人間ドラマ

【口コミ・感想】映画『ヤング・アダルト・ニューヨーク』の評価、評判

0

「ベン・スティラーの抑えた演技のパターン、ツボです」「ナオミ・ワッツの天然加減も笑えて可愛い」「他人事じゃなさ過ぎて笑えない〜」「観る人の好みが分かれる作品!」

 

215389
上映中【2016年7月22日(金)公開】

 

ブルックリンで暮らす世代の異なるカップルがお互いに影響され、成長していく姿を描くヒューマンドラマ。ベン・スティラーとナオミ・ワッツがミドルエイジの夫婦を、アダム・ドライバーとアマンダ・サイフリッドが彼らに影響を与える20代のカップルを演じる。監督は『イカとクジラ』『フランシス・ハ』のノア・バームバック。-Movie Walker-

 

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』を観た人の感想、評価、口コミ

邦題 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』 原題 While we’re young 世代ごとに 考え方があるよね! って言っちゃえば 簡単なんだけど。。。 深い映画でした。 ふたりが😉👍✨

 

成功主義世代の40代夫婦と享楽主義世代の20代夫婦の交流を描くコメディかと思ったら騙された! もうすぐ三十路を迎えるってタイミングでこの映画を見られたのはよかったかもしれない。 ただ映画としておもしろかったか、他人に薦めたいかって聞かれたらビミョーかな…。

 

[ヤング・アダルト・ニューヨーク]大人になり切れない映像監督ベン・スティラーがハマリ役

 

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」身に染みちゃって辛い

 

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」ベン・スティラーの抑えた演技のパターン作品、たまにありますがツボです。ナオミ・ワッツの天然加減も笑えて可愛い。スティラーの義父がチャールズ・グローディンっぽい喋り方だなと思ったら本人だった。老けた。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』を観る。なんだかすっきりしない感じの残る映画であった。映像はとても良いのだけれども。ともあれナオミ・ワッツが観られて満足。

 

ノア・バームバックとベン・スティラーのタッグで産み出される「行き詰まっちゃったオジサン」像は流石だった!胸が痛くなる…。そしてアダム・ドライバーが最高!「フランシス・ハ」に続いての監督作出演だったけど本当に良かった

 

映画「ヤングアダルトニューヨーク」 20代の自由で素敵っぽい夫婦に影響されて、明るく楽しい人生を生きはじめる40代夫婦を描くのかと思いきや。垣根を越えて友人を作るのって難しい。 NYであえて古い暮らしをしつつSNSでコンタクトする。すごく今っぽい。とてもおもしろかった。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』行ってきた。ひさびさに自分と合わない映画だった。計算高いやつってホント嫌い。いつもワクワクするニューヨークの街並も全然だった。

 

『ヤングアダルトニューヨーク』行ってきた♪ 若い人のほうが単純に楽しめる作品かも… イタすぎる行動、気持ちが分かりすぎてツラいww とりあえず、あの40代夫婦は何を生業にしてるの?っていうのが気になった( ゚∀゚)

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』観てきました! なんか、大人になれない大人と、若者になれない若者の話かな〜 でも新たなスタートを切るのに年は関係ないっ!と感じました☆ オススメ度:☆☆☆(大人向け)

 

ジョシュとコーネリアの『気持ちは若いつもりだけど確実に老いてる現実』みたいなとこが分かりすぎてツラいw 二人のイタい行動がいちいち胸に刺さるのは、自分が彼らに、よく似ているからなんだろうなぁ とても平常心では観ていられなかったわ( ゚∀゚)

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』鑑賞。主人公の世代より若干上なので、思ってること、感じていること、動きにいろいろと共感するところがあった。若い人たちと絡むのはやっぱり考え方や行動に変化をもたらせてくれる。がんばろう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

ヤング・アダルト・ニューヨーク試写会参加。原題はWhile We’re Youngなのね。若いカップルに感化されて振り回される主人公夫婦が同年代の設定で、ちょっとフクザツよねー(^_^); 共感するまでには至らなかったけど、エンディングがWingsのLet’em inだった…

 

ノア・バームバック監督作品『ヤング・アダルト・ニューヨーク』を鑑賞。もらいゲ×しやすい人には要注意な作品でした。そしてアダム・ドライバー無双な作品でもありました。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』ノア・バームバック監督なのでかなり期待していたが乗り切れず。若く野心的な夫婦のレトロかつクリエイティブな生活に惹かれた40代夫婦のオトナの成り方が題材。リスペクトの反転という描き方は悪くないのだが…

 

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」鑑賞。 危険なくらい理想に純粋な「アダルト」と、狡猾で己の狡猾さが如何に周りを傷つけているかも関心がない「ヤング」の対比が、なんとも胸糞悪い作品。 でも、最後のベン・スティラーの「彼は悪魔じゃない。若いだけさ。」って一言で救われました。

 

「ヤングアダルトニューヨーク」見てきたよー。灯台下暗しで地元シネコンで上映してたよ。カップル出来てた彼氏が「なに言いたいのかわかんなかったよ」彼女「えー、私はちゃんと見たよ!」 私は昔ガエルガルシア君が主演の「ドッド・ジ・アイ」をちょこっと連想した。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』なんで都内はみゆき座だけなんだろか?銀座地区の上映はありがたいけど、どう考えも新宿とか渋谷でも上映した方がいいと思うけど。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』 始まって暫くはダッッサい若夫婦とイタすぎる大人夫婦しか映らないので見るに堪えないw でもずっと見ている内に自分に照らし合わせて見れて面白かった。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』もっと笑える感じかと思ったら、イケてる若者に翻弄される中年っていうのが他人事じゃなさ過ぎて笑えない〜。刺さりまくって、痛いのなんのって!あははは。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』、事前の予想とは違うジェイミーの“闇”と作品の展開に深刻な面もちで観てた。ジョシュに共感し、その視点から観てしまったワタシとしては心を抉られる思いがするね。

 

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」痛痛痛!まだ若いつもりでいても、何事かを成すための十分な時間はもう残っていない。我が身にボディブローをくらう。ナオミ・ワッツのダンスが、無性に好きだった。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』の主夫役、どこかで見た顔だなと思ったらアドロックだった。「子供が産まれるまでは、産まれたらバラ色と言われて、産まれたあとは、そのうち慣れる、と言われる(意訳)」と、赤ちゃん抱っこしたアドロックが疲労困憊の様子で言っていた

 

ヤング・アダルト・ニューヨーク、ナオミさんのヒップホップダンスは笑えました(^_^) ベンとアダムの役柄に対しては、私はベン視点で観てましたね(^_^) 考え方とかいろいろ感じる処ありました!

 

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」★★★☆ みんな相応に歳を重ねて行くし、身の丈に合った結果しか出せないのかもしれない。淋しいけど妙に納得の映画だった。若さや過去に憧れても憎んでもしょうがない。今やこれからに何か1つでも良い事が見つかれば幸せなのかも。

 

ヤング・アダルト・ニューヨーク見てきた!やっぱり一筋縄なオシャライフ映画とはいかなかった…二組の夫婦の生活のギャップとか、ベンスティとアダムの創作者としての価値観のギャップとか、どっちも正しいから感情的になりきれないけどそこがいいみたいな あの界隈特有の雰囲気が面白かった!

 

ヤング・アダルト・ニューヨーク…個人的にはリアル日常劇となると気に入ることが少なくなる私だけれど、ありがちなもったいぶったいやらしさや嫌味がなくてとても楽しめた。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』若さってなんだっけ。遠くなれば正体を忘れてしまう。もう自分以外にはなれない、いま自分の隣にいる人とまだ続く先を生きる、ベンとナオミ夫妻の涙にも笑いにもならないほろ苦い迷い道。あとは、ちょっと出て目を引くブラディ・コーベットと、ナオミのコマネチ

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』。シニカルな作風で注目された映画作家が、アイロニーの自家中毒に陥るというのは避けられないのかもしれない。でもさ、『イカとクジラ』『フランシス・ハ』撮った監督がこのまま終わるわけないんだから、もっと豊穣な作品を手がけてほしいよ。ガンバレ!

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』。これはアイロニーというより破壊ではないか。ノーア・バームバックには皮肉を乗り越えてほしい。願わくば、アレクサンダー・ペインが『サイドウェイ』や『ネブラスカ』で描いた豊かな愛情や寛容なユーモアを獲得してほしい。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』。アレクサンダー・ペインの『アバウト・シュミット』(’02)を連想した。才能ある映画作家のフィルモグラフィで過渡期的に撮られる、残酷なほどシニカルなフィルム。私はノーア・バームバックが大好きですが、これはノレなかった。失敗していると思う。

 

ヤング・アダルト・ニューヨークだん。 ノリにノッてるアダム・ドライバーが相変わらず動くととてつもないフェロモンを放ち、セクシーで目を引く。

 

『ヤングアダルトニューヨーク』、ベン・スティラーだから明るく笑えるコメディかな~と思ってたら……同世代で似たような条件下で現実逃避どころか現実に向き合わされ、やさぐれて帰宅。しかもラスト安易すぎ!ぶうぶう。

 

ヤング・アダルト・ニューヨークはスッキリ感が無いけど、それも狙いだと思われる。モヤモヤしたところから何を読み取るか。僕は好きだなーこの映画。 ベン・スティラーとナオミ・ワッツ、お見事でした。

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』はサブカルクソ野郎の末路おじさんであるベン・スティラーが悪のサブカルクソ野郎カイロ・レンのダークフォースによって日常を蚕食されていく話で、末路おじさんはなんとかサブカルクソカイロレンと戦おうとするけど立ち上がって勝ったところでこいつもサクソ野郎だ

 

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』自分が正しいと信じていることが、時代と共に変わっていくのかな。上の年代層の目線で見ると空しいな。でもなんだか入り込めなかった。 所々、一瞬の笑いはあるんだけど

 

次のページへ続く→

 

スポンサーリンク

 


『ヤング・アダルト・ニューヨーク』感想 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』口コミ 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』評価 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』評判 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』あらすじ 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』試写会 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』レビュー 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』興行収入 『ヤング・アダルト・ニューヨーク』動員数 映画ランキング

Related Posts

感想など自由に書き込んでください☆※お名前(匿名)を記入しないと送信できませんのでご注意を★

スポンサーリンク

★最新ニュース

★最新のみんなの感想★

  • Loading...

【特集】カメラマンから観た映画◯◯シリーズ!

【映画番付】MJの勝手に映画評価

ENJOY THEATER

ENJOY_CINEMA

・ENJOY THEATER(エンジョイ シアター)

今注目のおススメの舞台・ミュージカルの口コミ・最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。