【口コミ・感想】白鯨との闘い の評価、評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

小説

【口コミ・感想】白鯨との闘い の評価、評判

投稿日:


「とにかくでかいクジラに圧倒され「うわこっええ」っていう気分を味わえたのは良かった」「3D迫力満点!!」「中盤から完全に『ライフオブパイ』!」

hakugeitonotatakai
上映中【2016年1月16日(土)】

 

ハーマン・メルヴィルの名著「白鯨」のモデルにもなった捕鯨船エセックス号沈没事故の真実を描き、2000年度全米図書賞ノンフィクション部門に輝いた小説を映画化。巨大なマッコウクジラとの激闘で船を沈没させられた捕鯨船の乗組員たちの過酷なサバイバル劇を、ロン・ハワード監督が圧倒的なスケールで映し出す。-Movie Walker-

 

 

白鯨との闘いを観た人の感想、評価、口コミ

白鯨との闘いよかった。
中盤で涙腺崩壊。

 

白鯨との闘い、ずっと闘い続けるのかと思っていたら、漂流のお話がメインでした。「白鯨」を読んでいたら、もっと楽しめたかもしれません。少々エグいテーマで、予想してなかったのでちょっとひるんでしまいました。パーフェクトストームとかライフオブパイとか、思い出したなぁ。まずまず。

 

白鯨との闘い:噂通り明るくない話ではあったけれど個人的に良作。海洋ものが好きなので退屈することなく楽しめた。クリヘム他キャスト陣の演技は見逃せない。特にトム・ホランドくん好きな方には見てほしい。

 

白鯨との闘い面白かったけど、全く闘ってなかった

 

「白鯨との闘い」観ました。 恩師の老牧師は、少年の頃に両親を失ったうえ結核を患っていた。 ある人が「生きるためなら盗んでもいいと聖書に書いてある」と言って力づけてくれたそうです。

 

白鯨との闘い。まあ鯨との戦闘よりは極限の状況の中での生きるための選択。これはいろいろ衝撃。

 

白鯨との闘いはほんとなんか見てるの辛かったし更に個人的に膀胱との闘いだったから辛かったわ…

 

邦題の闘いの部分はいらなかったと思うの。白鯨だけで良かったと思うの。

 

「白鯨との闘い」★★★★
人間の高慢など嘲笑うかの様に軽く打ち砕く。その相手を悪魔と見るか、神と見るか。絶望的で激しいサバイバルに息を飲む。捕鯨シーンは結構残酷に感じたが、あの小舟で立ち向かって行くのは凄い。

 

ロン・ハワード監督「白鯨との闘い」見ました。極限の状況下での人間たちを描いたヒューマンドラマの佳作。「白鯨」も出ますが、「白鯨との闘い」という邦題は、ちょっちね〜、ですが、様々な表情を見せる海洋シーンと躍動感のあるクジラやイルカが登場するシーンは素晴らしい。

 

『白鯨との闘い』面白かった。船沈められた後はつまらなくなるんだろうなぁって思ってたけど、なんだかんだで全編飽きずに楽しめたわ

 

「白鯨との闘い」@新宿ピカデリー。2Dでも船酔いしそうなほどの迫力。これはぜひ立川シネマシティの極上爆音上映で見たかった。

 

白鯨との闘い観ました。
トム・ホランドくん可愛い
くじらでかい
面白い
くじらでかい

モビー・ディックのモトねたとして知られる原作の映画『白鯨との闘い』観る。スゴイ迫力。やっぱ船の話はいいなー。ヤマト、シルヴァーナ、それにエセックスじゃ。朝っぱらからアドレナリン上がりっぱなし。

 

『白鯨との闘い』鑑賞。
うーん、評価に困る。お世辞にも良作とは…
役者は皆身体を張った良い演技を披露しているものの、全体的には散漫さと冗長さが目立つ。倫理観を揺さぶるシーンもレーティング関係か日和っていて残念な限り。…惜しい

 

「白鯨」で印象的だったのが、主役のクリス・ヘムズワースさんはもちろん有名どころなのですが、メルヴィルに語る生き残りの人の、若い時を演じたトム・ホランド君も気になります。今度のシビルウォーでスパイダーマンやる子なんですね!私のレーダーはUK俳優にしか反応しないのか⁉︎

 

白鯨との闘い。作品の本質は漂流後の主人公たちの深く、時に苦い選択の数々にあるのだろうが、大迫力の捕鯨場面や巨大白鯨の勇姿に映画ならではのカタルシスを覚えざるを得ない。大きなスクリーンで観るのが吉。ヘムズワース好演。邦題の是非はあえて触れない。

 

自分の場合、「白鯨」を読んだことなければほとんど事前の情報入れずに「白鯨との闘い」観たので、物語がどこに行き着くのかもうぜんぜんさっぱり読めなくて面白かった、とだけ書いておこう。

 

『白鯨との闘い』観てきます。昔『ムーの白鯨』なんてアニメもありましたな(最近懐アニの話ばかりしています)。原題はIn the Heart of the Sea 「その海の深奥で」みたいな意味でしょうか

 

白鯨との闘い観たよー!
鯨よりもえげつないサバイバルの方が印象的だったわー

 

白鯨との闘い。これ原作はノンフィクション小説なんだ。19世紀という時代だったとはいえ鯨油獲ろうとして逆に鯨に撃退されてんのは自業自得な気もしたが、面白い映画だった

 

『白鯨との闘い』鯨との闘いと言うより人間の命を懸けた壮絶なサバイバル物語かな。白鯨はまるで傲慢で愚かな人間よ、我々の領域まで来るな!と警告しているかの様な。メルヴィルが老人に体験談を聞き後に小説へと言う設定。

 

『白鯨との闘い』~反捕鯨により鯨肉も店頭でお目にかかる事が少なくなりましたね、昔は学校給食の定番で「竜田揚げ」なんかが普通に食べられたそうです、これは人間の極限を描いたエンタメ贖罪ムービー、生きてこそ…噛めば噛むほど口に広がる旨み。

 

「白鯨との闘い」見た。海上のシーンは想像以上に迫力があって良い意味で予想を裏切られた感。そしてクリヘムくんもウィショーくんも、そして知らない俳優さんだったけどベンジャミン・ウォーカーさんも皆好演であったと思う。あと字幕がよかったですね

 

『白鯨との闘い』を観た。クリヘムが捕鯨するだけの映画かと思ったら、意外な語り口だった。予告編からじゃ分からないよね。メルヴィルの『白鯨』が日本で一般に認知度が低いからかな。

 

「白鯨との闘い」鑑賞。
名著モビーディックではなく、それの元ネタとなったとされる逸話の作品。白鯨の無慈悲な迫力もさることながら、漂流シーンの下りは本当に恐ろしい。
クリス・ヘムズワースの男臭い役柄はやはりしっくりくる安定さ。

 

ロン・ハワード『白鯨との闘い』観た。一々映画が止まる回想形式ってとのがどうも面白くない。肝心な中身もそこまで息をつかせぬ活劇をやってるかって聞かれると微妙だけれども。クリズ・ヘムズワースと白鯨の切り返しも凡庸。

 

「白鯨との闘い」観ました。予想していたほど圧倒的なスペクタクルではなかったなあ・・・そもそも実話ベースを回想というスタイルで撮ると、基本的にテンションは下がりますよね。 クリス・ヘムズワース以下、芸達者な役者たちも上手く使えているとは言い難い。

 

白鯨との闘い観てきた(^。^)
迫力あるしおもしろかった!!!
もういっかいみたくなった。

 

「白鯨との闘い」を観たんですが、邦題に偽りあり^_^
超巨大な白鯨との壮絶な死闘を迫力の3Dで!というつもりで観に行くと、えってなるよ〜!映画自体はまあおもしろいです^_^

 

『白鯨との闘い』を3Dで。鯨と格闘、遭難という極限状態に、観ていて船酔いしそうだったし、観終えた時には自分もげっそり痩せた気分な迫力の映像と展開でした ^^ 

 

「白鯨との闘い」に行ってきた。3Dだったから迫力あった~。実話なんだよね。白鯨読んでみたくなった。

 

「白鯨との闘い」を観た。エイハブやイシュメール、ピークォド号を楽しみにしてたらメルヴィルが登場したので(作者かよ!)と突っ込んでしまった。迫力のある作品だがエグいシーンもあるので覚悟が必要、頭の悪そうなハッシュタグに騙されないように注意

 

白鯨との闘いいってきました!
3D映像迫力あって面白かった!
ただ、闘いって言うのはちょっと違ったかな

 

映画「白鯨との闘い」!
白鯨との戦いの後の方が壮絶だった・・・

 

映画「白鯨との闘い」。だった。CM見てて、CG使ってまっす!!みたいな映像だったから、うーん、と思ってたら、実際そうでもなかった。3Dだったから?結構面白かった。人っていう動物は、他の動物と比べると ちっぽけな存在だなと改めて感じタ。

 

「白鯨との闘い」を3Dで。1956年の「白鯨」をなぞるだけだと思っていたのに・・・違った・・・一緒に観た母は「こういう映画だと思わなかった、すごかった」と。本作だけでも十分楽しめる!でも時間のある方は「白鯨」を事前に観て欲しいな。

 


白鯨との闘い感想 白鯨との闘い口コミ 白鯨との闘い評価 白鯨との闘い評判 白鯨との闘いあらすじ 白鯨との闘い試写会 白鯨との闘いレビュー 白鯨との闘い興行収入 白鯨との闘い動員数 映画ランキング

白鯨との闘いを観た人の感想、評価、口コミ続き

3D「白鯨との闘い」鑑賞終了!航海の臨場感満載だけど、コレって船酔いする人は観てるの辛いかもですよ( ̄_ ̄|||)

 

『白鯨との闘い』。小説『白鯨』の基となった捕鯨船エセックス号沈没事件を映像化したもの。前半は海洋パニックものとしても楽しめるぐらい大迫力の映像で後半は海洋サバイバル。まるで愚かな人間達を嘲笑うかのような白鯨の目がとても印象的だった。白鯨は悪魔なのか…それとも?

 

『白鯨との闘い』鑑賞。海での描写の迫力が凄まじく、当時の捕鯨の苦労が心にしみます。結構言われているようですが、私も邦題はタイトルで損している気がします。

 

白鯨との闘い 3D版をみてきた!RUSHの時も思ったけど、ロン•ハワードが撮るクリス•ヘムズワースってなんかすごくかっこいいな……?あと3Dだと白鯨と海の美しさと恐ろしさが際立つなあと思った

 

白鯨との闘い
に行ってきました!
迫力が本当にすごくて
絶対に3Dで見るべきだと思います!

 

白鯨との闘い…白鯨の闘い…ブレンダンとウィショさんの会話劇、最高でした。他がつまらないというのではなく、この2人の醸し出す雰囲気が格調高くて素晴らしい。会話してるだけなのに惹きつけられる!

 

映画「白鯨との闘い」観賞、良い映画だったなあ。小節白鯨の元となった19世紀捕鯨船エセックス号を襲った悲劇。極めて過酷な職業だった捕鯨船員達が空腹と狂気の果てに見たものは。原題in the Heart of Seaの意味は深い。主演クリス・ヘムズワースは惚れ惚れするほど見事な海の男

 

白鯨との闘いは、圧倒的な存在に敵わない恐怖を描くらしいので、こういう作品はスクリーンで見ねば!

 

『白鯨との闘い』見終わり。究極の断捨離…みたいな? 『キャスト・アウェイ』や『ライフ・オブ・パイ』に比べるとさすがに鯨の出番は多かったです

 

白鯨との闘いというよりも生死の彷徨いって感じ

 

映画、白鯨との闘い 観てきた 、闘わないし!最初の「白鯨のいた海」のほうがしっくりくるよ。ライフ・オブ・パイのリアル版って印象。
小説白鯨 の映画かと思ったら 小説のモデルとなった実際の海難事故の映画化 っていう事のようで納得。

 

『白鯨との闘い』、とにかくでかいクジラに圧倒されたくてみにいったので「うわこっええ」っていう気分を味わえたのはよかった。「捕鯨ってこうやるんだすげえ」っていうのもね。ただねもう中盤から完全に『ライフオブパイ』!

 

『白鯨との闘い』うん、悪くはないんだ。でもこれ白鯨と闘いっていうほどのものか?と思ったら英題は「In the Heart of the Sea」じゃねーか。しかも今見たらWikiに全部内容が載ってるw うん、帆船は超凝ってた。あとあの作家、どっかで見たことあると思ったらQじゃん!

 

「白鯨との闘い」観てきた。笑
「鯨さんって怖いね」とクソみたいな感想しか言えない自分の語彙力の無さが残念ですが、全然B級作品でもなく、楽しめました。鯨マジでかくて怖い。

 

白鯨との闘い観ました。
映画の内容より先にクリスヘムズワースについて喋りたいんですけどいいですか、クリスヘムズワース、抱いてくれ

 

『白鯨との闘い』クリス・ヘムズワースが海の男を演じるなんて好きに決まってる。男もきっと惚れるカッコよさ。と思ってたら、冒頭からタイプは違うけどお気に入りなベン・ウィショー出てきて嬉しい。嵐と鯨のシーンは見たことない迫力の映像で、当然ここが見どころ。凄かった。酔ったけど。◯

 

白鯨との闘い見てきたけど…う~ん…なんだかなぁ…どうも矛盾点があるし、映画として盛り上がる部分が少ない。緩急が無いとも言えるかな。なんとなくメッセージがあるように撮ってはいるが、そこまで強くもない。と言うか、弱冠ぶれてしまってもいる。消化不良やなぁ…

 

白鯨との闘いを見た。捕鯨する連中は野蛮で欲の塊と主張する動物保護団体とかのプロパガンダみたいな映画だった。それにしても、いかにも賞レース向きな内容なのにアカデミー賞には完全に無視されたな…

 

白鯨との闘い見てきた
とりあえず国内のポスターやら広告の内容を信じて見に行くとがっかりするね
・まともに白鯨とは闘わない
・隠されていた真実は語られない「今まで誰にも話した事無いんだが」という切り口で始まるだけ
・今作のモビーディックはアルビノではなく、古傷とかで白い

 

白鯨との闘い大分思ってたのと違った
作家と元船員による"外の話"と、名家のコネ船長と叩き上げの一等航海士との"内の話"が並行して進むんだけど"外の話"の核心に触れる部分が予定調和なのに踏み込みが足りないのがね...スノーピアサーと一緒っつうか

 

「白鯨との闘い」観に来た。いつものとおり静かな館内。「パディントン」は吹替版しかないのが本当に残念。ウィショーさんの声が聞きたいんだけどなぁ。でも、「白鯨との闘い」にもウィショーさん出てるからいいか。

 

映画「白鯨との闘い」また見たいな。風に帆を張り進む帆船のシルエットがすごく美しい。そして海の描写もまた美しい、恵み豊かで時に苛烈。捕鯨船エセックス号の悲劇から200年、航海術は飛躍的に進化し木製の船は鋼鉄に、動力は風からエンジンに変わったけど海は相変わらず巨大で人間はちっぽけだ。

 

『白鯨との闘い』観てきた。
闘いの相手は鯨とかではなく、もっととてつもなく大きなものだったな。
挑むこと、受け入れること…時には極限状態での判断を迫られること…色々ある。
考えてみりゃ人生なんていつ鯨に襲われるかわかんねえ海を泳いでるようなものか。
ま、そう悪いもんでもないけど。

 

「白鯨との闘い」、モビー・ディックそのものよりも、当時の捕鯨船での航海を多少なりとも追体験できるのが楽しかった。考えてみればメルヴィルの「白鯨」も内容の大半は鯨や捕鯨の蘊蓄で占められているもんな。

 

「白鯨との闘い」観てきたよ!!
とにかく鯨の解体ショーだった!!
あと鯨っょぃ。

 

白鯨との闘いを見てきたんですけど、もし私が小学生だとして、従業参観のときに発表する将来の夢てきな感想文を書かなければならないとしたら、間違いなく鯨になってたなってそんな映画でした。

 

白鯨との闘い みてきました
感動というか悲しくなるあれ
泣くわふつうに😭

 

『白鯨との闘い』観てきた。教訓:触らぬ神に祟りなし

 

白鯨との闘いは、撮影はラッシュと同じアンソニー・ドット・マントルで、船上の帆船でのカットや構図が今まで見たことのない、ダイナミックな構図もあり、帆船好きとしては、おおーっと感激。

 

「白鯨との闘い」、‘‘飢え”の描写に関しては去年観た塚本晋也監督の「野火」が強烈だったから物足りなさがあったな〜。

 

「白鯨との闘い」観てきた。ソーと新スパイダーマンが巨大鯨とバトルする話かと思いきや‘‘飢え”との闘いの話だった。イケメン俳優たちが次々と干からびていく!彼らの肉体改造を含む迫真の演技は素晴らしかったのにCGは割としょぼかった。

 

ロン・ハワード監督作品『白鯨との闘い』、流石に、この監督だけあって、船が嵐に遭遇する所とか、人と鯨との一騎打ちとかの演出は凄いなと思った。巨大鯨との対決の結末は、意味深だ。メルヴィルの『白鯨』の基になった話とのことで、『白鯨』を思い出しながら見ていたので、二度美味しい映画でした。

 

『白鯨との闘い』観て、えっ!?鯨の油ってそーやってとるの…!?って驚いたのは俺だけじゃないはず

 

『白鯨との闘い』観た。
ほとんど前情報入れてなくて、冒頭からベン・ウィショーさんのお声が聞こえてきて変にテンション上がった。で、クリヘム最高だった。『RUSH』の時も最高だったので、ロン・ハワードとクリヘムの組合せが私は好きなのかも。いま無性に『白鯨』を読みたくなってる。

 

白鯨との闘いを観た。小説の白鯨の元になった話の映画化。白鯨に襲われてからの海上でのサバイバルがキツイわー。漂流から何日、陸までん千キロってテロップがまた絶望感を煽るのよね。海は怖いぞ!

 

「白鯨との闘い」TOHOシネマズ天神本館。海の男たちのドラマが面白かった。白鯨は中盤で登場。その迫力は圧倒的で、絵的にはここが一番盛り上がる。そのあとも、生き残ることがあらかじめ明らかになっている語り手以外はどうなるか判らず最後までダレなかった。見応え十分。覚悟が要るけれど。

 

白鯨との闘いはまあ、うん、面白かったかな。もっとでっかい鯨の壮大さを見せてくれるかなと思ったけど、人間ドラマ色が強かった。

 

 

●キャスト●
オーウェン・チェイス クリス・ヘムズワース
George Pollard ベンジャミン・ウォーカー
Matthew Joy キリアン・マーフィー
メルビル ベン・ウィショー
Old Thomas Nickerson ブレンダン・グリーソン
Young Thomas Nickerson トム・ホランド
Peggy シャーロット・ライリー

●スタッフ●
監督 ロン・ハワード
脚本 チャールズ・リーヴィット

●その他●

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-小説
-, , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.