帰ってきたジョントラボルタ!『リベンジ・リスト』で本格アクションに完全回帰!! - ENJOY CINEMA

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA

アクション ニュース

帰ってきたジョントラボルタ!『リベンジ・リスト』で本格アクションに完全回帰!!

投稿日:


アクション映画界に“絶対に怒らせてはいけない男”がまた一人。

 

 

スタンリー・ヒル

[現在] 失業中の自動車整備工。再就職先を探し中。
[過去] 特殊部隊の工作員。暗殺任務のエキスパート。

 

あらすじ

目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。

容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によっ て釈放され、事件は闇に葬られる。
理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはず の過去を呼び覚ます。

善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工 作員。
封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。

やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知 ったとき、男の怒りは臨界点を突破する―。

 

ジョン・トラボルタ、本格アクション完全回帰。

『フェイス/オフ』から 20 年―ジョン・トラボルタ、本格アクション完全回帰。
ブライアン・ミルズ(『96 時間』)、ジャック・リーチャー(『アウトロー』)、ジョン・ウィック(『ジョン・ ウィック』)―アクション映画史に名を刻む、“絶対に怒らせてはいけない男”たち。
そのリストに新たに加 えられるのが、本作の主人公、スタンリー・ヒル。

血塗られた過去を捨て、家族のために生きることを決意 するが、理不尽な暴力と腐敗した権力に直面し、怒りを爆発させ、圧倒的な戦闘力で悪党を駆逐していく。

演じるのは、名優ジョン・トラボルタ。『フェイス/オフ』で見せた往年の肉体派アクションへの回帰を図り、 最強の中年男を熱演している。

スタンリーの老獪な相棒、デニスを演じるのは人気ドラマ「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」で主人公を演じた クリストファー・メローニ。

その他、『卒業白書』でトム・クルーズの相手役を務めたレベッカ・デモーネ イ、テレビドラマ「12 モンキーズ」でヒロインを演じるアマンダ・シュルら、新旧実力派が脇を固める。

監督は、全世界で大ヒットを記録した『イレイザー』『スコーピオン・キング』のチャック・ラッセル。ア メリカ社会に巣食う闇を描きながら、作品を壮絶なアクションエンタテインメントに昇華させている。

映画史上、最も激しい“怒り”に突き動かされた復讐劇が今、幕を開ける。

 

 

次のページでは
もっと詳しいストーリーを紹介!→


 

ストーリー ※ネタバレ注意

悪党よ、お前の罪は、お前の死でしか償えない。

希望を絶望に変えた凶刃

失業中の元自動車整備工のスタンリー(ジョン・トラボルタ)は、カリフォルニアでの面接を終え、家族が 暮らすオハイオに帰ってきた。面接で確かな手ごたえを得た彼を、妻のビビアン(レベッカ・デモーネイ) が出迎える。希望に満ちたこれからの暮らしに胸を躍らせる夫婦だったが、直後、悲劇に見舞われる。空港 の駐車場で「3ドル貸してくれ」と言ってきた麻薬中毒の男(ルイス・ダ・シルバ Jr)をスタンリーがあ しらったことから、激怒した男とその仲間 2 人から暴行を受け、ビビアンは刺し殺されてしまう。重症を負 い、意識を失っていくスタンリーの耳に、犯人たちの乗る車のエンジン音が鳴り響く。

野に放たれた殺人者

目の前で最愛の妻を奪われた己の無力さを呪うスタンリーに、警察から連絡が入る。エンジン音から犯人の 車種を推測したスタンリーの証言を元に、複数の参考人が集められたという。警察署で面通しを行なったス タンリーは、その中に、自分たちを襲った主犯の男を見つける。特徴的なハエのタトゥを入れたその顔は、 あの日から瞼に焼きつき、決して見間違うはずはなく、スタンリーは担当のギブソン刑事(サム・トラメル) にそのことを告げる。だが、署内で結果を待つスタンリーの目に信じられない光景が飛び込んでくる。タト ゥの男が、あろうことか釈放されようとしているのだ。なぜ男を自由にするのかと詰め寄るスタンリーに、 ギブソンは証言の弱さを指摘し、「時間が解決する」と言い放つ。その瞬間、スタンリーの哀しみは、抑え られない巨大な“怒り”へと変わっていった―。

呼び覚まされた、捨てたはずの過去

帰宅したスタンリーの耳に、亡き妻のかつての言葉が蘇る。「あなたは昔、私のために人生を変えてくれた」。 怒りの形相でクローゼットの壁を破壊したスタンリーが取り出したのは、およそ一般人には扱えそうもない 銃器の数々。それは、彼が捨て去った過去の遺物だった。翌日、スタンリーは、ある男に会うため、古びた 床屋を訪ねる。その男は、床屋の裏稼業で情報屋をしている、かつての同僚デニス(クリストファー・メロ ーニ)。20 年ぶりに再会したふたりは、かつてサンパウロでの作戦中に袂を別った特殊部隊の工作員だった。 犯人たちに自ら制裁を下すことを決意したスタンリーは、デニスに情報を求める。現役を退いた身には危険 だと、復讐を思いとどまらせようとするデニスだったが、スタンリーの強い決意を目の当たりにし、仕方な く情報を渡すのだった。

我こそは怒りなり

復讐の最初のターゲット、麻薬の売人ネイサンの姿をバーで捉えたスタンリーは、標的を追い詰める。しか し、一瞬の隙を突かれ、ネイサンに逆襲のチャンスを与えてしまう。そのピンチからスタンリーを救ったの は、かつての仲間デニス。ネイサンを射殺したデニスは、スタンリーの計画に協力することを約束する。ス タンリーはデニスから強力な武器を与えられ、現役時代の体と技を取り戻すためのトレーニングを開始する。 次のターゲットとなる彫り師のラースの店に潜入したスタンリーは、自分の背中に“I am wrath(我こそ は怒りなり)”というタトゥを入れさせ、ラースを殺害する。残るターゲットは、主犯格のハエのタトゥの 男、チャーリーただ一人。

真の復讐のはじまり

スタンリーが血眼になって探すチャーリーは、警察とも裏で繋がっている危険なギャング、レミ・K(ポー ル・スローン)の手下だった。チャーリーはレミ・Kの情報網を使って、デニスの店とスタンリーの娘アビ ー(アマンダ・シュル)とその夫を襲撃する。怒りに燃える二人は、チャーリーを罠にはめ、殺害に成功す る。復讐はそこで終わったかに思えたが、それは、始まりに過ぎなかった。スタンリーが通り魔的犯行と思っていたビビアンの殺害は、仕組まれた陰謀で、ギャングと警察を操る真犯人によって闇に葬られようとし ていたのだ。それを知ったスタンリーの怒りは、ついに頂点に達する―。

 

 

 

映画『リベンジ・リスト』
6月17日(土)よりシネマート新宿他 全国ロードショー

監督:チャック・ラッセル 『イレイザー』『スコーピオン・キング』
主演:ジョン・トラボルタ 『フェイス/オフ』『パルプ・フィクション』『ヘアスプレー』など
他出演:クリストファー・メローニ アマンダ・シュル サム・トラメル パトリック・セント・エスプリト レベッカ・デモーネイ
原題:I AM WRATH/2016年/アメリカ/英語/91分/カラー/シネスコ/PG12
字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ・プラス


-アクション, ニュース
-, ,

Copyright© ENJOY CINEMA , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.