【口コミ・感想】映画『リリーのすべて』の評価、評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

人間ドラマ

【口コミ・感想】映画『リリーのすべて』の評価、評判

投稿日:03/18/2016 更新日:


「愛と勇気の物語。俳優の素晴らしい演技は必見。今の時代だからこそみてほしい映画です!」「E.レッドメインは演技上手い!助演納得!」

 

riri
上映中【2016年3月18日(金)公開】

 

1930年代に世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を描く人間ドラマ。自分の内側に潜んでいた女性の存在に気付き苦悩する主人公と、変わっていく夫に困惑する妻の姿が描かれる。『博士と彼女のセオリー』で第87回アカデミー賞主演男優賞に輝いたエディ・レッドメインが主人公のアイナーを演じる。-Movie Walker-

 

 

映画『リリーのすべて』を観た人の感想、評価、口コミ

リリーのすべて素晴らしかった。 観る前の自分間違った解釈を殴りたい。

 

「リリーのすべて」ゲルダかわいそうだな~と思って見てたけど、一番かわいそうなのはハンスだな。リリーは大変だろうなと思うけど、だからってゲルダの存在をいいことに…とも思うわけでね。ゲルダの「せめて努力してよ!」はほんとになって頷いた。

 

【リリーのすべて】両者の言葉にはできない複雑な気持ちを表現した表情と涙を演じたエディレッドメインとアリシアヴィキャンデルに心の中でスタンディングオベーションでした。 リリーの変貌ぶりはもちろんだが、パリに移ってからのゲルダの美しさ、ファッションにもドキドキしてしまう。

 

『リリーのすべて』観ました。レッドメインの表情や仕草ひとつひとつが可愛くて綺麗で艶やかで惚れそうだった。誰かが泣く度に苦しくて苦しくて…でももう一度映画館で観たい。

 

リリーのすべて観てきたよ。エディ・レッドメインとアリシアちゃん…本当にすごかった。エディの演技はストーリーを引っ張るラインのように徐々に解かれていくリリーの心を、アリシアちゃんの演技は生きていく為の豊かさをシビアに軽やかに演じて見せてくれてた。

 

『リリーのすべて』良かったな〜。エディはただでさえ柔らかい物腰がどんどん女性のそれへ変わっていく。アリシアは『戦場からのラブレター』でも感じたけどこの繊細な愛情表現は本当凄い。

 

【リリーのすべて】精神と心の性の不一致に悩み、愛する妻が居ながらも、女性として生きることを選んだリリー。 愛する夫が女性として生きていくことを望んだ時に、彼の変貌に戸惑い、夫を失う悲しみを押し殺しながらも唯一の理解者であろうと努力しリリーを支えようとしたゲルダ。

 

「リリーのすべて」画面があまりにも絵画的で、肖像画と風景画がひたすら続くので、西洋美術館に行って一巡りしてきた時の疲労感。あんまり得意じゃないんだよな…。見応えがすごい。

 

登場シーンは少なかったですが、ウィショーさん演じるヘンリクが印象的でした。

 

リリーのすべて、できたらもう一回見たいなあ… でも僕だけがいない街も観たいしルームも観たいしなあ💭 それはそうとマティアススーナールツ素敵すぎてどうしたらいい?😭

 

あぁ、リリーのすべては何と言ってもBGMが結構良かったし内容も頭に入ってきたけど、若干疑問点はあった。

 

『リリーのすべて』観てきた! なんかすごくて、ほんとにすごい!としか言えない🙄💭 エディ・レッドメイン綺麗すぎ👏🏻

 

リリーのすべて面白かった 性倒錯が精神病だった時代に初めて性転換した男性とその妻との性別を越えた愛の映画 エディ・レッドメインの中性的な魅力が凄いのと、同性愛との差別化を図るために登場するベン・ウィショーのベン・ウィショー力というか、やっぱり安心感が違うね

 

 

リリーのすべて観ました。エディ・レッドメインは口角だけあげる愛想笑いがいかがわしいよな。

 

奥さんと二人で六本木ヒルズで映画を観てきた。「リリーのすべて」。なんか、もう、切なかった。

 

私が女性という事もあり妻のゲルダに感情移入して観ました。夫が女性として生きてゆくということはもうそこに「彼」はいなくなってしまうという事だけど彼の生き方を尊重して全てを許してあげた彼女の深い愛に感動しました。

 

友達とリリーのすべて観に行ったのですが 観終わったあと 「ヘンリーーーーーーーーーーーーーック!!!!」 ってなった(笑) ベンウィショーもとっても良い味でてました🌸

 

「リリーのすべて」やっと、やっと観てきました.............. 泣いた............... ほんと泣いた............................. もうなんも言えねえ....皆観て......

 

『リリーのすべて』アイナーとゲルダ、そしてリリー。彼らに苦悩と迷いはずっとずっと付きまとい、愛するひとは"ご主人"ではなくなる。それでも愛するという中核は決して無くならず、空へ羽ばたくスカーフにリリーの姿を重ね合わし涙。

 

結局は彼のこの一言に尽きると思う。だけど、人間はそれだけじゃ生きられない。自分を見つけるきっかけをくれた人がいる。「理解」はいらない。ただ、知っていて、私が愛していること!あふれ出るそんな声にならない叫びが切ない。

 

リリーのすべて見たあと脱力感抜けない。なんというか…すごい映画だった。苦しい。

 

演技がすごい!!エディもアリシアもオスカー獲っただけある役への入り方。原作より少し端折った感もあるけど、気持ちの変化が表情や動きで繊細に表現されてたと思う!さらに、街並みや衣装、小道具も綺麗で素敵でした!!

 

『リリーのすべて』よかった…めちゃくちゃよかった…(大泣き)

 

『リリーのすべて』を見た。 エディレッドメインの美しさで飯を何杯でも食える

 

リリーのすべて見てきた~!エディくんすごいな…!!一瞬の指の動きから何まですべての所作が綺麗でほんとに女性みたいだ…ゲルダはもちろんハンスがすごいいいやつだったね すごくプーチンだった

 

シーンはきれいだけど、話が平坦だとどのシーンに集中しないといけないか分からなくて集中力が散ってしまうのでシーンの記憶も全体的に薄くなるのは否めない

 

リリーのすべてよかった エディの演技すごい 久しぶりに映画で泣いた 私の中の主演男優賞🏆

 

『リリーのすべて』愛情深く、耽美的。2人の遊び心が生んだゲームは悲劇的な結末を迎えた様に映るけれど、自分の生きる意味を訴え探し続けたリリーにとってはどうだったのか…。デルダへ言った最期の言葉も頭から離れない。

 

リリーのすべてを見ました デッサンする音や布の擦れる音 息遣いがよく耳に残る作品でした リリーが女の人の仕草を真似するシーンが綺麗でした ラストに近づくにつれ本当に女の人に見えてしまうからすごかったなあ

 

リリーのすべて、見終わりました 全体的にシーンの印象が残りやすいけど実話ベースだから話としては少し盛り上がりにかける感じでしたね

 

『リリーのすべて』鑑賞。女性にめざめる、めざめてからの演技が素晴らしかった。なんとも言えない切なさに胸がいっぱいに。支え続ける妻役、アリシアの瑞々しい演技も感動。ヨーロッパの風景も絵画のように美しかった。

 

リリーのすべてをなんやかんやで見てきまして映像きっれいやなーーーー!!!!!って思いました

 

リリーのすべて、観てきた!!メイク直しが大変!笑

 

リリーのすべて観てきた🌸!役者の声や息遣い、デッサンの音、肌と肌がこすれあう音、すべてが心地よい映画でした。苦しくって辛い、だけど夫婦の愛がそこにはあって、観てる側も辛くなった…!リリーが女性の仕草を真似る所が好きです🌼

 

『リリーのすべて』見た。リリーの美しさ、苦しみ、ゲルダの葛藤、とても良かった。

 

リリーのすべて最高だった、終始泣いてたな~……周りも鼻ずるずる言ってた。ラストシーンの飛ばせてあげてってとこで号泣な……エディがどんどんリリーに近づいていく演技がもうね、本当すごい……アリシアちゃんの演技もめちゃ心臓締め付けてきてしんどい。いい映画だった……

 

 

 


映画『リリーのすべて』感想 映画『リリーのすべて』口コミ 映画『リリーのすべて』評価 映画『リリーのすべて』評判 映画『リリーのすべて』あらすじ 映画『リリーのすべて』試写会 映画『リリーのすべて』レビュー 映画『リリーのすべて』興行収入 映画『リリーのすべて』動員数 映画ランキング

映画『リリーのすべて』を観た人の感想、評価、口コミ続き

リリーのすべては本当にいい映画だし、感動もするんだけど、私が心配なのはただひとつ、素晴らしい演技力を誇るベン・ウィショーが劇中でいつもボコられてきもい俳優という印象が日本でついてるポール・ダノと同じく、ああ…あの…っていうイメージがファン以外に定着しないかということだけ。

 

リリーのすべてを見たんだけど 映画で久しぶりにないた、、、 終始ウルウルだった、、

 

リリーのすべてをウィショーくん目当てで見てきましたー。 ウィショーくんが可愛かったのはもちろんアカデミー助演女優賞を取ったアリシアさんが素晴らしかった。 ウィショくんのリリーを見つめる目がキラキラしてたな。可愛い。

 

『リリーのすべて』観て参りました実話が元になった作品とのことで衝撃的でしたヨーロッパの景色となんとも言えない複雑な感情が入り混じりラストシーンは自然と涙でした☆♪

 

「リリーのすべて」を見たんだけど、ここ最近で一番泣いた映画かもしれない。会場でも嗚咽とか鼻をすする音とかがそこら中でしていて、駄目だった。

 

助演は納得。

 

打ち合わせからの、リリーのすべて観てきた😊 泣いちゃったよー😭良い作品でした。 原題がThe Danish Girlで、コペンハーゲンの懐かしい景色が素敵でした✨ パリも出たからフランス訛りの英語にも萌えました。なんか、好き♡

 

誰もがリリーである可能性があることを忘れちゃいけないの

 

『リリーのすべて』見てきた。 エディ・レッドメインが美しすぎて…(*´﹃`*) 内容の部分では、個人的には物足りない部分もあるのだけど、その部分はドラマにならない部分でも有るのかな…なんて。 実際のリリー・エルベは51歳で亡くなってるけど、年齢を描かれなかったからか…と。

 

リリーのすべて観に行ってきた。あの時代に自分らしく生きようとしたアイナーと女性になっていく夫を苦しみながらも支えたゲルダ、どちらもお互いの存在がなかったら貫けなかっただろうな。観れて良かった!

 

リリーのすべてみてきた~ 凄いとしかいいような内容だった……愛と勇気がなければ乗り越えられないし、これが実話に基づいてるという事実だけでも本当に驚きだし尊敬するよ。そしてアカデミーコンビのエディくんとアリシアちゃん二人ともすごく美しかった……演技力も素晴らしい

 

リリーのすべて見てきました。 とりあえずハンカチ持って行ってよかったです。本当によかったです。アリシアちゃんすごい。

 

リリーのすべて、見応えのある映画だった。実話を基にしてるとのことで、主人公のリリー/アイナーに興味を持った。原作に当たる本、読んでみようかな。 映像も音楽も綺麗だし印象的で良かった。そして俳優陣の演技も。特にやっぱりE.レッドメインは演技上手いなぁ。。。

 

 

『リリーのすべて』 これはオススメ。人間としての価値観とか世界観が広がる。 変わるのではなく広がる。 観れて良かった。

 

"リリーのすべて"を観てきた🌟観に行く子多いと思うからネタバレはしないけど、今の寛容な時代に生まれてよかったなって思ったし、精神的な支えって大事だなと思ったよ。

 

『リリーのすべて』鑑賞。素ん晴らしいです!感情の処理が追いつきません…余韻と反芻でボーとしてる。今はレッドメインくんが素晴らしすぎたとしか言葉にできない。

 

アイナー、ゲルダ、リリーの3人の心情が繊細に表現されていました。エディの演じるリリーが本当に女性だと錯覚するほど美しかった。 リリーやゲルダのように強く生きたいと思います。

 

「リリーのすべて」星4.5 リリーの日記を基にした深い作品。性同一性障害への苦難を描いてる。今まで愛してた男性が突然女性になってしまったら。最後が少し呆気ないが、内容は濃い。個々の演技もかつ、奥さんのリリーへの想いが素晴らしい!

 

リリーのすべてを観てきたぁ。。。本人の苦悩伝わったァ。。。けど、何より奥さんの強い優しさにびっりしたぁ。。。

 

「リリーのすべて」面白かった~!徐々に女性らしくなっていくエディ・レッドメイン演技が素晴らしかったし、本当に美しかった…。

 

リリーのすべて そして、今だからこそできた作品だと思う。何度も念を押すけど、描いているものが恐ろしく複雑。見る人によっては感動すらしないかもしれない。 マッドマックスのジョージミラーは、「観客が映画に慣れてきた」と言っていた。 まさに、だからこそこの映画は現代に生まれたんだと思う

 

二回続けて見てきた。見たあと感動で震えが止まらない。映画館じゃなかったら嗚咽しながら泣く。本当素晴らしい。愛と勇気の物語。映画に敬意をはらいたい。俳優の素晴らしい演技は必見。今の時代だからこそみてほしい映画です。製作陣に感謝。

 

リリーのすべて やっぱり、主演女優賞のアリシアヴィカンダーは文句なし。女にならんとする、愛する夫。難しすぎるだろ!でも「これはこういう演技だ!」と、断言することはできないのに、それしかありえないと納得させられる演技。表情だけで心揺さぶられ、涙を引きずり出される。圧巻の一言。

 

映画「リリーのすべて」観てきました。題材が難しいけどキレイな映画。アイナーが初めて化粧したシーンが本当可愛くて、完全にリリーになる前のアイナーとゲルダが最高。

 

「リリーのすべて」を観ました。 周りにお年を召したおばさん方しかいなかったので観る映画を間違えたかと思いましたがあってました。ストーリーに関しては伝記映画なので何も言えないですが映画としては物足りなさがあり正直そうでもなかったです。

 

 

●キャスト●
アイナー・ヴェイナー/リリー・エルベ エディ・レッドメイン
ゲルダ・ヴェイナー アリシア・ヴィキャンデル
ヘンリク ベン・ウィショー
ウラ アンバー・ハード
Hans Axgil マティアス・スーナールツ

●スタッフ●
監督	トム・フーパー
脚本	ルシンダ・コクソン
原作	デイヴィッド・エバーショフ

●その他●

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

●こちらもチェックしています!!


-人間ドラマ
-, , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.