ニュース

ソン・ガンホ主演最新作、映画「密偵(原題)」2017 年日本公開!日本人キャスト、鶴見辰吾さんのコメント到着!!

0

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%a6(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

日本による植民地時代の 1920 年代を背景に、抗日武装独立運動団体「義烈団 (ウィヨルダン)」と彼らを追う日本警察との攻防をスリル満点に描いたサスペン ス・アクション巨編。
『悪魔を見た』(10)で知られるキム・ジウン監督の新作。

主演 を務めるのは、数々のヒット作に主演し、韓国で累計観客動員数 1 億人突破とい う偉業を達成したソン・ガンホ。

本作では朝鮮人の日本警察官を演じ、日本語の セリフにも挑戦している。

 

%e9%b6%b4%e8%a6%8b%e8%be%b0%e5%90%be_1

義烈団を率いるリーダー役には、韓国初のゾンビ映画 「釜山行き(原題)」(16)のヒットも記憶に新しいコン・ユ。
女性義烈団の中心メン バー役に「イ・サン」(07-08)、「屋根裏部屋のプリンス」(12)に主演し、日本でも人 気の女優ハン・ジミン。
『コインロッカーの女』(15)のオム・テグ、「星から来たあな た」(13-14)のシン・ソンロクのほか、義烈団長役でイ・ビョンホンが特別出演し、 圧倒的な存在感を放っている。
また、日本警察の組織のナンバー2 である総督府 警務局部長役で鶴見辰吾が出演、重厚な演技を見せている。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

あらすじ

1920年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく乱作戦が繰り広げられる緊張感の中、爆弾を積んだ列車は国境を越えて京城へ向かうが…。

 

 

鶴見辰吾さんよりコメント

%e9%b6%b4%e8%a6%8b%e8%be%b0%e5%90%be_2(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

「密偵」の現場は最高の作品作ろうとする意欲とともに、常に緊張感に包まれていた。
ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、オン・テグ、イ・ビョンホン、多くの韓国の名優たちの中で、私は演技を激突させた。私にとっては 1995 年「GONIN」以来のリマーカブルで誇れるべき作品だ。早くも日本での公開となったのが本当に嬉しい。

 


密 偵(原題)

%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%9b

公開:2017年公開

監督:キム・ジウン 
出演:ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、鶴見辰吾、オム・テグ、シン・ソンロク、イ・ビョンホン

2016年/韓国/韓国語・日本語/カラー/140分/原題:密偵(밀정
配給:彩プロ

受賞歴:
第36回韓国映画評論家協会賞 作品賞、音楽賞 受賞

写真提供:(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Related Posts

感想など自由に書き込んでください☆※お名前(匿名)を記入しないと送信できませんのでご注意を★

スポンサーリンク

★最新ニュース

★最新のみんなの感想★

  • Loading...

【特集】カメラマンから観た映画◯◯シリーズ!

【映画番付】MJの勝手に映画評価

ENJOY THEATER

ENJOY_CINEMA

・ENJOY THEATER(エンジョイ シアター)

今注目のおススメの舞台・ミュージカルの口コミ・最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。