【口コミ・感想】映画『散歩する侵略者』の評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

ドラマ ミステリー

【口コミ・感想】映画『散歩する侵略者』の評価評判

投稿日:


映画『散歩する侵略者』口コミ感想ネタバレ 映画『散歩する侵略者』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「怖いし笑えるし、しかも今回泣けた…!」「恒松祐里の可愛すぎる声!」「意外な展開と摩訶不思議な世界を支えるキャスト陣がとてもいい!」


上映中【2017年9月9日(土)公開】

 

黒沢清監督が、劇団イキウメの人気舞台を映画化したミステリアスなドラマ。とある町を襲った異変によって、“侵略者”に乗っ取られ、まったくの別人になってしまった夫に困惑する女性や、事件の真相を追うジャーナリストらの姿が描かれる。ヒロインの鳴海を長澤まさみ、その夫を松田龍平、ジャーナリストの桜井を長谷川博己が演じる。-Movie Walker-

 

 

あらすじ<STORY>

不仲だった夫・加瀬真治(松田龍平)が数日間の行方不明の後、まるで別人のように穏やかで優しくなって帰ってきたことに、妻・加瀬鳴海(長澤まさみ)は戸惑う。一方の真治は、何事もなかったかのように毎日散歩に出かけていく。同じころ、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙なことが多発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材しながら、天野(高杉真宙)という謎の若者に出会う。二人は一家惨殺事件のカギを握る女子高生・立花あきら(恒松祐里)を探す。桜井はあきらを見つけ、そこで天野とあきらがある男と会話をするなかで起こった異変を目撃する。天野は、自分たちは侵略者で人間の概念を調査しており、自分たちがその概念を学習すると相手からそれが抜け落ちると言う。桜井は半信半疑ながら天野たちに興味を持ち、もう一人の仲間を探すという彼らに密着取材を申し入れる。一方、毎日ぶらぶらと散歩をするばかりの真治に、散歩中に何をしているのかと鳴海が問い詰めると、地球を侵略しに来たと答える。鳴海は戸惑いながらも、真治を再び愛し始めていた。町は急速に不穏な世界となり、事態は加速していく。さらなる混乱に巻き込まれていく桜井の選択とは? 鳴海と真治の行きつく先にあるものとは?

●キャスト●

加瀬鳴海 長澤まさみ
加瀬真治 松田龍平
天野 高杉真宙
立花あきら 恒松祐里
鳴海の妹・明日美 前田敦子
丸尾 満島真之介
車田刑事 児嶋一哉
鈴木社長 光石研
牧師 東出昌大
医者 小泉今日子
品川 笹野高史
ジャーナリスト・桜井 長谷川博己

●スタッフ●

監督 黒沢清
原作 前川知大
脚本 田中幸子 、 黒沢清

映画『散歩する侵略者』を観た人の感想、評価、口コミ

散歩する侵略者の映画を観て数日経ってから高杉まぴろくんのファンになりました。侵略されるまでに潜伏期間がありましたね。こう、ジワジワときました。謎の魔力がありますね、彼には。

 

映画「散歩する侵略者」の試写会に行ってきました!世界観はごく普通なのに何かが異様で、でも絶対誰もが考えた事のある侵略の様は衝撃的。宇宙人には持っていなくて人間にだけあるものを大事にしたいなあと。その"概念"は是非劇場で。あと松田龍平のつむじが可愛いのでつむじ見てください。

 

「散歩する侵略者」観てきました!
いやー、すごい映画でした…そして児嶋さんは、ちゃんと役者でした笑

 

映画『散歩する侵略者』観させて頂きましたが、もう一度じっくり観たい。
カンヌ映画祭の 「ある視点部門」に出品された理由も観ながら探りたいし、
黒沢清監督の映像だからこそ出来た表現とか。
そう、理解するまで何度もだ!
(渡部さんに止められても観たい)

 

散歩する侵略者
黒澤清監督とカンヌが大好きということが伝わってきた。映画の長谷川さん後半見せ場が多くてなんて上手いんだろうと惚れ惚れ。常識はあるんだけど情に熱くてちょっとクレイジーなおじさんを熱演。とても素敵だった。

 

散歩する侵略者を観てからずっとふわふわした感じがする…先日鑑賞した時には真宙くんの凄さに圧倒されて頭が追いつかなくて涙が出る余裕もなかったけれど今はふと概念を奪われた時みたいにほろっと涙が…本当にすごい映画だったな…

 

黒沢清監督『散歩する侵略者』鑑賞。大傑作!
この映画的面白さは、ゴダールとスピルバーグががっちり手を組んで最先端の日本映画に取り組んだ、とでも言ったらご理解いただけるか? まごう事なき黒沢清監督の最高エンタメ映画❗ これだから映画はやめられない❗

 

映画『散歩する侵略者』鑑賞。もうね、『CURE』が人生一位の映画の人間からしたら、最高中の最高。『CURE』の続編、あるいは拡大解釈みたいな映画と受け取りました。怖いし笑えるし、しかも今回泣けた……。
騙されたと思って、いや思わずともみんな観てー。

 

散歩する侵略者 鑑賞!
黒沢清と前川知大の人類への警鐘。見えない何かに侵略されていく普通じゃない日常。かたや夫婦生活、かたや逃避行。全面的に出さない不気味な画が怖い。
個人的一番は恒松ちゃんの狂気なアクション女優っぷりと長谷川さんのラスト。

 

「散歩する侵略者」
珍しく1人で鑑賞💓
期待以上によくて、
私にとっては新感覚な映画でした。
松田龍平さんも素敵で、大満足☺️

 

映画『散歩する侵略者』鑑賞。
舞台をそのまま映画にしちゃったのかな…ダメだよ…。

 

映画「散歩する侵略者」鑑賞
黒沢監督にしては怖くない👍 唯一能面のような松田さんの表情が最初不気味でしたが、少しずつ表情を浮かべるようになるとそれが可愛くて。妻の長沢さんとのやり取りも不思議と憎めない✨
夫婦関係再生の「○が○○を救う」状態で切ないSFロマンス作品かと😭

 

笹野高史や東出昌大が画面にひょっこり出てくるだけで可笑しさがある。銃火器は構えた瞬間に撃たねばいけないと言わんばかりの活劇シーンも痛快。目まぐるしい人物が画面を行き交う病院の場面や演説の場面により強烈な混沌が生まれていれば。

 

今まで自分は見たことがないタイプの宇宙人侵略物映画だが面白かった。侵略物だとインディペンデンスデイやバトルシップなどのドンパチものだがこの映画では地球人のある物を奪って侵略していくという設定が面白かった。ただ自分的にはラストがいまいちだった。

 

何だか設定が小難しいのだけれどザックリいうと地球を侵略しようと調査隊としてやって来た侵略者の1人が、最近あまり上手くいっていない旦那に寄生して地球人を理解しようと行動しているうちに大事な事を思い出した妻と知り得た侵略者の物語。何はさておき長澤まさみがとても良かった。妹である前田敦子との絡みをもう少し観たかった。

 

黒沢清の映画は毎回何この映画ってなるんですけど、マジでなにこの映画。
宇宙人侵略モノなんですけど、おかしいのはその宇宙人に遭遇した人間の描き方で、どこか素っ頓狂で、重い事態にもかかわらずなんか演技は軽いし、ちょっとほんわかした曲は流れるし、な、なんやこれ。となる。児島さんのとこなんかモロそうで、児島さんの抜けた演技と女の子のアクションのギャップがものすごい。
で1番好きだったのは長谷川博己が演じてる桜井っていうキャラで、全くつかめないし、なんか軽いし、でも怒るし、一体なんなんだこいつは。最後はめっちゃ笑かしてくれるし。なんなんだ。

 

オープニングですっごいワクワクした分、終盤に近づくにつれて退屈になってしまった感じ。
しかし黒沢監督にしか撮れない異質な作品であることは間違いないです。
監督お得意の人ならざる者描写にも満足。宇宙人トリオ良かった!
デザイン良し、内容良しのパンフレットも是非!

 

おもしろかった。
地球侵略の先遣隊3人とそのガイド役に選ばれた地球人2人の物語。
侵略される側と侵略する側の両方の世界を見ているガイド役の2人の対比で語られる。
その1人、長澤まさみにヤラれた。そんなことってあるのかぁー。
どうしてそうなる?ってところが随所にあるけど、そういうのは気にしなくてよい。
とは言え気になったのは、教会の子供たちが学芸会的な演技だったこと。あれは演出なのか。

 

常松祐里ちゃんの身体能力の高さ

 

知的かつ情熱的なSF作品。
やや強引な展開ではあったが、愛に満ちていた。

 

それを「愛」と呼ぶことも、言葉が違うだけでそれこそ執着とか所有欲と同じことかもしれない、が、だから何やと、言葉が何やと、あるのはあの「うわあ」やと、いう話。占有と分有とか説得と戦争への持論、人類を特徴づけるものとしての愛と国家、認識操作の限界点としての教会、解放と逆転、興味ありまくるし高杉真宙のちょっと長すぎる首とか恒松祐里のちょっと可愛すぎる声とか松田龍平の絶妙にキモい歩き方とかもう効きまくり。「それでも宇宙人か!」くそわろりんちょ
のわりにあんまなのは概念奪われた人のアフターの様子が個人差ってことにしても半々の割合でピンとこないというかそそられないと思ったのと、あと言葉の無力を語るには言葉の殴打が足りない欲しいと思った

 

飽きさせることなく滅亡に進んでいく感じがかなり面白かった。
意外な展開と摩訶不思議な世界を支えるキャスト陣がとてもいい。
散歩する松田龍平を愛で包む長澤まさみに
長谷川博己がどんどんおかしくなっていき
高杉の悪魔感と恒松の身体能力の高さ(笑)かっこよかった。
どっかーんとかいうSFではないけど、こういうSFならどんどん見たい。
結末も、結構好きです。

 

起承転結しっかりした、じんわり面白い映画でした。
どこを見てるのかわからない感じが、少しづつ人間らしくなっていく微妙な変化がさすがの演技だなぁと思いました。
あとはもう、長澤まさみのぷりぷり怒る姿が可愛くてしかたがない。
思いの外アクションシーンもあり、あの女の子の手に負えない感じが良かった。

 

侵略開始のCGシーンだけは要らなかった気がします。
松田龍平が愛を知り、長澤まさみをかばう姿は良かったけど、やはりちゃちなCGは萎える。
もっと新しい侵略表現、終末観的シーンの作り方は無いもんか。

 

相変わらずの黒沢清。
原作が他人とはいえ、何となくCUREっぽい。
途中から世界観変わりすぎ。
これもいつも通り。
ラスト微妙。それが黒沢清。
予算厳しかったかなーと思う部分が少々。

 

支離滅裂が過ぎる役とか、ストーリーを動かす為に不自然な行動する登場人物多すぎとか、だんだん面白くなってきて最後は笑ってた!

 

SFでありヒューマンドラマでもあるようなそんな作品だった。
地球の侵略のために人の概念を奪っていくなんとも不思議な展開。
人ととして何が一番大事な概念かを知らされた、そんな気がした。

 

新しい感じの宇宙人もの。宇宙人攻めてくるけど、これまでのハラハラドキドキとは違うハラハラドキドキ。いろんなテーマがあって、それもよい。
龍平のかっこよさ安定。高杉真宙くんイケメンやん!

 

ラストが良くないと思ったけど、色々思い出して泣いた

 

黒沢監督の映画を観たことなく、最初はナンジャコリャ!ジャンルは何?ドユコト??と感じてしまったけれど、観終わってからは、あっ!あれはそういうことか。だからああ言ったのか。と誰かと色々話したくなった。
夫婦愛・家族愛・友情・アクション・ホラー・サスペンス…色々な要素が入っていて色んな角度から楽しめる作品。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-ドラマ, ミステリー
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.