【口コミ・感想】映画『銀魂』の評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

アクションコメディー コミック原作

【口コミ・感想】映画『銀魂』の評価評判

投稿日:


映画『銀魂』口コミ感想ネタバレ 映画『銀魂』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「ギャグ要素たっぷり、アクションシーンも満載!」「すべての配役がすばらしい!」「笑って、泣いて、熱くなる!」


上映中【2017年7月14日(金)公開】

 

週刊少年ジャンプで人気の空知英秋の同名コミックを小栗旬主演で実写映画化したSF時代劇。パラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む“銀さん”こと坂田銀時と仲間たちの身に起きる奇想天外な騒動を描く。「勇者ヨシヒコ」シリーズなど脱力系の作品を得意とする福田雄一が監督・脚本を務める。-Movie Walker-

 

 

あらすじ<STORY>

街には高層ビルが立ち並び、空には無数の宇宙船が飛び交う江戸時代末期。宇宙からやってきた“天人(あまんと)”の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持する少々変わった男・坂田銀時(小栗旬)は、ひょんなことから志村新八(菅田将暉)と神楽(橋本環奈)に出会い、万事屋を営むことに。そんななか、新八の姉・妙(長澤まさみ)や攘夷志士の生き残り・桂小太郎(岡田将生)、真選組の近藤勲(中村勘九郎)、土方十四郎(柳楽優弥)、沖田総悟(吉沢亮)らを巻き込みながら、様々な事件や騒動が起こり始め……。

●キャスト●

坂田銀時 小栗旬
志村新八 菅田将暉
神楽 橋本環奈
土方十四郎 柳楽優弥
岡田似蔵 新井浩文
沖田総悟 吉沢亮
村田鉄子 早見あかり
平賀源外 ムロツヨシ
志村妙 長澤まさみ
桂小太郎 岡田将生
武市変平太 佐藤二朗
来島また子 菜々緒
村田鉄矢 安田顕
近藤勲 中村勘九郎
高杉晋助 堂本剛

●スタッフ●

監督 福田雄一
アクション監督 Chan Jae Wook
脚本 福田雄一
原作 空知英秋

映画『銀魂』を観た人の感想、評価、口コミ

🎥実写劇場版「銀魂」
待ってました〜!!会場中に笑いが起きるポイントが多くて、息をのむシーンもギュッと詰まってて、まるっと「おもしろい映画」でした。ラストの万事屋の表情はまさに空知画だったので必見👀

 

原作やアニメとは違う部分もあるので、原作ファンはパラレルワールドのようなまた違う銀魂世界だと思って見たほうがいいです
勇者ヨシヒコのような福田作品が好きな方にはおススメ

 

映画を見た感じ、アニメにすごく寄せてる感じ。 テロップの入り方かと、ギャグの演出とか、アニメの雰囲気をすごく意識してるんじゃないかな。配役はすばらしい。

 

『銀魂』♪ぎりぎりアウトからもろアウトまで爆笑ギャグ満載! ティーチインでヒットすれば続編作れるって監督とプロデューサーが言ってたから、剛くんファンと銀魂ファンは10回くらい劇場行っちゃって下さい…続きも観たい。。

 

銀魂を福田監督流に翻訳した作品
銀魂らしくモザイク有りの下品で馬鹿馬鹿しい映画になってます(誉め)
これ映画じゃなくて深夜ドラマでいいよね??的ギャグ満載だけどアクションかっこいいのでそこはやはりドラマ(の予算)じゃ出来ない映画の良さ
紅桜何度も見てストーリー知ってるのに泣いてしまったのは自分でもびっくり
キャスティングには120%満足

 

『銀魂』 これだけのキャストを集めた上に、あんなことをさせてしまうなんて・・・面白すぎる!

 

銀魂を福田監督流に翻訳した作品。銀魂らしくモザイク有りの下品で馬鹿馬鹿しい映画になってます(誉め)。キャッチコピーどおり笑って泣いてアツくなるエンタメ映画。原作ファンとしてキャスティングに大満足です♪

 

『銀魂』鑑賞。話題の実写版。コミック読んだことないけど面白かった。ごった煮な舞台設定、極彩色の世界観、小ネタの数々にユルいギャグ、俳優陣のリアクションなど見所満載で福田雄一ワールドにピッタリハマってる。ただ、シリアスなシーンは今一つかも。エリザベスの違和感と馴染み感が絶妙(笑)。

 

『銀魂』行ってきました💨 最初から笑いっぱなしでずっと面白かった! 完成度高くて原作ファンも楽しめると思う!

 

シンプルにただただおもしろい。こんなメジャー映画でもテレ東深夜枠ドラマ世界観を出すとは。
キッチリ魅せるとことキッチリふざけるとこのあの緩急がキッチリできるのはあのレベルの主役級キャストだからこそあの仕上がりなわけで。それをまとめ上げた福田監督がいちばんすごい。
ただ、原作を読んでないと映画だけではストーリーが唐突すぎてあまりよくわからない気がする。
まあでもそんなことあまり考えずに単純におもしろがれってことだと思う。
エンドロールまでキッチリ観るべき。
個人的な優勝は土方さん。
ビジュアルの優勝も土方さん。

 

これが銀魂実写の限界て感じ。
思ってたよりはみんな合ってたかな
ところどころしょぼって思ったり、笑えたりだった。
沖田さんとてもよかった〜!

 

ギャグてんこ盛りでちょいちょい笑えました

 

すごく銀魂
映画を見た感じ、アニメにすごく寄せてる感じ。
テロップの入り方かと、ギャグの演出とか、アニメの雰囲気をすごく意識してるんじゃないかな。
登場キャラの喋り方や振る舞いもアニメっぽい。
特に、配役はすばらしい。
小栗旬の銀さんも、新八の菅田将暉も、橋本環奈の神楽ちゃんもよかったし、菜々緒の来島また子、堂本剛の高杉もよかった。

 

根底は原作をかなりリスペクトしていて、銀魂だなという感想。
ただし、本筋が紅桜篇の焼き直しで演出もかなり沿っているのに、突然エピソードが追加されたりギャグがぶちこまれたりと、(とくに新訳紅桜篇に)思い入れがある人にとってはかなりもやもやが残ると思う。
また見たいシーンもありますが、あったはずのシーンがないもやもやがきえないので映画館ではもう見ないかな…かなり面白かったんですけど。
個人的には菜々緒さんのまた子が神だったので、神楽とのやりとりだけ30回くらい見たいです。
ギャグはめっちゃ笑えるしほどほどに銀魂を知ってるくらいの人が一番楽しめると思います。
2時間20分はちょっと長いかも…

 

勇者ヨシヒコイズムを全面に出してて銀魂の世界観…には近づいてたのかな?個人的には橋本環菜ちゃんの神楽と、吉沢亮さんの沖田、柳楽優弥くんの土方が好きだった(  ̄▽ ̄)
アニメで知ってる話だし、所々変な間もあるけどそこはご愛敬かなと。アニメの面白さはやっぱり最強だから実写で期待するのは難しいとは思ったけど、そこら辺理解した上で見たらそれなりに楽しめると思う。サダハルだけがなぁ…ガッツリCGで浮いてたからちょっと残念ではあったけど、他は皆役者の方々がキャラクターになりきってて、変に設定崩しちゃう実写もあるなか良かったんじゃないかと。
ムロさんはアニメのキャラというよりムロさんだった。ww
エリザベスの声が山田孝之くんだったのは嬉しい所だったけど、もっと聞きたかったなぁ!

 

漫画を知らずに鑑賞。
しょっぱなからぶっ飛んでた。
笑った笑った。
途中 中だるみもあるけど
皆それぞれキャラ立っていて見応え充分だった。
橋本環奈ちゃんの豊かな表情(変顔)が可愛らしかった。
安定のムロツヨシさん、佐藤二朗さん。
勘九郎さんの突き抜けかた…
ヤスケンさん、ズルかったなぁ〜
大人はニヤニヤクスクス
子供、十代は大ウケなんじゃないかな。

 

ギャグ要素たっぷりだけど、
アクションシーンも満載!!!
漫画未読なので、キャラクターとかよくわからなかったけども、
それでも、役者たちが自由に楽しそうに演技してることが、
舞台挨拶からも感じられて、
楽しんで見ることができた!
でもやっぱり漫画の実写化は難しいね。
世界観はどうなんだろうか?
コスプレしてる感が否めなかったが…
堂本剛がなんか色っぽい。

 

終始ギャグ満載で面白かったけど、映画全体にまとまりがなかったり、やっぱりコスプレ感が強くて残念だった。
橋本環奈ちゃんが更に好きになった。普段見られない中村勘九郎が見れてすごかった(笑)相変わらず佐藤ワールドは全開だった(笑)

 

週刊少年ジャンプで連載中の空知英秋さんの大ヒットコミックを小栗旬さん主演で、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督が実写映画化した本作は、キャストたちの振り切れた熱演もあり、オープニングから爆笑を巻き起こし、その勢いで最後まで突っ走る。
原作者の空知さんが自らの作品について「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と表現しているが、その世界観や持ち味が福田監督の作風とマッチして1+1=3以上のものになっていると思う。

 

主人公をはじめとしたキャラクターや世界観が天と地ほどに違う両作品だが、自由や平和、そして仲間をはじめとした大切な人々を守る為に戦うというテーマは共通だと思う。
終盤の展開から続編への期待も高まるが、エンドロールに至るまで笑いで彩った本作と同じスタッフとキャストでの製作に期待したい。

 

おもしろかった〜〜!!
誰かに怒られるんじゃないかとヒヤヒヤするぎりぎりのラインを踏んでくる小ネタに沢山笑いました
個人的には冒頭10分が最高に好き

 

ネタ詰め込んでてちょいちょい笑えたから十分満足。
原作ガチ勢じゃなくギャグ回をたしなむ程度&この辺りの話しっかり読んでなかったのと、福田作品を観たことなかったってのもあって、新鮮に感じたりハードルがゆるゆるになったのもあると思うけど。
次から次へとブッ込まれるネタと空気がなんかいちいち好きでした。
俳優のビジュアルとキャラのマッチングはやっぱ良かった。佐藤二朗と安田顕をしっかり覚えて帰ります。笑

 

とにかくギャグ。深夜の30分ならいいけど豪華キャストでずっとギャグ。心意気は認めますが、早く終わらないかなーって。主題歌の “UVERworld” はイカしてた。

 

カッコいいアクション描写もあるなかで、集英社震撼のギリギリギャグ、下ネタ、時事ネタ、陰湿かつ大胆なパロディ等、コメディセンスも抜群!そのくせして、泣かせるところは泣かせにくる……( TДT)更には臭くても痺れる名言の数々…………
宣伝でも言っている、「笑って、泣いて、熱くなる!」は全然間違っていません、まさにその通りです!色んなエンターテイメント要素が詰め込まれているので、本当に映画として見るとかなり楽しいと思います。

 

いや~面白かった~(^^)
原作を知らなくても
役者さんを知らなくても
全然大丈夫!
肩の力を抜いてポップコーンを食べながら、何も考えずに観てください。
現代だったり
お江戸の時代だったり
少し宇宙的であったりと混じりあって、何とも言えないしょうもない作品ですが笑えます。
ギャグのセンス最高!
福田監督も面白すぎ(^o^)
笑いに巻き込まれた映画とティーチインでした。

 

原作と違うところも多少あったけど、ふつうに面白かった笑
演者もムロツヨシと佐藤二朗以外、原作のキャラに寄せてて衣装も完成度高くて、天人とか安っぽい所は安っぽいから主要キャラの完成度が引き立ってた。強いて言うなら、ここまで豪華キャストでやるんなら、六角精児に顔1回も出させない役やらせるんなら、山田孝之に声だけで出させるなら結野アナを、もうちょっと有名な女優さんにやってもらいたかったかな…
でも本当にエンドロールのテロップ出るまで、エリザベスの声が山田孝之って全然気づかなかった笑
さすが福田組笑
ギャグも多いし、小ネタも多いけど、紅桜編の鬼兵隊とのシリアスなシーンは真面目で見応えがあった。

 

原作ファンでも楽しめるギャグシーンと、キャラクターの再現性に全体的に満足。
皆さんキレキレですが、橋本環奈さんが特に、凄いなと。また子とのシーンは必見です。
そして、福田監督と佐藤二朗さんの組合せは、やっぱりおもしろい。

 

福田監督ですから予想はしてた油断ならない映画だということくらいは
銀魂とはどうゆうものか予習はしていましたが銀魂というのはとにかくギャグとパロディ満載なお馬鹿クオリティーの高さが人気の漫画と予習。
原作の可笑しさを映画で遊ぶかのように作る福田監督が更に可笑しくした。
元ネタ沢山知ってる方々は鼻水飛ばしかねない仕上がり。
とにかく!笑う。誰もが知ってるであろう橋本環奈さんのキャッチフレーズにのっけから吹いてしまった。

 

面白いなあ!!!
これだけの豪華な面子が集まったのに、良いところでふざけるもったいなさ。
それはさすがに怒られるんじゃないかと、ヒヤヒヤを止めさせない緊張感。
そして、改めて感じる銀魂の底力と、福田監督の作品に対するリスペクト。
良いもの見たなあと幸せになりつつ、個人的には菅田くん・柳楽くん・菜々緒が好きでした!

 

柳楽優弥くんの端正な顔ずば抜けてる。
勘九郎さん振り切れてる。
吉沢亮くんこれ今までで1番イケてる。
橋本環奈ちゃん新境地。
菜々緒さん途中笑ってたでしょ。
小栗旬くん歌…。
もうコレだけでも見て得した感あった。
最後の最後エンドロールまで見逃さないで!

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-アクションコメディー, コミック原作
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.