【口コミ・感想】映画『ハクソー・リッジ』の評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

人間ドラマ 戦争映画

【口コミ・感想】映画『ハクソー・リッジ』の評価評判

投稿日:


映画『ハクソー・リッジ』口コミ感想ネタバレ 映画『ハクソー・リッジ』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

『戦争シーンがリアル!』『戦争の悲惨さを痛感させられる映画』『自分の信念を貫き通し、やり遂げる強さに感動!』


上映中【2017年6月24日(土)公開】

 

衛生兵として一晩で75名の日米の負傷兵を救い、武器を持たない兵士としてアメリカ史上初の名誉勲章を受けたデズモンド・ドス。アンドリュー・ガーフィールドがドスを演じ、メル・ギブソンがその半生を映画化した人間ドラマ。沖縄の激戦地“ハクソー・リッジ”でドスが取った勇気ある行動が臨場感あふれる戦闘シーンとともに描かれる。-Movie Walker-

 

 

あらすじ<STORY>

ヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)の父トム(ヒューゴ・ウィーヴィング)は第1次世界大戦出征時に心に傷を負い、酒におぼれて母バーサ(レイチェル・グリフィス)との喧嘩が絶えなかった。そんな両親を見て育ち「汝、殺すことなかれ」との教えを大切にしてきたデズモンドは、第2次大戦が激化する中、衛生兵であれば自分も国に尽くせると、父の反対や恋人ドロシー(テリーサ・パーマー)の涙を押し切り陸軍に志願する。グローヴァー大尉(サム・ワーシントン)の部隊に配属され、上官のハウエル軍曹(ヴィンス・ヴォーン)から厳しい訓練を受けるデズモンド。生涯武器には触らないと固く心に誓っている彼は、上官や仲間の兵士たちから責められても頑なに銃をとらなかった……。

●キャスト●

Desmond Doss アンドリュー・ガーフィールド
Captain Glover サム・ワーシントン
Dorothy Schutte テリーサ・パーマー
Sgt Howell ヴィンス・ヴォーン
Tom Doss ヒューゴ・ウィーヴィング
Bertha Doss レイチェル・グリフィス

●スタッフ●

監督 メル・ギブソン
脚本 ロバート・シェンカン 、 アンドリュー・ナイト

映画『ハクソー・リッジ』を観た人の感想、評価、口コミ

映画「ハクソー・リッジ」。
激戦地で武器を持たずに75人を救った衛生兵の実話。
祖父を想う。
劇中に出てくる名も無きその他大勢の日本兵のようにすぐに弾に当たって、どんなに痛かったろう 怖かったろう 奥さんと子供残して無念だったろうと思うと、戦闘シーンで泣けてきた。

 

太平洋戦争を題材にした映画。
構成はアメリカンスナイパーっぽいなと思った。
アメリカ兵と日本兵がハクソーリッジっでやり合う場面はとても生々しく迫力があり、終始ハラハラさせられた。ずっとしかめ面しながら見ていたと思う。
見終わった後の疲労感がすごかった。
これほどまでに戦争に対して嫌悪感を抱いた映画はなかったと思う。とても良作だった。

 

映画「ハクソー・リッジ」
目を背けたくなる凄惨な戦闘シーンもあるけれど実話に基づく物語が伝えたいメッセージは必ず感じ取れる作品だと思う。

 

私たちの少し遠い先祖が起こした戦争だけど、戦争っていうのはその時に生きてる人すべてを不幸にするだけではなくて、何世代も先の人たちも不幸にしているし、日本が始めた戦争ってことで今を生きる私たちの心にも暗い影が差すことだと思った。
別に反日的な内容とも思わなかったし、まぁ確かに愛国心に溢れる人の目線から見たら日本のいいとこなんて描かれてないから不満なのかもしれないけど…
私は作品を見てとても有意義だったと思います😊

 

「ライフイズビューティフル」のような展開。
前半が戦争に行くまでの話で、1時間強と長く、戦争の時代ではないのではないかと錯覚するほどの落ち着いた物語。彼女との恋の物語。
打って変わって後半の緊張感はこれまでのどの映画をも凌ぐほど。あんなリアルな戦場を映画にできるとは…恐るべしメル・ギブソン。

 

想像してたより面白い
思わず力が入る
戦争&グロテスクの耐性が無い人は注意

 

カッケー男だな。実話だからスゴイ。
他に何も考えられないほど見入ってしまった。

 

主演が「沈黙」の人で同じように心優しく信仰の厚い人だった。戦争の愚かさを感じた。今は飯を食えねえ。

 

観る前の人、血みどろ、人体切断、内臓がグチャグチャとこれでもかと人体破壊描写が凄まじい。
ただ根底にある人間讃歌、諦めない人間が描かれているので素晴らしい作品には変わりない。
プライベートライアン、アポカリプトの数倍凄まじいので苦手な人は注意した方がいいでしょう。
初デートムービーとしては❌

 

戦争映画は一、二を争う程苦手なジャンルだけど(苦しくなるから)、他の作品も観ようと思うぐらい気持ちが変わった。
良かったのでもう一度観る。

 

食事しながら観るのはおすすめできません。とくに後半、、、
結構グロい。ただそれだけリアリティがある。
ナイフの人めっちゃいい人になってる!て思った時から、うん。
あのうまく縄を結べないのもお祈りのために訓練7日受けられませんっていうのをこう繋げてくるか!とやられた感。
日本人として観るのが辛いところもあったけど、人を殺すのが合法な状況で、むしろ殺さなければ殺されるような状況で、"武器を取らずに、人命を救う"という信念を貫き通したのには本当に圧倒された。

 

第二次大戦の沖縄戦で宗教上の理由から銃を持つことを拒否。
1人も殺さずに多くの兵士を救った衛生兵の実話。
戦争の悲惨さはもちろんのこと、主人公デズモンド・ドスの「銃を捨てる勇気」に心を打たれる。
大勢の人が殺しあうなら、私はその中で人を助けたい。
その彼の信念は最後まで貫かれた
「沈黙」に出演したアンドリュー・ガーフィールドが再び神の声を聞く役を演じていて印象的だった。
世界が争いをやめて、平和になるためには何をすべきか。
今の時代だからこそ、考えさせられる作品。

 

奇人メル・ギブソン監督の戦争映画。
グログロ&グロな演出とジーザス・クライストなストーリー展開にギブソン魂を感じる。にしても、趣旨がブレるほどのグロテスクさには正直ドン引き。
ヴィンス・ヴォーンにはコメディだけやってて欲しい、そう思った一本。

 

第二次世界大戦中、銃を持たずに戦場へ。殺戮の場でひたすら人を助け続けた男の実話。
メルギブの監督としての才能が爆発し、主人公デズモンド・ドスとしてアンドリュー・ガーフィールドのナヨナヨっぷりがハマってる。
最近「明日、君がいない」で観たばかりのテリーサ・パーマーがキュート。
ドスの上官のヴィンス・ボーンもサム・ワーシントンも好演!
欲を言えばここにトム・サイズモアも加えて欲しかったw
エージェント・スミスことヒューゴ・ウィービングにも見せ場あり。

 

今まで見た戦争映画の中で一番心に残った。
戦争映画は降り注ぐ銃弾の中で目まぐるしく展開することが多くて、何がなんだかよくわからなくて、あまり好きではなかったけど、本作は全てをスローに丁寧に表現する。
だから自分の心の動きが置いてけぼりにならずに演出が揃うから、没入感も高まる。

 

第二次世界大戦次に日本で唯一白兵戦が行われた沖縄にアメリカ兵視点で描かれた作品で我々日本人からしてみると憎き敵として見るのではなく、
あまり描かれてはいない日本人の心情を汲み取れるのでまた違った見方があるのでオススメです。

 

デスモンド・ドスという人物から見える、「戦争の愚かさ」を知るためには素晴らしい作品だと思います。

 

「沈黙」に続き、日本と信仰に対峙するガーフィールド。
沖縄戦は激戦の上、多くの一般人が巻き込まれ、命を落としたという描写が一切ないところが、戦闘シーンにリアリティがあるだけに、残念でならない。

 

戦闘シーンの評判に怯えて行ったが、戦争映画王道の引き裂かれかけるロマンス、訓練や事件を通じ仲間になっていく過程などもきちんと描かれていて予想外に物語として充実していた。2時間半は十分に必要な内容。

 

武器を持たず、丸腰で戦場に立ち向かうこの上ない恐怖。聖書と自らの信念で己の恐怖心を克服する精神の強さ。神に祈りながら満身創痍の兵士仲間の救助に尽力する勇気。死を美徳とする日本兵とは対照的で、デズモンドの姿は本当に神々しかった。
終盤、気が付くと泣いていた。

 

メルギブソンはやはり狂気の映画作家だったなと。
後半部は、米兵となって沖縄戦に巻き込まれたかのような臨場感。
前半部にあった人間ドラマは影をひそめ、ただ人間が肉片になる描写が1時間続く。
沖縄戦を後世に伝えようと身を粉にした太田元知事が亡くなった今、戦争を知らない日本人にメルギブソン描く本作がアメリカ人目線で沖縄戦の悲惨さを教えてくれる。
日本人監督はいったい何をやってるんだろうか?
自国の歴史は自国で伝えなければならぬと痛感させられる一作でもあり。

 

プライベートライアンよりグロい。
線が細く繊細なところが、アンドリューガーフィールドにフィットしたという意見には同意できません。

 

やっぱり戦争映画を観ていつも思うのは、戦争は経験せずに人生を過ごしたい、というのと、これからの世界は、一人一人違うのも、同じ意見になるのは難しいことだけど、国が違ったって、同じ地球に暮らす人間として、1つのチームとして、思いやりを持つことは大切だなと思いました。
最初は、過激なシーンも目を塞ぎたくなってしまいましたが、人間って怖いなって思ったのは、最後の方は慣れてきてる自分もいたということです。怖かったけど、最初ほどではない、戦争中は普通の精神状態ではいられないと思いますし。

 

あまりに凄惨な戦場シーンに言葉がありません。これが現実だったのか過大演出だったのかは分かりませんが、こんな残虐な行為は二度と繰り返されてはいけないということは、強く強く感じました。
話が逸れてしまいましたが、その殺し合いのなか、たった1人だけ救う事だけを考えていた人。激しい激しい戦闘なだけにその行為の崇高さが際立っていたように思います。
良い映画でした。

 

戦争のシーンは目を塞いでしまいたくなるくらいリアルでした!実話ということで実際この状況にいた方、主人公の気持ちになると私はとても耐えれないなと思いました。自分の信念を貫き通し、やり遂げる強さに感動しました!

 

前半は感情移入できなかったが、後半は戦争シーンがリアル過ぎて圧倒されてしまった。戦争の悲惨さを痛感させられる。

 

自分の信念を通し続けること、人を殺さないこと、今では当たり前のことが当たり前じゃなかった時代でデズモンドは"臆病者"扱いをされながらも戦場で誰よりも命を大切にし、諦めなかった。
勇敢とは何か。とにかくこれから上映されたら日本人には絶対に観てほしい作品です。死を美徳とする日本の恐ろしさとまたその苦悩を客観的に見ることのできる素晴らしい作品だったと思います。

 

前半は笑えるシーンも沢山あります。戦争のシーンは本当に辛いくらいの迫力のある映像。これがたった72年前の時代。
実際にデズモンドが居たなんて。あんな恐怖しかない中、戦火の中に行くなんて。
すごく良かったのでぜひ見て欲しい作品。

 

ラストは感動で涙でした…
エンドロール前にデズモンドさん本人の映像も流れていて、人柄にも触れていました
メルギブソンの監督作品は初めて観たのですが、素晴らしかったです

 

丁寧に作りこんで2時間超えたんだな。
でも長さは感じさせない。
グロさも別にそれほどでもなかったけど、戦闘シーンはこれまで見たどの戦争映画より過激だった。
沖縄戦だからどちらも応援できない感じがモヤモヤ。
少し演出がクサいところや、ベタベタな日本のアニメみたいな設定があったところは気になったけど、めちゃくちゃクドいわけでもなかった。
実話系はアメリカン・スナイパーでもそうだけど、美化しすぎてる点を見つけたくなくてハラハラする。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-人間ドラマ, 戦争映画
-, , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.