできない。 前評判に偽りなし、むしろそれ以上。

 

『ドント・ブリーズ』 音といきなり出てきてバーンッ!でビビらせてくれるスリラー映画でした。 二転三転してなかなか終わってくれないストーリーと臨場感あるカメラワークが良かった◎ ただいくら強くても相手は盲目の老人なんだからもっと早くやれただろ! どっちみち中途半端に胸糞悪いよ〜

 

『ドント・ブリーズ』なんだかやけに大きな映画館でやっているけど、いつも通りの普通のB級ホラーよ。『ライトオフ』と同じでワンアイデアで押し切るタイプのホラー。いつも通りバカな若者がキチガイに殺される楽しい映画

 

ドント・ブリーズ観てきた。若者3人が盲目の老人宅に強盗目的で忍び込むんだけど、家主は異常聴覚の持ち主でマッチョな退役軍人なんですね。つおい。ビクビクし過ぎて心臓が疲れた。

 

映画『ドント・ブリーズ』皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
The Blind Man	スティーブン・ラング
Rocky	ジェーン・レヴィ
Alex	ディラン・ミネット
Money	ダニエル・ゾヴァット

●スタッフ●
監督	フェデ・アルバレス
脚本	フェデ・アルバレス 、 ロド・サヤゲス・メンデス
製作	サム・ライミ 、 ロバート・タパート

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-サスペンススリラー
-, , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.