【口コミ・ネタバレ】映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

SF

【口コミ・ネタバレ】映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の感想・評価評判

投稿日:


「ダース・ベイダーの圧倒的存在感と強さに震える!」「スターウォーズを好きでいて良かったと思える映画!」「EP4につながった瞬間にカタルシスを覚える!」「SW好きには是非見て欲しい!」

 

star-wars-rogue-one-01
上映中【2016年12月16日(金)公開】

 

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へと続く物語が描かれる、人気シリーズのスピンオフ作。帝国軍の究極兵器、デス・スターの設計図奪取に挑む無法者集団、ローグ・ワンの活躍を描く。女戦士ジンをフェリシティ・ジョーンズが演じるほか、ドニー・イェン、フォレスト・ウィテカーら個性豊かな俳優たちがその仲間に扮する。-Movie Walker-

 

 

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た人の感想、評価、口コミ

『ローグ・ワン』、『GODZILLA』監督のギャレス・エドワーズらしいアナログ的な感触も随所にあったし、「ボーン」シリーズを手がけたトニー・ギルロイの脚本もそつがない。 まあ、とにかく、あの2人に感激! あと、ベイダー卿がめっちゃカッコええ!

 

『ローグ・ワン』:あ、そうそう。序盤なので【ネタバレ】しちゃいますけど、惑星ジェダで一瞬だけ「巨大なジェダイ騎士のぶっ倒れた石像?」みたいなのが出てきて、何の説明も無いんだけど、あれだけでテンション上がりましたわ。これから観る人は見逃さないように。

 

『ローグ・ワン』、いままでスターウォーズシリーズにあった「主人公が太陽を見つめる構図」をひねった形でやってくれたのが個人的には一番ツボだった。あれめちゃくちゃ良かったですね……

 

『ローグ・ワン』、キャラの魅せ方や提示した設定やテーマの掘り下げ等物足りない部分もあったし、スピンオフ一番手だから良くも悪くも「こんなもんかな」と感じはしたけど、もうね、ドニー・イェン。ドニーさん演じる盲目怪僧チアルートの佇まいや一挙一動が尋常じゃないの。凄いの。

 

『ローグ・ワン』映画の出来としては100点とは言い難いところもあれど、紛れもなくスターウォーズであったのと同時に今までのシリーズに新たな視点を与えてくれた。作品そのものが"New Hope"であり"Old Hope"。最高。

 

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」なかなか見ごたえのあるスピンオフでした。けれども、ちょいと上級者向けかな〜?という印象。本編を熟知していたらツボだらけなのかな?ってことで、身近な専門家にあれこれ訊いてみようw「GODZILLA」と同じ監督と知り納得。溜めが効いてたw

 

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『シン・ゴジラ』、『オデッセイ』のように、個人的なことはさておいて大きな難題に立ち向かう組織や人々の戦いぶり、ミッションのクリア過程を楽しめる人には、『ローグ・ワン』は絶対オススメです!!

 

「ローグ・ワン」上映中、客席がなんども湧いたが、1度観ただけではわからないイースターエッグがいろいろ仕込まれているのだろうな。「フォースの覚醒」よりも鑑賞回数が増えそうな予感。

 

『ローグ・ワン』、後半で展開されるAT-ATのオールドタイプとの熾烈な戦闘シーンが圧巻。移動砲台が出てきた時の、あ、無理と思わせる威圧感。憶測で断言する。監督はあの四つ脚に人が踏み潰されるシーンを撮ったに違いない。それがネズミーのスタジオによってカットされたことが残念でならない。

 

今回の『ローグ・ワン』は、僕が今まで述べたSTAR WARSのWARSの部分とその映画的魅力を、シリーズ史上最も深く描いた作品であると思うし、作品には描かれない個々人の各々の持つドラマ全部引っ括めて更に何か大きなものに突き動かされ命を賭して無理に挑む物語。

 

「ローグ・ワン」を早速観てきたよ😎 STARWARSのep3後〜ep4の冒頭の10分前までを描いたスピンオフ(ここ重要)。本編と比較するのはなんか違うと思う。個人的に映像の編集技術が1番感動した。

 

ネタバレ注意で、かなり賛否別れてるみたいねローグ・ワン、個人的にはEP7より面白かったし、旧作の泥臭い感じとか良かった、ただ公開前からある程度予想はしてたけどローグ・ワン新規登場キャラはやっぱ全員死んじゃうのが悲しかったなぁ、特にKのさようならって台詞のシーンがね・・・

 

『ローグ・ワン』の素晴らしさをひとつだけ挙げる。それは、SWシリーズで、初めて「親子喧嘩」から自由になった作品ということだ。SWは、宇宙規模のスケールであれ、そこで繰り返されるのは、卓袱台返しの親子喧嘩と家出、和解や勘当だった。そういう繰り返しの退屈さから解放された最初の作品。

 

 

ローグ・ワン、期待していた以上に面白かった ああいう終わり方の映画は珍しい気がします スターウォーズファンはもちろん、知らなくても十分楽しめるはず (特に後半の戦闘シーン) 最後のベイダー卿は超かっこよかった… 本当に面白いので少しでも興味ある方はぜひ

 

『ローグ・ワン/スター・ウォー ズ・ストーリー』鑑賞。うん、最高!当然ネタバレしないけど、敢えて感想を言うならば「ガンダムはヤッパリ宇宙世紀だよな。」

 

全然スターウォーズ知識がない私でも あの呼吸音 あのテーマ音楽が流れた途端 緊張とテンション激上がり。 ダースベイダー 凄いなぁ

 

ローグ・ワンの前半がダルイと仰る方が多く、気持ちはわからんでもないが反対の感想な私。たぶんマッツが画面にいるだけでテンション最高潮だったからだなと気づいた。もちろん後半の盛り上がりの方が好きだけど

 

興奮し過ぎたからなのか眠過ぎたからなのか分からないけどSWローグワンの予告編のワンシーンを本編で見逃したんだけど本当に流れてたのかな?それともカットされた?違和感あった人いないのか

 

『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』地味で泥臭い戦闘シーンはギャレスならではといったところか。サイドストーリーであっても家族の絆を描くのはこのシリーズらしい。EP4につながった瞬間にカタルシスを覚える。K-2SO萌え~。

 

「ローグ・ワン」で、惑星ひとつを一瞬で消せる兵器の設計図が入った記憶媒体をむき出しのまま手渡しでやり取りしているの面白かった。

 

【ローグ・ワン】 これこそが観たかったスターウォーズだった。 シナリオ、キャラクター、音楽、話し出したら止まらない。 今回は多大な期待をしていなかったからとても混乱してる。明日もう一度観に行ってくる。

 

ローグ・ワンのネタバレはしたくないから●で伏せるけど、スターウォーズ旧作を思い出すと同時にゴミシナリオFF15の事も沢山思い出してしまった。シナリオって大事だよ・・断片的に見たら似てる点が多くて比較せざるを得ない。両方体験したものとしてこの結末を見て何も感じないってのはありえない

 

STAR WARS 『ローグ・ワン』 スピンオフだからしょうがないけど、もう決まってる《史実》が動かせないのが残念なところ。 まあそうなるだろうな、という結末。

 

「ローグ・ワン」を見て、つくづく感じたのは、やっぱり自分ははみ出し者とか組織に順応出来ないヤツらが自分たちの判断で、敵に対峙する話が大好きなんだなあ、といいうこと。立ちえ勝ち目がなくとも。そういう無謀な試みに心意気を感じてしまうのが、自分にもそういう気持ちが少なからずあるからか。

 

『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』劇場で鑑賞。正史の背景にあった戦いを描く。希望を信じて戦った者達の迎える結末に苦い後味を感じるが、それでも確かに希望は繋がれたのだ。巨大なものを魅せる演出の手腕は流石のギャレス監督。秀作

 

 


 

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た人の感想、評価、口コミ続き

ローグ・ワン はメインストリームであるシリーズ6部作だけではなく、CWシリーズや反乱者たち、クローン大戦時代やEP4-6を描いたレジェンズ・カノンスピンオフまで楽しんでる層はすごく楽しめる作品なのは間違いない

 

ローグ・ワンはまさか!まさか!の連続だったけど、フォースの覚醒みたいな「はい!ここで拍手して!盛り上がって!」みたいなあざとさがないんだよ。 ただただ、絶句させにくる感じというか…これも含めて理想のリブートなんだよな…

 

ローグ・ワン、映像が徹底してEp4の演出のアップデートを狙ってるのは散々言われてるけどサントラ聴いてると音楽もそうだ、スコア自体も去ることながら(録音にはあまり詳しくないけど)音像がEp4のそれそっくり

 

「スター・ウオーズ(ローグ・ワン)」なかなか良かったです(^^) 最新の映像技術なのに、一番最初の映画のイメージを全く損なわない。つか変に飛躍した映像ではなく、昔のイメージのままなところが凄い!

 

『ローグ・ワン スターウォーズ・ストーリー』を見た。 とても面白かった。ただ、フォレスト・ウィテカーの使い方だけは納得できなかった。真っ黒な新ドロイドもそうで、あれでは黒人のメタファーに見えてしまうと思った。マジカル・ニグロ的な。敵も黒い。 でも最後はやっぱり泣いたなぁ。

 

『ローグ・ワン』を観た人は、前と同じ気持ちでエピソード4を観ることはないと思うとすごいよねえ。何十年も経って、物語にまた新たな意味を吹き込むなんて。

 

作り手の「この物語を伝えたい」という使命感が圧巻の熱量で伝わってきた『ローグ・ワン』。国際色豊かなキャスト一人一人の存在感、美しさと儚さを併せ持つギャレス・エドワーズの演出に陶酔しっぱなし。そして脚本クリス・ワイツ&トニー・ギルロイ。彼らの筆致の素晴らしさにも心底感銘を受けた。

 

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を見た。 熱い、そして切なすぎる… 物語が進むにつれてどんどん引きこまれていった。 また新しいスター・ウォーズが見れて嬉しすぎます。 新しいスター・ウォーズをありがとう、ローグ・ワン。

 

あー、ローグ・ワン楽しかった…でもEP7の時も思ったけど、帝国軍ってぺーぺーの兵士でも情報色々知りすぎじゃないですか?wそれを言ったら話が進まないからあれなんだけどさw 入隊したらちゃんと細かい研修あるんだなな、とか思っちゃうよね

 

『フォースの覚醒』も面白かったのだけれど、今思い出すと「結局どんな話だっけ?」という印象が…3回も見たのに。極めて良質なリミックスではあったが、それこそ役者女性や黒人になったことくらいしか新しい要素が無かったからなあ… その点『ローグ・ワン』は他の作品と見間違えようがない。

 

ローグ・ワン ドニー・イェンがわざわざ出る必要無いじゃんと言われたらグゥの音も出ないレベルの体術しか出てこない(カッティングもおかしい)けど、ハリウッドに進出するということはそうしたプライドを捨てることだってジャッキーも言ってた気がするよ フォースの覚醒のレイド組・・・

 

ローグ・ワンを一番遅い時間のレイトショーで見てきました。封切り日に映画館にいくのは久々で、夜中なのにかなり人が多くてなんだかテンション上がりました。眠気吹っ飛びました。面白かった✨

 

「ローグワン」の終盤、鑑賞中に感じたデジャヴ感は何だろと思ったけど。「この世界の片隅に」で感じたやっだわ。

 

 

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』鑑賞。「新たなる希望」はここから始まったと言っても過言ではない位の熱くてエキサイトな内容だった。キャラも立ってたし本家では見られないシチュエーションによるビジュアルもスピード感も新鮮。特にD・イェンとK2が良かった。あとベイダーは圧巻

 

『フォースの覚醒』と『ローグ・ワン』は全く作風が違うのに「マイノリティの多用」という大きな共通点が。主役は女性だし(この手の映画では女性はマイノリティと言っていいでしょ)、準主役級にチカーノ。もちろん黒人もいるし、今回は2人の中国人が大活躍。

 

興奮の中でぼんやり見えたのは、フォース無き戦士達の物語『ローグ・ワン』が 描いた"フォースの奥行きと強度"がSWシリーズのオリジナル(ep4,5,6)と不評のプリクエル(ep1,2,3)細かくはep4,5とep6の間に長くあった"溝"を埋める力を持っているかもしれないということ。

 

ローグ・ワンなんやかんや初日で観れた!個人的にはEP7より好きかも。面白くないとか言ってるやつぶっ飛ばしたい!ラストシーンはやっぱりキターて感じで応えてくれて本当嬉しかった◎

 

SW「ローグ・ワン」鑑賞。すげえ。これ普通にep3.5や。リアルタイムで観れる時代に生まれてよかったと心から感じた。映像の素晴らしさたるやそれだけで涙。さらにストーリーもキャラも完璧SWで大興奮。映画館で心からドキドキワクワク。完璧にep4に繋がった。そのドラマチックさに号泣。

 

『ローグ・ワン』の評価がムズい。SWの文脈で観ても、単体の映画として観てもお粗末な部分がある......んだけど、ひとたび作り手の意図が見えてしまうと(特にあのダレてた前半でやりたかったことが分かると)評価は何倍にも上がる。どういう観点で評価すればいいんだ..

 

『ローグ・ワン』は泣いた、泣いたって何て大げさな感想だと思ってたけど、泣いてしまった。面白いから泣く良くできてるから泣くんじゃなくて、ドラマティックな作りが上手くて単純に泣かされる。

 

『ローグ・ワン』『エピソード4』の前日譚以外、情報をあまり入れてなかったので、ジンがレイア姫だと深く思い込んでいた私。いつ、レイア姫に『覚醒』するんだ?とラスト近くまで思ってた私。『あっ別人なんだ』と察したのはラストさ・・同一人物な訳ないのは明白なのに思い込みの力って凄い!

 

ローグ・ワン最高。ドニー・イェン最高。 岡田さんの言ってた中国の魅せるアクションというのはこれか、とため息。美しすぎる。そして流れでSPの岡田さんのアクションも見る。これまた硬派なアクションで美しい。ドニー・イェンさんのアクションも無駄やスキはなくとにかく美しかった

 

「ローグ・ワン」、良かった! 超手っ取り早く言うとEP4冒頭に繋がるデス・スターの設計図を手に入れる話なんだけど、あの設計図がこんなにも苦労してレイア姫の元に届いたのかと胸が熱くなりました。 SW好きには是非観て頂きたい!

 

『ローグ・ワン』。 主人公ジンを演じたフェリシティ・ジョーンズが最高やった。 自身の境遇から来る野獣の如き攻撃性、自ら隠し切れない愛に飢えた少女的な危うい可憐さ。 この二面性が観る者に強烈なインパクトを与えていたと思う。

 

ローグ・ワン 前半はかったるいところもあるけど後半の「ローグ・ワン」コールからの作戦決行からは燃えまくりの展開。ダイナミックな空戦シーンはシリーズ随一。大挙して登場するタイ・ファイターの群れには大興奮。そして純然たる悪役ダース・ベイダーの圧倒的存在感と強さに震える。

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 誰もが自分を犠牲にして未来のため、希望のために戦うって事がぐっと来た。ローグワンの前後を含めて誰か一人でも諦めたら、希望は死ぬわけで。ますますスター・ウォーズが好きになりました。

 

やはり私は『ローグ・ワン』がSWシリーズのベストかもしれんな。SWの本流でないことは百も承知だが、そもそも私、全ての作品をリアルタイムで複数回見ているけれど、実はSWシリーズにそこまでの思い入れが無い人だから(笑)。

 

ローグ・ワン チアルートの相棒ベイズを演じたチアン・ウェンも良かったなぁ。何だかんだ言いつつチアルートの世話を焼くのがいい。2人の関係性をもっと掘り下げてくれればなお良かった。というか全体的にキャラの掘り下げ甘いなぁ。各自の事情はさらっとしか触れてない。使い捨てみたいな人も…

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー スターウォーズを好きでいて良かったと思える映画でした。キャラクターもセリフもいちいちかっこよくて今自分はスターウォーズを見ているんだって感動しました。泣いてる人も多かった気が。

 

皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
Jyn Erso	フェリシティ・ジョーンズ
Captain Cassian Andor	ディエゴ・ルナ
Saw Gerrera	フォレスト・ウィテカー
Galen Erso	マッツ・ミケルセン
Chirrut Imwe	ドニー・イェン
Director Orson Krennic	ベン・メンデルソン
Baze Malbus	チアン・ウェン
K-2SO	アラン・テュディック
Bodhi Rook	リズ・アーメッド

●スタッフ●
監督	ギャレス・エドワーズ
脚本	クリス・ワイツ 、 トニー・ギルロイ
原案	ジョン・ノール

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-SF
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.