【口コミ・ネタバレ】映画『ナラタージュ』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

ラブストーリー

【口コミ・ネタバレ】映画『ナラタージュ』の感想・評価評判

投稿日:10/06/2017 更新日:


映画『ナラタージュ』口コミ感想ネタバレ 映画『ナラタージュ』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「有村架純のベッドシーン!」「眼光40%の松本潤もすごく良かった」「あなたはきっと、ナラタージュという意味を調べたくなる!」


上映中【2017年10月7日(土)公開】

 

2006年版「この恋愛小説がすごい!」1位に輝くなど話題を呼んだ島本理生の同名ベストセラー小説を、恋愛映画の名手である行定勲監督が映画化した大人のためのラブストーリー。高校教師と生徒が時を経て再会し、究極の恋に落ちるさまがつづられる。ヒロインの泉を有村架純、教師の葉山を松本潤が演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

大学2年生の春。泉(有村架純)のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山(松本潤)から電話が入る。それは、後輩のために卒業公演に参加してくれないかという誘いだった。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた恩師でもあった。卒業式の日の葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。だが二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻・美雪(市川実日子)の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、そんな折、ある事件が起こる……。

●キャスト●

松本潤
有村架純

●スタッフ●

監督 行定勲
原作 島本理生
脚本 堀泉杏

映画『ナラタージュ』を観た人の感想、評価、口コミ

美しい男女3人が織りなす、苦くもどかしい恋模様。若い女(有村)を欲し独占したい魅力的な若い男(坂口)。だけど女はわけあり風の年上の男(松本)に惹かれる。年上男は気を持たせつつも女の気持ちに応えようとしない。

恋愛とは、相手の思いを探り、自分の気持ちをぶつけ、距離を図って進めていくゲームみたいなもの。時に苦しく時に甘美で。肉体の結びつきはゴール?はじまり?

3人のうちの誰かに自分の恋愛体験を照らし合わせ、しみじみ共感できるかもしれない。行定勲監督がキラキラ恋愛映画のアンチテーゼとして提示した、大人の男女に観て欲しい作品。

 

有村架純のベッドシーン、男子はこれだけでも、松潤と坂口くんのベッドシーン、女子はこれだけでも観る価値はあるんじゃないかな?(ゲス顔)

 

思った以上にキャストがハマってた。
けど、もう少しサブメンバーが多く出てもよかったんじゃないかと思う。
原作がカットされてる部分が多いのも悲しい。
原作を読んでない人は読んでほしい。

 

ダメ男を演じる松本潤がもう本当に良い…。もう一回見にいきます

 

思い出して胸がキュッとなるけどいい恋愛だったと思える人もそんな人に想われた人も結果的には結ばれなくても、
どちらも幸せだったんだよなーと第三者は思う。

 

最初は所詮恋愛映画だからどうなのかなという気持ち半分、監督が行定勲さんだから期待できる気持ち半分で観ました。
結論すごく良かったです。映画好きにも受けはいいと思います。
文学的で官能的な知性的で演劇的な映画でした。カメラワークも素晴らしかったです。特に車窓の撮り方が。
個人的な意見ですがとても静かな映画ですので一人、通しで観て正解でした。
あとエンディング曲が野田洋次郎が作りそうな曲だなと思ったら作ってました。いい曲。
あなたはきっと、ナラタージュという意味を調べたくなる。

 

松本潤=道明寺となってる方にとっては、
松本潤なんてそこには存在しないと思う。
単なる中高生がキュンキュンするアオハル恋愛映画ではなくて、
恋愛ってそんな綺麗事ばかりじゃないし
内容として全国区の映画の規模で俳優陣も行定監督もアンチを怖がらず攻めてると思うし、
今のテレビも映画もアンチを恐れるがあまりつまらない内容になりがちなので、はっとした。
松本さんの煌めきがあれだけ抑えられてるのは驚いたし凄い、
原作も好きだが映画の方が好きかなあ。

 

私は好き。
日本映画らしい雰囲気の映画。

小野くんイチバンすっきりする役
人間らしいから嫌いだけど好き
もはや嫌いじゃないかも?!

なんかあんまりみたことない松潤。

有村架純は実際に友達にいたらイライラしちゃいそうだけど、、なんか分からなくもない。

土下座のシーン
とてもカラダの使い方が綺麗な女優さんだなあと思った

 

作品は始終一定の静かな雰囲気が保たれており、それが良かったのとメリハリが弱かったのと半々くらい。
雨の描写が度々使われていたのは印象的で、良かったと思う。

 

叶わない恋、許されない恋、切ないね。
男ってずるいって思ってしまった!

 

心に残るものはありませんでした。
個人的には、もう少し鑑賞者に
想像する余地を与えて欲しかったです。
“分かりやすい”映画じゃないと
ヒットしないんだろうなぁ…と痛感しました。

ドラマで十分かな?という内容でした。

 

誰にも共感できず、観終わった後のとてつもない疲労感が全身を包みました。
恋とはこんなにエネルギーを費やすものなのでしょうか?
暫く、精神的に参りそうです。

 

瀬戸際同士だからこそ、いけないと分かっていながらも愛が燃え上がってしまうのだと思う。
男女の恋心の綾を辿る本作は繊細なタッチで繰り広げられるが、それを演じた松本潤さん、有村架純さんにとって新境地を開く映画になるような気がする。

 

『ナラタージュ』
2時間20分ときいて身構えたけど
結構スラスラ時間が経っていった気がする!
見ていて飽きずに終わった感じ!

 

最初と最後のシーンにだけでてくる瀬戸康史が何と言っても最高。
ある意味キーパーソンかも。瀬戸康史。

 

坂口健太郎のクズ感。というか恐ろしい。
普通に好きな女の子がストーカーに
あって助けを求めてるのに、迎えに言ったら俺のこともっと好きになってくれるの?って恐ろしすぎる。
葉山先生への嫉妬が募りに募って彼が壊れていく、その心情がすごく上手で見ていて怖いとさえ思った。

 

泉(有村架純)の葉山(松潤)に対する怒り方が完璧。受け入れてくれない憤りから、すべてを享受する姿勢への変化はお見事の一言。
逆に葉山も弱りきった人間ならではの救われるためなら全力で頼りきる姿勢も◎。

叶わないけど尽くしたことがある人にはボディブローレベルの後遺症がでる。あと、不倫とか二股とか経験あるなしに否定する人には向かない。

 

原作を昔読んだことだけは覚えてるんだけど、内容すっかり忘れてました・・・

松潤の良さ、全く分からず。。。

よくも悪くも、若いときの恋愛のグタグタ感はよく出てました。
坂口健太郎が一番おもしろかった!

 

有村架純ちゃんがとにかく綺麗だった。
ひよっこの前に撮影したのかな。全く同じ人に思えない。素晴らしい女優さん。

 

綺麗なラブストーリーじゃなくて、人間臭い感じがリアル。
最近映画何観た?って同じタイミングで聞こうとしたり、 同じタイミングでカップを持ち上げたり、そういうので、ふたりの関係性が分かる気がする。

 

見たことない松潤、有村架純、坂口くんだったな。
原作読んで10年空いていたからか、なんかいろいろ不思議だった

 

村架純が最高なのでとりあえず良かった。女優がよければ基本映画は成立するというのは清順の言説。

カッティングではなく画面内の人物の間で勝負したい映画だということはよく分かった。でも、だったら、ピント送りを鬼のように多用するのは何なんだろう。。あと某シーンにおけるズームアップ、あれはひどい。

 

清純派・有村架純は今回、絶対に検挙対象になるだろうと思い鑑賞するも、さにあらず。
美しい背中とお御足。頑張っていました。ごめんなさい。

 

これはミーハーが口出ししてはいけない作品…
瀬戸くんの立ち位置好きや…

 

行定勲さんっぽさ出てる。
原作と同様の印象。

 

細やかなで丁寧な演出が効いていて、やや長いが美しいフィルムだった。
捻くれ者の自分にとっては登場人物たちが一所懸命に生きている人ばかりで感情移入は難しかったが、隣の女性は何度もお泣きになっていました。

 

切ない、苦しい、140分があっという間に過ぎる映画でした。
また観たい。

 

瞳にシャッターをして目力を抑えたマツジュン。
その他、足のサイズを聞くだけで成立する恋心。ベッドでのりんご。有村架純の足技。
2人がコーヒーカップを置くタイミング、など。

 

しょうもない男女のアヤを、よくぞここまで、、、嫌いじゃないですが。。。

 

松本潤さんの寡黙でしっとりとした演技と、有村架純さんの優しく悲しい瞳。
そして、坂口健太郎さんの真っ直ぐて脆い気持ち。
それぞれの芯に迫る演技に引き込まれました。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-ラブストーリー
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.