【口コミ・ネタバレ】映画『この世界の片隅に』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

アニメ コミック原作 人間ドラマ

【口コミ・ネタバレ】映画『この世界の片隅に』の感想・評価評判

投稿日:


「生きている人たちは生きていく為に働き、食べて、怒り、笑う。本当に素敵な映画」「戦時下の1人の女性の生活を丹誠に端正に、これでもかと言うほどに優しく描き切った。傑作」「能年玲奈、あまちゃんを超える代表作になる!」

 

main_702_690_388
上映中【2016年11月12日(土)公開】

 

第2次大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性すずの日常を描いた、こうの史代の同名漫画をアニメ映画化した人間ドラマ。『マイマイ新子と千年の魔法』で評判を呼んだ片渕須直監督が、徹底した原作追及、資料探求などを重ね、すずの生きた世界をリアルに描く。主人公の声をのんが演じる。-Movie Walker-

 

 

映画『この世界の片隅に』を観た人の感想、評価、口コミ

この世界の片隅に。観ました。とにかく観てほしい。とにかく涙が出る。その理由もわからないくらいに。そして能年ちゃんは天才である。あまちゃんを超える代表作、代表主演になると思います。

 

『この世界の片隅に』ホントに良かったよ。 いや、まじ、広島出身の皆さん、観に行くべき

 

アニメ映画「この世界の片隅に」観て来ました。戦前〜戦後までを描いた朝ドラでよくある女性活躍もの・・・じゃなくて普通のヒロインが活躍しない物語ですw のんびりした女子だからこそ見失わない「普通」の物語です。

 

「この世界の片隅に」最早偏執的な調査に基づく当時の街並み、生活描写の密度に圧倒された。それを結構なスピード(作中時間の経過が意外と早い)で見せていく贅沢さ。あの時あの場所にこの人がいた、という説得力が強力だった。映画を見ている側はこの先何が起きるか知っているわけで胸が詰まる。

 

映画「この世界の片隅に」を観て来た。 原作の雰囲気を再現出来てて、とても良い映画でした。

 

「この世界の片隅に」を観てきました。なんということでしょう…。間違いなく今年はアニメ映画の当たり年です。笑って泣いて、そして心に残る作品でした。のんさんが主演なのもピッタリと作品にはまっていて素晴らしかった。

 

「この世界の片隅に」観ましたよ。戦争中の映画なのにほんわかした日常を描いていて、それでも世界はものすごくはやい速度で流れるしほんわかした中にも人の生々しさが垣間見えたり、映画の中では当然誰も8/6になにが起こるか知らない中のあのサスペンス感…… よかったよー。

 

この世界の片隅に、胸にグッとくるイイ映画だ! これは広めないと。 しかし、のんちゃん可愛いな〜。

 

「この世界の片隅に」見た。片渕監督の「マイマイ新子と千年の魔法」も「アリーテ姫」も良いとは思ったが絶賛はできなかった。が、今回はすごいと言わざるを得ない。原作の強さが、マイマイ新子で気になった台詞の過剰さを押さえている。片渕監督作品としては間違いなく集大成でありベスト。

 

この世界の片隅に、素晴らしかった。上映後自然と拍手も。後半から涙とまらなかったよ。本当にすごくすごく良くて胸がいっぱいです...

 

世界の片隅にいる人々の生命力と繋がりを描く人間賛歌だった。押し付けがましさもなく、終わった後はすっかり爽やかな気分に。のんさんの声はすずさんのイメージと重なってとっても良かったなあ。ラストの展開に続くエンドロールの仕掛けにもしっかり泣かされたよ。

 

『この世界の片隅に』観た。 卑怯だわ、あんなの。こちとら戦時中の日常を柔らかいタッチで観れると思って行ったのに、トゲが多すぎる。予想してたけど卑怯だ!

 

『この世界の片隅に』 制作支援メンバーミーティングの時に、初めて動いているすずさんを見た時、一つ一つの挙動がこそばゆくて、とにかく愛らしかった。そこにのんさんの声がついて、なんかもう、どうしたらいいかわからん事になっていた。確かにそこにいたんだよ。もうね、ありがとうごさいました!

 

 

「この世界の片隅に」観てきた。近所でやってないからプチ遠征したけど、そこまでした甲斐があるくらい良かった。

 

『この世界片隅に』パンフレット読了。 この作品を通した氷川さんの日本アニメーション論が、海外アニメと日本アニメの違いを的確に表してるな、と思った。そして、日本アニメを改めて好きになった。

 

この世界の片隅に観た。すごく丁寧に作られた作品。戦時中の呉・広島を描いた作品なので、どうしても戦争の影が重くのしかかって来るのだけど、そこがこの作品の主題ではない、気がする。主人公のすずさんが、精一杯生きて、笑って、それに共感する作品だった。

 

この世界の片隅に 全人類が観るべき。 観ていろいろ思うべき。 能年さん素晴らしい。

 

『この世界の片隅に』2回目の鑑賞。前回はクラウドファディングの人の名前を追ってしまったが、今回はアニメーションをじっくり観て涙。エンドロール、誰1人席を立たず、終了後に大きな拍手が会場を包んだ。公開初日にこんな体験をしたのは初めてでさらに感動してしまった。

 

この世界の片隅に,もう優勝確定だしあとは俺が見る見ないより興行的に成功してほしい……というよくわからん気分になってて,だから1日くらい見れなくても平気になってる.君の名はも聲の形も面白いかハズしちゃうかが気になって早く見たかったんだなあ

 

この世界の片隅に鑑賞終了 感想 これは観る人を選ぶかなーというのが正直な所ですね 大戦時を生きた少女から女性への変遷と家庭を守る婦人から見た大戦を淡々と描いた作品 センセーショナルな出来事は取り立てて起こらず(起これどその点で盛り上げることはせず)、それが評価分けるかなと

 

「この世界の片隅に」初回を観た。素晴らしかった。のんさんはすずさんそのものだった。すずさんたちが本当に生きているとしか思えず、途中アニメを観ているのか実写を観ているのかわからない不思議な感覚があった。人間の、特に女性たちの強さに心打たれた。

 

「この世界の片隅に」を観てきた。正直に云うと俺の涙腺が崩壊しそうになったのはタイトルがでるところ。で、その後は高揚しっぱなしであったよ。これは後々思い返してる時に涙するパターンやね。それにしても周作パパのアレはずるいわ~。

 

この世界の片隅にを鑑賞しました。原作を直前に復習してたので、映画としての良さは判断出来ないですが(ストーリーは原作同様良かったです)、原作の再評価は待ったなしという感じ。

 

それにしても、この世界の片隅にはいい映画じゃった。すずさんの雰囲気が全編にあふれてて、やわらかい水彩鉛筆っぽい画調ともあいまって、終始あったかかった。空襲とか機銃シーンはさすがにちょっと怖さを感じたけど。

 

映画『この世界の片隅に』を観た。哀しい物語で、観る側を哀しい気持ちにさせるのではなく、「哀しい」とはまた別のポジティブな感情を引き出す力を秘めていた。

 

 


 

映画『この世界の片隅に』を観た人の感想、評価、口コミ続き

『この世界の片隅に』鑑賞。この数年で観たアニメ作品ではブッチギリのベスト作品。片渕須直監督作品は初見だが、何者なんだろ。また能年玲奈が本当に素晴らしい。完全にすずと一体化していた。

 

ある時点から、涙の止め方が分からなくなった。主人公・すず(声:能年玲奈)のセリフとモノローグがパンチラインの猛ラッシュ仕掛けてきて、耐えられない。テンポも早いからとても楽しかったし、痛かった。すんごい映画だった。興奮が収まらない。

 

『この世界の片隅に』ストーリーは劇中でも言われるが本当に普通。でも、戦時中という少しの過去の「普通」が突き詰められてて2時間本当に楽しめる。時に映像的に派手な演出はあるが、原作の主人公すずの状況や心情に合わせた表現をうまく動かしてみせたわけで、全く不快感がない。

 

『この世界の片隅に』戦争もの、お涙頂戴もの映画や小説が苦手な私でも、がっつりはまりました。 朝ドラ好きな人や、『海街diary』の世界観が好きな人は、はまると思う。 主人公に悲壮感や私頑張ってますアピールがない。 笑えるところも結構ある。

 

『この世界の片隅に』鑑賞。 満席のなかエンドロールの間1人も席を立たず、終映後拍手が起こったのは生まれて初めての経験だった。当たり前の生活がどれほど幸せで尊くて儚いものか。いまこの時代に改めて、すべての人に観て、感じてもらいたい作品。

 

「この世界の片隅に」で描かれるのは、すずさんの視点での当時の日常だけ。それ以上でもそれ以下でもない。本当にただそれだけなのに、この破壊力ときたら…。もう、ずっとモヤモヤしてる。

 

『この世界の片隅に』は、原作に対して、アニメーションとして、観客に対して、歴史に対して、エンターテイメントとして、世界に対して、人間に対して…と、あらゆることについては徹底的に誠実であった。そのことが驚異。

 

『この世界の片隅に』、とにかく褒めたいんだけど、自分の手に余りすぎてなにも言葉が出てこない。みなさんぜひ観てください。とっても面白いですよ。

 

「この世界の片隅に」鑑賞終了。あの時代の話なので、重い話でもあるけれど、心の底までほっこりするような、丁寧に創られた良い作品でした。

 

「この世界の片隅に」鑑賞終了。片渕監督がすずさんはのんさん以外ありえないと、おっしゃった理由がわかりました。わずか、75年ほど前の日本。そこにはすずさんらのような人たちが懸命に生きておられた。そんな思いに浸らせてくれる作品。終わる頃には自然と涙が流れていました。

 

『この世界の片隅に』素晴らしかった。思った以上に泣いてしまった…今年一なんてこと言えないよ…物凄い時間が、込められてる。新宿のど真ん中でボーッとしてしまってるけど、絶対に忘れたくない映画。今年生まれた甥にも観せたい。

 

今まで観たアニメ化された原作のある作品の中で、一番よかったと思う。この世界の片隅に。 情景描写も声も音楽も何もかもが素晴らしかったし、エンドロールの最後まで最高だった。

 

『この世界の片隅に』には、戦争に対する過剰な感動の要求はない。必要以上に泣かせてかかろうとする落涙装置になり下がっていることもない。むしろ、コミカルで思わず笑ってしまうシーンが多く、当時の人びとの生活に「忠実」(あくまでカッコつき)であるように感じた。

 

 

この世界の片隅に。とてもとても優しい映画。おばあちゃんの生きた時間を、あの頃聞いた話を、ようやく観れたような、感じられたような。うまく言葉に出来ないけど、今自分の中にあるこの気持ちは、大事にしなきゃいけない気がする。観て良かったと心から思える。

 

『この世界の片隅に』戦時下の1人の女性の生活を丹誠に端正に、これでもかと言うほどに優しく描き切った。原作の情報量も凄まじいものがあるが、アニメではさらに情報が上乗せされている。傑作。

 

この世界の片隅に、観てきた。テーマは生きるでいいのかな。当時の生活を食事から風習から詳しく調べてとても丁寧に描かれてた。君の名では泣かなかったがこっちは少し泣いた。

 

映画『この世界の片隅に』見てきた。前半の古い習慣が面白くて、86歳の祖母にも見せたいなと思ったけど、最後まで見たら、戦争経験者の祖母にその光景を再び見せるのは酷かなと思い直した…。とりあえず友人に勧めておこう…。

 

エンドロールで女の子のその後が描かれてたし、主人公が母親代わりになるだけでなく、娘を失った義姉も加わって家族になって、みんなで海を見つめてるエンディングも素晴らしかった! (((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

『この世界の片隅に』ああ……心が今も震えたままだ……誰もが何かを亡くしていく戦争という日常を生きる、生きていく、豊穣でささやかで美しく残酷な、私たちの世代が体験しなかったが知っているあの時代の生活と日常と死。原作に、のんという言霊がのり片渕監督の緻密な世界観が後押しする。ただ涙が

 

この世界の片隅に 久しぶりに号泣しました。決して明るい話じゃないのに画面から温かさが伝わってきて、なんとも表現の難しい気持ちでした。自分でも何に感動してるかイマイチわかりませんが、恐らくアニメでなければ泣いていないのは確かです。BDは出るのかなぁ。

 

この世界の片隅に。必要以上に悲壮感を煽る訳でもなく、だからと言って能天気でいられるわけもなく。しかし淡々と、生きている人たちは生きていく為に働き、食べて、怒り、笑う。本当に素敵な映画でした。観るが良い。

 

映画『この世界の片隅に』観た。へらへら笑って生きてる人が時代と環境のせいでへらへら笑えなくなり、そこからまたへらへら笑って生きようとする話。戦争を会社に置き換えれば多くの人に通じる。特に能年玲奈さんは境遇的にかり重なるものがあったのだろう。とても良かった。

 

この世界の片隅にを見てきた。 ひどく堪えて、思い出すたびにしんぼうたまらんなってくる。 いあ、掛け値無しにいい映画だとは思う。 戦争物の庶民の生活にスポット当てた作品だから、当然悲劇性はある。けれどそこが全てじゃない。救いようのない話でもない。非常にハートフルだ。

 

結局、「この世界の片隅に」初日に見てきたぜ。全然作風等々違うけど「サウルの息子」と同じで前に進む力を与えてくれる映画だった。

 

「この世界の片隅に」観てきた 内容も良かったんだけど主人公の演技が自然というか、そのまま中に入ってるように錯覚したんだけどすごくないかあれ

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
すず	能年玲奈
細谷佳正
稲葉菜月
尾身美詞
小野大輔
潘めぐみ
岩井七世
渋谷天外

●スタッフ●
監督	片渕須直
脚本	片渕須直
原作	こうの史代
企画	丸山正雄
製作統括	GENCO
プロデューサー 真木太郎
キャラクター・デザイン 松原秀典
作画監督	松原秀典
音楽	コトリンゴ
監督補	浦谷千恵
アニメーション制作 MAPPA

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-アニメ, コミック原作, 人間ドラマ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.