【口コミ・ネタバレ】映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

人間ドラマ

【口コミ・ネタバレ】映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の感想・評価評判

投稿日:


「ずっと泣いてた!」「伏線の張り方と回収の仕方がお手本のように上手い!」「ビックリする終わり方だった!」「宮沢りえ、杉咲花、伊藤蒼、女性陣が凄い!」「オダジョーはやっぱダメダメな感じがいい!」

 

maxresdefault
上映中【2016年10月29日(土)公開】

 

がんで余命2か月を宣告されたヒロインが、残された時間で家族を成長させようと奮闘し、より強い絆で結ばれていくさまを描く家族ドラマ。宮沢りえが家族を大きな愛で包み込む母親を、オダギリジョーがその夫を、杉咲花が娘を演じる。監督は自主製作で撮った『チチを撮りに』で国内外の映画祭で注目を浴びた中野量太。-Movie Walker-

 

 

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』を観た人の感想、評価、口コミ

湯を沸かすほどの熱い愛、あれはヤバい。 ポカリが口元に伝い落ちてくるのを分かっていても回避できない。そういう力強い作品だった。 レミゼより泣けると思う!

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」観てきました。ただの御涙頂戴映画じゃなかった。泣きすぎてデトックスしまくり。銭湯に行きたくなる〜〜

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」には、オダギリジョーさんが一時蒸発してた夫として出演してるわけですけど、今年では「オーバー・フェンス」とか、ドラマ「重版出来!」も印象深く、いずれも派手さはないにしてもよかったよなぁって思います。

 

湯を沸かすほどの熱い愛 なんで?なんでこんなに上映館少ないの!!!! 泣きながら笑ったのは初めてだ。 子供を良く知ってて、使い方が秀逸。 言葉にする程伝わらない。なのに伝えたいことが多過ぎる。

 

湯を沸かすほどの熱い愛 とても良かった。 お母ちゃんは本当に強い。

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』人を思いやる心、何物にも替え難い、お金では買えないものが沢山つまった映画でした。途中そう来たかと、涙袋が破裂したかと思う位号泣。良い映画は観終わった後、今、正に一緒に共有した知らないお客さんに思わず話しかけたくなる気持ちに駈られてしまう。それが出ました。

 

湯を沸かすほどの熱い愛、観てきました。人と一緒に行った映画で頭痛くなる程泣いたの初めてだし、伏線の拾い方が見事で全然飽きなかった!そしてラストが衝撃的。涙止まったわwコレ無かったら、感動のヒューマンドラマ、以上の感想は無かったかも。タイトル、そういうことか、、、!

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』現実問題に即して考えると主人公の行為の是非には疑問も残ったりするし、ラストシーンも○○○○○○的な驚き笑いもあるけどね。あくまでそういう人物の物語ということで。

 

ずっと感動してた。 ホント良い映画だった。

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』大仰な音楽と主人公の涙で泣かせる難病物ではない。主人公の思いを受け取った側の行動から気持ちを想起して涙が搾り取られる。配置された言葉や行為が、嗚呼こんな風にいきる伏線かというパズルの様な快感。凄味の宮沢りえ、俳優魂見せた杉咲花、松坂桃李も意外な役で良い。

 

役者さんたちが何をおいても良かった。 宮沢りえもだけど、杉咲花にギュッと心を鷲掴みにされた。 宝物のような場面が溢れんばかり。

 

とっても愛が溢れる映画で、最後のエンディングで流れる主題歌がたまらなかった。

 

湯を沸かすほどの熱い愛が詰まった、いい映画でした✨ほんま、熱過ぎでヤケドしたわ😭✨いい湯加減でした😌👏

 

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」よかった熱かった、、何より1人ひとりの言葉が熱いし強い!いろいろあるけど泣いていいし腹は減るし、旨い飯囲んで乗り越えよう

 

湯を沸かすほどの熱い愛、宮沢りえさんの演技がすごかった。画がきれいだなー、もよかった。けど、衝撃のラストではなく想定内で、その想定内ラストだと犯罪に利用されそう、と妄想してたくらいなので、なんかちょっと怖かった。これを怖いと感じる私は人として欠落してる感じがしなくもない。

 

余命わずかと知ってからの母の奮闘ぶりに感動、演じた宮沢りえさんの厳しい中にも包容力のある優しさを感じさせて、子役の涙の演技にも貰い泣きしそうになった。 衝撃的なラストで明らかになるタイトルの意味は観てのお楽しみ!

 

良い映画なんだろうとは期待して見に行きましたが、めちゃくちゃ良い映画でした!!! 途中、映画を見てる事を忘れてしまう、不思議な感覚、不思議な距離感のする映画でした。 本当に素晴らしかったです。

 

ナイトショーで一人でノーメイク。 これが正解。 泣きまくり。 我が家と色々リンクしてなんかもう。 人生考えた。 今見られて本当に良かった映画。

 

いやー泣いたねー、泣きまくったよ(^^;)家族の辛い話はもう泣くしかないでしょ。宮沢りえが愛情あふれる強いお母ちゃんを演じてて素晴らしい。要所要所で予想外の展開で泣かされ、ラストに向けてはもう気持ちよく泣いたよね。映画見て泣きたい人オススメ!w

 

中野量太監督「湯を沸かすほどの熱い愛」観た。劇場で前後の文脈不明な予告編を見た時、台詞が臭くてこれはキツイと正直思った(双葉さんなら許してくれる筈)のだが…確実に3回は泣かされてた。そしてあのタイトルバック、納得するのと同時に笑ってしまった(双葉さんも我々に笑顔になってほしい筈)

 

宮沢りえさんが演じていた強いお母ちゃん。懐が深く温かく、時に厳しく、そして優しくて思い遣りがあり、みんなに愛情を注ぐ理想のお母ちゃん。残された時間で必死に伝え生きる姿に涙が止まらなかった。ビックリするラストでした☆

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」っていう映画、泣けるしすごいいいお話だったんだけど本当にCook Do。カニとか食べるんだけど随時あの回鍋肉のCMが思い起こされて集中させてもらえない、

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」、「チチを撮りに」の中野量太の新作。本作もスカッとカッコいい母が登場して愛する者たちを抱きしめて癒してくれるのだが、この母は正しいが正しさを強要し過ぎるきらいがあるのだ。語りもテンポが悪く前作の爽快さに欠ける。ダメ男なのはいいけど夫のキャラが弱かったね。

 

【湯を沸かすほどの熱い愛】 「何色が好き?」というところから終始涙涙涙… 頭が痛くなるほど泣いた映画 もう一度見た時には違う目線で観れるだろうから、もう一度観たい

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」見たよ 予告見た限りでは、ほろっとなけるやつなんかなぁ。。思ってたけどそんななまやさしいものじゃないやつでした 泣く余裕なんかない感じ 都合がつくなら見といた方がいいんじゃないかなぁ

 

 


 

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』を観た人の感想、評価、口コミ続き

『湯を沸かすほどの熱い愛』を観てきた。声が出そうになるくらい泣いた。最後、ビックリする終わりかただった(笑)

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』鑑賞。 宮沢りえ、オダギリジョー、松坂桃李らは当然ながら素晴らしく、それを超える勢いで、子役の杉咲花らが予想以上に凄い。暗い題材を明るく前向きに描いた2016年の邦画傑作の1本。

 

湯を沸かすほどの熱い愛、前情報なしに見にいったら最後に頭が爆発した。純粋な感動とはちょっと違う、私は実は若干のおどろおどろしさというか恐怖も感じてしまったのだけど…、まさに母の愛はそんなお涙ちょうだい的なぬるい温度で語られるものじゃないってことかなって思った、すんごく興味深い脚本

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』初日。 ベタになりそうな題材だと思うのですが、大きく裏切られました。 伏線の張り方と回収の仕方がお手本のように上手い。情報の出し方と伏せ方が確信的。脚本に近い形で完成された気がします。恐らく脚本賞を取れるだろう、傑作。

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」 細かな伏線回収、一人一人の問題の解消のエピソードは丁寧。ただなぜ主人公に周りが惹きつけられたのか描写が足りなかった。主人公の独善的で一方的に意見を押し付けるのも苦手だった。ラストは確かに鳥肌立ったけど、他は定石通りの余命ものの印象だった。

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』観てきた。 涙と鼻水のせいで、マスクぐしょぐしょになった…あと、きのこ帝国の主題歌が最高👍👍👍

 

伏線を回収する度に涙が溢れてこみ上げてくるものがあった。熱い愛だった。

 

気がついたら 忘れかけていた感情が湧いて 涙が溢れて苦しかった、 今観られてよかったかもしれない あなたに、会いたくなりました

 

中野監督、メジャー映画デビュー作らしい。演出も話し運びもスムーズで、見やすく素直に没頭できた。子役の使い方もうまい。是枝監督に匹敵する才能じゃないだろうか。次回作も期待したい。当然、宮沢りえの次回作も期待したい。しつこいけど、宮沢りえ、ホントに最高だ!

 

湯を沸かすほどの熱い愛 待ちに待った中野監督の新作。家族のみんなと一緒に泣かずにはいられませんでした。 素敵な家族や仲間たちの愛に溢れていて、あたたかい物語でした。

 

これは凄い。シナリオも書き込まれてるが、それを超えた演技人が素晴らしい。杉咲花ちゃん、偉いです!今年の邦画は豊作だあ。

 

かなりよかった、笑ったし感動したし。 もう少し歳をとってから観るともっといいかも。 オダギリジョーかなりいい。「時効警察」とか「ゆれる」とかまたみたい。

 

双葉の主張は一貫して「逃げちゃだめだ」。どんなことがあっても立ち向かえと。あまりに真っ当なメッセージ。予告ではどんな時も明るい肝っ玉かあちゃんのイメージだったが、本編では、そんなに単純ではなく、ちゃんと不安や葛藤もうまく演じている。ここが説得力がある。

 

 

宮沢りえに引っ張られるように他の演者も素晴らしいパフォーマンスを発揮している。まるで劇中の双葉が周りの人たちに発破をかけ背中を押し人生を変えていくように、実際の現場でも宮沢りえの影響ですごいケミストリーが生まれていたのだろう。まさに大女優の為せる業か。

 

号泣!このまま泣きすぎて死んでしまうのではというぐらい泣いた!決してお涙頂戴のあざとい演出はなく、純粋に宮沢りえ演じる双葉の生き様に心底感銘を受けた。宮沢りえの鬼気迫る渾身、入魂の演技。ホントに素晴らしい!ずっとずっと忘れられないキャラクターとなった。

 

女性陣かみんな魅力的でした。ただ、この内容の場合、女性陣だけだと重さだけが強調されがち。そこに男性陣のお気楽さが緩衝材として見事にマッチしてた。このバランスが適度に良くて見終わった後も湿っぽさが残らないのが見事だと思う。

 

杉咲花ちゃんの演技が衝撃的だった凄い女優になったなあ きのこ帝国がこれほど嵌る映画はないんじゃないかって感じ

 

湯を沸かすほどの熱い愛、あるシーンのある一言で、まるで自分の「涙スイッチ」をパチッてONにされたみたいに、突然涙出てきてびっくりした。それまで全然こみ上げることさえもなかったのに。

 

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』を観た。泣けた。 ただ、女性の映画かな。男である自分は最後どこか置いてきぼりにされたような気もする。

 

タイトルに偽りなし!母娘愛に満ち溢れてた。宮沢りえは勿論のこと、二人の娘がホント素晴らしくて、いや〜よかったねえ。家族として迎えられた鮎子の姿は涙なくして見られませんわ。少しずつ強くなっていく二人を応援せずにいられない。泣きたいならこの1本だな。

 

宮沢さん、ほっそーいよう(><) でも、やっぱりステキ! 偉大なる皆のお母ちゃんでした。 お母ちゃんの愛はね 向き合う勇気をくれるんだ。

 

愛を与えられる器の大きい人 自分よりも人の為に尽くす寛大な人 ゆえに愛のお返しがたくさんある人 愛する人には愛の出し惜しみはしない 最期の時にどれくらい愛が伝えられるか 言葉も行動も相手に必ず響いてずっと残るから

 

声が出そうになるほど泣いてしまいました。背中を押してくれるステキな映画でした☆

 

ミスリードを誘う伏線と役どころもよかった(^ν^)観てよかったです♪ ラストはやりすぎな感もあったけどそのおかげでスッキリとしたのかも。 オダジョーはやっぱダメダメな感じがいいすねー

 

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」は宮沢りえ演じるお母さんが強すぎる人でちょっと引いてしまいますね。 杉咲花ちゃんが光ってますね。 そして現実離れし過ぎてて泣けないパターンですね(^_^;)

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』宮沢りえさん始めキャストの方が、”嘘がない映画”とおっしゃってましたが、まさにそれ。泣かせることを意図として作られた映画が苦手な私が、声を出して何度も泣いてた。続

 

超よかった、めっちゃ感動。さっきも書いたけど、身体から悪い物が涙と一緒に流れ出た感じ。いっぱい泣いたなー。宮沢りえさん、杉咲花ちゃん、伊藤蒼ちゃん最高でした。

 

 

●キャスト●
宮沢りえ
杉咲花
篠原ゆき子
駿河太郎
伊東蒼
松坂桃李
オダギリ ジョー

●スタッフ●
監督	中野量太
脚本	中野量太
撮影	池内義浩
美術	黒川通利
音楽	渡邊崇
録音	久連石由文
照明	谷本幸治

●その他●


上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


-人間ドラマ
-, , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.