【口コミ・感想】映画『何者』の評価評判(佐藤健、菅田将暉、有村架純) - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

小説 青春群像ドラマ

【口コミ・感想】映画『何者』の評価評判(佐藤健、菅田将暉、有村架純)

投稿日:10/15/2016 更新日:


「ツイッター、インスタ、ラインをすげー駆使した現代の人間関係の闇を写し出してた…」「鳥肌が立った」「就活時に見てたら死んでた・・」「今をときめく若手役者たちの抑えた繊細な演技が良かった!」

 

movie
上映中【2016年10月15日(土)公開】

 

『桐島、部活やめるってよ』で注目を浴びた、直木賞作家・朝井リョウのベストセラーを映画化した青春群像ドラマ。力を合わせて、就職活動に挑む5人の大学生たちが、自分が“何者”なのかを模索していく姿を描く。佐藤健、菅田将暉、有村架純ら若手実力派が多数共演し、等身大のキャラクターに命を吹き込む。-Movie Walker-

 

 

映画『何者』を観た人の感想、評価、口コミ

何者。すごい色んな登場人物の考え方に共感できた。たぶん就活の記憶がありありと残ってるうちに観たからだなー

 

何者色々共感する事があって面白かった~☺️ (´・ω・`)そして有村架純良き👍

 

就活やってる人・やる予定の人はすぐ見なさい。

 

「何者」観てきた! 面白かった〜〜〜〜( ..-ᴗ-.. ) エンディングがやっぱ最高。。。

 

何者おもろかったよー 思ったことはSNSの裏アカ持ってる人もその裏アカを調べてみてる人も怖いからSNSは怖いってこと。

 

何者見てきた。なんか何者見たら今後自分大丈夫かなとすごく心配になった。主題歌米津玄のNANIMONOがすごくよかったなー!

 

「何者」を鑑賞。 怖い、Twitter怖いよ、、笑 佐藤健がドブネズミ過ぎてブサメンに見えるのがむしろ爽快(褒めてます) そして、映画を観る前と後で全く印象が変わる中田ヤスタカの主題歌。これが世界のNAKATAか、、 ベスト主題歌賞はキミに決めた!!

 

何者、ツイッター、インスタ、ラインをすげー駆使した、現代の人間関係の闇を写し出してた… あと、有村架純さん、かわいかった!

 

「わかるわ〜」って思うシーンがなんどもあった笑 就活ってほんと大変‥

 

とっても面白かったです。 学生時代もっといろんなことに挑戦しておけば良かったという気持ちにまた駆られました(笑)

 

『何者』観てきた! まだ続く、と思ってたら終わった。 気になる。頭から離れへん。 米津玄師の曲も離れへん。  菅田くんかっこいい。

 

『何者』うわぁ……就活をめぐる青春群像劇だと思っていたら、自意識をめぐる最高クラスに痛々しい物語だった。終盤の仕掛けのいくつかにも見事に騙された。ディフォルメされた人物とリアルな黒さ、痛さが自分に突き刺さる……あとツイッター辞めたくなる。今日もいっぱい書くけど

 

『何者』見て、しあわせな既婚者だらけの集まりにもきちんと顔を出そうと思いましたし、知人からの劇団やライブのお誘いもちゃんと予定調整して優先しておうかがいしようと心から反省しました。何者かになっている人に敬意を…!!

 

 

何者とかいう映画が就活と青春をテーマにしてるみたいだけど、工学部にはどちらも全く関係ない話だった。

 

就活の厳しさ、ひとりひとりの仲間に対しての思い等、いろいろ詰まった作品だと思った。 セリフのひとつひとつが深くて、とても面白かった。

 

この映画は、色々考えさせられたり自分にも思い当たる節があったり、人の思いとか考えの本質をついてる感じの内容。ラストは込み上げるものを感じて、いい作品だったよ🙆笑いはあまり無いけどね😌

 

映画「何者」鑑賞 現在に生きる人たちの 青春群像劇。 主人公は演劇サークルのOBの為 演劇的要素が沢山あった。 「Twitterで実況中継してないと立っていられない」って 台詞が心に残った。

 

『何者』良かったなぁ。 ってツイートするのが怖くなるような映画だった。 就活近いから、本当に複雑な気持ちで見た。 でも原作読んだ後のあの感じと全く一緒の複雑な気持ちで本当に清々しい。 あの人のぎこちない会話とかすごくキューってさせられる映画だった

 

映画「何者」鑑賞。原作の小説にきっちりと沿ったいいものだった。セリフはアレンジがあるものの、小説と映画という表現の違いからくるものだ。原作をリスペクトしているように感じた。終盤での演出は、視覚で訴える映画だからこそできるもので、とても感動した。原作を読まずに見れる人たちが羨ましい

 

映画 何者を見に行きました 努力する人を評価したり、なりたい自分になろうともがいてる人を馬鹿にする人がいるけれど評価して馬鹿にしている人ほどなりたい自分を探すために努力してるんだよなぁ 自分めた他人の努力を馬鹿にする人間にはならないようにしよう

 

何者、俺にとっては残念な映画であり物語だった。若者たちのマウントの取り合いを延々見せつけられれば、ひょっとしたらリアルかもしれないが、勇気は全く湧いてこない。個人的には20歳過ぎた大人が他人と自分を見比べてウジウジしてる方が不自然なので、正直リアルとも思えない。

 

原作ではtwitterの存在は確認されているけど、本人は回想シーンでしか登場しない。スピンオフに関しては第三者から存在を語られるのみ。「烏丸ギンジ」はまるで存在していないかのように徹底して書かれている。

 

観た後鳥肌がたった! 演出がすごい。特に何者の意味が明かされるところからラストまでがすごかったです。 就活中の男女ぐらいしか予備知識なしで、原作未読。原作も読んでみたくなりました。 自分は就活中でもなく、意識高い系でもないけど、SNSの描き方が刺さる感じでした。

 

「何者」鑑賞。生々しい就職活動。面白かった。中と外があべこべの自尊心、意識の高さ、承認欲求、SNSの闇…就活ならではの黒さ。最高でした。そして佐藤健が黒い、黒いけどその気持ちは痛いほどに分かる…観れてよかったです満足。就活はこんなものだよね…

 

何者 ぼっちで観に行った。ラストスパートの恐ろしさは原作同様、演出のリアルさとヤスタカさんの音楽がどくどく流れてきて目の前が暗くなった。俳優も全員ハマり役でスッキリ観られたし、それに……この作品観た後に堂々と感想書くの恐っっっ!

 

 


 

映画『何者』を観た人の感想、評価、口コミ続き

何者の主題歌かっこいいと思ったら、田中ヤスタカさんなんだ。オリンピックのやった人だよね。

 

ストーリー理解大変だった

 

映画『何者』を見たけどつまらないわけでは無いけど評価しにくい作品 ただの就活あるあるというか伝わってくるものがあまり無いし

 

映画『何者』の佐藤健を観て「こいつは俺だ!俺もこの通りだったんだ!」って激しい胃痛を抱えながら燃える水車小屋の前で号泣しています逃げ出したい

 

何者 鑑賞。東宝でこれだけ人気若手俳優集めて、ウェルメイドにせず、どこにでもいそうな若者たちをリアルに体現した三浦監督はすごい。ただ、この年代の青臭さや、ヒリヒリする絶望感が怒涛のようにきて、もう一度観るのはしんどいかも。でもSNS世代を切り取った傑作です

 

何者 を鑑賞してきた。う~ん…面白いつまらないで括れないような作品かも。魅入ってしまう内容にはなっているんだけどね。大ドンデン返しかどうかは観た人の判断に任せます。とりあえず、就活あるある的な映画でした。

 

何者観てきた。久々に映画観て鳥肌立ったw 怖いい。ともすれば寒々しく退屈にも感じる序盤と中盤を抜けた先の、とある人のとある一言に総毛立った。ゾワゾワする あれはこのセカイに居る人ならどれ程重いかわかる。就活はヒトを暗部に叩き落としすぎだなぁと思いました。面白かったです

 

何者見てきた(*´・ч・`*) 就活にはあんまり手を出さなかったけど 実際に見てみると血腥いんだなって思った 人間臭い部分をTwitterとかネットとかで表現してるのが心に痛いくらい伝わってきてびっくりしました

 

はあ〜〜〜光太郎最高だったーーーーーーー音楽も含めて、何者は最高のエンタメになっていました。パンフも読むの楽しみ

 

『何者』青春が終わり就職という重圧に苦しみ、あらゆる感情が渦巻き自分は何者かを模索する。今をときめく若手役者たちの抑えた繊細な演技が良かった。劇作家の三浦大輔監督ならではの冴え渡った演出。この先、就活を控えてる身としてはめちゃくちゃ恐ろしかった。

 

何者の映画観てきたけど…ある意味ホラーだよ…予想通りというか就活は特に心抉られる話だと思う…個人的には二階堂ふみちゃんの「立ってられない」ってとこが1番印象に残ってる

 

家で見てたら寝てしまうな。ただこの作品はものすごく自分の中に残っていく。と思う。 特に有村架純のセリフがよかった。 烏丸ギンジがいい

 

何者おわったすげーグサグサやられたwww

 

 

何者 みてきた~就活とか自分っていうすごい気が重くなるテーマ~けどなんか変わらなきゃなって思った~言葉にできない~とりあえずリズミック流れたし米津だしよかった~原作読みたい~

 

何者わず 主人公と重なる部分がグサグサ刺さった 就活時に見てたら死んでた

 

めっちゃ鳥肌立った。面白い!個人的に菅田将暉くんの微妙な声色の使い分けにどハマりしてました。ライブシーンで菅田くん歌ってたのすごい良かったけどCDにならないんかな。佐藤健くんは葛藤がほんとよく似合う!戦う人の目だね。

 

何者は、もっと若い頃とか、就活頃に見たらもうツラくて痛くて見てられない映画かもしれない。苦手な監督だったけど、まあ、そうだった。この作品だからこの監督なのか、かも。

 

「何者」の衝撃強すぎた。スタッフロール後も感情が収まらなくて、トイレに篭って泣き腫らしてましたw 嫉妬、ジレンマ、劣等感などやりきれない不安定な感情が静かに怒涛に押し寄せてくる、かといって重苦しくない作品でした。見てて辛すぎて心臓つぶれるかと思った。

 

たとえば福士蒼汰や桐谷美玲が出るとチャンネルを変える人には『何者』がストライクに入るだろう。オレには『何者』出演者の投げる全球ストライクだった。連中の「作戦室」に物言わず同席したような気がした。原作を読んでいるが後半は鳥肌が立った。

 

映画「何者」観てきた!自分が就活してた時のこととか思い出しつつ、自分ってどう見られてるのかとか色々考えたなー。後日もう1回観てみよう!98分くらいでサクッと観られる映画なので、皆さんも是非♪

 

何者の感想 ・有村架純かわいい ・菅田将暉もっとかわいい ・佐藤健のちょっと冴えない役のはまり感が異常、感情移入できる役かと思ったら最後に桐島を彷彿させるどんでん返し ・リアル感演出のためか伏線多くしすぎて回収できずに終えた感あるのがちょっと不満かも ・Twitter怖い

 

何者サワ先輩観て参りました。はっきり言って 人間模様が面白かった・・・です。あと何回は観たいって思える作品でした。ミステリーのどんでん返し的な設定胸に迫るものがありました。そしてサワ先輩・・・ポイント的に存在感ありで本当に達観って言葉があてはまる役柄でしたよ☺️

 

何者 架純ちゃんは相変わらずのゲキかわだったが、私はあえて「有村架純まだ旬じゃない説」をとる。5年後10年後にきっとすごくなる。

 

「何者」は、まさにこれから就活が始まる時期のTwitter大好き大学生というドンピシャ設定なので原作もチェックし主題歌も聴き倒して万全の体勢。演劇ではなく映像だけど主人公の設定も近いものがあるし、いかに映画として料理してくれているか……!

 

何者 見ている間、「就活」っていったい何だろうと考えていた。子供の頃からみんなで一緒に頑張りましょう、勝手な行動は迷惑になりますとか教育されてきて、没個性なスーツを着て、履歴書や面接で自分をアピールしろと言う。アバンからタイトルバックへのシーンは日本以外でも存在するんだろうか。

 

何者 まさかの大ツイッター映画(もしくはツイッター否定映画)。就活という陰鬱なテーマをことさらドラマティックにすることもなく描く。淡々と進む話に最後まで退屈しないかなと一瞬危惧したが、飽きることなく引き込まれていった。「何者」というタイトルの意味が見終わると染みてくる。

 

 

●キャスト●
二宮拓人 佐藤健
田名部瑞月 有村架純
小早川理香 二階堂ふみ
神谷光太郎 菅田将暉
宮本隆良 岡田将生
サワ先輩 山田孝之

●スタッフ●
監督	三浦大輔
原作	朝井リョウ

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-小説, 青春群像ドラマ
-, , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.