【口コミ・ネタバレ】映画『海辺のリア』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ・ネタバレ】映画『海辺のリア』の感想・評価評判

投稿日:


「想像力が試されます!」「圧巻の演技力!全身全霊で演じている」「舞台のような映画、仲代ワールド!」


上映中【2017年6月3日(土)公開】

 

小林政広監督と仲代達矢が「春との旅」「日本の悲劇」に続き三度組んだ人間ドラマ。認知症の疑いがかかった往年のスター桑畑兆吉は家族に騙され老人ホームに入居。脱走し海辺をさすらううちに妻以外の女に産ませた娘と再会し、彼の胸に人生最後の輝きが宿る。芝居をこよなく愛しシェイクスピア四大悲劇の一つ『リア王』と自身を重ねる兆吉を仲代達矢が演じるほか、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の黒木華、「蜩ノ記」の原田美枝子、『深夜食堂』シリーズの小林薫、「海よりもまだ深く」の阿部寛らが出演。-Movie Walker-

 

 

映画『海辺のリア』を観た人の感想、評価、口コミ

仲代さんが84歳であることにびっくり。長セリフを一言一句間違わないのもすごい。

 

小林政広監督といえば、映画ファンの恥ずかしい側面も掬いつつ、着実に映画でしか出来ない表現に挑んできたひとである。けれど、ここ最近の数作は、非常にシンプルでありながら真似の出来ない、神がかっている作品を生み出してようにも思える。その背後にある覚悟も少なからず知ってはいるけれど。掛け値なしに、気高さがある。日本映画の良心ある、映画狂の1人。そんな監督にまた再び、映画を介して出逢えることに喜びを感じている。

 

とにかく仲代ワールド!84歳でこの長台詞は本当にすごい。。。 ストーリーよりも演技力に目がいった。

 

演技力がないと本当につまらない作品になってしまう… でも、豪華な演技派キャストであるためなになかなかな作品に仕上がってる。。。 それでも、、途中眠気に襲われた…

 

『海辺のリア』本作はリア王のストーリーと重ね合わせて観ると面白みがあります。認知症が齎す本人と周囲への影響の強さ、主人公の「思い出は要らない。皆の心の中で生きられれば幸せ」が心に残りました。余韻たっぷりのラスト、想像力が試されます。

 

『海辺のリア』。ラスト20分の仲代達矢の芝居。役者5人のみで映画一本。贅沢。そして芝居が見たくなった。

 

『海辺のリア』鑑賞。高齢化社会、認知症、壊れる現代人と現代社会に蔓延る問題と認知症だからこそ見えてくる本質。純粋さ、そしてそれに取り巻く邪悪さが絡まり合い、ぶつかり合い揺れ動く感情をそれぞれが全身全霊で演じている。現代の家族の縮図

 

海辺のリアは仲代達矢のアイドル映画と言い切っていい。

 

「海辺のリア」は凄いの何の。役者さんが芝居をしているというより、芝居が役者をどう生きさせるかというあまり見ない問いかけを見せる映画でしたが、驚くのは、そんな問いかけがあってすら作品性が後退していない。仲代御大凄まじすぎます。

 

 

 

「海辺のリア王」、84歳にして人を振り切るように歩く仲代達矢。また水を飲んだり、弁当を食ったりするたびに、「週刊新潮」読者の私は、同誌で展開中の高齢者の誤嚥記事をおもいだし、はらはらしてしまう。しかし新潮にはこうある「人は喉から老いる」、仲代のその声量たるや、まるで老いていない。

 

「海辺のリア」個人的には人間の生に対する執着の業を描いた作品であると思った。登場人物の全員が最終的に自分か他人の生命(社会的及び物理的な意味で)を危機にさらす決断をするものの結局それを中途半端にうっちゃってしまう。人間は見苦しくても生きたいし他人を殺したくないのだ。

 

「海辺のリア」鑑賞。役者が皆すばらしい。黒木華が子どもの父親の名前を呼ばず、きまって「父親の家族」と呼ぶのが気になる。生きているのだろうか。自身の母親を「産んですぐ失踪した」と表現したが、自身と同じ境遇だったのではないか。

 

『海辺のリア』鑑賞。小林政広監督と仲代達矢が再タッグを組んだドラマ。「リア王」は本当に現代にも繋がる家族ドラマだ。原田美枝子は、やはりリア王ベースの黒澤明『乱』での悪女役と重なる。殆ど海岸シーンだが、実力派俳優たちの熱演に引き込まれる。仲代氏、立派な風貌で認知症には見えないけど。

 

仲代達矢さん主演映画「海辺のリア」に行ってきました。 ユーモラスで残酷な小林政広監督版「乱」といった趣。 仲代さんが究極ともいえる新境地の芝居をなさってました。

 

『海辺のリア』 出演も5人だけで衣装も変わらなくて舞台のようだった。 黒木華さんの感情的な役が新鮮。 仲代さんはラストには絶句するような体当たり。 終盤「思い出」に絡む2つのセリフ 思い出に生きる、と妄想の中のカーテンコールが悲しい。

 

 


 

映画『海辺のリア』を観た人の感想、評価、口コミ続き

 

 

 

★皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
仲代達矢
黒木華
原田美枝子
小林薫
阿部寛

●スタッフ●
監督	小林政広
脚本	小林政広

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-人間ドラマ
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.