【口コミ・ネタバレ】映画『ワンダーウーマン』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

SFアクション

【口コミ・ネタバレ】映画『ワンダーウーマン』の感想・評価評判

投稿日:


映画『ワンダーウーマン』口コミ感想ネタバレ 映画『ワンダーウーマン』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「ガル・ガドットとクリス・パインの画の美しさが最強です!」「美しさに目が離せない。純粋無垢で、まっすぐな正義感!」「エンドロールの入りがかっこいい!」


上映中【2017年8月25日(金)公開】

 

DCコミックの人気キャラクターで、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で華々しいデビューを飾ったワンダーウーマン。彼女がひとりの戦士として成長していくさまを描くSFアクション。ミス・イスラエルにも選ばれた経験を持つガル・ギャドットが『バットマン〜』に引き続き主人公を演じ、激しいアクションも披露する。-Movie Walker-

 

 

あらすじ<STORY>

女性だけが暮らすパラダイス島で、プリンセスとして生まれ育ったダイアナ(ガル・ガドット)は、好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらなかった。そんなある日、島に漂着したアメリカ人パイロットのスティーブ(クリス・パイン)を助けたことで、彼女の運命が大きく動き出す。外の世界で大きな戦争が起きていることを知った彼女は、自身の力で世界を救いたいと強く願い、二度と戻れないと知りながらスティーブが暮らすロンドンへ行くことを決意。やがて、ダイアナは、無敵のスーパーヒーロー“ワンダーウーマン”としてのパワーを開花させていく……。

●キャスト●

Diana Prince / Wonder Woman ガル・ギャドット
Steve Trevor クリス・パイン
Queen Hippolyta コニー・ニールセン
General Antiope ロビン・ライト
Sir Patrick デヴィッド・シューリス
General Erich Ludendorff ダニー・ヒューストン
Maru / Doctor Poison エレナ・アナヤ

●スタッフ●

監督 パティ・ジェンキンス
製作 チャールズ・ローヴェン 、 デボラ・スナイダー 、 ザック・スナイダー 、 リチャード・サックル
脚本 アラン・ハインバーグ

映画『ワンダーウーマン』を観た人の感想、評価、口コミ

『ワンダーウーマン』銃は撃たないが全ての弾を跳ね返す女神。戦争を裏で操る悪神を倒し人間を闘争の輪廻から解放しようとする。しかし人の意識の源には戦いを好むくせがある。そこに彼女が絶望するのかどうかが焦点となる。真摯によく考えられた映画

 

夏ムービーの中では一番楽しめた。バッタバッタと敵を蹴散らしまくるワンダーウーマンが爽快だし、とにかく主演のガル・ガドットがキレイで彼女を観てるだけで時間が過ぎる感じ。ワンダーウーマン達が組むチームの顔ぶれにも意味を持たせたのも高ポイント。やっぱり自分はDCEUの方が好みかも。

 

『ワンダーウーマン』歴史上実際にあったものごとにスーパーなヒロインが介入した寓話という印象。 前半、少年漫画の第1話みたいなワクワクがあった。エンドロールの入りがかっこいい。

 

『ワンダーウーマン』プリンセス・ダイアナ強すぎ!!強くて美しくてかっこよいハンサムウーマン!空気読めなくて天然なところもかわいいです。ガル・ガドットがぴったりはまり役です。続編はやく見たいです。

 

『ワンダーウーマン』いかにもアメリカ人好みのスーパーヒロインvs悪。なのでストーリーへの細かい突っ込みはNG!(笑) 主演のガル・ガドットは強くてカッコいいし、天然で可愛いし、大成功のキャスティング。彼女のファンは3Dで鑑賞すべし。

 

『ワンダーウーマン』。美しく、ぶっ飛ばす!気持ちいい位の格好良さ。ガル・ガドットは、はまり役でその美しさに目が離せない。純粋無垢で、まっすぐな正義感。正義感を暴走させたり、クリスとのラブに、ハラハラドキドキ♡続編絶対観る!

 

『ワンダーウーマン』
評判通りとても素晴らしかった!ガル姐さんのアクションもクリパの可愛さも勿論、人間の愚かさ、戦争の責任の所在、そして愛と希望。今日は斜め前方からだったから、ちゃんと正面からIMAXで観たい!

 

『ワンダーウーマン』
アメコミの美女戦士を実写化したアクション大作。ダイアナ、強すぎ(笑)。純粋無垢で世間知らず、真っ直ぐすぎる正義感が暴走する所もキュート!イスラエル出身のガル・ガドットが美しく、新スター誕生を予感させる。華麗なアクションでお腹一杯。戦争批判のテーマも◎。

 

ワンダーウーマン観てきた。最初はガル様お美しい!とか脚綺麗(灬ºωº灬)!とか思ってたけど開始10分くらいで泣いた。合計7回泣いた。こんなにも素敵な作品を観られたことが今の私にとってすごく幸せだな〜と。

 

ワンダーウーマン観てきた!迫力すごかった😲😲😲

 

ワンダーウーマン見終わった!!かっこよかった!!泣いた。

 

「ワンダーウーマン」を鑑賞してきました。DC系はバットマン位しか見た事なかったんだけど、やりたい放題で笑った。ドラゴンボール感を覚える。 トークイベントゲストのLiLiCoさんのキャスティングが完璧すぎた。まさに、「美しく、ぶっ飛ばし」てる人でした。

 

ワンダーウーマン観てきたけどまじであんな泣くとは思わんかった 英語だらけで何言ってるかわからんとこだらけやったけどほんと感動した、、、 そんでスティーブの吹き替えが小野Dはがちでやばい

 

ワンダーウーマン観終わったぁメチャクチャ楽しかったぁ❗❗

 

ワンダーウーマン❤️ 普段はおうちが多いけど、久しぶりに映画館で見たら、迫力の違いにびっくりして 思わず手で顔を覆いました💦 ドキドキ、ハラハラですごく楽しかった💓

 

ワンダーウーマンを観た❗️ 予想通りクソつまんなかった。 マーベルもダメだがDCもクソだな笑笑 観よう思ってる方は観ない方がいいよ

 

ワンダーウーマンおちゃめで可愛かった(>_<。)ストーリーがついていけないところがあった、バットマンVSスーパーマンもついていけなかったので、若干難しい。

 

そりゃあ強いはずですよね‥と言う出生の持ち主ですよね。無敵でしょ。
彼女とやり合えるのはマイティ・ソー位じゃないの?と思いますけど。
強さと無邪気さのギャップが可愛いです。
自分は皆を救うくせに、誰かが自分を救おうとしてくれた時に見せる表情が、たまらなく可愛い。
そりゃあ、厳ついスーパーマンやバットマンに助けられるより彼女に助けられたいって人多いでしょねぇ。・・・と納得。
そして現代。悲しみを乗り越えてさらに強くなった彼女の活躍が、今後も楽しみですね。

 

観ました。内容には、満足でした。さすが、DCが誇る女性ヒーロー像の象徴となりえる作品だなと感じました。女性監督だからか、主演のガル・ガドットが演じてるからか、アクションでさえ画になるぐらい美しくカッコいい。戦場で、先陣を切って突っ込んでいくさまは、まさにジャンヌダルクを思わされる勇ましさが感じられました。

 

古と物語の香りが漂う神の存在を、第一次大戦期の時代と絡ませる感じがじんわり面白い。
そして、ガル・ガドット演じるダイアナの強さが逞しく、アクションも素敵で、安心感を持って鑑賞できる作品でした。

 

4DX3Dで鑑賞しました。
アクションも主演のガル・ガドットも、その他出演者もすごく魅力的でよかった。
アクションシーンはとにかく絵になります!
最強の戦士なのに、外の世界は知らないことだらけ・・・というダイアナのお姫様らしいところも可愛らしかったです。
ただ、ストーリーの出来はイマイチに感じました。
恩師が亡くなるまでがあまりにも早く、「ストーリーの都合上殺しました!」感が強かったです。大事なのは外の世界での物語なのでここはまぁ、仕方ないかも知れませんが。
それから最後の敵!満を持してのアレス登場!なのに、全然強そうに見えず、セリフもものすごく安っぽいというか使い古されたというか、で思わず笑ってしまいました。

 

結局いつものDC
アクションだけは良かったがスロー多用し過ぎ
結局インフレし過ぎてむちゃくちゃ
雑すぎるロマンスのわりにそれを後で強く生かして来る
ワンダーウーマンが出てるだけで特に内容も無い
ジャスティスリーグが不安

 

アマゾン島、あんなに誰でも入って来れちゃうのに、よく今まで見つからなかったなぁと不思議に思いました(^_^;) DCコミックスの中では、強くて格好良くてキュートな明るめのお話だと思っていたのに、ガッツリ悲しいじゃないですか~(;△;)ダイアナが最強最高ヒロインだったので、完全に感情移入していて、悲しみの余韻で涙が出そうです(;_;) 冒頭のアマゾン族の戦いぶりが、クライマックスかというくらい格好良くて、ツカミはバッチリで興奮しました(*^▽^*) それでも銃を前に成す術もない姿が「セデック・バレ」のセデック族などと重なり、侵略の歴史を感じざる得ませんでした(>_<)

 

めっちゃよかった…
プリンセスヒーロー👸
戦争映画とアメコミ要素混ぜた感じで新しい!
監督が女性なのにこのパワフルアクション(°_°)
全く感動ものだって思ってなかったけど、最後普通に泣きました笑
本当に良かったです!!!!

 

超大作目白押しだった夏ムービーの中では一番楽しめた。色々と粗が目立ったトランスフォーマーやスパイダーマンに比べ、バッタバッタと敵を蹴散らしまくるワンダーウーマンが爽快この上なし。
とにかく主演のガル・ガドットがキレイ。こんなにもスクリーン映えする女優は久々かもしれない。
ワンダーウーマン達が組むチームの顔ぶれにもちゃんと意味を持たせたのも高ポイント。
ここまできたらDCEUは徹底的に大暴れしてほしいもの。

 

クスッと笑えるネタがたまにでて来て面白かった!
けど、長くて終盤だらっとしちゃっちゃ感否めない。。

 

ガルガドットが綺麗でかっこいい。アクションシーンも良かった。
ただ、主人公ダイアナの性格は個人的に好かないかな。
それに、少し長く感じた。もう少しテンポがよければな~

 

目的ははっきりしているけど、そこに辿り着くまでの過程の間延び感がチラホラ。アクションシーンは納得。でも2時30分近く上映時間なくても良さそう…。

 

CGが時々違和感あったり
世界観にそこまで入り込めなかった
ゆるーく観るにはオススメ

 

ガル・ガドットとクリス・パインの画の美しさが最強です!
王道のストーリー展開で安心して見てられるものの、他のキャラが割とないがしろだったので少し残念でした。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-SFアクション
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.