【口コミ・ネタバレ】映画『ユリゴコロ』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

ミステリー 小説

【口コミ・ネタバレ】映画『ユリゴコロ』の感想・評価評判

投稿日:


映画『ユリゴコロ』口コミ感想ネタバレ 映画『ユリゴコロ』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「女優の芝居が非常にいい映画!」「役にハマった吉高由里子!」「ホラー映画より怖い映画!」


上映中【2017年9月23日(土)公開】

 

ミステリーを得意とする沼田まほかるのベストセラー小説を映画化。ある日、余命わずかな父親の書斎で殺人者による手記を発見した青年が、恐ろしき事件の真相に迫っていく姿を描く。殺人者であるヒロインの美紗子を吉高由里子、発見者である青年を松坂桃李が演じる。監督はラブストーリーからホラーまで幅広いジャンルの作品を手がける熊澤尚人。-Movie Walker-

 

 

あらすじ<STORY>

亮介(松坂桃李)が実家で見つけた一冊のノート。「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか……」異様な一文で始まるそのノートは、美紗子(吉高由里子)という女の一人称で綴られた告白文であった。誰しもが生きていくために必要な拠りどころ、彼女のそれは“人間の死”であった。殺人という行為から逃れる術を持たず、絶望の日々を送るなか、深い心の傷を抱えている洋介(松山ケンイチ)が美紗子の前に現れる。一方、ノートに秘められた真相に迫っていく亮介。これは事実か創作話か。誰が何のために書いたのか……。そんななか、亮助の婚約者・千絵(清野菜名)が、忽然と姿を消す……。

●キャスト●

美紗子 吉高由里子
亮介 松坂桃李
洋介 松山ケンイチ
みつ子 佐津川愛美
千絵 清野菜名
美紗子(中学生) 清原果耶
細谷 木村多江

●スタッフ●

監督 熊澤尚人
製作 永山雅也 、 村松秀信 、 三宅容介 、 木下直哉 、 大柳英樹 、 片岡尚 、 戸塚源久、 細字慶一 、 大沼渉
製作総指揮 佐藤直樹
プロデューサー 石田雄治
アソシエイト・プロデューサー 有重陽一
原作 沼田まほかる
脚本 熊澤尚人

映画『ユリゴコロ』を観た人の感想、評価、口コミ

引き込まれた。内容も演技も良かった。吉高由里子かわいかった。
ドンデン返しの連続!

 

思った以上にグロくて、血が苦手な人はちょっときついかも。原作は読んでいないのでよくわからないけど、ストーリー的にちょっと無茶な設定が(特に後半の大事な部分で)目立ってしまっていたが、知俳優陣の熱演がそれを見事にカバーしていた。
吉高由里子はこう役がハマってますね。

 

前半は目を塞ぎたくなるようなシーンが多かった。松山ケンイチ、松坂桃李、吉高由里子、全員がどこが寂しさを背負って生きてる感じがあり、演技力が素晴らしかった。内容は共感できないが、引き込まれていく。

 

空いた時間にふわっと行ってしまった。
ふわっと行ってしまったので驚いた
こわかった。最初佐津川さんだとは思わなくて、声でわかってビックリした。キレてる女が似合いすぎ。

 

人を殺すことにしか拠り所を持てない女性の半生を描いた作品かと思いきや、拠り所を得て、誰かの拠り所になることの喜びと不安を知った女性と夫、そして息子の家族の物語でした。
印象的な台詞が多かったことと所々のカメラワークが映画と素晴らしく合ってたこと、吉高由里子や松山ケンイチなどキャスティングが抜群によかった。
殺人鬼の母親と息子の血の繋がりを感じさせる演出もなかなか好きだった。
食肉を切るシーンは不気味すぎて人肉かと思ったくらいだし、カメラがぐるんと一回転するあの気持ち悪さもよかった。

 

全体的に女優の芝居が非常にいい映画でした。

 

吉高由里子の終始憂いな表情の演技が凄くいい!役者の頑張りもあり原作の仄暗い雰囲気が良く表現映像化されてある。

 

吉高ちゃん松坂桃李松ケンというキャストで確実にみてみたいと思ってしまったんだけど、共感ゼロだったのでどうやら私の好みではなかったようです。
でもラスト近くになって、木村多江さんがグッと出て来たあたりから悲しくて涙が出てきた
桃李くんは、やっぱり上手。作品によってキャラがきちんとたってるけど、いつもなんだか品がいい。
彼がどんな役を演じるのか見続けてみたいなと思う。
吉高松ケンは何となくGANTZを思い出してしまう。

 

悪い映画ではない、むしろ内容こそショッキングではあるもののていねいに作られたよい作品だと思う。
でも、なんだかあんまり響かなかった。
なんでだろう…あまりにも共感できない題材だからなのか?
あと、松坂桃李が狂ったようにムカデを踏み潰したり肉を切り刻んだり、あとちっとも大丈夫じゃない「大丈夫です!」とかが妙におかしかった(松坂桃李くん好きですよ)
彼女は別人になってからの人生で人を殺さずにいられたのかな。
そして、これからどう生きるのかな。
個人的には、お父さんが亡くなるときにいっしょに亡くなるのがいちばん幸せだと思う。

 

ミステリーとしては少々弱いが前半から後半への流れは良かった。
強引すぎるところはあるけど繊細な心の変化が良く描かれている。

 

観終わってから、切ないお話だなぁと思った。
吉高由里子はああいうサイコパスな役が似合うなーと思いました。やっぱり由里子すき!だ!
手記を読んでいるときの松坂桃李の想像力すごいなー。笑
Rihwaがうたう主題歌がとても良くて、歌詞が印象に残りました。

 

吉高由里子氏、さすがです

 

とにかく美沙子(吉高由里子)の語る半生の犯行の詳細な日常描写は、今まで自分は観たことがなかった程リアルで圧倒的でした。
吉高由里子の演技は本当に凄かったです。
それだけに終盤、この物語の収拾を付けるためだけとも言えるひとつの事件…あまりにも…
それが作品として本当に残念です。
美沙子の半生だけで充分だったように思います。

 

ちょっとおったまげ要素が過ぎませんかと思いつつも、テンポよくて引き込まれました!
佐津川愛美ことサッツがとんでもない怪役を好演してて最高&最高!
草生えを越えてホントにヤベー人に見えるのさすがたなと思いました!
あと893男性5~6人を単独キルした木村多江が強過ぎてさすがに草生えました

 

吉高由里子すごい!ほんとに狂ってる人みたい。
じっと見てくる顔が夢に出そう笑頭のネジが外れた人なりの愛、、

 

何とも切ない作品でした。
始めは小説でしかなかった1冊のノートが、ラストでは線になっていく。
わりと好きな作品。
重い内容の作品は、なぜかキャストの演技力が重要になってくるけど、皆さんとても素晴らしい!

 

自分はもしかしたらサイコパスかもしれない。そう思う方がいたら是非観るべきです。つまらないとはまったく別の意味で席を立ちたくなった映画は正直初めてです。前半は完全に“ユリゴコロ”へ引き込まれてしまいました。

 

吉高由里子さんは絶対サイコパスな役は合ってると思ってたので楽しみでした
想像通り、逆に今までなんでやってなかったんだろうという感じ、他にも木村多江さんは勿論、清原果耶ちゃん清野菜名ちゃんもいいね
原作未読だけど、途中から話が読めちゃったし、やや強引な展開もありました
それでも役者の魅力なのか、最後まで楽しめました

 

原作既読
全て内容が分かった上で見ましたが
原作の雰囲気を壊さず上手く作られてました
エンディングのリワの曲も素敵で
エンディングで涙腺を持っていかれそうになりました
清野菜名可愛かった
吉高由里子の黒乳首は拝めませんでした

 

シリアスです。
血の気が引くシーンあり。
物語の繋がりが見えたときの感覚は嫌いじゃなかった。

 

人殺しの私を愛せますか?
(^^;うぉーホラー映画より怖かったです。
小さい頃から頭のネジが人とと違うのか?心のよりどころユリゴコロはどこにあるのか?
虫を穴に落とす快感から人殺しまでいく異常さは理解できないものの、世の中にはいるんでしょうね。(*_*)
それでも愛してくれる人との出会い運命のイタズラなのか、神が罰を与えたのか……
1冊のノートから全てが繋がる伏線がラストに心に突き刺さる愛の物語。
過激な描写があるから痛いのや殺しが駄目な人はお薦めしんが良かったです。

 

重い。生々しい。過激描写に身体から拒否反応起こしてた。自分が正常な人間なんだって感じた。
自分には理解できるほど理解力なかった。
きっと好きな人は好き。サディスティックというか…
でも、どんな人であれ相性が合って、それが愛に変わったら離れられないんだなって。自分の性格も、血の繋がりも、愛も運命なんだろうって。

 

吉高由里子がいい!これにつきる!
人を殺すことをよりどころにしてるみさこが松山ケンイチに出逢うことで、表情に目に感情が滲むようになり…吉高由里子の演技が秀逸。そして、美しい。
人として理解し難い部分も多く、人によっては嫌悪感があるかも?
専門学校時代が私的にはキツかった(´д`|||)💦
オムレツは美味しそう!レシピ知りたい

 

原作と出会ったときは頭を殴られたような衝撃だった。だからこそ映画化には興味と不安が入り混じり、みたい見たくないが交わっていたけど。素晴らしい螺旋構造に気持ち悪いのに気持ちいい。
吉高さんのハマリ役だと私は思うのだが(笑)

 

ラブストーリーなのかと思って観たら、違っていた、苦手な血のシーンがあったけど、考えさせられる映画だった。

 

前半はリストカットの場面が多く、血もかなり出るので、かなり脱力感が続きました。
そこをグッとこらえて見ていると中盤からはガンガンストーリーに引き込まれていました。
前半分からなかった場面場面が次々と繋がっていくのは気持ちが良かったです。
この頃には前半の脱力感は消えてます。
もちろん涙する場面もありました。

 

美紗子のユリゴゴロ
子役の奈々花ちゃん筆頭に
どの時代の美紗子役も素晴しく
吉高由里子も安定の狂気ぶり
洋介の二度の地獄も
哀し過ぎて過酷

 

役者さんたちの演技の凄さで感動したと思います。演技なのに演技じゃないような感覚。
松山ケンイチさんの子供と接している姿は現実の松山さんも想像させられました。小雪さんと三人の子供との幸せな家族なんだろうな~と思いました。良い父親の顔でした。
見て良かったです。

 

悲しいと言えばいいのか、なんと表現したらいいのか難しい。
かなり現実離れした話。鑑賞後に全然スッキリしない。
あまりにも人があっさりと死んでいく。
この映画では、松山ケンイチの優しさだけが私の心のユリゴコロでした。

 

全く共感出来ないし目を覆う場面も多いけど最後は感動できる作品だった
見た後結構引きずるけど見れて良かった
俳優陣が凄かった!

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-ミステリー, 小説
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.