ミステリー, 小説

【口コミ・感想】映画『64 ロクヨン 後編』の評価、評判


「出演者が豪華すぎる。中年になって渋みのある演技をしてるのが感慨深い。」「観てない人は前編⇒後編と一気見してください」「佐藤浩市の格好良さは凄い!」

 

64
上映中【2016年6月11日(土)公開】

 

横山秀夫のベストセラーを前後編の2部作として映画化したミステリーの後編。わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々のドラマが描かれる。佐藤浩市が事件解決に挑む刑事の三上を演じるほか、対立する記者に瑛太など、ベテランから若手まで実力派が勢ぞろいした力作。-Movie Walker-

 

 

映画『64 ロクヨン 後編』を観た人の感想、評価、口コミ

『64ロクヨン後編』観てきました。すごく面白かった(^^) 俳優さんたち みんないいです。すごくいい映画です。

 

「64ロクヨン後編」原作未読だけど後半が物凄く駆け足に感じた。前半のロクヨン模倣事件の部分は面白かったんだけど、クライマックスの予告で三浦友和が言っている犯人を昭和64年に引きずり戻す、という方法があまりにも偶然に頼り過ぎでなぁ。もっと計画的になんとかして欲しかったな

 

「64-ロクヨン-後編」鑑賞。1ヶ月楽しみにしてきたけど、ちょっと期待はずれ…ポスターで犯人もわかってたしそれは良いのだが、前編の勢いが完全に失速。それにしても相手のやる事に慮れん人間ばっかだな。雨宮の執念だけは秀逸。二課長の会見はギャグだった。

 

64-ロクヨン-後編を観てきた。犯人を探すというより、被害者や関係者達の行動の結末を追っている描写が良かった。本当に昭和64年に置き去りにされたままという言葉がピッタリな作品だった。奥深くて見応えがありました。

 

『64 ロクヨン 後編』前編を現像液に浸し、鮮明に浮き出る各場面にゾクゾクした。まるで自分までこの時代に引きずり戻された感覚。昭和イズムの様なそれぞれの仕事ぶり、泥臭さこそが人間だと。事件の全容だけが魅力ではない満足の一本。

 

「64 ロクヨン後編」を観た。 緒方直人の姿に圧倒された。 と言うか、豪華で重厚すぎて何も言えない。

 

【64-ロクヨン-】前編は最高で後編やや失速かな。 出演者が豪華すぎる。主演の佐藤浩市を含め中年の役者さんに感情移入。若い頃はチヤホヤされてた役者さん達が今ではすっかり中年になって渋みのある演技をしてるのが感慨深い。

 

「64 ロクヨン 後編」オープニングから佐藤浩市さんの演技に圧倒され、永瀬正敏さんの演技に引き込まれて、気づいたらエンディングでした。前編・後編とも、また観に行きたい!

 

64ロクヨン後編…観終わりました。 見応えあった。 アレとコレがこうやって、あぁなって 繋がってこうなるのかぁー(笑) 前編を観た人は、是非後編も観てください(笑) まだ、観てない人は前編⇒後編と一気見してください(笑)

 

『64 –ロクヨン–後編』鑑賞。こういう組織の(大人の)汚ない部分をリアルに描いていて、なおかつ悲しい作品って、感想がコンディションで左右される。最近はとにかく明るい話を観てスカッとしたい気分なので、評価は“普通”です。でも、見応えはあります。 ★★★☆☆

 

待ちかねた 瀬々敬久「64 ロクヨン 後編」観てきた。とてもよかった。役者陣の演技に圧倒されっぱなしだった。午前早い回だったけどけっこう入ってましたね。瀬々監督よかったなー。鉄塔、川べりの公衆電話、どんど焼の火。ああ、瀬々監督だなーと思う。

 

「64-ロクヨン-後編」観て来ました〜(^_^) 見応えありました! 佐藤浩一さん、三浦友和さん、正義を貫く姿に感動!終盤に64の犯人が連行されるシーンで、その姿を観てしまった幼い娘が絶叫するシーンは印象的でした。

 

『64-ロクヨン-後編』鑑賞。豪華な役者陣による魂込めた演技合戦。力強くかつ美しい映像。映画ならではの改変にも作り手の想いを感じた。全てが濃い。前編とはまた違う熱量と展開を堪能。満足です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

「64 -ロクヨン- 後編」観ました。個人的には前半の方が板挟み感あって見応えあったような。いくつかギャグでやってんのか?と思うような場面が…。いや、真面目だしシリアスなんだけど。俳優は達者ばかりで安心感。緒形直人の表情芸は力入ってるなw

 

映画『64 ロクヨン 後編』 ★★★3.0点。 原作に手を入れての結末で、カタルシスが担保されました。それでもやはり前後編、通しで公開すべきだったと思います。

 

ずっと観たかった映画『64-ロクヨン- 後編』を観る。前編とは全く違い、ミステリー色が強くアリバイも手が込んでいる。撮影や大道具をつくるのも大変だったのだろう。またラストの公衆電話からの着信がいい。 しかし大傑作だ。瀬々敬久監督は、さすがだなあ。また前後編で、続けて観たい

 

『64-ロクヨン- 後編』 監督 瀬々敬久 二部作の後編。感想を一言で言うと役者陣の演技を堪能する作品。前編もそうでしたが、佐藤浩市を筆頭に端役から主役までがお互いを鼓舞しあっているような印象。物語と役者が相まって、感動するのではない。役者の演技、熱意に涙する作品だ!

 

64-ロクヨン-後編 を観た。 テレビ版よりもわかりやすい。 ラストが明確でこっちの方がいいかも。 テレビ版はそっちのよさもあります。 どっちも面白いということだね。 原作も読まないと。

 

『64-ロクヨン-後編』面白かった。 あーそういうことだったんだーと思った。前編で張り巡らされた謎を後編で綺麗に解いていく、あの感じが良かった。

 

「64 -ロクヨン-後編」鑑賞。 序盤は、またしてもマスコミの畜生さが賑わせていたけれど、中盤以降の模倣事件からロクヨンの真相解決まで、実にテンポ良く適度な緊張感が続いて見る事が出来た。 しかし佐藤浩市の格好良さは凄い。主役だからか特に際立ってる。

 

「64 -ロクヨン- 後編」だん。自分が好きなタイプの映画ではありませんが、メチャクチャ良かったです。👍👍 ストーリー、役者さんが素晴らしい。

 

「64-ロクヨン-後編」公開おめでとうございます!前編観終わった瞬間から楽しみすぎて。やっとみれるー♪♪不機嫌よそおいつつ、大ヒットですねって言われて微笑んじゃう浩市さんがすてき^_^

 

映画『64-ロクヨン-後編』を観賞。前編とは何処か違う空気が流れてた。前後編とも変わらぬ榮倉奈々に脱帽。しかし生命を感じる作品でした。予想してなかった展開だったし原作を読んでみようかな。俺なんて過去にやり残した事だらけ。

 

『64 ロクヨン 後編』組織のいざこざがメインみたいなところがあって、一応ヒューマンドラマではあるけどやっぱり腐れきった警察や終始喧嘩腰で無礼な記者クラブにウンザリはしたけど俳優陣の演技はとても良かった。後編は特に永瀬正敏さんが素晴らしかった。しかしストレス溜まるわー(笑)

 

「64 ロクヨン 後編」”意義なし” 原作の流れを忠実に抜き取り、これまでにない豪華キャストにもそれぞれ上手く見せ場作った結果、逆に今までの前後分割に意義を示した。しかしながら、ご都合主義の登場人物/背景には否定的。3.5/5

 

次のページへ続く→

 

スポンサーリンク

 


映画『64 ロクヨン 後編』感想 映画『64 ロクヨン 後編』口コミ 映画『64 ロクヨン 後編』評価 映画『64 ロクヨン 後編』評判 映画『64 ロクヨン 後編』あらすじ 映画『64 ロクヨン 後編』試写会 映画『64 ロクヨン 後編』レビュー 映画『64 ロクヨン 後編』興行収入 映画『64 ロクヨン 後編』動員数 映画ランキング

Related Posts

スポンサーリンク

★最新ニュース

★最新のみんなの感想★

  • Loading...

【特集】カメラマンから観た映画◯◯シリーズ!

【映画番付】MJの勝手に映画評価

ENJOY THEATER

ENJOY_CINEMA

・ENJOY THEATER(エンジョイ シアター)

今注目のおススメの舞台・ミュージカルの口コミ・最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。