ヒューマンコメディー

【口コミ・感想】映画『あやしい彼女』の評価、評判


「笑って泣け、心が温かに。昭和歌謡やファッションもイイ!」「多部未華子ちゃんがひたすら可愛い!!演技も上手くて最高!」「サントラ欲しい!!」

 

ayashionna
上映中【2016年4月1日(金)公開】

 

20歳の姿に変身し、青春を取り戻そうとする73歳のおばあさんが繰り広げる騒動を描き、韓国と中国でヒットを記録した同名作をリメイク。『謝罪の王様』などコメディを得意とする水田伸生監督が多部未華子を主演に据え、見かけこそ若々しいが、口を開けば毒舌なおばあさんがかつての夢を叶えようとする姿を描く。変身前の姿を倍賞美津子が演じる。-Movie Walker-

 

 

映画『あやしい彼女』を観た人の感想、評価、口コミ

あやしい彼女すごく感動した! 多部未華子さん歌うますぎて泣きそうになった

 

wacci見たさに「あやしい彼女」見てきた! 面白かったし号泣もして、なんかいい映画だったな。 多部ちゃん可愛いし、歌声もいいし、要潤さんかっこいいし、オススメの映画。 wacciもよかったー!

 

あやしい彼女、楽しかった(๑•̀ㅂ•́)و✧ 泣き、笑い。 そして、自分の悩みのちっぽけさに気付かされ、くだらん悩みだな。どうでもいい。って吹っ切れた〜( ´ ▽ ` )ノ

 

あやしい彼女本当に最高だった💓 めっちゃ笑えたし、最後らへんなんか号泣😭😭 匠海さんの演技はほんとすごいよね!さすが匠海さんです😂😂😂

 

多部ちゃんが唄うってんであやしい彼女見てきた やっぱ歌っていいねぇ 昭和の名曲が心に染み渡る

 

「あやしい彼女」観る。愛くるしいコメデイアンヌ多部未華子の魅力炸裂。笑って泣け、心が温かに。昭和歌謡やファッションもイイ。特に「悲しくてやりきれない」には泣けた。韓国版も号泣したが、息子を娘に変更も有りだね。

 

『あやしい彼女』が予想以上に面白くてもう1回でも観れそう💗✨何より多部ちゃんが可愛かった〜💓💓

 

あやしい彼女 を観た。 いきなばあちゃんが若返って歌姫になる話。 面白かった。 多部未華子さんが歌う場面が必見。 引きつけられてしまいました。 ストーリーは突っ込みどころもあるけどね。

 

多部ちゃんの『あやしい彼女』がすごくよかったから、韓国オリジナルも見たいと思ってTSUTAYAに行ったら、扱ってないだと!? 悔しいからチェイサーとグエムル借りてきた。ハジョンウとガンホを補充。

 

あやしい彼女鑑賞。ほぼ前情報なしで主演多部未華子、音楽監修小林武史ということで言った。多部未華子ちゃんがCD出したら買う

 

「あやしい彼女」鑑賞。正直、観る前はどうだろうと思っていたが、日本オリジナルの部分が成功していて良かったと思った。ベースとなる物語が多くの人を惹きつける要素を含んでいるので安心して観ていられる。この作品と「松尾スズキアワー/恋はアナタのおそば」で、多部未華子の新たな魅力発見。

 

「あやしい彼女」を鑑賞。韓国版の下品さが無くなり見やすかった。多部ちゃん可愛いし、要さんはかっこいい。泣き、笑い家族の大切さ、親子の絆、どの年齢層にも大丈夫な作品かと。

 

あやしい彼女の試写会行ってきた☆☆ おもしろかった☆☆☆ 多部未華子ちゃん歌上手すぎてどの曲も好き☆☆☆☆ 帰り道だいぶ好き☆☆ 匠海もかっこよかったし。 最後の最後に出てきた人にびっくりしました。 みんな、見るべし!!!!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

「あやしい彼女」もろ私好み❗歌と夢があって、ノリが良く、切ないシーンもあって。多部未華子のオードリーヘアは可愛すぎてキャー♥ パンフ買ったら節子のファッションがカラーでたっぷり載ってた🎵 ラスト、やられた!最後まで爽やかに泣けた。

 

あやしい彼女を見て思ったことは今の年齢で「疲れた」とか言ってられない今やりたいことやらなくちゃね!!🙆✨

 

後輩ちゃんと「あやしい彼女」観てきました 笑いあり涙ありの良作でした 多部未華子さん、元々だいすきだったのですが、さらにすきって気持ちが募りました 演技力はもちろん、歌唱力もすごい! 何度でも観たくなる、そんな映画でした

 

「あやしい彼女」昨日観たけど、すごい面白かったなー😆 また観たいと思った!!地上波で笑 未華子ちゃん可愛すぎ!

 

『あやしい彼女』の主題歌が、声も歌い方もメロディもマイラバかと思ったら作詞作曲が小林武史だった(´ε`;) そりゃそーなるわな。

 

あやしい彼女めっちゃ面白かった! 多部ちゃんの歌声はほんま惚れそう いや惚れたね。 主題歌も良かったしホロリと泣いたし めっちゃ高順位に入る面白さ!うぇい

 

「あやしい彼女」観てきた!ただ楽しくて笑えるだけじゃなくって、いろいろ感じて考えさせられるいい映画だったな✨大好きな多部さんの演技も最高だったし歌もすごーく良かった👏初日に観に行けて嬉しかったな~🎬✨

 

「あやしい彼女」。2014年製作の韓国映画「怪しい彼女」のリメイクとなる水田伸生監督によるコメディ。韓国の強固な家族関係を反映したオリジナルを日本に移植するのは無理があるかと思えたが昭和の香りを残す実在の佐竹商店街や秋葉神社等の舞台設定が功を奏している。

 

あやしい彼女、多部ちゃんの可愛さにやられたけど次郎さん役の志賀廣太郎さんにキュンキュンしっぱなしだった・・・愛おしすぎる

 

日本版あやしい彼女には韓国版にも中国版にもなかった「夢を叶えたその先」という要素があるんだよね。そこが良いと思ったし、もっと掘り下げてほしかった。

 

映画あやしい彼女の曲。 なかなかいいですね。 サビの抑揚がいい。

 

人生初公開日に映画を観たよ『あやしい彼女』🎬 多部未華子かわいいな、、、70年代のお洋服もすごくタイプ、、、👗 隅々の俳優さんも素敵な方ばっかりやったし、音楽もよかった◎随所に『ローマの休日』オマージュもあって、観てよかったぜ😌

 

「あやしい彼女」で多部ちゃんが歌う曲なんだけど、これがめっっっっちゃ良いの!!!めっっっっちゃ良いシーンだし!!!!めっっっっちゃ良い!!

 

あやしい彼女見てきたー\(^o^)/ 結構泣いてしまった… 泣きながらあぁ私の心今不安定だわって思ったw 多分泣くとこじゃないとこで号泣してたと思うw でも面白いし泣いたと思ったらすぐ笑顔になれるしで私は好きな映画だった!

 

「あやしい彼女」鑑賞。リメイクするなら多部ちゃんがピッタリと思っていたので大満足。孫役の北村匠海くんがまたカッコ可愛くて、要潤さんやいいとこ取りの野村周平くんと男優陣も充実、倍賞美津子さんや志賀廣太郎さん、金井克子さんもベテランの味わいで面白かった!

 

『あやしい彼女』@新宿ピカデリー♪ストーリーは韓国版とか中国版のが好みだけど耳馴染みのあるぶん曲はこっちが断然良いし、あんな思い出を見せられちゃったら涙せずにはいられないよ…(T^T) あと、最後のは期待以上だったw

 

あやしい彼女、見てきた。コメディだけでなく泣けるシーンもあり予想外に良かった。多部ちゃんの歌声も美声でいい感じ。個人的には、多部ちゃんのカバー曲オンリーでアルバム出してほしいくらい。

 

『あやしい彼女』見てきたょー(^^)。楽しかった。切なかった。考えさせられた。 歌が良かった(^^)多部未華子歌うまい!あの時代の歌、大好き‼︎

 

「あやしい彼女」、誰もがみんな「がんばってるね」「えらいね」って言われたいものなんだよ、ってセリフが印象に残りました。だから、ぼくが言ってやる。でっかい声で、言ってやる。がんばれって、言ってやる。聞こえるかい、がんばれ。

 

水田伸生「あやしい彼女」 倍賞美津子は冒頭の時点で今を謳歌している印象で、青春を取り戻す喜びは原典に及ばない。要潤とのロマンスも中途半端。けど嫁姑から実の母娘に変え、母子の絆を重層的に据えたのは良い改変。姉御肌と母性が全開な多部未華子の快演もあり、見事な女性賛歌に仕上がっていた。

 

【あやしい彼女】 戦後から苦労のし通しだった老婆に再び青春がやってくる。昭和歌謡が彩る下町人情コメディ。多部未華子が可愛いすぎる。レトロファッションがよく似合う。変な格好や動きをすると益々可愛い。透き通る声で真直ぐ歌う、多部ちゃんの歌が心に響く。野村周平は雰囲気たっぷりの男前!

 

あやしい彼女の主題歌がずっと頭から離れない…

 

あやしい彼女の主題歌すごく好きだわ

 

「あやしい彼女」観てきました!多部未華子の歌が思ってたよりもちゃんと歌ってて良かったわ~(^^)

 

次のページへ続く→

 

スポンサーリンク

 


映画『あやしい彼女』感想 映画『あやしい彼女』口コミ 映画『あやしい彼女』評価 映画『あやしい彼女』評判 映画『あやしい彼女』あらすじ 映画『あやしい彼女』試写会 映画『あやしい彼女』レビュー 映画『あやしい彼女』興行収入 映画『あやしい彼女』動員数 映画ランキング

Related Posts

スポンサーリンク

★最新ニュース

★最新のみんなの感想★

  • Loading...

【特集】カメラマンから観た映画◯◯シリーズ!

【映画番付】MJの勝手に映画評価

ENJOY THEATER

ENJOY_CINEMA

・ENJOY THEATER(エンジョイ シアター)

今注目のおススメの舞台・ミュージカルの口コミ・最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。