【口コミ・感想】映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』の評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

アニメ

【口コミ・感想】映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』の評価評判

投稿日:


映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』口コミ感想ネタバレ 映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「やっぱりガンダムすごい!」「ハモンさんの歌長い!」「シャアは赤が似合う!」


上映中【2017年9月2日(土)公開】

 

「機動戦士ガンダム」でキャラクターデザインとアニメーションディレクターを手がけた安彦良和による人気コミックが原作の劇場版アニメ第5弾。時代に翻弄されたジオン・ズム・ダイクンの子供たち、のちのシャア・アズナブルとセイラ・マスが辿る運命と、テレビアニメでは描かれなかった一年戦争開戦前の出来事などが明らかになる。-Movie Walker-

 

 

あらすじ<STORY>

宇宙世紀0079年。人類は宇宙ですら戦場に変え、ジオン公国軍は、世界人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦・コロニー落としを実行し突き進んでいた。一方、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。そしてその裏では、ザビ家の陰謀が交錯する。変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス(声:潘めぐみ)、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラル(声:喜山茂雄)やハモン(声:沢城みゆき)、サイド7で平穏に暮らすアムロ(声:古谷徹)やフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた。そんななか、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブル(声:池田秀一)の「赤い彗星」としての伝説が誕生する……。

●キャスト●

シャア・アズナブル 池田秀一
セイラ・マス 潘めぐみ
デギン・ソド・ザビ 浦山迅
ギレン・ザビ 銀河万丈
ドズル・ザビ 三宅健太
ガルマ・ザビ 柿原徹也
ランバ・ラル 喜山茂雄
クラウレ・ハモン 沢城みゆき
タチ・オハラ 北沢力
ガイア 一条和矢
オルテガ 松田健一郎
マッシュ 土屋トシヒデ
ヨハン・I・レビル 中博史
アムロ・レイ 古谷徹
カイ・シデン 古川登志夫
ハヤト・コバヤシ 中西英樹
ユウキ 小野賢章
ファン・リー 瀬戸麻沙美

●スタッフ●

総監督 安彦良和
演出 江上潔 、 カトキハジメ
漫画原作 安彦良和
原作 矢立肇 、 富野由悠季
脚本 隅沢克之

映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』を観た人の感想、評価、口コミ

映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』を観た。
池田さんのシャアを映画館で聴けるだけで価値があるのに、さらに面白いから文句のつけようがない作品。
赤い彗星の格好良さとコロニー落としの非情さが半端ない!!

 

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突ルウム会戦」見てきました。
今回も面白かったです。映画館にガンダムの原画が展示してありました。

 

ルウム戦役が始まったところで終わり〜
「激突 ルウム戦役」ではなく「激突 ルウム会戦」な訳だ、ラストのお預け感ハンパない。
安彦キャラの作画や3DCGのMSアクションは見応え満点なんだが、
1年戦争の歴史の勉強をしてるみたいで
主人公が誰なのかハッキリしない。
一本の物語としての出来はイマイチ、
ルウム編前後編で物語として完結するんだろうが2018年まで待ち遠しい。

 

ファーストから38年!
幼稚園の頃にテレビの再放送から見始めた自分が、今日は高校生の息子と鑑賞。ちょっと不思議な感じがした。
声優さんたちが、変わってないのが、すごく嬉しい。
ガンダムの世界観は、よく維持されていたと思う。それぞれのキャラクターの個性も
ベテラン声優陣が、見事に表現しきってる。
そこで終わるか〜っていう斬新な最後も◎
次が早く観たい!

 

ルウム戦役の前半部分。
戦闘シーンが少な目なのは残念。
シャアと黒い3連星、ランバ・ラルとドズルの会話などはとても面白かった。
ドズルの掘り下げ部分は、ドズルはザビ家の中でもまもとな側の人だけれど、それ故に子供をダシに自らを正当化しないとやっていけないという感じが良かったです。

 

成長したセイラさんが怖すぎでビビった
まさかWBに乗り込む以前に人殺してたなんてっ!

 

戦闘シーンがかっこよかった!
続きが楽しみ!

 

エンターテイメントとして、ガンダムには珍しい艦隊戦、そしてザクの戦闘シーンも見どころ。いつもながら、ジャンプの連載マンガのようにええとこで終わるのが不満ですが、来年5月の最終作も楽しみに待とうと思います。

 

やっぱりガンダムすごい!
ファーストに向かっていくこの高揚感!たまらん。
いろんなレビューが散見されるのも、それぞれのガンダム愛ゆえなんですよね〜。レビュー見ながらさらに思いを熱くします。
僕は個人的に無駄なシーンはないと思いました。
それぞれのキャラを広く浅く拾い集めてます。この尺だから仕方ないよ…。
奥さんのゼナに膝枕されるドズル中将、反骨的なランバ・ラル、ランバ・ラルが惚れ込むだけのことはあるハモンの肝の据わりかた…などなど…たまらんシーン満載!
しかし…自分も含めて劇場はオッサンがたくさん…。😁
ま、ガンダムですものね!

 

LVだけど銀河万丈さん初めて見た。カッコいい
カイは不良といっても学校さぼって遊んでる無気力な若者ていどのイメージだったけどすごい行動的、完全に危険人物
ドズルは原作漫画の時はドズルらしい納得の仕方だなあぐらいに思ってたけど、新しい家族をもって人として重大なことに気づくが結局は戦争を正当化する理屈に呑まれてしまう、というパンフのコメントには色々納得
まともな人間ならあれだけの事に関与してまともでいられるはずがない。コミカルなドズルはここまでで彼もまた時代の狂気に憑かれていくのか
人類史上最悪のコロニー落としは割とあっさり。災害描写がきつすぎてBD化遅れた(と思う)スターゲイザーよりはマイルド

 

オレはガンダムを心の底から愛して止まないので、どんな出来でも見る。
アムロ出てくる意味ねーじゃんとか、死ぬためだけに登場するキャラが茶番だとか、ハモンの歌なげえよとか、思ったとしても始発に乗って何時間でも並び、1万円のブルーレイを買う。
たとえ2万でも買う。
3万だったら責任者を暗殺する。
そのくらいガンダムが好きだ。
間延びした作品に飽きて寝落ちしそうでも、端っこの方にマ・クベが座っているだけで死ぬほどテンションが上がる。
ガンダムを愛するとはそういうことだ。

 

無駄に長いシーンか多いのが残念…
でいつもの「え、ここで終わり」感ψ(`∇´)ψ
もっとモビルスーツ戦が観たいっすね!
懐かしい顔がチラホラ見れてそこは「おぉ!」と良かった。

 

まあある程度刻んでくるのは予想してたし、それを踏まえても面白かったです!相変わらず美しい作画、特にシャアザクの神々しさはヤバイし、それを拝むだけでもファンなら観る価値ある。また一年戦争の役者たちも揃ってきてワクワクするし、この数ヶ月後にガンダムに乗ることになるアムロのまだまだトボけた感じやら今後の激戦を思うと感慨深い。
まあ物足りなかった分は来年のお楽しみって事で『誕生 赤い彗星』を待ちます!

 

期待を半分裏切られた形でしたがこれはこれで個人的にはありですね。
ただこの内容なら演出をもっと頑張って欲しかった。

 

過去編最終章であるVIに向けての前フリ要素多目でしたが、コロニー落としの全容と「通常の3倍の速度」のリミッター外しのシーンは迫力ありました。

 

セイラさんがね!
(๑˃̵ᴗ˂̵)
覚醒したのかと思いましたョ。
お兄さんがあの人ですもんね〜
やっぱりカリスマ性ある方でした。
レベルの高い作画で描かれる人間ドラマは中々見応えは感じ

 

やっぱりシャアには赤が似合う!
次回作もシャアが主役らしいから楽しみです!!!

 

シャア・アズナブルが赤い彗星になる戦さって事でオリジンシリーズ5作目にしてやっと来た〜待ってました〜な楽しみにしてたやつ!
やけど〜ここで終わるかい?な、またしても刻むね〜な内容でした。もちろん宣戦布告からの慌ただしい流れやコロニー間の物語はドラマとしてオモロイし、コロニー落としって言う見所もあるんやけどもうちょい削れるシーンあったと思う。その分を後半のルウムに回してほしかった。
特にハモンさんの歌長いw

 

いよいよ、1年戦争会戦。
とはいえ、舞台となるルウム戦は、ほとんど描かれず、次作へ。
「赤い彗星」誕生は持ち越しに

 

戦闘シーンも多くすぐに続きが見たいと思わせる終わり方は見事。ただ毒ガスのシーンはもう少し描いてほしかった。舞台挨拶で銀河さんのギレンの演説を生で聞けたのは感動した。

 

なんだか前半が退屈でした💦
この場面いる?っていうのの連続でアムロとカイの事件とかハモンの長めの歌。
情緒不安定なドズル。
ブリティッシュ作戦の毒ガスもなんかこう。。。
うまく描けないのかなと。。。
とはいいつつ、ルウム会戦からテンション上がりました!
ただ、短いよ〜そしてそこで終わるのか。
次の赤い彗星誕生に期待ですが、予告を見る限りルウム戦も短そう。
ルウムを長く濃く描いてくれることに期待します!

 

大人になったセイラさんが良い。潘めぐみは良い役者ですね、一気にいつものセイラさんっぽくなった。池田さんは言わずもがな。
残念なのが終わり方。ルウム会戦したところで…終わりかよ…vol1冒頭で戦闘は描写していたから要らないってことですかね?バンクでも良いから持ってきてほしかった。
盛り上げ方は上手いだけに残念。ハモンの歌も突然だったけど、歌詞がこれからにリンクしていて良かった。勿体ねー。

 

最後のシーンがワクワクした

 

良かった。
いいところで終わる…
次のシャアの活躍が楽しみ!

 

相変わらずの質の高いドラマと美しい絵。今作は次回の赤い彗星シャアへのつなぎです。連邦とジオンのルウム会戦突入までを描くので、えっ!ここで終わるの感あります。でも大人になったセイラがとても怖くていいです。

 

なんか…一番美味しいところで終わってしまった。あまりにもストーリーを丁重に描きすぎ!もっと、省略してよかったシーンもあったのでは? やっぱり、ガンダムといえば、モビルスーツの戦闘がメインなのだから、それがもっと観たかったのに…なんだか消化不良。次回が来年の5月とは…ハァ…それなら、次はヤマト2022愛の戦士たちに期待!!

 

あくまでファンのための作品であり、
出来・不出来はいうものじゃないと思う
ちなみに題名と内容とちょっとズレてる。
個人的な感想として、時間延長して、5、6話を
一緒にまとめた方がよかったと思う。

 

今作を見た感想ですが連邦軍とジオン軍の戦争に突入したこともあり怒涛の展開になってます。
ただ演出は昭和のアニメーション映画的な演出ですね〜
泣かせる要素もありますし劇中でハモンさんが歌を歌うシーンなんかはうーん…ザ・昭和ww
ちょっと長すぎる気がしましたね。
まぁ良くも悪くも安彦監督作品と言う感じですね

 

戦闘アクションはシリーズ最高でしたね。戦争の残酷さがリアリティー過ぎて怖いぐらい。ハモンさんの凛々しさに脱帽とセイラも兄劣らずの冷静さを持つ射撃の腕前に、兄妹だなと感じぜずにいられませんでした。テキサスコロニーに立つ紅い彗星は、妹の存在に気付いていたのかな。見上げるアルティシアが哀しかったです。いいところで終わってしまったので、早く続きが見たいです。

 

ルウム戦役を描く前編である本作品、前作4章に比べ戦闘シーンが、多くて見応え充分。作品として84分もあるのでシャアザク、ブク、黒き三連星ザクともに大迫力です。後編も楽しみです!

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-アニメ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.