【口コミ・感想】映画『パトリオット・デイ』の評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

サスペンス

【口コミ・感想】映画『パトリオット・デイ』の評価評判

投稿日:


「2013年、ボストンマラソンで起こった爆弾テロ!」「ドキュメンタリーとフィクションが混ざり合った映画!」「多くの人が見るべき映画!」


上映中【2017年6月9日(金)公開】

 

2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側に迫る実録サスペンス。犯人逮捕に挑むボストン警察殺人課の刑事の目を通して、事件解決までの過程が生々しく描かれる。刑事のトミーをマーク・ウォールバーグが演じ、『バーニング・オーシャン』など3度目のタッグとなるピーター・バーグ監督による息詰まるドラマを盛り立てる。-Movie Walker-

 

 

映画『パトリオット・デイ』を観た人の感想、評価、口コミ

映画『パトリオット・デイ』改めてテロの悲惨さや憤りを感じました。今やテロは他人事では無いので考えさせられた作品です。しかし最終的には“愛”が勝つのでしょう。

 

『パトリオット・デイ』 2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の犯人逮捕までの裏側を描いた実話 爆発後の映像がリアルすぎて血腥いだけの実話映画かと思いきや、テロにも屈しない様々な愛❤️が描かれてて最後涙が止まらなかった(つд;)

 

パトリオット・デイ観に行けてよかった。正義感溢れるカッコイイ刑事とか出てこないし、正直誰が主人公だかもよく分からなかったが、主要関係者が実名で出てたり当時の映像を交えたりして実話に忠実にした結果かな。派手なかっこよさとか感動はないが人の強さを感じさせる映画でした。

 

映画『パトリオット・デイ』主に銃撃シーンや事件発生時の緊迫感は上手く演出されている作品だった。 まる見えテレビなどの豪華版という印象。 事件の真相や全貌にはあまり触れられず、犯人像についてもほとんど深掘りはされていない。映像的なカメラや演出、構成などに目新しい点はなく、映画としての新鮮さは乏しい。 テーマは「愛の力」だと思うが、周囲の人々の生活を丁寧に描写している分、比較すべき肝心の事件の真相の曖昧さが際立ってしまい、テーマを表現しきれていない感は否めない。 「あの事件とは何だったのか」という疑問が消化されないまま終わる為に、せっかく感動的な筈のラストのインタビューも蛇足感が強くなってしまっているのが残念だ。

 

エンドロールまでしっかり!! 2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロ!! 事件の解決に奔走した者たちの姿を追う、実録サスペンスです。 まずはテロ発生までのそれぞれの人物を丁寧に描いてます。 警察関係者や被害者や加害者の行動を同時進行で見せてくれてます。 爆破テロのシーンは目を背けたくなるほどリアルで胸が痛くなりました。 けがの状態は足を切断される人もいたりして、結構グロかった~ぁ。 事件解決までの知られざる.........なことに、心を打たれた。 ボストンの街への愛情も素晴らしい! エンドロールも必見。 テロで脚を失った夫婦が、義足をつけて走る訓練をするなど、回復する姿は感動!!

 

2013年に起きたテロ事件の実話をもとに制作された映画。 テロといえば、911みたいな世界的な場所をターゲットにするというイメージだったので、こういったイベントなどでテロ行為をするというのが衝撃的だったのを覚えています。 そして、実際の防犯カメラ映像なのか、この映画のために撮った映像なのかリアリティが半端ない!

 

2013年に起きた「ボストンマラソン爆弾テロ事件」の裏側を描いた映画。 ピーター・バーグ監督、前作『バーニング・オーシャン』が記憶に新しいですが、実話をしっかりとリアルに嘘をつかず描くのが非常にうまいです。 前半は、静かにボストン市民の日常を描き、後半につれて逃亡する犯人とそれに屈せずなんとか街のみんなで解決しようとするハラハラドキドキの展開が楽しめます。

 

この映画を間違った方向へと捉えられてほしくないなーと率直に思います。特にヨーロッパの国々の人たちには。私にもトルコ人の友達や同僚がいるし、疑ったらキリがありません。 『愛』があれば・・は神話にすぎないのかもしれないけれど、信じていたいです、LOVE&PEACEを。

 

どんな事件が起きようと僕らには愛があって、悪魔だって愛には勝てない」という言葉が深かったです。 どの国の人々も愛する気持ちは同じはず。。。 神への愛、家族への愛、友達や恋人への愛、、、 きっと同じはずなのに、どこかずれて それを自分の価値で正当化しようとしてしまう気持ちが寂しいです。

 

ボストンマラソンのテロ爆破事件はニュースで見聞きした程度でした。 はっきり言えば「対岸の火事」でした、私にとっては。 この記事を書いている今、ラマダン中で余計に各地でテロが起こっているし、同じドイツ国内でもテロは起こっているけど、それでもやはり自分に起こるとは考えられず、ただもうやめて欲しいと思うだけでした。 そう、爆破テロとかに巻き込まれた被害者の誰しもが自分に起こるとは考えてもいなかったはず。 たくさんの関係者や被害者の証言を元に作られた映画ですが、もちろん脚色もされていると思います。 でも物凄く臨場感があり、恐怖や悲痛で胸が苦しくなります。 犯人たちの逃走中や逮捕劇には緊迫感がすごくてピリピリしてしまいます。 そういう意味では映画としてよくできていると私は思います。

 

本作で描かれるのは2013年実際に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側。知られざる英雄たちとテロリストたちの激しい攻防を描いた今観て欲しい物語

 

ほどよい緊張感。ニュースを見て知ってるくらいでしかなかったため裏でこんなことがあったとは知らなかった。

 

爆破シーンや銃撃戦が思った以上に迫力があって、びっくりしました。 こんなことが本当に起こるなんて、、 手に汗握るアクション要素もありつつも、 実は、”コメディ”要素が散りばめられています。そこが今回の実は期待していなかったところのイチオシ。 少年の死に敬礼する刑事の切なさや、 あんなとこで、あのハンマーというところまで、ヒーローなんかいなくても、みんなが協力すれば、きっと希望は見える。 今まさに、テロによってたくさんの人が苦しんで不安になっていますが、そんな中にも”希望”を見せてくれる良作でした。

 

 

ボストンが市として力、団結力、プライドを見れた。 映画はいろんな人が見るぶん危険 けど、知るべきこともある 問題は映画じゃなくて観る側

 

滅茶苦茶金のかかった再現ドラマというだけで映画としてはちょっと… そもそもなぜこんなテロがアメリカで起きたのかというアメリカの落ち度の部分を一切描いていないので、映画の最後の方のシーンは白々しく見えてしまいました。

 

犯人役似過ぎ。 ドキュメンタリーとフィクションが混ざり合った映画。すごい臨場感を感じれた。

 

ボストンマラソンテロを題材にした実話ベースのノンフィクション。 あまり派手に脚色できないのでこんな感じに仕上がったが、同じ実話ベースでも「ハドソン川の奇跡」と比べるとかなり弱い出来。脚本も演出も凡庸。 ただ実際の映像を使った部分は迫力あり。

 

2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側に迫る実録サスペンス映画。 ニュースだけでは知り得ない事件の裏側や真相を、地元警察の目を通して丁寧に描かれた内容はとても見応えがあった。 作品全体から漂う緊張感が凄いので、見終わった後はとにかく疲れた…というのが正直な感想かな…

 

実話の映画化は評価出来ないです。 理不尽な犯罪、事故を世の中に知ってもらうには良いのでしょうが完結しないだに難しいのでは実話を作る側がどちらに立つかで話も変わってくるだろうし難しいです。相対性理論と犯罪を考えた場合、犯罪における時間の経過が歪みを起こし....?何のこっちゃ?基本的に実話の映画は評価対象外で見たい人が見ればいいし映画としては面白くありません。でも批判するつもりはありません。私は面白くありませんでした。

 

観ました。期待値が高過ぎたかな…NHK観てる気分でした。フィクションとノンフィクションの映像の切り替えがかっこいい。なんだかんだ面白かったです。実話にこう言って良いのかわからないけれども。

 

愛こそすべてみたいなオチはまだ良いとしても、それをアメリカの闇にまったく触れないで言われても鼻白む。

 

2013年に起こったボストンマラソン爆破事件の犯人逮捕までを描いたサスペンスアクション。爆破からわずか100時間ちょっとで犯人を追い詰めていく過程はかなり緊張感があって最後まで楽しめました。 主人公のマークウォールバーグは実在しない架空の人物のようですが、中心人物というほどではなかったです。始めはどうして出てくるの分からないような登場人物たちが物語が進むにつれて徐々に関わっていくのでボストン市民たちの群像劇のような感じもしました。 アメリカのいざというときの団結力は、"ハドソン川の奇跡"を観たときにも感じたけどやはり半端じゃないというのが伝わってきたし、爆破直後の素早い行動の数々は9.11のテロから学んだことなのかなぁと思いました。

 

現状、今年一番の傑作

 

当時の映像との組み合わせが絶妙かなと思いましたね。ドキュメンタリーチックになりすぎず。アメリカならではの州警察とFBIの立場の違いがよく分かる作品にもなっています。

 

キャストも豪華でその点でも飽きずに観れました。ジョングットマンとJKシモンズが渋い味を出していて、ケヴィンベーコンはメガネをかけたやり手のFBI捜査官がとても似合っていました。そしてメリッサブノワがテロリストの妻役だったけど相変わらず可愛い。"セッション"に出てたときに可愛いなぁと思ったから久しぶりに観れて良かったです。 ピーターバーグ監督はマークウォールバーグを主役にした実話の映画をこれから何本作るつもりなんだろう。笑

 

 


 

映画『パトリオット・デイ』を観た人の感想、評価、口コミ続き

2013年、ボストンマラソンで実際に起きた爆弾テロ事件を、被害者・犯人・刑事らの目線で追った映画。実際のものも交えながら展開されていく映像は、ピリピリと張り詰めた雰囲気を最後までキープ。マーク・ウォールバーグの熱演や、尋問シーンなど見応えあり。

 

問題は大げさするし、真実は小さくする。🤔
でも臨場感は最高だね!

 

ぼくは願う
一人でも多くの人に観てもらいたい
多くの悲しみと 決して揺らぐことのない強さに溢れたこの作品に出逢って欲しい。

 

ぼくと同じ1986年生まれの警察官があのテロで亡くなっていたことを知った
あの時ぼくだって死んでいたのかもしれない
そう思うと胸が張り裂けそうになって涙が溢れ出た
あらゆる現実を 愚かな人間の性質を目の当たりにすることにもなるが、あそこにあったのは何も絶望だけではない
一歩一歩 できることからでいい
ぼくもあなたも世界と向き合っていく必要がある
この映画はそのキッカケをもたらしてくれる
後はぼくら次第だ。
たくさんの勇気と愛を与えてくれる作品です!

 

この映画の肝はラストの一連の流れなのだろう。確かに素晴らしい。
が、一つの作品として考えると、このラストとそれまで本編が描いていた内容とが多少ズレていて最後の最後で散漫になってしまった印象。このラストにするなら削るべきところはいっぱいあったし描くべきシーンもいっぱいあった。

 

テロが起こった直後から犯人探しが始まります。ビデオに映った人混みの映像から怪しい人を割り出すのですが、コツコツ作業で捜査員の努力が必要とされます。爆弾犯相手の銃撃戦もかなり苦戦し、当然肉弾戦もなくとてもリアルさが伝わってきます。
マーク、ミシェル、ベーコン、JK...と豪華キャストの配役も申し分無しです。
とても愛ボストン心が感じられる作品でした。

 

すごい緊張感!
事件後も、ボストンマラソン大会を実施し、テロに負けないことを示し続けているボストンの人たちに感動!

 

実際の映像やインタビューもあるのでテロの恐怖と人々の負けない強さがわかる作品でした。

 

テロ事件の解決に心血を注ぐ主人公の姿に、気がつくと前のめりになっていました。
街をあげて捜査と捜査チームを応援する、ボストンという街を素敵に感じます。

 

ボストンマラソン爆弾テロ事件を描いた実話ベースの物語。
2013年4月15日 ボストン
毎年「愛国者の日(パトリオット・デイ)」に開催されるボストンマラソンを前に、殺人課の刑事であるトミー(マーク・ウォールバーグ)は早朝からゴール付近の警備に駆り出されていた。
ゴールインする選手が続々と増え 50万人近くの観衆が沸き立つ中、突如トミーの背後で大爆発が起き 現場はパニックとなる。
大量の負傷者と3名の死亡者を出したテロ事件を前に FBI主導の捜査が開始され、監視カメラの映像から2人の容疑者が割り出されるのであった。
102時間の早期解決へと至った裏側と人々の姿を通し、混迷極めるこの世の中を生きていくための「光」を描いた作品だ。

 

マークウォールバーグの爆発してからの指示出し、動きが的確すきてこういう立派な大人になりたいな。
警察の裏側をしれた気がする、テレビ局より早く情報を発信するとか、もし間違えていたらイスラムと大変な事になるとか株価がどうとかリアルな実情をしれた気がする。
ペイトリオットデイ。発音いいね。
中国人の勇気に感動した。
やっぱ、前回のバーニングオーシャンでも思ったけど事件が起きるまでの音楽がいつ起きるか分かんないドキドキを倍増させるね。いい音楽。
マークウォールバーグとピーターバーグのコンビは永遠だ。

 

このテロ事件では一般人が3人亡くなり、手足切断等の重症者を含め282人もが負傷している。
アメリカというとテロに対し「目には目を、歯には歯を」のスタンスで武力報復する傾向があるが、この作品ではそのような解決を提示しない。
多くの人を巻き込んだ危機に対して人々が団結したり、そのことで心身共に傷付いた者同士、又は家族や仲間が励まし合い、助け合って乗り越えていくことを本作は訴えている。
それを本作は“一語”で表しているのだが、普段だとべたに聞こえるその言葉は、キャストたちが演じた実在の人々が語る後日談や映像を観ていると、心の襞に触れてきます。

 

2013年、ボストンマラソンで起こった爆弾テロと、その犯人逮捕までのお話。
人を救うのは愛。
胸いっぱいで、観賞後に事件のことを調べたら、自作自演説(脚を失った被害者は元から脚がなかった人達だった?)もあるんですね。
世界の闇、深い…
何が真実かはわかりませんが、映画としてはとてもよく出来ていて、ぐいぐい引き込まれて長さを感じないくらいよかったです。

 

 

これ、じーーーーっとみいっちゃったよ!
最近の事件だから、みんなの記憶にもあるだろうし、なにより、本物の映像が沢山使われてて、ドキュメンタリーよりの映画という感じ。
少し怖さを感じたのは、「正義」とはなにか?ということ。
万人に対しての「正義」ってのは存在するわけもなく、自分の価値観が「正義」のすべてなんだろうけど、その正義というのを、押し付けられているような映画だった。

 

「平和ボケ」なのかとも自問してみた。
そういうようなことを、とても考えさせられたけど、見応えはほんとにあった。
犯人の2人は死を覚悟して戦ってるけど、FBIや警官は、犯人を生かしたまま捕まえなきゃだめだから、街の激しい攻防戦は、ああいう結末になるんだよね、多分。
あと、テロは絶対になくならないだろうなとも思った。個人レベルで世界を震撼させる力…。
ただただ願うのは、自分の周りの人がテロにあわないでほしいということ。テロを完全に抑圧するのは無理だよ…。

 

ボストンマラソンのテロから四年が過ぎたのかと思うと感慨深い。実在の事件を元に作った映画なので悲劇を乗り越えたボストンと犯人を捕らえた人々を讃える映画のはずなのに要所要所でボストン警察のドジっぷりが酷過ぎて、シリアスなのかギャグなのかわからず困惑。
事実に忠実なら怒るボストン市民もいるんじゃないか?
ガーディアンズオブギャラクシーを観たばかりなのでケビン・ベーコン観ただけでご機嫌なんですけどね。

 

脇を固めるキャストには、なにをやっても悪役に見えるケヴィン・ベーコン、名バイプレイヤーのジョン・グッドマンに『セッション』以降、どの役でも怖いイメージのJ・K・シモンズとシブい!その中に『キスキス・バンバン』のキュートな演技が忘れられないミシェル・モナハン。
テロが頻発してて、もう対岸の火事ではないのかも?って思うような世界って嫌だな。

 

テロの被害にあった人達 警察 スポーツ選手 医者 ボストン全市民が力強く生きる姿勢がよく聞く「テロに屈しない」ということですね
ラストの実際の被害者たちの 悲しみを乗り越える努力 チャレンジ の映像からこの映画を観た人への思いが伝わってくる そんな中マンチェスターでもテロ やめてください

 

ボストン・マラソンでのテロは当時ニュースで知っていたのですが、どんな犯人達か、どのように解決したのかは全く知りませんでした。なので今作を観ることで事の顛末を知ったのですが、まさかあのテロの後にも緊迫した展開がいくつも待ち受けていたとは思いませんでした。映画では実際の映像も使い臨場感やテロの悲惨さを表しています。

 

ボストンマラソンの爆弾テロは記憶に新しいですが、その捜査の裏側ですって?!
『キャプテン・フィリップス』を見た時にも「アメリカの捜査機関スゲ〜!敵に回すと怖いな;」と思ったので
本作では、短期間で犯人逮捕に至る捜査の過程が見られるとあって、興味津々でした。
そして、てっきり捜査員側からの物語だと思っていたので、時系列に群像劇で描かれる人々を
「この人達はこの後の犯人逮捕に、どんな風に関わってくるのかなぁ?」なんて思いながら見ていたわけですが、思わぬ展開にショックを受けました。

 

捜査員や警察官はもちろん、被害者の方々、事件に関わった人々、エールを送ったボストン市民。
そう!まさにボストンの物語でした。
ドキドキハラハラ、迫力もあって、エンタメとしても楽しめるうえに、
風化させてはいけない記憶を、映画として残すことの大切さを感じました。
多くの人に見ていただきたい…いや、多くの人が見るべき映画です。

 

ピーター・バーグ監督×マーク・ウォールバーグってことで、かなり期待して観たものの、驚くほど見応えがあった。
冒頭の何気ない日常、爆発テロが起こり混沌とする現場、犯人に迫る追跡劇…随所にボストンの街並みが差し込まれていて、ボストンは美しい街で、絶対テロには屈しないんだという強いメッセージのようにも感じた。
ピーター・バーグ監督素晴らし過ぎるよ。あなたの創る映画が好きですー!
心に刻まれた1本になった。

 

2013年に起きたボストンマラソン爆発事件のお話。記憶にも新しい事件だけど、爆発後、その後どうなったかは知らなかった。
いろんな人の様子を描いた群像劇でありながら、警察たちの捜査を軸にだんだんと話は進んでいく。
犯人逮捕の様子だけニュースで見た記憶があったが、そこに至るまでの警察たちの懸命な捜査を知らなかった。そんなボストンの警察と市民たちの団結力に胸を打たれた。

 

途切れない緊迫感と今や世界のどこで起きても不思議ではないテロの恐怖・・・それぞれが己が立場で貫く正義の姿と現場保持の為の苦渋の決断と任務を遂行する名も無き警官の姿に涙。

 

ちょうどアリアナ・グランデのコンサートでのテロ事件のニュースがテレビで流れているが、こんな悲劇が繰り返されて良いわけがない。感ずることは個々で違うかもしれないが、見て、話し合う材料にするだけでも、見る価値のある作品ではある。

 

★皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
トミー・サンダース	マーク・ウォールバーグ
リック・デローリエ	ケヴィン・ベーコン
エド・デイヴィス	ジョン・グッドマン
ジェフ・ピュジリーズ	J・K・シモンズ
キャロル・サンダース	ミシェル・モナハン

●スタッフ●
監督	ピーター・バーグ
脚本	ピーター・バーグ 、 マット・クック 、 ジョシュア・ゼトゥマー

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-サスペンス
-, , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.