【口コミ・感想】映画『怪物はささやく』の評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

ファンタジー 小説

【口コミ・感想】映画『怪物はささやく』の評価評判

投稿日:


「号泣&感動のダーク・ファンタジー!」「辛さと安心と共感で涙が・・・!」「あなたの心を激しく揺さぶること間違いなし!」


上映中【2017年6月9日(金)公開】

 

カーネギー賞とケイト・グリーナウェイ賞をW受賞し、世界的なベストセラーとなっているパトリック・ネスの小説を映画化したファンタジー。13歳の少年と、突然彼の前に現れた怪物が繰り広げるエピソードがつづられる。リーアム・ニーソンがモーションキャプチャーに挑み、CGで再現された恐ろしい怪物に命を吹き込んでいる。-Movie Walker-

 

 

映画『怪物はささやく』を観た人の感想、評価、口コミ

映画『怪物はささやく』鑑賞。イギリスのYA小説が原作のダークファンタジー。こういう現実と空想がまじったような世界は、私にとって居心地のいいところです。悲しいけれどいい映画でした。原作も読んでみたい。

 

『パンズラビリンス』が好きな娘(小3)と『怪物はささやく』鑑賞。 また、2人のお気に入りの映画が増えました。 原作も読んでみよう。

 

【怪物はささやく】観ました...! 美しさと、人間の持つであろう二面性と矛盾...改めて映画館で観てもいいなと思える作品でした。

 

映画『怪物はささやく』 ⇒特にグッとくる作品はなかったかな(><)

 

墨絵のようなアニメーションが美しかった。シガニーウィーバーも美しかった

 

ダークファンタジーと聞いていたのだけど、ただの泣ける映画だった(感動でガチ泣き)

 

結局、怪物は何者だったんだろう…… 真実を受け入れさせる残酷さと寄り添う優しさが素敵だった。怪物の語る3つの物語は物語だったからこそ、心に沁みた。

 

私的にはイマイチでした。 けっこう難しいぞ!

 

「怪物はささやく」に行ってきた。孤独な少年の友達や家族、自分との葛藤に怪物とのからみも良かったです。最後 母との別れのシーン泣いたわ。お母さんに本音が言えて良かったね。

 

こどもとおとなの間の一瞬をとらえた奇跡のような映画。 のりこえ強く生きていって欲しいとエールを送って観終わった。

 

映画『怪物はささやく』いじめは世界の共通習慣。ムーンライト同様組織的犯行は見逃され、やむにやまれぬ個人の反撃は咎められる。少年院行きにならなくて良かった。

 

「怪物はささやく」に行ってきました!
正直これ面白いのかな?と思っていたのですがめちゃめちゃおもしろいじゃないですか!笑
イチイの木との会話のシーンやお母さんとの最後のシーンは泣きました。なんども見たくなる作品ですね。

 

怪物はささやく👫 ダークファンタジーだけど現実味もあって複雑な世界観で綺麗だった。詳しくは言わないけどめちゃめちゃ号泣しました😭😭

 

 

怪物はささやく。はじめはモンスターに翻弄されながら徐々に深みにはまっていく様は、やっぱりパンズラビリンスみたい。重い現実を突きつけられた少年少女の心理をまざまざと見せつけてくるのでグサグサ刺さる。心が痛い。映像がとても美しい。

 

怪物はささやく』。怪物はインパクトあって、リーアム・ニーソンの声がマッチしてて素敵だ。3つの物語のアニメは幻想的でよかった。少年の試練の映画だよね。最後はハッとさせられたよ。

 

見せられてるものが現実なのか夢なのか、、、空想なのか。あれこれ考えながら。そしてラスト😭気付いたらコナーの立場から見てた😭😭😭

 

「怪物はささやく」とても残酷でとても綺麗な話でした。少しだけ自分に素直になれる素敵な映画でした

 

とても大きな作品だった。 ヒトが言葉を得て以来、何千年も物語は創られ続け、幾らテクノロジーが進化しても、映画がきっと不滅なのは、ヒトにとって不可欠だからだ。 対処し難い哀しみの唯一の処方になり得るのは、結局のところ、物語だけなのだ。『怪物はささやく』

 

素晴らしい。
物語や絵が持つ古い魔術的な力が顕現する。

 

人の行い、それを善悪で判断する複雑さ
頭上手く働いてなくて、初見時では全てを理解できなかったので、円盤でまた観直そうと思います

 

映像も迫力あって楽しめました
怪物はモンスターらしくて、若干怖かった
グルートみたい⁉︎笑
ルイス・マクドゥーガル君の演技は見事
フェリシティ・ジョーンズは、やつれてる
リーアム・ニーソンは、怪物の声にマッチしてた
やっぱり、ベストセラーは違いますね
あと、絵がうまい

 

パンズ・ラビリンス」のスタッフと聞いて薄々予想はしていたけれど、これはファンタジーの形を借りた現実的なある少年の成長への試練の物語。
夢と現実、善と悪、嘘と本音。成長というのは物事を多面的に捉える事でもあるよなぁ、と。罰が云々と言う個所も印象的だった。ただ、若干ササッと終わらせ過ぎじゃね?と思った物語の一編もあり、予算の関係かな…?とw水彩画のアニメーションが綺麗だった。
ごくごくシンプルな話なので、もうちょいファンタジーの部分の衝撃が欲しかったかな。主人公の男の子の鬱屈した表情が良かったので、これからに期待。

 

大ベストセラーの英文学最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作陣と『永遠のこどもたち』『インポッシブル』の監督が描く、号泣&感動のダーク・ファンタジー!あなたの心を激しく揺さぶること間違いなし!

 

オープニングが綺麗で途中のアニメも素晴らしいと思います。ややダークな映像なので好みが分かれそうです。おばあちゃん役のシガニー ウィーバーはハマリ役でしたが、主人公の子役がイマイチ好みではありませんでした。

 

自分の中では分かっていてもあと一歩踏み出せなかった少年。
怪物と出会って成長するけど結局その怪物は少年の妄想なわけで。
ラストシーンでそれが繋がって、感動というかちょっとホッコリしました。
アニメーションが可愛いし内容的に子供にも見てほしい。

 

 


 

映画『怪物はささやく』を観た人の感想、評価、口コミ続き

『永遠のこどもたち』の監督なので、もっと陰鬱なタッチになるかと思いきや、意外とホラー要素は控えめ。
原作の方が、「主人公の悪夢の正体は何か?」の描写が細かく、ダークで迫力があるぶんラストのカタルシスも大きかったように思います。
画集のエピソードも原作にはなく、映画の方がファンタジー色が強くてやさしい印象。
オープニングの水彩アニメーションがとても綺麗で印象的でした。

 

原作未読です。
パンズラビリンスの方が好きです。
他にないダークなキャラクターデザインが凄いなぁと思っていたけど今回の怪物のデザインはうーん。でもアニメーション映像はとても綺麗なのでもう1度見たいと思います。

 

怪物はささやくはいい題名だなと。
とにかく映像がきれいで主人公の現実と妄想が入り交じった雰囲気をしっかりと感じさせてくれる。さらに主人公の男の子の演技が凄いので必見。その子の持つダークな部分と少年の幼さや純粋さの表現が凄かった。
結末は多分〜なんだろうなと思ってしまっていたのだけど、最後にサプライズもあり後味もいい感じに。
映像にたくさんのこだわりを感じたので映画館の大きいスクリーンでもう1度見たいなーと思った。

 

怖い系だと思ってが、少年の思春期を描いたダークファンタジー作品だった。
アニメーションも素敵。
子どもにも見せたい作品だけと、あのポスターだったら対象年齢は違うのかな。

 

基本のストーリーは王道でストレートだが、丁寧でよい。ラストなどではしっかり驚きも納得もあり面白い。
アニメがとても楽しい。あと、怪物が思ったより迫力あるガチのやつなのがよい。

 

少年が4つの物語を通して成長していく話。精神世界と現実との混ぜ方が良かった。少年の暗い顔が印象的で、独特な世界観にマッチしていた。
水彩画のアニメーションがとても綺麗。

 

病気の母親と二人で暮らす少年の、苦しみと葛藤を描いたダークファンタジー。
原作は児童書だが、決して子供騙しではない深い物語性がある。映像が美しく、水彩画のようなアニメーションシーンが印象的だった。子供から大人まで楽しめる作品。

 

思ったより普通の脚本だったかな
アニメーションが好きだった
苦労して作ったんだろうなあ

 

時期的にグルートに見えてカワイイ
リーアムニーソンの声は穏やかでぴったり
水彩で描かれる幻想的な物語世界は、わかりやすい勧善懲悪ではない
見方によって善悪は簡単に変わる
1つめの物語が好き
現実世界での母親、父親、祖母との関係の描き方も優しい眼差しで描かれていてよかった
良作の少年成長物語でした

 

感動しました。ちょっと大げさだけどね

 

現実と願望がごちゃ混ぜになってしまった少年が生み出した“怪物”。
こわいはずなのに、怪物が伝えようとする物語は誰しもに共通する“諭し”のような気がしてならない。
子供向けではなくて、オトナが見て考える作品なのかなって。
個人的には。
怪物が話す物語を表現したアニメーションが、
独特の世界観との対比にあってすき!

 

思春期における妄想と空想と現実。
特別すきなシーンがある感じではないけど疲れた時にみてたい内容でした。
心のバランスが不安定な時期に経験した事はきっとその後に繋がる〜。
物語それぞれが確かになあと思わされ◎。

 

これはすごいです!
それしか言えません。
バヨナ監督、ジュラシックワールドの続編がより一層楽しみになりました。

 

 

「ものすごくうるさくてありえないほど近い」によく似ている。
儚くて危うい主人公の戸惑いがよく表現されていた。
物語のシーンで使われてた水彩調のアニメーションがとても美しく、芸術的。

 

細やかな所までじっくりと、もう一度見たい!と思いました。

 

少年の目を通して、思い通りにならない現実と、彼を取り囲む大人たちの優しさを感じた映画でした
物語が進につれて、少年と怪物の関係性が徐々に変わっていくのも印象的でした
物語の終盤では、少年が目を背けてきた自身の真実が明らかになるとともに、怪物の正体も判明します
最後の最後で、優しい気持ちになれた映画でした
家族や大切な人と見られることをオススメします!

 

ストーリーも含め、全体的に繊細な作りの映画です。好き嫌いの分かれる映画ではなく、誰が見ても何かしら感じるところはあるのではないでしょうか…。
心に残る一作だと思います。

 

見方によって善と悪は違ってくる。意地悪なおばあちゃんも頼りないお父さんもそれぞれ事情を抱えていて、コナーの知らないところで苦しんでいる(かもしれない)。だから人を恨んだり憎んだりすることはすごい自分勝手な行動で、ただただ虚しいだけなのだろう。コナーは自分を抑圧する子なんだろな……あの年であんなに自分の気持ちを抑えてるのってちょっとやばいよな。幸せになってくれ、!

 

もっとファンタジーファンタジーしているのかと思っていましたが…かなり現実的な精神世界のお話でした。始めは謎が多くよくわからないところが多いですが、クライマックスで繋がった瞬間は、辛さと安心と共感で涙が出ました。色々な人が共感できる作品だと思います。アニメーション表現がかなり美しく、魅了されました。映画館ではなかったので、周りの感想がよく聞こえてきました。よくわからなかったという声がたくさん。お子さんには難しいかもしれません。

 

「ささやく」まさにピッタリだと思いました。
享楽が全面に出ている映画。
物語を消費する時の描写はすごく綺麗な絵本という感じ。とても素敵。
リーアム・ニーソンはまり役だったな?

 

邦題の怪物はささやく いい邦題だと思う 好きです ささやくような度合いではなかったけれど
少年と怪物の3つの物語
この物語のアニメーションがとっても可愛らしくて美しいのでオンラインの画質が少し悪かったので劇場で楽しみたいと思うくらいに 1度2度観るたびに深く感じる そんな映画でした
真実に目を向けようとしない少年につい自分を重ねてしまう、理解しているけれどきちんと受け止めようとしない そんな自分を。

 

永遠のこどもたちの監督による切ないファンタジー映画。
12:07になるとコナーの前に木の怪物が現れ物語を伝え始める。その時間が現実と夢の狭間みたいで少し不気味だけれどゴシックで可愛くて…コナー同様だんだんと待ち遠しくなってきます。
物語の1つ1つは"道徳的で綺麗な話"ではないけれど、どうも納得してしまう。コナーに共感できる人には耳を塞ぎたいような心苦しいものがある一方で心の支えになる映画でもあるはず
木の軋む音に感じる振動やカメラワークでの切迫感などMX4Dの力無しでも臨場感があり映画本来の力を感じました!あとコナーくんの表情がトム・ハンクスに似ていた

 

夢と現実、嘘と真実、目に見えるものと見えないもの
正義が正しいとは限らないという矛盾、etc、etc
とても繊細に丁寧に少年の心が描かれていました
子供から大人への多感な時期に必要な
人生のバイブルとしてとても大切なことが
たくさんメッセージとして伝えられていました

 

映像がきれい。パンズラビリンスのスタッフときいて納得の怪物デザインだった。
主人公の少年の葛藤とか表に出せない苛立ちも見てて辛いけど、おばあちゃんの心情を思うと胸が痛い。
人生は末長く複雑で決して完全に幸せてはないけれど、正直になる事で歩み寄る事はできるんだなとしみじみ。

 

ファンタジーだけどもとても現実的な話だった。
主人公が幼いのもあって見ていて心が痛む。やっぱ溜め込むの良くないですね。
物語に二面性があるのが面白い!!
自分にとって都合の良い嘘を信じてしまいがち。
物語を通してシーンの切り替え(つなぎ方)がお洒落。水彩画のようなアニメーションも観ていてワクワクする。
部屋の家具や子供部屋がとにかく可愛いから注目して観てほしいです〜

 

★皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
Conor	ルイス・マクドゥーガル
Mum	フェリシティ・ジョーンズ
Grandma	シガニー・ウィーヴァー
The Monster	リーアム・ニーソン

●スタッフ●
監督	フアン・アントニオ・バヨナ
脚本	パトリック・ネス
原作	パトリック・ネス

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-ファンタジー, 小説
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.