音楽

【口コミ・感想】映画『ラ・ラ・ランド』の評価評判

0

「エンターテイメントの酔いも甘いもがギュッと詰まった作品で充実の128分♪」「たまらず帰りにサントラ買った!」「完璧!アカデミー賞本命なのも納得いく作品!」

 


上映中【2017年2月24日(金)公開】

 

第87回アカデミー賞で3部門に輝くなど、数々の映画賞を受賞した『セッション』のデイミアン・チャゼル監督が、ロサンゼルスを舞台に夢を追う男女の恋を描くミュージカル映画。女優志望のミアをエマ・ストーン、ジャズピアニストのセバスチャンをライアン・ゴズリングが演じ、華麗な歌やダンスを披露する。-Movie Walker-

 

 

映画『ラ・ラ・ランド』を観た人の感想、評価、口コミ

 

『ラ・ラ・ランド』 クリシェを信じろ、クリシェはお前の味方だ。クリシェを越えていけ、という映画だった。お約束の、作りものの、偽物の、フィクションの、そのキラキラした輝きを愛する人に。

 

日本最速上映から、夜空の下をワルツのステップで帰ってきました。発売直後に最速で取ったIMAXのほぼド真ん中のいい席で観賞。最高でした! オレもセーヌ川に飛び込まないと!

 

『ラ・ラ・ランド』 夢がいっぱいにぎゅうぎゅうに詰め込まれた世界観フラフラになりながらも、狂ったような色彩とか、不意に天井を見つめるゴズリンとか突っ込んでくるもんだから、カークラッシュしたまま突き進んでいく感じでちょっと冷や汗かいてしまった。

 

完璧……またとんでもない作品と出会ってしまった。 まぁ、あくまで娯楽映画として完璧という意味です。しかし、ミュージカル映画として最高峰、少なくとも僕の中で『雨に唄えば』はこの作品に完璧に越されてしまった

 

「ラ・ラ・ランド」。ハリウッドの水兵ミュージカルに触発されたJ・ドゥミーのエッセンスを逆輸入したかのようなD・チャゼル監督による古くて新しいミュージカルのマスターピースの誕生であり、第89回アカデミー賞で最多となる14ノミネートを獲得したのも頷ける

 

映画『ラ・ラ・ランド』、ただの恋愛映画だと思って見たら大間違いで最近失恋したばかりの人が見たら上映後再起不能になるくらい最後の五分間はエグい展開になるから、一リットルは上映中に泣く覚悟で見た方がいい。特に男性はもう絶対に耐えられないラスト。『ブルーバレンタイン』を悠に越えるラスト

 

ラ・ラ・ランドは最高でした。ミュージカル苦手だけどマジ最高でした。みんなも早く見に行った方がいいですよ!!はやく!!!

 

ラ・ラ・ランド 全てをピュアにして綺麗まっさらもう一度見たい。頭から離れない箇所多々あり。車の上で歌いながら踊りたい

 

ラ・ラ・ランドをすることもなくて見てきました。このタイミングで見れてよかった映画。少し、すごく、救われた

 

『ラ・ラ・ランド』観てて『太陽を掴め』と『何者』が頭に浮かんだ。特に『何者』のあれみたいなシーンは前からある手法なんかな?

 

「 ラ・ラ・ランド」を見終わってちょっとビターな気分。以前にも感じたことがあるけど何を見たときかな?と思ったら「パトレイバー2 the Movie」だったw

 

『ラ・ラ・ランド』最速上映。最高だった。でももう真夜中や…寝ないと…!感想は後でまとめよう。もう一回見る。映像と音楽の力で頭も足取りも浮き足立ってしまって、帰り道でくるくる回りそうだった。寝られないかも…

 

スポンサーリンク

 

『ラ・ラ・ランド』最速上映終了。面白かった。面喰った部分も多々あるけど、色々と語りたくなる結構な野心作かと。 エマ・ストーンのチャーミングな表情に終始釘付けやったわー❤️ライアン・ゴズリングは目立たんなーと思ってたら、最後でやられた。めちゃめちゃグッときた!

 

ラ・ラ・ランドしてきた。前回とは違う感慨もありつつまたウウウゥッってなり、これはセンチメンタルになる麻薬みたいなもんだと思った。 そしてやはりゴズリンの前髪がソーキュート。

 

感動とも、衝撃とも、どんな感情でも形容しがたい感覚。 恍惚なのだろうか。 いや、でも確かに、明かりがつき劇場を出た瞬間に、ぽっかり心に穴が空いたような、そんな感覚。 『ラ・ラ・ランド』 たぶん、一生忘れない。

 

「ラ・ラ・ランド」最速上映で観たよ。完璧。素晴らしい。

 

「ラ・ラ・ランド」最速上映見てきた。一言で言うなら最高すぎた。オープニングが終わった所で思いっきり拍手したかった。是非アカデミー賞を取ってミュージカル映画ブーム来て欲しい!いやー本当に良かった。日曜にも見に行きます。以上。

 

『ラ・ラ・ランド』では一見紳士然と柔和に微笑んでいるJ・K・シモンズだが、その顔を見ただけで、恐怖のファッキンテンポおじさんがドラム少年を極限まで追い詰めるスポ根ムービー『セッション』の恐怖が蘇って、地獄の4コマが脳裏に浮かんでくる

 

『ラ・ラ・ランド』、都会と地方の温度差が凄い。v

 

古き良き時代のアメリカっぽいのに現代のお話。凄く懐かしい感じがしたのは、衣装のせいかな? エマ・ストーンが本当にキュート♡ 私もあんな素敵なワンピース着たいなぁ。明るい色のワンピが欲しくなる映画。

 

ダンスも歌も音楽も素晴らしくて、 夢に向かって突き進むミアにも共感が持てて、最高のエンターテイメントムービーでした!!もう1度観にいきます! あのオープニングの迫力も忘れられない!♡

 

『ラ・ラ・ランド』 よかったなぁー。 ハッピーになるけど、もの悲しさもあるし。 もう一回観たいな。

 

鑑賞して早速サントラをリフレイン。映画館の大音響でもう一度観たい。La La Landの意味は「ロサンゼルス(LA)」「夢の国」。LAを舞台にした夢追う男女のファンタジー。「きみに読む物語」で恋したライアン・ゴズリングのかっこよさを再認識。

 

面白い作品だった。往年のハリウッド製ミュージカル映画にあった幸福感(と苦味)を現代のスクリーンに再生しようという試み、と感じた。この軽みこそが美点であり、その点を批判するのは無いものねだりではないかなあと。

 

次のページへ続く→

スポンサーリンク

 


 


Related Posts

感想など自由に書き込んでください☆※お名前(匿名)を記入しないと送信できませんのでご注意を★

スポンサーリンク

★最新のみんなの感想★

  • Loading...

【特集】カメラマンから観た映画◯◯シリーズ!

勝手に映画番付

ENJOY THEATER

ENJOY_CINEMA

・ENJOY THEATER(エンジョイ シアター)

今注目のおススメの舞台・ミュージカルの口コミ・最新情報をいち早く発信しています!!