コミック原作, コメディー

【口コミ・感想】映画『珍遊記 -ちんゆうき-』 の評価、評判


「倉科カナさんが『ち○こち○んこ』言ったり、松山ケンイチさんのケツ穴が強靭!」「お下品な言葉のオンパレード笑。でもどこか胸が熱くなるこの物語!」「音楽もマキシマムザホルモンとRIP SLYMEで激アツ!」

 

chinyuuki
上映中【2016年2月27日(土)】

 

「西遊記」をモチーフにした、漫☆画太郎のギャグ漫画「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」を、松山ケンイチ主演で映画化したコメディ。坊主の玄奘と、彼によって更生された山田太郎らの天竺を目指す旅が描かれる。同じく漫☆画太郎の「地獄甲子園」をはじめ、これまでにも映像不可能と言われてきた作品を数多く手がけてきた山口雄大がメガホンをとる。-Movie Walker-

 

 

映画『珍遊記 -ちんゆうき-』を観た人の感想、評価、口コミ

珍遊記、想像よりかなり面白かった。予告編見て面白そうだと思えば楽しめるし、合わなければ絶対無理だと思う。

 

珍遊記。原作を大いにリスペクトしてたと思う。キャストも松ケンをはじめとして 良かった。原作イメージと違うけど、 日本の西遊記ものの伝統を考えると 倉科カナも悪くなかった。と言うより、 かなり好きです。 中身自体は原作リスペクトだけあって、 何も残らずそこそこ笑えて楽しめました。

 

珍遊記をTジョイ大泉にて観賞。 変態仮面の時も思ったけどよく実写で作ろうと思ったな(;´д`)始まって最初のせりふがチンコの映画おら初めて観たぞ(((・・;)全てが頭おかしいのでメリハリ無くてダレ気味なのは残念だった。

 

珍遊記の舞台挨拶👏 めっちゃくだらないけど面白かった😁生でも松ケンと溝端くんかっこいい!!温水さんもみれた👍

 

珍遊記観てきた。なぜ今!っていう疑問は結局残るわけですがw 溝端くんなど出演陣がいい意味でふざけていて面白かったです。山口雄大監督だろうなあと思ったらやっぱりそうだったなっていう映画。冒頭のじじいばばあの気持ち悪さはかなり頑張ったなという感じでよかったです

 

珍遊記 とんでもないクソ映画だったけど、クソ笑ったのでイーブンである。1000円の時に観ると良いかと。

 

とりあえず実写版珍遊記は……、原作がアンナカンジだしあえて感想はいらないかなッ!

 

珍遊記見てきたんだけど肌色成分多めだった。今月肌色が多い映画しか見てない\(^o^)/

 

松山ケンイチ主演の珍遊記、面白かったじゃ無いかばかやろー! 珍遊記が楽しめるなら絶対楽しめる。 【朗報】肌色成分多め

 

珍遊記面白かったバカバカしい位面白かったwww舞台挨拶も楽しかったw温水さんTVで見るまんまだったし松山さんお客さんの質問に丁寧に答えててファンですって方にごめんなさいもう結婚してるんでってw溝端さんイケメンだったし監督お顔が迫力あったし脚本の方おそまつさんの脚本だってなるほどw

 

「珍遊記」を鑑賞 想像以上に酷かった(笑) 観るに耐えない内容(笑) 笑えた事は確かだし原作に忠実に再現されてて好感を持てました

 

珍遊記は絶賛までいかないものの、充分楽しめたかな。わざわざ埼玉まで来たかいはあった。

 

珍遊記見終わった… よくこれを実写映画化しようと思ったし、松山ケンイチサイドもよくokだしたなって位な作品だったw 痺れるわ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

珍遊記観終わった(゚∀゚)いやぁ、くだらなかった(>ω<)邦画にしては珍しくテレビ局が製作委員会に入ってないからやりたい放題?(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

 

『珍遊記』 川崎の舞台挨拶で質問させてもらっちゃった。 勉強不足で温水さんに失礼なこと聞いちゃったな〜 しかしいい意味で予想を裏切られた 超面白かった

 

映画『珍遊記』観てきました!いやー、バカバカしくって、笑った~((o(^∇^)o))淳平君の龍翔様!が最高やねん!ほんま、龍翔様推し!豚鼻最高😍💓

 

珍遊記見てきた。原作の名シーンを忠実に再現しつつオリジナル要素も楽しめたのでよかった。倉科カナの玄じょうも原作と違うキャラづけだったけどはまってた。まあ原作のような腹抱えて笑えるものを期待するとうーん、ともなるけど…

 

珍遊記面白かったww💩 山田太郎演じる松ケン可愛かったw

 

映画「珍遊記」見てきました。原作知ってる人にとってはニヤッとできるようなシーンがけっこうありそれなりに楽しめましたが、画太郎作品の面白さをちゃんと消化できてたか、というとちょっと微妙なところでした。外人軍団が出なかったのも残念でしたねー、フンガーのぶっちーんが実写で見たかったw

 

珍遊記やっぱダメだった… あの面白さはあの絵あってこそというのを再認識した。だからビジュアルに関して”持ってる”役者はハマってたけど面白かったのもそこだけかなー。じじいとばばあとキンコメ今野と温水さんくらい。エンドロールで映画の冒頭部分の原作が映し出されるけどその方が面白い。

 

『珍遊記 』鑑賞完。 小粒なチャウ・シンチー的な映画だな。あ、いや。これでもまぁ褒めてますよ。原作のバカバカしさはでてたけど大笑いもましてバカ笑いなんて出来ないよな。何となくの寸止め感が半端無い。もうちょっとだけ頑張れたんじゃないかな?

 

珍遊記を見てきました。 くだらないがたまらない作品でした。万人受けではないですが、私は嫌いじゃないです!何にも考えずに、アホゥなやり取りをプークスクスできました( ´,_ゝ`)

 

珍遊記を見ました。 オバQみたいなのがちゃんといたので安心しました。 色々都合あると思いますが 「メラの40レベルが コーン だってよ」ってのが欲しかった。

 

珍遊記は可もなく不可もない感じだった。 なんていうか「はうあ」感が足りなかった。 変態仮面には頑張って貰いたい。

 

映画珍遊記、キンコメ今野さん鬼ヶ島野田さんかわいかったなー。温水洋一カッコ良すぎ。野性爆弾なんで出てないのか不思議。ザコシショウとか。

 

珍遊記見てきた。原作みたく酒場の戦いが尺の8割を占めるのかと思ったけど、そんなことなかったぜ!ザーマスたちの代わりにオリジナルキャラの龍翔一味が出てくるも、最初の街でドタバタして話が終わるのは変わらなくて草。松山ケンイチの太郎も結構良かった。

 

『珍遊記』舞台挨拶付を観た。特殊メイクは本格的なのに、話の進み方にB級感があってギャップが凄い。脚本はおそ松さんの人らしい。そう考えると、そんなに滅茶苦茶やってないようにも思えるから面白い。

 

「珍遊記」 予想はしてたけどまぁなんというか。 冒頭から倉科カナさんに「ち○こ」て連続で言わせるしw 皆さんよく出演したなぁー。

 

いやいやいや、2回目だけどやっぱり爆笑😆💣✨振り切れた演技?のキャストがみんなチャーミングでした😆🎵🎵落ち込んだ時に見たら元気出る映画❗くだらなすぎて(笑)

 

映画『珍遊記』の初日舞台挨拶へ。 松山ケンイチさん、溝端淳平くん、かっこいいなぁ。温水さんが、登場するキャラの中で一番かっこいいというかまだまともというか…ヽ(´ー`)実にふざけた内容だけど幼い息子が観たらきっと大ウケする映画だわ。

 

映画では、温水さんが一番かっこよかった 倉科カナちゃんかわいくてきれい 溝端くんはイケメンなのに、映画の中ではなかなかいいキャラしてました 写真撮影の時、溝端くんのおしりを揉む松ケン( ´∀`)

 

珍遊記観てきたけどちょっと バトルソングと主題歌に ホルモンとリップスライム 使うとか最高やと思った👍🔥

 

「珍遊記」 観終わった!  駄作覚悟で観たけど、個人的に良かった。(^-^) もう、話がめちゃくちゃだし、俳優が豪華だし、終始笑ったw

 

珍遊記 先週木曜日に見た時はありえないクソ映画(褒めてない)と思ったが2回目の今日は最大限贔屓目に見てまあ普通くらいにも思えた 何でなんだろう しかし温水さんのタイちゃんだけは良い これ以上ない最高のキャスティングです☆

 

初っ端から、う○ことかち○ことか連発の映画で楽しかったwwww

 

「珍遊記」伺わせて頂きました。 ドンピシャ世代マンガなので、すごく楽しめたー!!^ ^ すごいね、おおかわら先生。

 

「珍遊記」試写会! THE 裸まつり な映画でした メインキャストの 松ケン、倉科ちゃん、溝端はん は美しかった… すごいタノシカタ ありがちょす

次のページへ続く→

スポンサーリンク

 


映画『珍遊記 -ちんゆうき-』感想 映画『珍遊記 -ちんゆうき-』口コミ 映画『珍遊記 -ちんゆうき-』評価 映画『珍遊記 -ちんゆうき-』評判 映画『珍遊記 -ちんゆうき-』あらすじ 映画『珍遊記 -ちんゆうき-』試写会 映画『珍遊記 -ちんゆうき-』レビュー 映画『珍遊記 -ちんゆうき-』興行収入 映画『珍遊記 -ちんゆうき-』動員数 映画ランキング

Related Posts

スポンサーリンク

★最新ニュース

★最新のみんなの感想★

  • Loading...

【特集】カメラマンから観た映画◯◯シリーズ!

【映画番付】MJの勝手に映画評価

ENJOY THEATER

ENJOY_CINEMA

・ENJOY THEATER(エンジョイ シアター)

今注目のおススメの舞台・ミュージカルの口コミ・最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。