映画『オデッセイ』あらすじ・観る前に知っておきたいこと! - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

SFドラマ あらすじ・知っておきたいこと

映画『オデッセイ』あらすじ・観る前に知っておきたいこと!

投稿日:


映画『オデッセイ』あらすじ・試写会感想・観る前に知っておきたいこと

 

odessei
上映【2016年2月5日(金)】

映画『オデッセイ』概要・解説

「オデッセイ」は、2011年に出版されたアンディ・ウィアーの人気小説『火星の人』が原作となっている映画です。
リドリー・スコット監督、マッド・デイモン主演の映画『オデッセイ』(原題:The Martian)は宇宙を舞台にした壮大なストーリーと豪華なキャスティングで注目を集めています。

 

注目の俳優

マッド・デイモン (主人公である宇宙飛行士マーク・ワトニー)
ジェシカ・チャステイン (マークを救おうと奮起するチームの船長メリッサ・ルイス)
マイケル・ペーニャ (リック・マルティネス少佐)
クリスティン・ウィグ (NASA広報責任者アニー・モントローズ)
ジェフ・ダニエルズ (テディー・サンダース)
ケイト・マーラ (べス・ヨハンセン)
ショーン・ビーン (ミッチ・ヘンダーソン)

 

リドリー・スコット監督とは?

ciatr.jp

イングランド・サウス・シールズ出身の映画監督、映画プロデューサー。

本作『オデッセイ』ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2015・監督賞を受賞。
(作品としては主演男優賞、脚色賞も受賞)

デビュー作『デュエリスト/決闘者』(1977)
(カンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞)

『エイリアン』(1979)
『グラディエーター』(2000)
(第73回アカデミー賞作品賞並びに第58回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞受賞)

『プロメテウス』(2012)
『悪の法則』(2013)
『エクソダス:神と王』(2014)
(CGを極力使わない実写での撮影にこだわった。そのため、エキストラはのべ15000人、美術スタッフ1000人、1シーンで使用したカメラは最大17台、豪華絢爛な宮殿セットと撮影も規格外のスケールとなった。)

 

【オデッセイ予告動画】

 

あらすじ

(※ネタバレ注意)

火星へ有人飛行のミッションに参加した主人公マーク・ワトニー(マット・デイモン)。

人類3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、18日目に突然吹き荒れた猛烈な嵐によって、任務中止に追い込まれてしまう。

火星でのミッション中に嵐に巻き込まれ、全6名のクルーのうち、マーク・ワトニー(マット・デイモン)は、突風でバラバラになった通信アンテナの直撃を受けてどこかへ吹き飛ばされ、行方不明になってしまう。

出典:youtube.com

 

タイムリミットが迫る中、必死の捜索を続ける指揮官のメリッサ・ルイス船長(ジェシカ・チャステイン)だったが、ワトニーは発見できず、チームの仲間達からはぐれたマークは死亡したと判断を下されてしまう。

しかし、マークは無事であり、一人火星に取り残されてしまいます。

【オデッセイ】マットデイモン2出典: www.cinemablend.com

辛うじて砂漠から人口住居施設“ハブ”に帰還した彼は、この上なく絶望的な現実を思い知らされることになる。

ハブに残された食料はほんのわずか。ところが、次の探査ミッション“アレス4”のクルーが火星にやってくるのはなんと4年後だった!

odessei1出典:youtube.com

 

厳しい環境の、限られた食料のみで、4年後のNASAの救出まで生き延びる決意をするマークであった。

オデッセイ出典: www.foxmovies.com

 

そのころ、NASAもワトニーの生存に気付く。火星の衛星画像を調べていた職員が、ワトニー生存の証拠を発見したのだ。彼を生還させようと、マークのチームたちと科学者たちが奮起すのである。

記者会見を開いたサンダース長官がワトニーの生存を発表したことで、火星で孤独なサバイバルを続けるワトニーは一躍、全世界の“時の人”となった。

odessei2
出典:youtube.com

 

しかし救出はトラブル続きに見舞われてしまう。

ワトニーは再び絶体絶命の危機に陥ってしまう。

やがてワトニーの命運は、宇宙を航行中のヘルメス号のクルーを巻き込み、誰も想定していなかった最終手段に託されることとなるのである!

odessei3出典:youtube.com

 

世界70億人が彼の生還を祈るなか、マークは地球に生きて帰ることができるのでしょうか…?!

 

次のページでは
原作者:アンディ・ウィアーのコメントや、「オデッセイ」を観る前のみんなの反応・試写会感想!!→


オデッセイあらすじ オデッセイネタバレ オデッセイ感想 オデッセイ口コミ オデッセイ評価 オデッセイ評判 オデッセイ最新 オデッセイレビュー オデッセイ興行収入 オデッセイ動員数 オデッセイランキング

原作者:アンディ・ウィアーのコメント

「最初の段階からユーモアが重要だと思っていた」

「あのような状況に放り込まれた男が、ただサバイバルをするだけじゃ退屈だ。それに主人公が暗い想像をするシーンばかり書きたくなかったんだ。

僕が書きたかったのは、科学の力によって物事を解決していく物語。読者は宇宙飛行士は頭が良くて、感情をコントロールする訓練を受けていると知っているから、僕はワトニーが間違いのない手段を使っていくのを丁寧に書いていけば良かった。

そうしたら読者はワトニーのことを信頼してくれるからね」

「ワトニーは自分に似せて書くようにしたからね。でも、ワトニーは絶対に諦めない男なんだ」

補足

ウィアーは、日本のアニメが大好き。
『ロボテック』『マクロス』『サザンクロス』『モスピーダ』『ワンピース』『ハルヒスズミヤ(涼宮ハルヒの憂鬱)』

出典:Yahoo!ニュースより

「オデッセイ」映画公開前の反応・試写会感想

※ネタバレ注意

飛行機の機内で「オデッセイ」。映画の中で描かれる所、描かれないところ、ノンフィクションではないからこそ表現できること、絶妙にバランスがとれていてすごーく面白かった。公開されたら映画館でもっかい観たい。

 

映画『オデッセイ』って原題The Martian(火星人)なんだな。邦題も『火星人』でイイやん。

 

映画「オデッセイ」の原作面白いわ~。技術者必見

 

ゴールデングラブ賞受賞に、アカデミー賞ノミネート‼︎ 面白くないはずがないやろ!この映画o(^▽^)o

 

オデッセイは久々にマットデイモンの主演作なので楽しみですね。原作を読んでますが映画だとどういう風にまとめてるのかなぁー。

 

原作の「火星の人」がめちゃ面白かったから映画も期待なにゃけどオデッセイどんな感じなんやろ。

 

「オデッセイ」は媚中映画だったけど、四文字言葉の偽善的状況がよく出てる場面があった。米人はポンポン使うのでカジュアルな言葉かというとそうなんだろうけど、主人公が世界に中継されてる場面でつかうと注意される。スラングは頻繁に日常使われてるとしても、外国人にTPOがわかるとは限らない。

 

リドリー・スコット監督最新作、ゴールデングローブ賞2部門受賞おめでとうございます。『オデッセイ』公開記念として、宇宙映画大展開中~♪公開が楽しみ過ぎて、待ちきれません!

 

オデッセイって映画めっちゃ面白そう

 

 

映画『オデッセイ』の原作『火星の人』を読んでみたくなりなんとなく思い出したのが『火星の人類学者』これもハヤカワから出版されていてタイトルからするとものすごくSFっぽいけど、実在する人々の症例を医者が描いた興味深い内容。オススメ本だ。

 

映画「オデッセイ」の原作を読んでるけどコメディ調過ぎて笑える。これはこれで、思ってたのと違う面白さ。

 

『オデッセイ』予告も面白そうだったのになんでそんな評価に?とモヤモヤした時間を返せ。映画も本もこういった先入観を持って作品に触れるのが何より危険なのに。「ごめんごめん、今度一緒にオデッセイ観に行こうね」って、既にSW7の5度目(旦那は)を4DXで観ようねという約束はどうなるんだ。

 

オデッセイってめっちゃ緊迫する映画らしいけどマットデイモンのせいで普通に何もかもうまく行きそうな感じが出ちゃってる

 

リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演「オデッセイ」試写。まずタイトルがまったく内容にあってない。なんの映画だかわからない…それなりのドキドキ感はあっても、主人公以外のキャラが中途半端。描かれきれてない…て、そんな感想今年2本目! 残念リドリー。

 

オデッセイってよく分かんないけどマット・デイモンがじゃがいも育てる映画なんだね

 

町山さん曰く'映画『オデッセイ』は80年代の音楽がガンガン流れるミュージカルであり面白いコメディでもある作品'。ますます見たくなってきたな、オデッセイ。

 

映画「オデッセイ」が、シリアスな予告に反し「火星でダッシュ村」らしいという文章を見たんだけど、なぜだか「水曜どうでしょう」に変換されちゃって、マット・デイモンが一人でサイコロを振る風景が頭に浮かんで困る。

 

映画『オデッセイ』の試写会行ってきた。3Dメガネ掛けて観たけど、無くても問題なし。あるとちょこっと画面見やすい。ストーリーは思ったより過酷だった。宇宙飛行士のスキルがあるから立ち向かえたのであって、私ならすぐ楽に死ぬ方法を探すだろうなと自分の限界を悟った。

 

オデッセイって映画観てる。普通だったら主人公がジャミラになって終わりな設定なのにガンガン次の行動を起こしてくので謎の安心感が

 

「オデッセイ」でデヴィッド・ボウイのスペース・オディティ使われるって知って思ったけど、火星で暮らす映画なんだからボウイならライフ・オン・マーズじゃねえの?

 

オデッセイって映画絶対おもしろい絶対おもしろいこれマジで見たい 火星に取り残された男がどうやって科学の力で生き行くのか?とか絶対面白いだろこれ!ねえ!!

 

映画『オデッセイ』を観ました(*^^*) 私が思っていたよりもずっと前向きな作品で、まさか観劇中に笑みが溢れるとは思ってもいなかった。それでも作品の盛り上がりと共に私の心ももっていかれ、ウルっとしちゃいました。 生きている限り、希望も可能性も捨ててはいけないね。

 

「映画の天才」でオデッセイを観てきました! どっちの意味でも、おもしろい!o(^▽^)o私の中で大ヒット!劇場公開されたら何度か友達連れて観に行こう〜♬

 

『オデッセイ』宇宙物なのでゼロ・グラビティとかみたいのかと思いきや、結構笑えるノリの良いディモン飛行士で面白い!ラスト30分位はハラハラドキ…この映画は絶対大きなスクリーンで見るべき、見て欲しい! 楽曲もノリノリ♬

 

映画『オデッセイ』めっちゃ面白そうじゃありませんか???

 

みんなで、映画「オデッセイ」を観てきました。火星に取り残された男の話です。絶望的な境遇のはずが、笑って泣けて、老若男女ホイホイ映画でした。私はまんまと希望と勇気をもらって帰ってきました。気分は痛快、心はあったかいです。2/5に全国ロードショーですので、超観てほしい。

 

映画「オデッセイ」が火星のDASH島言われてて確かにって感じだ 原作読んだけど主人公のキャラが可愛いんよなぁ

 

2月の映画はオデッセイが凄い気になる。宇宙のお話弱いんだよね俺。とりあえずインターステラーという映画をオススメするよホントにいい映画だから

 

オデッセイ、GG賞でコメディ・ミュージカル部門に入ってるの見て一瞬びっくりしたけど、原作本を半分くらい読んだ限りだとマット・デイモンが真剣な顔で写っている表紙の印象に比べるとだいぶコミカルなので、映画もあんな感じだったらまあコメディ扱いでもイケるかなあという感じ。

 

オデッセイ、見に行こうかなどうしようかな~って思ってたんですが 「公式アカウントのノリがわりと映画そのまま」と聞いて行くしかないなと思いました。すっごい面白そう…

 

オデッセイはとても面白かったんだけど、何度も観たいかといったら違うかな〜。でも映画館では観るよ!大きなスクリーン映えする作品だと思う

 


-SFドラマ, あらすじ・知っておきたいこと
-, , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.