ドラマ, ミステリー

【口コミ・感想】映画『怒り』の評価、評判

0

「なんとも言えない気持ちが残る・・不信・葛藤・後悔・虚しさが渦巻いてる」「渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡、広瀬すず、みんな凄すぎる!」

 

ced63803a46b70afa76d32dee1307ad4
上映中【2016年9月17日(土)公開】

 

原作・吉田修一、監督・李相日という『悪人』のコンビによるミステリアスなドラマ。顔を整形し、社会に紛れ込んだ殺人犯らしき人物と出会った、千葉、東京、沖縄の人々の身に起きる出来事を描き、人を“信じる”とは?という根源的な問いを投げかける。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチら日本映画界を代表する実力派が多数出演する。-Movie Walker-

 

 

映画『怒り』を観た人の感想、評価、口コミ

クレオパトラな女たちでの主人公に片思い中のオシャレ公務員尽くし系ゲイの祐くんが秀逸だったので、そりゃあ映画怒りのあの役もドンピシャだろうよ綾野さん。

 

映画「怒り」鑑賞。まあダメな映画ではないし、力作と認めるが、辛かった。はっきりと嫌いです。

 

「怒り」見ました。 3人の男とその周りの人間が猟奇的殺人事件に翻弄される。 重く苦しい映画だった。 「信頼」という言葉が3人の男を上手く対比させていた。 素晴らしい俳優揃いだったが、特に森山未來と広瀬すずの演技に個人的に圧倒された。

 

映画『怒り』を観たんですが、客を馬鹿にした演出が続き(ホモの家このくらいオシャレにしときゃいい、刑事残業中にホカ弁食わせときゃいい、子供慣れない酒飲んだらヘベレケにしときゃいい)、結果として俺が一番怒っている。金返せ。

 

『怒り』…映画尊いですでもごめんそれより言わせて…やばい… ハンカチ必須…何もないと舌噛む…死ぬ…つらい…

 

李相日監督「怒り」みました。3つの土地を舞台に展開する人間ドラマ。映画3本に分けても作れるんじゃないかいと思える濃密な内容を、巧みな脚本で凝縮した。「普通」と「不安」と「狂い」を演じる出演陣も素晴らしい。森山未來と妻夫木聡は特に。ひとりで見ることを勧めます。

 

『怒り』。社会のマージナルに生きる三つのカップルの群像劇。’わからない人間に一生懸命説明しても無駄だ’、劇中の台詞にもあるように、怒りとその裏腹にある無関心が満ち満ちている世界に生きる日本の我々。心が震えた。李相日監督快心の一作。2016年に観るべき映画だ。

 

凄い豪華キャストですね。渡辺謙に森山未來、妻夫木聡、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、池脇千鶴、高畑充希、原日出子、そして監督を務めるのは李相日、あの『フラガール』で日本アカデミー賞を受賞した監督さん。これは見なくちゃ!

 

切ない、胸くそ悪い、だけど、終わったあとは暖かい気持ちにもなる。一本で3つの映画を観ているような気分だけど、それぞれが繋がっていて、別々の物語で。だけど、共通のテーマみたいなのが伝わってきて。本当にありがとう最高の映画。たくさんの人に観て欲しい。

 

『怒り』観る。久々に映画館で泣いてしまった。ごく普通の優しい子の怒りに打ちのめされてしまった

 

怒り観てきたんですが、クライマックスの30分間ずっと息止めて見るくらいのしんどさだった、アレは友達と浮かれて観に行く映画じゃないから絶対にレイトショーで一人で見た方がいいです。

 

大河ドラマ主演俳優4人を揃えただけでなく、“現役”を含め朝ドラヒロインを4人揃えた映画でもある。その高畑充希の「大事なものは(だんだん)減っていく」という台詞に胸打たれる。

 

「怒り」いい映画だった 簡単に面白かった!って言うのが違うなって感じる映画が好きなので怒りもそういう映画だと思います 二回くらい見ないと理解するのは難しい感じがするなー それにしてもキャストの安定感やばかったなー

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

映画怒りの広瀬すずが衝撃 迫真の演技がすごかった 広瀬すずのあの表情が忘れない 今年一番泣いたかもしれない 年末のなんらかの賞で彼女が救われてほしい、報われてほしい、幸せになってほしい

 

映画「怒り」を観てちょっと打ちのめされた。 この怒りの一端が、私がここ最近怒っていること、まさにそのままだった。 ぼんやり家まで帰ってきたけど、まだふらついている。

 

久々の映画の森山未來は圧巻でした、 映画見る度すずちゃん凄いと思うー ちはやふると四月は君の嘘のすずちゃんと怒りのすずちゃん別人過ぎる。ふぇー

 

映画『怒り』観てきた。 原作は読んだことあるんだけど、あれを映像化するのは興味あったので鑑賞。 3つの物語がある公開捜査報道をきっかけに狂わされる内容なんだけど、やはりなんとも言えない気持ちが残ったな…。 不信・葛藤・後悔・虚しさが渦巻いてる感じ。でも映像作品として観れてよかった

 

映画「怒り」凄い… 妻夫木が泣いたところでもうヤバかった。 衝撃が凄すぎてシアター出てからロビーと逆方向に歩いて行き止まりで理解出来なかった…

 

映画『怒り』で冒頭の死体を発見するシーン。蒸し風呂状態の浴室に死体が二つあるんだよ? 臭いがすごいはずなのにそんな演出一切なしだったよ。 その後、三浦貴大が飯食ってる横でピエール瀧が横で靴下脱いだり、ウンコしたと報告して嫌な顔するシーン作ってるのに。 臭い演出はダメだったな。

 

妻夫木聡、綾野剛がゲイカップルで登場の「怒り」観た。二人の絡みのシーンは予想以上以上にあって楽しい。二人とも全裸で頑張ってるしね。映画自体も良くて大満足。

 

宮崎あおいちゃん、スッピンなのにかわいかった。渡辺謙の父ちゃんの葛藤良かった。ぶっきーと綾野剛は相変わらず素晴らしい。松ケンは予告の将棋の映画と違い過ぎ。山本未来もすごいな〜。広瀬すずしばらく見るたび思い出しそう。1番普通の子だったからこそね…

 

怒り、観てきました。内容的にはメインの事件絡みは全てが最悪でしたが、映画が悪いとかじゃなくて、本当に怒りしかない。妻夫木パートは最高キャストのガチBL映画でした(笑)

 

映画「怒り」を観てきた。 バラバラな3つのストーリーが終盤に繋がるおもしろさ。 見終わった後、何とも言えない脱力感に襲われた。

 

映画「怒り」見てきた。役者さんたちの演技が素晴らし過ぎた。でも、内容的にはあまり気持ちいいものではなくて、ちょっと後を引いてる笑

 

『怒り』鑑賞。原作を読んだ者として観たならば細かい改変込みでコンパクトに非常に観やすく良かったと思う。キャスト1人1人の演技も良く、今年は日本映画(特に東宝)は良作連発中ですが間違いなくこの作品も良作です。ただ1点言うならば目立った良さも粗もなく驚きがなく酷評も絶賛もない所。

 

 

次のページへ続く→

スポンサーリンク

 


 


Related Posts

感想など自由に書き込んでください☆※お名前(匿名)を記入しないと送信できませんのでご注意を★

スポンサーリンク

★最新ニュース

★最新のみんなの感想★

  • Loading...

【特集】カメラマンから観た映画◯◯シリーズ!

【映画番付】MJの勝手に映画評価

ENJOY THEATER

ENJOY_CINEMA

・ENJOY THEATER(エンジョイ シアター)

今注目のおススメの舞台・ミュージカルの口コミ・最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。