人間ドラマ

【口コミ・感想】映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の評価評判

0

「ケイシー・アフレックの演技が素晴らしい」「重いストーリーながらもユーモアある作品!」「人の【生】をリアルに映し出している作品!」


上映中【2017年5月13日(土)公開】

 

ケイシー・アフレックが第89回アカデミー賞主演男優賞を受賞したほか、2冠に輝いた人間ドラマ。兄の死で思い出深き町に戻ってきた男が、甥の後見人を任され、新たな一歩を踏み出していくさまがつづられる。マット・デイモンがプロデューサーを、『ギャング・オブ・ニューヨーク』の脚本家ケネス・ローナガンが監督・脚本を務める。-Movie Walker-

 

 

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を観た人の感想、評価、口コミ

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』★★★★★5.0点。 美しくて静かで悲しみに浸った映画だった。傑作。

 

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』観賞。 涙する感動作ではなく、心が重く押し潰される悲壮感漂うヒューマンドラマという印象でした。

 

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 町の風景カットも多くて 好みだったし、重いストーリーながらもユーモアあるシーンもあり良かった。 最後の甥っ子に語った あの事への思いは もう心に響いたね。

 

静かな映画だが心に響く

 

なんだかとっても古風なストーリーだったよ。 火災や離婚で家族を失った男の苦しみを描いた映画。 アカデミー賞の会員メンバーの平均年齢は65歳以上だから、そんなご老人の方々に気に入られそうな古風なお話だった。 ケイシー・アフレックの演技がよかった。 彼の顔もハンサムでよかった。 ずっとケイシーを観ていたい感じだった。 だってベン・アフレックの弟なんだよ。 兄弟そろってハンサムだなんて罪だよ。 ケイシーの沈んだ表情に引き込まれてしまったよ。

 

ケーシー・アフレックがとにかく暗い。重い。でも最後はなんだかほっこりした。

 

ちょっと長い ケイシーアフレック好き!

 

全体的によくできている映画だと思った。 涙を誘う映画なので、泣きたい人にはオススメかもね。 映画館でこの映画を観ていたら、まわりでしくしくと涙を流している人がたくさんいたよ。 泣ける映画だね♪

 

映画というよりはドキュメンタリーを見てるような感じ。それぐらい現実的で複雑で重い内容。個人的に好みではないけど、終始考えさせられた。

 

こんなにハッピーエンドを願った映画は初めてかもしれない。 それくらい人間臭くて、切なくて、応援したくなる。 主人公の過去はかなり衝撃的で一気に見方が変わったのが面白かった。 ケイシー・アフレックの演技力が半端じゃない。

 

家族をテーマにした映画、とにかくひたすら重い…。覚悟して観るべし。

 

人の「生」をリアルに映し出している作品。心と心の接近、対立、疎遠。絶望と喪失。どんな状況に瀕しても生きている限り生きるしかない、前を向くしかない・・・最後は少し希望が感じられて良かった。

 

アカデミー賞作品は、なぜこんなにもハマらないものなのか。昨年のスポットライトも、本年度のメッセージも。 ケイシー・アフレックの演技はすごくよかったし、設定も苦手な分類ではないんだけど、長いし、個人的にはあんまりだった。

 

スポンサーリンク

 

感情アップダウン激しい主人公を見事にケイシーアフレックが演じきったけど、逆にマット・デイモンがそのままやってたらどうだったかは気になる。

 

深く傷ついた心は誰が癒すのか?時間か人か?いつもの時間が少しの捻れで変わってしまう。踠いても、足掻いても底なしの沼にはまっていく。それでも残されたものは生きていかなければならない。全てを失って、壊れても。同じ境遇の2人が、少しずつ交わっていく瞬間、それはこの2人にしかわからない絆がある。派手な演技やBGMはなく、登場人物の心が静かに描かれている。ケイシー・アフレックの演技が全てを語っている。そして、女性の方がある部分では生きる力が強いのかもしれない、それをミッシェル・ウィリアムズが好演している。甥役のルーカス・ヘッジスも生意気だけど等身大の演技に好感が持てます。

 

喪失と向き合う弟と息子の交流。辛い過去って乗り越えなきゃいけないってなりがちだけど、そうじゃない。 弟と息子のアプローチが違う感じ方も含め、すごい「永い言い訳」に通じるものを感じた。映像の青っぽい感じも。 ときどき入る風景映像の入れ方がおしゃれ。 たまたまアメリカの地方を舞台にした映画が最近続いて思ったけど、どれもやたら車のシーン多いなー。モータリゼーション。

 

ケイシー・アフレックの演技が素晴らしい。 見終わった後は色々と心に残り、考えさせられる映画です。

 

鑑賞後に何とも言えない気持ちになる作品です。見ればアカデミー賞の主演男優賞と脚本賞を受賞した理由が良くわかります。兎に角、冬のマンチェスターの寒々とした風景と透き通った挿入曲が秀逸でした。恥ずかしながら、ベン アフレックの弟がこんなにも素晴らしい俳優だとは知りませんでした。

 

マット・デイモンが手がけた珠玉の人間ドラマ。ケイシー・アフレックの繊細な感情表現に誰もが心揺さぶられる…!1人の男が絶望から再生への道を辿るさまを優しく描いた、まさに《2017年必見の1本!》

 

ドキュメンタリーかと思わせるほどの俳優陣の自然な演技は圧巻でした。 冒頭の雪かきのシーンはラストベルトの人達のさびれた感じで今のトランプ情勢を思い浮かべました。 回想シーンの入れ方などはとても上手でさすが脚本賞取っただけのことはあると思いました。全体的に暗い映画だけどくすっと笑えるところも散りばめてあってそこも良かった。 ただ訳ありの男であることを説明する描写が最初のほうは多くて少し過剰な説明に感じた、全体的にもう少し短くできた映画だと思う。オススメです!

 

派手さのない静なドラマ劇だし、全てを見せないタイプなので 好みは分かれそうだけど こういうタイプの作品が好きな人はまず見て損はないし、私的には傑作だと思った。比較はできないが 鑑賞済みのオスカーノミネート作 ララランドやムーンライトよりも断然良かったですね。

 

アカデミー賞で話題になり、ミシェル・ウィリアムズが好きだから、くらいの気持ちで鑑賞。 さすが脚本賞の作品だけあり、文学的。だけど、読書では味わえない、映画ならではの魅力がいっぱい。 セリフが少なく、映像と音楽と役になりきった役者の演技で魅せる映画。静かでゆったりした映画だけど、回想シーンの入れ方が巧みで、飽きない。137分があっと言う間でもっと観ていたいと思った。 重く深い作品だけど、笑える場面も少なくない。胸に迫る秀作。

 

ドラマチックな演出も過剰なキャラ付けも無く、テーマを丁寧に追って……いたはずだけど、丁寧すぎて逆に醒めてしまった。 音楽も映像も綺麗で、現在と過去のシーンが交差していく構成も素敵だけど、散文的だった印象。

 

アカデミー賞主演男優も納得のリアルな演技が素晴らしい!映画館で鑑賞すべき作品。あの世界に入り込める。

 

淡々と話が進んでゆくが、その中での間合い、多くを語らない、余白のある演技が素晴らしかった。 特にケイシー・アフレックとミシェル・ウィリアムズのシーンは僅かなセリフにも関わらず、色々と想像させ、胸がぎゅっとなり泣いてしまった。

 

次のページへ続く→

スポンサーリンク

 


 


Related Posts

感想など自由に書き込んでください☆※お名前(匿名)を記入しないと送信できませんのでご注意を★

スポンサーリンク

★最新のみんなの感想★

  • Loading...

【特集】カメラマンから観た映画◯◯シリーズ!

勝手に映画番付

ENJOY THEATER

ENJOY_CINEMA

・ENJOY THEATER(エンジョイ シアター)

今注目のおススメの舞台・ミュージカルの口コミ・最新情報をいち早く発信しています!!