【口コミ・ネタバレ】映画『BLAME!』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

SF アニメ コミック原作

【口コミ・ネタバレ】映画『BLAME!』の感想・評価評判

投稿日:


「サナカン役は早見沙織!」「身体が震える程の重低音!」「伝説のSFコミック!」


上映中【2017年5月20日(土)公開】

 

第39回講談社漫画賞を受賞し、テレビアニメにもなった「シドニアの騎士」で知られる弐瓶勉のデビュー作を劇場アニメ化。無限に増殖を続ける階層都市で孤独な旅を続ける男・霧亥の姿を描く。アニメーション製作をポリゴン・ピクチュアズ、監督を瀬下寛之が手がけるなど、「シドニアの騎士」のアニメ版のスタッフが再結集し、圧倒的な世界観を作り出す。-Movie Walker-

 

 

映画『BLAME!』を観た人の感想、評価、口コミ

映画『BLAME! ブラム』★★★★4.0点。 とても面白かったです! 映像がすごいことはもちろん、音楽が素晴らしいです。

 

戦闘シーンがビリビリして気持ちが良い、映像も迫力あって素晴らしい。 女の子のキャラクターも可愛くてグッドです。 音楽かっこいいんで、エンディングも上がります。 「GANTZ」や「亜人」好きな人に刺さると思います。

 

BLAME!鑑賞。非常に丁寧な構成で人に勧められる映画だった、3D凄え。最近出たバーザムのプラモくらいに唸った

 

 

BLAME! 鑑賞終了。 原作からの改変部分が気になりましたが、映画としては手堅くまとまっているかな、と。 人物よりシーンが多く、都市の巨大さや無限に続く感じがあまり感じられなかったのは残念。

 

BLAME!、シネマシティ極爆上映、鑑賞。 づるが可愛過ぎるしセーフガード動きキモいしグラフィック凄いし結末が超ハッピーエンドではないちょうど良い感じだし、これは、映画に迷ったら、観た方が良い。

 

「BLAME!」東亜重音 鑑賞。 大満足!!! 自分が求めていた世界観がしっかり再現されてた。 重力子放射線射出装置を撃った時の身体が震える程の重低音、広大な空間の孤独感は映画館の大スクリーンならでは。 本当に大満足

 

「BLAME!」鑑賞終了。いやーシドニアもそうだけど二瓶先生のマンガって何でこんなにCGアニメと相性がいいんだかw またこの世界観や装備とかは、これハリウッド映画として再構成しても違和感無く作れるのでは?と思ってしまった。 アニメ見てこんな印象を持ったのは初めてだわ…

 

BLAME!初日舞台挨拶付き鑑賞終わった! この手のアニメは映画館で見るのが正解

 

BLAME!』を鑑賞。主人公がほぼ喋らないという点でもほぼ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でした。そしてエンドクレジットがマーベル映画してました。

 

あの世界観と漫画の描き込みをどうやってアニメな落とし込むかと思っていたが、CGアニメは最適解だったと思わされますね。 ときおり実写さながらに見えるし、重力子放射線射出装置のエフェクトは滾る滾る。大画面で観たいわあ。 原作を思い出しながら観ていたけど、知らなくても一本の映画としてはまとまってるのかな? どちらにしても謎が語りきられてない説明不足さが魅力な作品でもあると思うので、自分で考えながら観るのが楽しい作品です。 霧亥のリアルよりのモデリングと女性キャラの二次元然としたモデリングはどちらもよいですね。シボさんもサナカンさんも動いてるところな感激です。

 

BLAME! 鑑賞ヾ(・ω・) とても良かったね、細部までよく作り込まれてたし、CGなのかアニメなのかわからないほど動きがなめらかで最高でした♬♬

 

BLAME!観てきたけどすごい良かった

 

 

アースシネマズ姫路 スクリーン3 BLAME! 東亜重音 DOLBY ATMOS 鑑賞終了。駆除系のあのけったいな動きは何度見ても気持ち悪すぎ最高!ATMOSのおかげで駆除系が真上を通っていくのがよくわかった

 

BLAME!
個人的には満足度高かった
難解不条理な原作をあれだけキャッチーにして纏め上げたのは凄いと思う
万人向けに作らなくてはいけないから説明的になったり多少のキャラデザ変更は仕方ない
霧亥の喋り方はイメージそのままで良かった

 

「BLAME!」面白かったー! リアルタイムに表示更新される[霧亥の視界]と、重力子放射線射出装置の発射シークエンスと破壊音が映像化されたのを見れて大興奮&大満足(*´ω`*)

 

BLAME!見終わりました。めっちゃ面白かったしシドニアよりキャラが更にエロくなってるので全くCG臭さはありません。オススメします

 

BLAME!、初日初回舞台挨拶つき上映を新宿で朝八時から見てきましたよー
SF好き、マトリックス好き、情報量過多気味高画質アニメ好きなんで、好みに刺さる最高オブ最高でしたわ。
cv櫻井、というのがね、ずるいです。(誉めてる)

 

BLAME!は初めてだよ!
ワケが分からなかったよ!
という方、ご安心ください
原作は、もっとワケが分かりません!w
でも、読みながらネットでみんなでワイワイやりながら設定が固まっていく
それが楽しかった作品です

 

劇場版BLAME! 公開初日!観た!!
原作からのファンとしては、終始ニヤニヤする展開!
原作読んだことのない人でも、わかり易く入り込み易い、非常に完成度の高い作品になっている!
サナカンとの戦闘シーンは震えた!
嬉しい!最高!!大好き!!

 

「BLAME!」映画館で見てきた。かなりオリジナルに再構成されてたけどすげー良かった。もっと見たい!と思ったら漫画読みましょ。俺も帰ったら読み直す!

 

BLAME!、良かったですよ。多分長いエピソードを映画の尺に収めるために圧縮してるのはあるんだろうなー、って面も感じられたけど、よく動いて見どころも多い映画でした。腕かわいい。原作ちゃんと読んでみようと思います。

 

BLAME!見てるがこれはいいなぁ。結構手間かかってる感。

 

BLAME!観てきた
すごく良かったからもう一回観たい

 

立川シネマシティにて、BLAME! 封切り回を観ました。bスタ極爆。流石の迫力の音響で作品世界にどっぷり浸れました。世界観の表現も駆除系の動きもズルの可愛さも大変良かったです^^

 

 


 

映画『BLAME!』を観た人の感想、評価、口コミ続き

BLAME! これはすごいわ ちゃんとわかってる人たちが映像化したんやな 何十回でも見たい

 

残念なのが20年でやっとの映画化なのに
その内容は「世界の説明」と
「キャラ紹介」で終わってしまったこと…。
監督は今後TVアニメもするつもりなのか?
なるべく原作再現を抑えてる印象だった…。
襲い来る敵ロボの種類も少なく、
バトルもオマケ程度…
世の中にもっと広めたいんなら、
バトルで盛り上げるなり、
SF映画らしく説明を減らして、
観客の興味を引かせる謎要素を
もっと与えてほしかった!…( ノД`)…

 

世界観がいいなぁ、戦闘がすごいなぁ、とは思った。迫力は劇場でよかった。
ただ、モブキャラ全部同じ顔に見えてしまった。

 

そこそこ楽しんだけれどキャラクターの行動がストーリーに規定されてると感じる部分が何度かあった、まあ尺の都合仕方ないと思う
やっぱり能面みたいな顔でカサカサ四つん這いで動くのは人間の本能的に気持ち悪く感じるんだと思う

 

荒廃感がいい、謎めいた雰囲気もいい。
原作未読ですが何となくAKIRA系かな?と思い劇場へ。予想以上に荒廃した世界に圧倒されました。
ストーリーも難解ではなくグイグイ話が進んでも付いていくことができました。静かに、笑いは一切なくてぼんやりと危機感が募るいい感じです。
絵柄はちょっと独特ですね、ポリゴンポリゴンしているのがちょっととっつきにくい。しかしそれがまた無機質な世界にマッチしているような気もした。
登場人物の名前も不思議でよかったです。
大画面でバァーン!と見せられると圧倒されます。これは劇場で見るのがいい作品だと思います。
不思議な雰囲気の作品ですが割と気に入りました。原作も見てみたいですね。

 

早起きして観に来た甲斐がありました🎵オマケのフィギュアもゲット⤴️ 内容もブラムを全然知らない人でも全然楽しめます✋

 

少しマトリックスっぽかった。
居住地がザイオン、セーフガードのあれがセンチネル的な!
主人公の持つ銃がチート級に強い。故に回数制限。
もう少し主人公のナイフ接近戦が観たかったな~
けれども映画全体の雰囲気、音楽、好きです。
あとそのチート級の銃が敵や壁を溶かす感じ。
ちなみに主人公はすごく無口で周りの人が大体喋ってくれてます(笑)

 

あの世界観と漫画の描き込みをどうやってアニメな落とし込むかと思っていたが、CGアニメは最適解だったと思わされますね。
ときおり実写さながらに見えるし、重力子放射線射出装置のエフェクトは滾る滾る。

 

今となっては、定番のSFモノであるが、原作はコミックで90年代モノ!らしい。笑
予備知識無しの状態だが、楽しめた!CGアニメーションもどんどん進化してきて、表情がどんどん柔らかくなっている!時代の進歩を感じながらも、アクションシーンが、本当にかっこいい!モリのような矢を打ち込んで、敵を倒すんだけど、いいところでスローモーションが入ってきておっさん興奮しました!で、敵キャラクターが、攻殻機動隊の仮面かぶった、4足のあいつ、みたいでまた、気持ち悪い動きするんですよね!
声優陣といい、金かけたなぁと思わせる作品でした。

 

成程、音響と効果音がいい。そこだけを意識するだけでも価値があった。
試写会では体験できなかったけど、DOLBY ATMOSで是非また見直したい。
CGアニメーションだけど線画を意識して作られてるからCGアニメーションが苦手でも楽しめた。
このストーリーを、時を経て、この迫力でようやく見ることができたことに感謝。

 

原作を思い出しながら観ていたけど、知らなくても一本の映画としてはまとまってるのかな?
どちらにしても謎が語りきられてない説明不足さが魅力な作品でもあると思うので、自分で考えながら観るのが楽しい作品です。
霧亥のリアルよりのモデリングと女性キャラの二次元然としたモデリングはどちらもよいですね。シボさんもサナカンさんも動いてるところな感激です。

 

予備知識あまり無く鑑賞したが、ストーリーも映像も素晴らしく、すごく没入出来ました。

 

見るにあたって原作の方を冒頭だけ読んだのですが、正直あまり理解出来てない状態だったので話についていけるか心配でした。しかし多少語句が難しく何を言ってるのだろうと思うところはありましたが、映画だけの鑑賞でも十分楽しめました。
なんと言ってもとても映像が綺麗で、迫力がありとても引き込まれました。
主人公は口数は少ないのですが、息や仕草などとても良かったです!
続編をやるなら早く見たいです。

 

 

映像美がとても素晴らしい。ストーリーは昔のSF の香りがしましたが、迫力の映像で時間があっと言うに過ぎました。これだけの映像、豪華声優で2週間限定公開なのが謎です

 

切迫感がすごく伝わってきて、とてもよかったです。ただ少しストーリーがわかりづらいのが残念ですかね・・・。それでも人間が一丸となって戦っていく姿が素晴らしかったです。

 

映像が迫力があってとても楽しめました。が、ストーリーは想像どおりに、進んでいったかんじです。
映像と音楽の臨場感がむかしT2を見てワクワクした感じを思い起こしました!

 

アニメと思ってあまり期待しないかったのですが、しっかりとしたストーリー、多くの圧倒されるシーン、見終わった後は、大満足でした。

 

原作とは完全別物で、電基漁師のヒューマンドラマみたいのが多めです。
キリイ、シボのキャラ設定もただの無感情サイボーグみたいなのになっていてうーん?っといった感じ
見どころは重力子放射線射出装置を撃つ所です、カッコ良かった。

 

感想
・オリジナル要素多め。初心者安心設計。
・それ故に原作のかっこいいシーンやダークな雰囲気はゴッソリ削除。
・CG凄い。セルルックの技術更に進化。レンダリング綺麗
・音響すごい。重力子放射線射出装置とか発射音でビクッってなる
・なんと珪素生物でてこない。
・ロリ(サナ)カン
総評
内容的には、はっきり言って駄作。残念。
しかし、CGと音響はすごい!
音響設備の整った劇場でみるのがオススメ!

 

全く原作も知らずに見ましたが、映像は素晴らしく楽しめました。いくつかのシーンで笑いもおきてました。
主人公が、壊れたおもちゃのように同じセリフを繰り返すのが、個人的にはツボでした。

 

映像が美しかった。戦闘シーンが迫力があり面白かったですが、女の子の胸が強調されすぎていて不快感がありました。

 

口数の少ない主人公ですが、息づかい、表情、仕草など非常にカッコよかったです。SEが絶妙なタイミングで使用されており、映画館のスピーカーだからこそ表現できる音がたくさんありました。全体的なストーリーもまとまっていて面白かったです。

 

予備知識もなしで、原作もしらないのですが、十分楽しめました。
迫力ある映像と、ワクワクするストーリー展開に引き込まれました。
(暗い画面が多かったので、ちょっと見づらいところもありましたが)
続編も作られたらぜひみたいです。

 

原作より映画のほうが、なんとなくツルツルな感じがあります。まるで直接にセルの上に顔料を塗って、そして干された。こんな感じの色と光。
これはいいことか悪いことか、ちょっと言いづらいと思います。一般的な視聴者にとって、こんな感じの映画はもしかしたら原作より納得できると思います。
原作よりスムーズなスピード感もあります。セーフガードが来るとき、迫力満点。

 

弐瓶勉の複雑な世界を映画にするためにストーリーはかなり分かりやすくなってました。
ただ、弐瓶勉ファンじゃない人からしたら分かりづらそうだしどっちつかず感は否めず、、
CGの映像美、音像は素晴らしかったです。

 

★皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
霧亥	櫻井孝宏
シボ	花澤香菜
づる	雨宮天
おやっさん	山路和弘
捨造	宮野真守
タエ	洲崎綾
フサタ	島崎信長
アツジ	梶裕貴
統治局	豊崎愛生
サナカン	早見沙織

●スタッフ●
監督	瀬下寛之
総監修	弐瓶勉
脚本	村井さだゆき
原作	弐瓶勉

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-SF, アニメ, コミック原作
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.