映画『十字架』あらすじ・観る前に知っておきたいこと・試写会感想まとめ - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

あらすじ・知っておきたいこと 人間ドラマ 小説

映画『十字架』あらすじ・観る前に知っておきたいこと・試写会感想まとめ

投稿日:


映画『十字架』あらすじ・観る前に知っておきたいこと・試写会感想まとめ

jyuujika 上映【2016年2月6日(土)】

映画『十字架』 概要・解説

本作は、自殺した少年の両親や同級生たちの20年間にわたる苦悩や葛藤を描いた人間ドラマになっています。
原作は吉川英治文学賞を受賞した重松清の同名小説となっています。
公開は2016年2月6日(土)です。

  • 監督は五十嵐匠監督。

    出典:www.stormpictures.net

「映画『十字架』は、単なるいじめの映画ではない。人間が背負った十字架の『哀しみ』と『赦し』の物語である。いじめの暗さから突き抜けた『青空』、それこそが私が描きたかった『重松ワールド』なのだ」

内面の何ものかに突き動かされて生きた実在の人物の生涯を力強い演出で描き続け、国際的にも高い評価を得ている。

代表作は『SAWADA 青森からベトナムへ ピュリッツァー賞カメラマン沢田教一の生と死』『地雷を踏んだらサヨウナラ』『長州ファイブ』

 

  • 原作は重松清


    『ナイフ』(1999年)で坪田譲治文学賞を受賞。

    『エイジ』(1999年)で山本周五郎賞を受賞。
    『定年ゴジラ』『カカシの夏休み』直木賞候補る。
    『ビタミンF』で直木賞2000年下半期に受賞。
    『十字架』(2010年)で吉川英治文学賞を受賞。
    『ゼツメツ少年』(2014年)で毎日出版文化賞を受賞。

注目の俳優
  • 小出恵介 真田祐(ユウ)
  • 木村文乃 中川小百合(サユ)
  • 富田靖子 藤井澄子
  • 永瀬正敏 藤井晴男

 

【映画『十字架』 予告動画】

あらすじ   

中学2年生の秋のある日。

jyuujika_1出典:youtube.com

クラスでいじめを受けていた藤井俊介(フジシュン)が自宅の庭にある柿の木で首を吊って自ら命を絶った。

 

俊介は、遺書に3人のクラスメイトの男子と、別のクラスの同級生女子1名の名前を記した。
三島と根本には、「永遠にゆるさない。呪ってやる。地獄に落ちろ」と綴られていた。

 

その遺書で「親友になってくれてありがとう」と親友と書かれてしまったのが真田祐(ユウ 演:小出恵介)

jyuujika_3出典:youtube.com

 

そして「迷惑をおかけして、ごめんなさい。誕生日おめでとうございます。幸せになってください」と、その日が自分の誕生日だった中川小百合(サユ 演:木村文乃)

jyuujika_5
出典:youtube.com

 

真田は小学校の時は俊介と一緒に遊び、俊介の家に行ったこともあったが、中学に入ってからは、俊介がサッカー部をすぐに止めたこともあり、疎遠になっていた。むしろ、「見ていてなんとなくいらいらする」とさえ思っていた。

jyuujika_7出典:youtube.com

 

マスコミの取材が殺到した告別式を済ませた後、真田と中川の2人に遺体が安置されているホールの中に入って欲しいとの両親の意向が伝えられたが、中川は欠席していたため、真田だけが遺体に対面した。

 

俊介の母親(演:富田靖子)は「ありがとう、ありがとうね」などとうめき声を出しながら真田にしがみついた。俊介の弟の健介は泣きはらした目で真田をにらみつけた。俊介の父親・藤井晴男(演:永瀬正敏)は真田の胸ぐらをつかんで「親友だったら……なんで、助けなかった……」と真田に詰め寄り、親戚や葬儀社の者から止められた。

jyuujika_4出典:youtube.com

 

真田にとって、俊介の父親が「あの人」となった。真田が「あの人」の背中を見つける20年に渡る物語が始まった。
葬儀の後、「あの人」は遺書をマスコミに公開し、週刊誌が「いけにえ自殺」と名付けた。

jyuujika_6出典:youtube.com

 

それぞれ2人は重い十字架を背負いながらその後の人生を歩み続けることになるのだった。

jyuujika_2出典:youtube.com

 

→ 次のページでは小出恵介さんのコメント
映画『十字架』を観る前のみんなの反応試写会感想

映画『十字架』あらすじ 映画『十字架』ネタバレ 映画『十字架』感想 映画『十字架』口コミ 映画『十字架』評価 映画『十字架』評判 映画『十字架』最新 映画『十字架』レビュー 映画『十字架』興行収入 映画『十字架』動員数 映画『十字架』ランキング

小出恵介コメント

「映画 十字架 小出恵介 コメント」の画像検索結果

「公開はまだ、先ですが、映画として面白いと思います。話としてはもちろん、『傍にいて、何もできなった』という目線。

『いじめの外側にいるという目線』など、人間として共感できる部分が多い作品だと思います。

お子さんがいるとかいないとかではなく、自分として観て本当にいい作品になったなと思います。」

映画『十字架』を観る前のみんなの反応・試写会感想

え?! 十字架が映画化?!?! つい先月読んでたんだけどw しかも真田役が小出恵介とか 見ないわけにはいかないだろ!

 

十字架映画になるんだ。あれはいい話だけど、けっこうきつい

 

「十字架」映画化か……文庫版読んだ時に泣いたなぁ……

 

重松清さんの『十字架』 私高校の時に読んだけどすごく辛い話 とても考えさせられる… いつの間にか映画化してたんだなぁ 知らなかったや…

 

重松清の十字架が映画化かぁ…… 見に行かなきゃ 原作読んで、号泣した 涙が止まんなくなる作品だった

 

十字架が映画化。これは興味深い。あの本はほんとに心に残る本。 そして、木村文乃。さいこう。

 

映画「十字架」の試写会に行ってきました。命の重み、いじめの重大さ、残された周りの人達の生き方について深く深く考えてさせられました。いじめられてた子も懸命に努力してたのに…たった一言が力になるのに…小中高校生に観て欲しいです!

 

映画 十字架見て つくづく思ったのは どんなイジメにあっても 自ら 親より先に逝ってはいけないということ 残された家族の地獄の苦しみを考えると ホントに胸が痛い 自分も子の親なので 我が身に置き換えて考えると気が狂いそうになります。

 

映画 十字架見てきました。 色々考えさせられました。 実際これ以上のひどいイジメが日本全国でされてるかと思うと背筋が寒くなり暗い気持ちになりました。 この映画は、 イジメに関わる人を色々な角度から丁寧に描いています。 最後は前向きな気持ちになれましたがイジメは、深刻ですね

 

重松清さん『十字架』読破! 文章構成からして好きだ! 先輩に勧められて、映画化するって検索して知って、映画が公開する前に読めてよかった。 自分が映画化したいと思ったわw 予告で流れる音楽とか作品と合ってない気がする...もっと重苦しくしてもいい気がする... でも原作は最高です!

 

小出恵介主演映画「十字架」を観てきた。 感想は容易に述べられないけど…とにかくわたしは観て良かった。本当に。でもたぶん賛否両論だと思う。 確実なのは、キャストの演技が素晴らしかったこと(中学生時代もキャストそのままはびっくりした)。

 

重松清の重厚な原作を主演4人の実力派俳優が真摯に演じた作品。特に永瀬正敏と富田靖子は役が乗り移ったかの様。虐めのシーンは凄惨。同調するクラスの連中、気づかぬフリの教師。虐めは何も生まない。

 

中学二年自殺。虐めのシーンに目を被い!同級生達も人生で重い十字架を背負い。母役富田靖子の憔悴しきった姿が印象的。親の子供への思い、弟の気持ち。同級生達の忘れられないショック。何もかもが現実?印象的映画でした。

 

うわぁぁぁあああ!!! 重松清の十字架やんっ!!映画化! え、絶対観る!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

重松清の「十字架」は一生に一度読んだ方がいい。 重松清の他の小説大嫌いなわたしが言うんだから間違いない。 今年2月には映画も公開されます。小出恵介と木村文乃が主演です。 個人的にはどちらも好みなので絶対観に行きたいと思ってる。

 

十字架、映画になるのかー!!! 重松清作品で断トツに好きな話だからめっちゃ興味深い!!!!!

 

重松清の十字架映画化するんだ これ読み終わった後、死ぬほど暗くなる小説だったんだよね笑

 

重松清さんの十字架映画化なんやなぁ。 これ他人事じゃ無かったんだよね。


-あらすじ・知っておきたいこと, 人間ドラマ, 小説
-, , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.