【口コミ・ネタバレ】映画『魔法少女リリカルなのは Reflection』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

アニメ

【口コミ・ネタバレ】映画『魔法少女リリカルなのは Reflection』の感想・評価評判

投稿日:07/23/2017 更新日:


映画『魔法少女リリカルなのは Reflection』口コミ感想ネタバレ 映画『魔法少女リリカルなのは Reflection』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「リィンの寝間着姿はめちゃくちゃ可愛い!」「新キャラ登場!」「完璧なタイミングの挿入歌が素晴らしい!」


上映中【2017年7月22日(土)公開】

 

不思議な力を手に入れ、魔法少女となった小学生の活躍を描く人気シリーズの劇場版第3弾。滅びゆく惑星エルトリアを救うため地球にやってきた異星人の少女キリエとなのはが出会い、2つの世界と2つの惑星の運命をかけた戦いが繰り広げられる。田村ゆかりがなのはを、フェイトの声と主題歌を水樹奈々が担当する。-Movie Walker-

 

 

あらすじ<STORY>

荒廃によって静かに滅び行く惑星エルトリア。死にゆく土地に残ったのは、“惑星再生”を夢見て研究を続けるフローリアン一家。研究者の夫妻の下には、2人の娘、アミティエ(声:戸松遥)とキリエ(声:佐藤聡美)がいた。しかし、父親のグランツ・フローリアンが病に倒れ、惑星再生の夢が潰える。“遥か遠い異世界”に父の救済と惑星再生の希望を求めるキリエ。そんな妹を姉・アミティエは制止するが、キリエはそれを振り切って、幼馴染みのイリス(声:日笠陽子)と共に遥か遠い異世界への旅に出る。行き先は“地球”と呼ばれる星。惑星再生の夢を叶える“鍵”探索のために極東地区の小さな島国・日本に辿り着いたキリエとイリスは、3人の少女たちと出会う。その3人とは、高町なのは(声:田村ゆかり)、フェイト・T・ハラオウン(声:水樹奈々)、八神はやて(声:植田佳奈)。その出会いは、二つの世界と二つの惑星の命運を賭けた戦いへと繋がってゆく……。

●キャスト●

高町なのは 田村ゆかり
フェイト・T・ハラオウン 水樹奈々
八神はやて 植田佳奈
アミティエ・フローリアン 戸松遥
キリエ・フローリアン 佐藤聡美
イリス 日笠陽子
シグナム 清水香里
ヴィータ 真田アサミ
シャマル 柚木涼香
ザフィーラ 一条和矢
リインフォース2 ゆかな
アリサ・バニングス 釘宮理恵
月村すずか 清水愛

●スタッフ●

監督 浜名孝行
脚本 都築真紀
原作 都築真紀

映画『魔法少女リリカルなのは Reflection』を観た人の感想、評価、口コミ

「魔法少女リリカルなのはReflection」鑑賞。レイトショー、N列11番。客の入りは40人くらい?
この映画館での鑑賞は数年ぶり。見やすい座席レイアウトにしっかりした音量で申し分なし。旧ワーナーマイカルの標準的な設備。

 

「魔法少女リリカルなのは Reflection」鑑賞
戦って語る魔法少女アニメ、新作映画です。やっぱり思い出ブースト強いですね。
ストーリーの八割が戦闘シーンではないかと思う程の密度で、ファン映画に振り切っていたのがある意味良かった。
戦慣れした彼女らには風格がありますね…

 

 

 

武装化が進み過ぎるとstrikersとの時系列とか挿入歌のタイミングとか、あと30分で解決できちゃうんじゃ、とか変な心配しちゃうけど、映画としてはまぁ面白いです

 

何も知らずに初見です。最近のアニメへの偏見はうすらいでいたはずですが、50のおっさんにはつらい作品でした。目の大きさにやられ、キャラの区別がつきません。
戦闘の描写は派手ですが、インフレがすごすぎて、戦闘の度に眠気が襲ってきました。
時代的にどれが先かわかりませんが、魔法陣とか変身するソードとか、戦う衣裳とか....どこかで見たものばかりでした。
子供に無理だといわれたのに見てしまった。

 

アニメ「魔法少女リリカルなのは」の劇場版最新作。TVシリーズも映画シリーズも全作視聴しているけど、熱心なファンという程ではない。ただまぁシリーズ全作見てるし今作もとりあえず見ておくかーくらいの気持ちでいざ鑑賞してみると、これがびっくりするほど面白くて嬉しい驚き。
今作の時系列はTVシリーズの2作目A's及び劇場版の2作目に当たるMovie 2ndの続編であるけど、TVシリーズ3作目に当たるStrikersには繋がらない並行世界的な感じなのかな...?なのでTVシリーズがStrikersに繋がる世界で、劇場版シリーズが本作Reflectionに繋がる世界という解釈でいいのだろうか。仮にこの解釈でいいのならエヴァみたいになってきたなーと 笑
久々になのはやフェイトを見れただけでもテンションは上がるのだけど、今作の良かったところは何と言ってもなのはがちゃんと主人公してるところ。フェイトやはやても勿論ちゃんと活躍してはいるけど、最後のなのはがかっこよすぎて激熱!これぞ主人公!テンション上がる!!

 

PSPのゲームの話が軸にはなってます。
それを再構築し、パワーアップさせた感じですね。
物凄く良かったです。
ゲームはまだ初代リィンが居ましたが、リィンが消滅した後のお話なので、ツヴァイが居ます。
二代目リィンの寝間着姿は、めちゃくちゃ可愛いです!

 

前後編の前編、映画としては完結していないので評価に困る。
良いところでプッツリ終わるのでAsのような感動は皆無、
長くても良いので一本に収めて貰いたかった。
アクション凄いのはお約束
やってる事は今時のガンダムと同等だった
次週予告のある映画なんて初めて観た。

 

こんなオチの映画を許してはいけない……作画だって1stと2ndの方が良かった……スタッフの入れ替りもひどい……そんなことはわかっているんだ……
でも見たかった三期がやっと見れて、なのはとフェイトが小学生で、小学生はやての活躍も見れて、俺は……俺はこの映画を正当に評価することができない……
ここ数年でもっとも幸せな映画体験だった……悔しい……

 

TVアニメみたいな引きで来年続編公開みたいな終わり方は映画としてはいかがなものか。
アクションとかは良かったけどシリアスなストーリーと絵面のアンバランスさがなんとなくおかしくて笑えてくる

 

新キャラクターがどんどん増えて、今作では結局どんな存在で何が目的なのか分からなかったキャラもたくさんいたので気になるところ。次に続くは映画としては評価が分かれそうなところだけど、今作だけでも十二分に楽しませてもらったし、あの素晴らしい引きからの来年の続編が本当に待ち遠しい。期待して待とうと思う。

 

アクションもりもりで画的にはかなり楽しいし、キャラにおおよそ一通り活躍の場を与えてくれていたのは良かったのだけれど、物語的には盛り上がりきらないまま後編へ続く、でかなりの不完全燃焼感。
劇場作品でTVシリーズみたいな引きをされると正直つらいので、もうちょいうまく構成してほしかった。

 

久しぶりの劇場版で新作ということで事前情報もないまま映画館に足を運んだら、すごく良いところでエンディング入って続きが気になる……
でも、ストーリーはやっぱりなのはだなぁって感じで魅入ってしまいました笑

 

新キャラのアミタがロリ尽くしで胃もたれしてる人への清涼剤としてしっかり機能してた。
ほとんどが夜の海上シーンで背景サボっていたような気がするとはいえ、戦闘シーンが多くて見応えがあった。
シナリオも二転三転して飽きなかったし、何よりシリーズ恒例の真面目なのにツッコミ所満載のバトルを観てると「そうそう、こんな感じだったよね」と、どこか懐かしい気持ちにさせられました。
パンフレットが高いのだけは全く納得いかないけどな。

 

私はいつでもなのはが一番ですが、やっぱりとても強く綺麗で、凛としている女性(話上女の子ですがね)なので、今回もとても引き込まれました。
メカニック場面も増えていて、そこにも凄く力入ってました。
戦闘シーンも、綺麗で戦う女子の姿はやはり素敵だなぁと思いました。
今までの映画シーンなども織り込まれていて、フェイトの成長も見れます。
強くなったなと。

 

小5になったフェイトちゃんの少し大人びた雰囲気は格別でした。小5なのはとゆかりさんの声が最初ノリきらないかな?と思ったのですが、中盤からノリノリな感じでグッドでした。それと日笠さんがドヤるところは完璧でしょう。なのは流石なのは、戦いの才能を余すことなく発揮していこと。効かないなら物理攻撃だと人を殺しかねないワイヤー攻撃。そして星を軽くぶっ壊すあの至近距離からの集束砲撃vs集束砲撃からの突撃でしとめる。まさに殺しの天才。フェイトに至っては、得意技のアリシアお涙頂戴から覚醒したバルディッシュ出現で完全にフェイトのターン。そしてきわめつけは水樹奈々の新譜をバックに「お話ししたいの(まるで1stのなのは)」といいながら、バインド→これが私の全力全壊と、暴力の化身でした。飽きずに何時間でも見てられる。さすがなのはでした。

 

だいぶ前の時点で前後編だという情報はあったので前編である今作はよく出来ていたと思う。キャラクター達の戦闘能力も上がっていたり、周りの交流関係などでそれぞれの成長も感じられた。
大事なシーンや見所は後編にあるのだろうけど、充分に今作の戦闘シーンも楽しめた。さすがに10年続いているシリーズ、見ていてとても楽しい。

 

1stが70点、2ndが80点だとしたらこれは10点くらい。
新キャラ達の行動に説得力がなく、ストーリーの行き当たりばったり感が強い。イリス復活に王様達が不要だったせいで、序盤の戦いの意味も????(私の理解力不足かもだが)
あげく、やっと盛り上がると思ったら暗転→エンドロール。ソプラノズ最終話なみにポカーン。
1本で完結しないって事前にアナウンスありましたっけ?(追記:調べたら結構前に発表されてました。すみません)
また、衣装やデバイスのデザインもワクワクできず、戦闘も前作までと違い銃撃戦?みたいな応酬が多くいまいちノれず
期待していただけに非常に残念

 

完璧なタイミングで挿入される挿入歌が素晴らしく、夜景がきれいだった。また観たい。

 

前半のストーリーは中弛みが多く、うーんという感じ。
後半は勢いを取り戻したのかなという印象。
ただ予想を上回る展開が無かったのが残念!

 

待望の新作ストーリーでのなのは映画。
高まったハードルを余裕で飛び越える面白さは流石なのはスタッフ。
前編ということでここからクライマックスという所で終わるがそれでも十二分に満足した。
懐かしいキャラクターが久しぶりに登場したり、新しい設定もたくさん出て実にワクワクと知的好奇心を満たされた。
変身シーンがエッチというよりイヤらしい感じのアングルで攻めてるのが印象深かった。
後編楽しみー。

 

ありがとう魔法少女リリカルなのはさん😭😭😭😭😭
Detonationが楽しみ過ぎる😭😭😭😭😭

 

やっぱりなのはって熱いし泣けるし最高ですよね…テンションブチ上がる

 

序盤から全力全開なバトルとそれぞれの想いや願いが交差する展開が胸熱!2nd A'sぐらいの上映時間なら1本で済む様な気もしますが、後編がでっかい楽しみ!

 

今回の敵は自分から目的言うのでなのはお得意の
「お話しがしたいだけなの!」はありませんでした!(笑)
しかし敵は純粋な魔力ではなく、科学的な力を使うので、なのは達は圧倒的に不利で、実際負けまくってます(笑)
と言うか、今作バトル以外のシーンがほとんどありません!(笑)
最初にちょっとだけ今作で敵になる少女の現状が描かれますが、地球に来てからはひたすらバトルです!(笑)
もう最近のハリウッド製のアクションものみたいな展開です!(笑)
でもね、今作完結編どころか途中で終わっちゃってます(笑)
続きは来年公開の新作で…、って、長えよ!

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-アニメ
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.