【口コミ・感想】映画『永い言い訳』の評価評判(本木雅弘) - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

ラブストーリ

【口コミ・感想】映画『永い言い訳』の評価評判(本木雅弘)

投稿日:10/15/2016 更新日:


「とにかく心に深く刺さる良い映画」「じゅわっと滲み出る人間味を描いている」「本木雅弘の高い演技力が印象的」「2人の子役が可愛い過ぎる!」「竹原ピストルさんが素晴らし過ぎる」「是非小説も読んでほしい!」

 

cpdpxmnukaan-0a
上映中【2016年10月14日(金)公開】

 

他人の家族との交流を通し、人を愛する素晴らしさを実感する男を描く、本木雅弘主演のラブストーリー。『ディア・ドクター』の西川美和がオリジナル脚本を書き上げ、妻を亡くした男と、母を亡くした子供たちによる新しい家族の形を描く。ミュージシャンの竹原ピストルが、妻を亡くし幼い兄妹を育てるトラック運転手の父親を演じる。-Movie Walker-

 

 

映画『永い言い訳』を観た人の感想、評価、口コミ

永い言い訳 観てきました。 もっくんがホントイヤなダンナで深津絵里さんに同情しながら… なんだか段々もっくん側の気持ちになっていた。 子役の2人が可愛い!

 

映画『永い言い訳』…試写会に続き2回目の観劇。 2回目の今日の方がじっくり観て泣けた。。。 なんざんしょ… 本木雅弘、竹原ピストル、池松壮亮… この3人のそれぞれ違った男の色気は❤ まったく…西川監督はまたとんでもない映画を作ってくれたな🎵

 

永い言い訳についてぼんやり考えてる。あれ見て男に逃げ場が少ないって思う私の方が映画より余程感じ悪いのではないかという気になってきた。なんだか映画に申し訳がない…。

 

「永い言い訳」鑑賞終了 えかった 心が痛い、沁みました

 

『永い言い訳』の木村多江、どこに出てたんだろと思ったら声のみの出演だったか。

 

永い言い訳、の、あのザラザラさした映像はたぶん8ミリじゃなくてデジタルであーいう加工してんのかな、、揺れる、もそうだったけど、あの感じがぽわーんと宙に浮いたような独特な映像美になって美しくて心に響くのか、自分的には。

 

「永い言い訳」鑑賞。 本木雅弘の高い演技力が印象的だった。綺麗事無しの人間ドラマは珍しいと思う。ラストシーンはタイトルにかけたのだろうか。あっさりだが、主人公には大きな変化のあるシーンに思った。

 

またまたこれも良い〜映画でした😌 .奇しくも作家と編集者が出て来てちょっとした本や番組のメイキングシーンもあり💕しかし、家族のお話しです。

 

永い言い訳は、冒頭のもっくん深津さんの2人のシーンだけでも映画館に観に行く価値があると思った。

 

役者さんの演技は素晴らしいです。気持ちを表現するのは難しい。 「永い言い訳」に関しては、ぜひ本も読んでほしい。 ピストルさん、大宮陽一バッチリです!怖い顔で近寄って来るのに、突然人懐こい顔に変わるのドキッとした!

 

「永い言い訳」とても良かった。1シーンしか出てこない登場人物含めて、全ての人生、感情が雪崩れ込んでくる。鑑賞から1日経った今も尚、まだ噛み砕けてない。

 

大人の男やからしっかりしてるなんてことはなくて。亡くなってから初めて気づく妻の思いは、本当に気づいているやら…妻がいなくなってからできた大宮家との関係には観客としてホッとするところもあり。 「永い言い訳」は目に見える関係とかではなく、心の移り変わりを感じてほしい。

 

永い言い訳 は役者もいいんですよ。モックンぴったりだと思う。まだ観てないけど。長時間携帯切るところに行かれない事情があるんだよなあ

 

 

「永い言い訳」の感想。とにかく心に深く刺さる良い映画でした。竹原ピストルさんという俳優さんはおそらく日本アカデミーの新人俳優賞を獲る予感がします。 バス事故で共に奥さんを亡くしたやもめ男二人の奇妙な友情が、やがて疑似家族的になり互いの心の孔を埋めて行く感じの映画。 決して…。

 

西川美和監督の新作『永い言い訳』を見た。いい映画だった。出てる役者さん全員がよかった。特に子役の二人。妹さんは自分の次女と同じ名前の『あかり』で親近感わいたな。

 

『永い言い訳』映画→パンフレット→小説→エッセイと一気にはまり込んでしまった。誰かと関わりになるのを煩わしいな、と思ってしまうことはこれからも多々あるだろうけど、この作品を思い出せば少し方向転換できるようになるかも。素敵な道標が出来た。

 

感想がまとまらないままちょうどひと月。なんか、大事にくるんでしまっておきたいような作品だったので、誰かの言葉を借りたみたいな感想流したくなくて。 じっくり読まないで2回目観ようかな、なんて。

 

永い言い訳は期待通り素晴らしい。もはや巨匠の域。映画としてもすんごく面白い。

 

永い言い訳を観た。予告のキャッチコピーとはかけ離れた映画で、突き離されてしまったような気になったけど、実際生きているってそんなもんで、自己完結が重要だよなと感じた。

 

『永い言い訳』原作未読。予告が上手いことテーマ本質を隠していたなと珍しく感心した。人物配置、脚本も目新しいことは何もないのにこれだけ心にグッとくるのは、西川美和監督の演出・ショットの巧さなのだろうな。『ゆれる』以来の傑作だと思う。

 

一夜明けてもやはり「永い言い訳」素晴らしかった気がする。幸夫と心平が本音で話すところは毎回胸が痛く涙が止まらず。山形に向かう電車で、お母さんじゃなくてお父さんが死ねば良かったと思ったと打ち明けた心平に幸夫がそれをいちばん思っているのはお父さんだよと言うところ。

 

二人の子役がとっても良いし、家族あるあるに子供あるあるに、丁寧に映像も感情も描かれていて、ピアノの音色と手嶌さんの歌声とじわーっと染み入ってきます

 

『永い言い訳』観了。幸夫が髪を切ってもらうクライマックスのあたりで、前に出てきた灯(あかり)ちゃんが自分で前髪を切る場面を思い出し、「あ、そうか。あーちゃん(灯)の髪も夏子が切ってあげていたんだろうな、きっと」と考えた瞬間に涙がブワッと一気にあふれ……強烈な印象が残った。

 

「永い言い訳」での竹原ピストルは素晴らしかった。よくぞこの人をキャスティングしたなと言った感じ。一見粗暴だけどアーティストらしい繊細な感性を持ち合わせている本人のキャラと今回の役はピッタリだと思った。「さや侍」でも強烈なインパクトがあったし、またスクリーンで彼の姿を見てみたい。

 

「永い言い訳」 本当に素晴らしい作品だった!こんなにもダメダメな主人公なのに、いつからか自分自身とオーバーラップしてしまいとても感情移入させられた。人は時に間違いを起こすけど、それに対しきちんと向き合えば、忘れそして許されていいんだよ…と優しく語りかけてくれるような素敵な作品。

 

 


 

映画『永い言い訳』を観た人の感想、評価、口コミ続き

愛人役の 黒木華 のsexyに感銘。私服の芸舞妓を抱く感じなんだよなあ。歌舞伎役者の気持ち、わかるぜぇ… 本木雅弘 に心なく抱かれた後は登場しないところに、愛人の儚さを感じた。「せんせー❤️」と言われながらイチャイチャちやほやされたいモンだな。

 

永い言い訳 短評 子どもとのリアルとフェイクドキュメンタリーを正反合して、人間とは何かを描く西川美和監督の手腕に感服。役者の肉体変化(髪が伸び体重の増減、子役の成長)と四季を撮影することで移ろいと虚ろを描く。映画という技法を堪能できる作品。

 

レイトショーで、永い言い訳を鑑賞。 最近は体力的にレイトショーは翌日がキツいんでなるべく避けてるんだけど、それと引き換えにしても本当に良い作品でした!主役の本木さんはもちろんですが、子ども達の演技が素晴らしくて。 小説の方も読んでみようかな。

 

日差しを受けながら振り返る昨日の映画は『永い言い訳』。自分を愛せない男と自分の悲しみに閉じこもってしまう男のグリーフワーク。二人とも妻たちにどれほど救われていたのか。失って気づいたものの輪郭を描いているようにも思えたなど。

 

永い言い訳、先行上映で観ましたが、良い映画でした。主演のもっくんと竹原ピストルが、原作のイメージ通りすぎでした。原作小説から映画脚本、監督まで西川美和監督が全部やってるから世界観が統一されてるのかな。

 

ブルーバレンタインとレボリューショナリーロードとゴーンガールを足して三で割って美しくてしんどくてでも笑えて心が震える、ついロマンチックだったり厨二的な方向にいきがちな映画が多い中でこんな邦画に出会えるなんて本当にビックリした。

 

『永い言い訳』西川美和作品は正否や善悪を問うてるわけじゃなく、それを判断する際にじゅわっと滲み出る人間味を描いていると思います。社会は物事を法や常識で判断するけど、個人ではそれが恋人か隣人か他人かで大きく意味が違ってくる。それを判断するときの弱さや醜さを映してると思っています。

 

『永い言い訳』(★★★★★) 西川美和監督の2016年作品。自身の同名小説に基づく人生再生ドラマ。妻に事故死されてしまった男が同じ事故の犠牲となった妻の親友の遺族と知り合い子供たちの面倒をみる事で己と向き合っていく姿を温かく描く。

 

子どもとはいい距離感で話せるのに、自意識過剰でほんとに嫌な奴がハマリ役のもっくん。あの卑屈な感じ。でも全く否定もできない。心の機微を描く作品。子ども達が自然体で可愛くて。時の流れ方。風景。やっぱり西川監督の作品、好きだー。

 

『永い言い訳』を観た帰り道、妻と歩きながら妻の欲しがるぬいぐるみの話を聞いていた。映画の感想を話し合いたいのに、そもそもうまく話せないため他の話題をしゃべってくれてたのは楽だった。2人とも池松壮亮を絶賛した。いいタックルだった。

 

『永い言い訳』師匠・是枝監督を連想させる題材で西川美和が演出するとこんなにもあざといのかぁと観続けるのが正直辛かった。ナルシスト的なキャラでの抜擢だろうが、モックンに芝居させ過ぎたのは敗因だと思う。とは言え、ツイスト無く想定外にまっとうに喪失感を描いて、ぎこちなさも含めて泣けた。

 

永い言い訳 すごくよかった。本編はもちろん、エンドロールの長さやリズムもちょうど良くて、余韻にひたってぼーっとして、ふぅってなったら全部がちゃんと終わってた。"ちょうど良く"するのってすごい。

 

『永い言い訳』愛は冷める。愛が冷めれば興味が薄れたり嫌悪したりして人と人は離れる。でもそうする前に、交通事故によって突然死別し、周囲には悲しみを演じながら一人きりで冷めてしまっていた愛と向き合うことになった男の話。愛は本当に冷めていたのか、失ってしまったのか、見失っていただけ?

 

 

「永い言い訳」気になったので観た。本木雅弘と子役すごい。女性の感想を聞きたい映画と思った。

 

映画『永い言い訳』よかったです。主人公が夫で、妻や子供が登場する映画はそれだけで嫌でも感情移入してしまうよね。モッくんも竹原ピストルも子役の二人も達者な演技でじっくり見れました。

 

永い言い訳。竹原ピストルさんも子役の2人もすごくよかった。あとマネージャー役の池松さんも。

 

映画『永い言い訳』、とてもよかったです。本木雅弘さんの声、まなざし、劇中での変化。子役たちのまぶしさ。竹原ピストルさんのまっすぐ過ぎる存在。海のシーンが美しかった。

 

「永い言い訳」、幸夫くんは真平に自分を重ねてアドバイスをしてたのだと思う。幸せになるコツは、自分の事を少しでも好きになる事なんだと改めて思った。

 

永い言い訳。映画のキャストは監督の選んだ方がベストだと思ってるから、他のキャストで観たかったとか思わないようにしてるけど、今回のもっくんの役は吾郎さんで観たかった… ゴロデラで吾郎さんが朗読してたから余計に。髪型の変化とかも吾郎さんで観たすぎる…

 

永い言い訳観てきた。じわじわ染み入るよい映画だった。ちょっと泣いた。もっくんの自意識が高くて面倒な作家の感じとかすごくよかった。子供の生態に新鮮な感動を覚える作家の自分!みたいなうさんくささからの変化もよかった。

 

「永い言い訳」見てきました。人の感情の流れみたいなのはすごく自然でキレイだと感じるぐらいなんだけど、なんかあまりにも自然すぎるような….。あれじゃただの劇的な日常でしかないような気がする。 でも、大人とはなにか、人の思いを受信することの大切さ等々、色々考えさせられる内容でした。

 

「永い言い訳」、大事な人が亡くなった時、感情をストレートに表に出せる人と、正論ぶって冷静になろうとする人がいる。たぶん自分は後者で、だからこそこの映画が響いたんだと思う。人に説教めいた事を言ったつもりが、自分に跳ね返ってくる事ってあるよね。

 

「永い言い訳」、擬似子育てしてるのを「逃避でしょ?男にとっての免罪符でしょ」とか言われるのドキッとしたし、「ちゃんと泣きました?」や、不倫相手に「私の事、抱いてないでしょ」とか台詞がいちいちチクリとする。妻の下書きメールも、あれは自意識過剰にとってはつらい。

 

『永い言い訳』(★★★★★) 自分を愛せない者は誰も幸せにしない。満足する事を知らず自分を否定されると過剰に反応してしまう。でも、完璧な人間など何処にもいない。自分が意識するほど、他人は気にしていない。皆、自分の事で手一杯なのだ。

 

『永い言い訳』鑑賞。西川美和監督作品に重厚さは無いと思いますが、いい意味で軽妙です。素晴らしかったです。同監督作品で1番好きです。そして何より本木雅弘という新妻の映画です。竹原ピストル、本木雅弘夫妻の映画です。ふざけています。笑えました。半分笑えて、もう半分死ぬほど切ないです。

 

西川美和監督「永い言い訳」観た。特に序盤は本木雅弘氏演じる衣笠幸夫のゴーン・ガール的な軽薄さ感、上っ面感が最低で最高。しかし、30分過ぎからは常に表面張力を保った涙腺から何時涙がこぼれ落ちてもおかしくない状態に…。心の中で「彼が泣くまでは僕も泣かない!」と誓う…見事にハマってた。

 

「永い言い訳」、とても良かった。幸夫くんの性格が自分と重なる部分もあって、グサッとくるし、気がついたらポロポロ泣いてました。「幸夫」という名前も、なにか皮肉めいたものを感じる。

 

西川美和監督「永い言い訳」。あらすじ通り重い題材である事に変わりなく、居たたまれないシーンもあるけど「ゴーンガール」のようなブラックな笑いもそこかしこにあって。重さからの様々な多様性を見て取れる

 

永い言い訳観た。良くも悪くも西川美和映画。退屈な時間が続く映画だが、この手触りのカタルシスに彼女の映画以外で出会ったことは一度もない。あと、本木雅弘の演技上手すぎで竹原ピストルが浮くんだけど、その浮ついた感じさえうまく料理してて才能に嫉妬する。

 

『永い言い訳』 フィルムの柔らかな粒子により輪郭を得た人物の顔、髪、身体。心情を抉り出す情景ショットの数々。四季を通じ、時間を重ねて紡がれる物語は、想像以上に孤独で、生暖かく、重たく、過ぎ行く時間の中で、失われたもう紡がれることのない時間を考える。喪失したことにより、一体なにを

 

「永い言い訳」、琴線に触れさせようとする仕掛けがあちこちにばら撒かれている割に感じるところがあまりなく。ただ瘤付き男を救う女が何故吃音症でなければならないのかばかりを考えている。

 

 

●キャスト●
本木雅弘
竹原ピストル
藤田健心
白鳥玉季
堀内敬子
池松壮亮
黒木華
山田真歩
松岡依都美
岩井秀人
康すおん
戸次重幸
淵上泰史
ジジ・ぶぅ
小林勝也
深津絵里

●スタッフ●
監督	西川美和
脚本	西川美和
原作	西川美和

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-ラブストーリ
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.